母の実家は日蓮宗です。
仏壇のなかには日蓮上人が座ったはります。150年ぐらいは経ったものです。仏像がないので不思議に思っていたのですが、最近本で、後ろには曼荼羅がかけてあるということを知りました。(曼荼羅は経年変化で真っ黒になり、私の目には見えてなかったらしい)
もうひとつ不思議なのは脇持です。普通は大黒天と鬼子母神だそうですね。
ところが、母の実家のは、大黒さんのかわりに妙見さんなのです。(形はどうみても大黒さんなので、どこかで入れ替わったのかも)しかも毎日のお仏供は日蓮さんと妙見さんの双方にします。
これはローカルな風習があるのでしょうか? 他にかわった脇持の例がありましたらあわせてご紹介ください。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日蓮宗の門徒ではありませんが、回答がないようなので、



最初に日蓮系の宗派について簡単な説明をします。
現在の仏教では日蓮系がもっとも古参・新興団体が多い宗派です。
日蓮系は法華経絶対ですね。法華経の設定は森羅万象に関わる
全ての生き物が一ケ所に集まって釈迦の説法を聴くというものです。
したがって法華経内で釈迦が語っている言葉こそ真理であり仏の声であるという
認識があります。なので、本尊は仏像ではなく「南無妙法蓮華経」という
文字になります。仏教では仏を中心とする世界を曼陀羅といいますね。
曼陀羅は仏+守護神が多いので日蓮系の曼陀羅も四天王が配置されています。

さらに三宝尊といいまして、左に多宝如来、中央に大曼陀羅、右に釈迦牟尼仏の
全て、あるいは、大曼陀羅+釈迦牟尼仏の組み合わせを本尊としています。
さらに日蓮大聖人像を置くのが基本ですね。問題は脇持ですね。
前述のように法華経にはさまざな生き物が登場します。日蓮大聖人自身、
危篤時には鬼子母神に助けられたとか逸話が残されています。
それぞれの