CCA防腐剤(クロム、銅、ヒ素)を用いた木材の防腐剤について教えて下さい。
(1)CCA防腐剤が使われた廃木材は、(法的・技術的に)どう修理すればよいですか。(2)木材に使われた時は安定していて、木材から漏れないとのことですが、木柵や丸太土留、昔では電柱など、何年も土と接している場合でも、周辺の土壌への影響は無いのでしょうか。(3)CCA処理木材が未だに売られていますが、これを触った場合どのようなリスクがありますか。(4)CCAはK1~K5の規格に分かれていると聞きましたが、それは何ですか。色が違ったりしますか。(5)屋外で実際に使われたものを判別するにはどうしたらよいですか。見て、はっきりそれとわかるような緑色のもの以外で、薄い色のものなどあると思いますが簡便に確認する方法がありますか。ご存じの方、ご存じの内容だけで結構です。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは


判る範囲だけお答えします。
いくら防腐処理をしても、永遠に使用できる訳はなく、いつか廃棄物となって処理しなければなりません。防腐処理した廃木材は、重金属や塩素系化学物質が使用されているため、焼却するにしても色々な問題が生じます。特に焼却灰に重金属が残留します。
法律的には建築物の解体によって生じた場合は「建設廃棄物」に該当します。従って、安定式処分場(水処理などが不要な処分地)で処分が出来ることになります。(怖い話です)
防腐処理した直後は木材に固着しているようですが、直接触れるのは好ましくないと思います。最終的には周辺の土壌を汚染する可能性が高いと思います。
以下のURLも参考になると思いますが。
gooleで検索すれば色々HITします。

http://www.tokyo-bay.ne.jp/~szk-nrys/new/tokai/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
 私の子供の通う小学校で、毎日子供が手に触れる場所に使われている(木材丸太)に、CCAが使われているのではないかと、感じています。でも、十年近く前に施工され、本当にそれがCCAなのかどうか、確証が持てません。(1)薄緑の色が残っていること、(2)地際においても全く木材の腐食が認められない程の防腐効果が持続していること、などから、おそらくそうではないかと思うのですが、記録が無く、わかりません。処理後、経年変化の写真などあれば、比較しやすいのですが。
 かつてはあれほど使われていたCCA防腐剤について、特に、クロムやヒ素を用いていたことを、一般の方に広く知られていないように感じました。環境や衛生、廃棄物をご担当されている行政機関の方にうかがったのですが、CCAという言葉をご存じ無い方が多く、情報もあまり集められなかったのです。現在私が持ち合わせている情報では「安全」と断言できませんので、我が子には、触らぬように、言っています。

お礼日時:2002/03/10 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豊洲新市場。環境基準1~2倍上回るベンゼンヒ素って実際健康被害あるんですか?

豊洲新市場の地下水から環境基準の1.4倍と1.1倍のベンゼンが検出され、
別の1か所で環境基準の1.9倍のヒ素が検出されたということですが、
これって実際問題として健康に被害あるんですか?

環境基準って「飲み水として1日2Lで70年飲んでも健康被害がでない」レベルですよね。
しかも市場の建物外の地下水から検出されたんですよね。。
飲料にも清掃にも使わない地下水から。。。
実際食べ物にそれが付いて洗っても落ちず体内に入って健康を害する確率って
途方もなく低いのでは。。。。

それに築地市場、
というか大手スーパーの駐車場の水たまりとか、八百屋の前の排水溝とか調べれば
生鮮食品の近くに環境基準超える場所なんかいくらでもあるのでは?

都政のガバナンスの問題はありそうなのでそれは調べればいいと思うのですが、
リスクゼロなんて無いし、今食べてるものの流通経路と比較すれば
全く問題なさそうなことをなぜ連日騒いでるのか理解できなくて質問させて頂きました。

ただマスコミのネタがないから騒いでるだけならそれでいいんですがw

よろしくお願いします。

豊洲新市場の地下水から環境基準の1.4倍と1.1倍のベンゼンが検出され、
別の1か所で環境基準の1.9倍のヒ素が検出されたということですが、
これって実際問題として健康に被害あるんですか?

環境基準って「飲み水として1日2Lで70年飲んでも健康被害がでない」レベルですよね。
しかも市場の建物外の地下水から検出されたんですよね。。
飲料にも清掃にも使わない地下水から。。。
実際食べ物にそれが付いて洗っても落ちず体内に入って健康を害する確率って
途方もなく低いのでは。。。。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

ないですよ。
 既出ですが、この手の基準ってのはたいてい安全係数がかけてあるからです。たとえば、実験で得られた「一生涯この環境に曝露していても健康に影響は出ないであろう」って数値に、安全係数の1/100をかけるのが一般的です。つまり仮に基準を100倍超えた条件にさらされていても健康影響はでないということになります。
 マスコミが騒いでいるといいますが、コメンテーターと称する何の知識があるのかわからない輩以外の専門家は、実際の安全性に疑問を呈している人はいないと思います。騒いでいるのは色んなリテラシーに欠けるコメンテーターやMCだけだと思います。

Q丸太の重さについて

森林施行のボランティアに参加しているのですが、間伐した丸太(杉、檜等)のだいたいの重さを計算することは可能なのでしょうか、計算方法があれば教えてください.また、間伐する時期等による変化もあると考えているのですが、どうでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

#3です。

>どのようにちがうのでしょうか?

これは、木材として使う場合は、末口の断面積の円柱として計算しないと
柱や板を採る場合に計算が過大になるためです。
(板や柱は通直ですから、末口の大きさよりも外側では木取りができません)

しかし、そういう意味では無く、例えば運搬の際の重量ということであれば
本来の体積となりますので、円錐の一部分と考え、近似値で中心部の断面積の
円柱と考えればとしたものです。
より正確には、元口と末口と長さからなる円錐の一部の形の体積を計算すればより近くなります。

ということで、例示された丸太の重量は約280kgになります。

>重さには、純粋に材の重さと含んでいる水の重さがあると聞いたことが

純粋な材の重さを「絶乾重量」と言い、#1の方が書いている通り比重約0.4程度です。
しかし、伐採したばかりの丸太は含水率が100%~150%くらいありますので
比重としてはほぼ1と考えて良いと思います。

もっとも、紫檀や黒檀の生木は水に沈むと聞いたことがありますので比重は1以上になるのでしょうが。

#3です。

>どのようにちがうのでしょうか?

これは、木材として使う場合は、末口の断面積の円柱として計算しないと
柱や板を採る場合に計算が過大になるためです。
(板や柱は通直ですから、末口の大きさよりも外側では木取りができません)

しかし、そういう意味では無く、例えば運搬の際の重量ということであれば
本来の体積となりますので、円錐の一部分と考え、近似値で中心部の断面積の
円柱と考えればとしたものです。
より正確には、元口と末口と長さからなる円錐の一部の形の体積を計算す...続きを読む

Q既存受変電設備(6KV)に太陽光発電設備(20KW程度)を設置する場合

既存受変電設備(6KV)に太陽光発電設備(20KW程度)を設置する場合の
既存電気室側の対応についての質問です。
1)配電盤への接続点は漏電遮断器が必須でしょうか?
2)OVGRは発電出力が何KW以上の場合、必要でしょうか?
3)電力会社への逆潮流は有りませんが、低負荷時は別のトランスバンクへの流入
  が考えられます。この場合、計器類(電流計、電力量計)は、どの様な
  タイプに交換しなければいけないのでしょうか?
4)その他留意点があればご教授お願いします。

Aベストアンサー

ゼネコンで電気設備設計をやっております。
以下、回答させていただきます。
1.パワーコンディショナが絶縁トランス内蔵型ではない場合は、必須ではありませんがELBが望ましいと思われます。但し逆接続可能型とする必要があります。
一般的に20kW程度の場合は、非絶縁型10kWパワコンを2台使用すると思われるので、2台のパワコン出力を集合させるための交流集電盤にELBを設置する方法もあります。

2.系統連系規程では、OVGRは太陽光発電設備の定格が契約電力の5%以上となる場合には、設置が必須とされております。電力会社によっては3%程度でも設置を指導される場合があり、事前協議で良く打ち合わせしておくことが必要です。また消防認定キュービクルの場合は、厳密に言えばOVGR設置もキュービクル改造とされますので、消防への申請も必要となりますので、許可が出るまで相当な日数がかかるため注意が必要です。

3.契約にもよりますが、逆潮流無しの契約の場合、電力会社よりRPR(逆潮流継電器)の設置を指示される場合があります。また電力購入用計器は逆回転防止機能付きに変更する場合があります。これに対して売電有りとした場合は、VCT交換と共に売電用のメーターを増設する必要があります。費用負担は各電力会社によって違います。(東電の場合は機器類は東電負担で、工事費のみが必要)
また電圧計は交換不要ですが電流計は逆方向が表示される物に変更した方が逆潮流があった場合にわかりやすいですが、実際にはあまり交換しておりません。このあたりは主任技術者と相談して下さい。

4.3相での連系と思いますが、直流側が300Vを超過するため、C種接地が新たに必要となる場合があります。また太陽電池アレイの設置条件によっては、避雷導体の増設や盛替が必要となる場合があります。
設置方法によっては相当の正負風圧加重を受けますので、屋根や建物を含めてどのように設置するのか、安全性を十分に検討して設置する必要があり、設置形状や建物条件によっては新たに北側に発生する日陰にも考慮する必要があります。
その他影や地域性、設置方位、傾斜角など需要家によって発電状況が大きく変わりますので、一度信頼できる各メーカーの特約店にでも相談されると良いと思います。

ゼネコンで電気設備設計をやっております。
以下、回答させていただきます。
1.パワーコンディショナが絶縁トランス内蔵型ではない場合は、必須ではありませんがELBが望ましいと思われます。但し逆接続可能型とする必要があります。
一般的に20kW程度の場合は、非絶縁型10kWパワコンを2台使用すると思われるので、2台のパワコン出力を集合させるための交流集電盤にELBを設置する方法もあります。

2.系統連系規程では、OVGRは太陽光発電設備の定格が契約電力の5%以上となる場合に...続きを読む

Qコンクリート砕石による六価クロムの汚染について

教えてください。
コンクリートを破砕し、できた砕石を敷地にまきだし養生したいと思っています。(雨が降っても歩いたり、車を乗り入れたりできるように)
まきだした砕石によってこの敷地が六価クロムに汚染される可能性はないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>セメントの中には、確かに六価クロムが含まれていますが、程度問題です。ご指摘のコンクリートを一般的に何処にでも身近にあるものも含め、砕石にされる以前は何処に在ったのでしょうか。おそらく相当長期間、人の生活環境の中で人々の身近に、また密接に触れあっていたはずです。

 廃棄物処理法の手続きは、また別に存在しますが、貴方が自ら所有し、使用していたコンクリート構造物を解体、破砕して、再利用しようとする場合は、これまでの経験から心配ないと断言します。

 しかし、絶対かと聞かれると、これは法令あるいは科学の範囲から外れます。心配しながら、無理にやる必要はないでしょう。ただし、廃棄物処理法の基準に従って有害無害を確認することは無意味ではありません。

Qヒ素の中和について教えて下さい。

産業廃棄物の最終処分場において現在は何も問題は発生していないのですが、例えばヒ素の成分を中和させるような中和剤のようなものはあるのでしょうか?(埋め立て処分の際に散布できるものなど)無知な者のためこのような者でも分かりやすくご説明をしていただきたいのですが・・・。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヒ素・ヒ素化合物は中和はできないようです、土壌中から溶質しにくい化合物にはできるようですが、これも条件によっては再溶出する危険性があるようです

結局土壌を取り除くか、溶出したものを処理して取り除くしかないみたいです

EICネット 環境Q&A
http://www.eic.or.jp/QA/index.html

で「ヒ素汚染」でサーチしてみてください。

参考URL:http://www.eic.or.jp/QA/index.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報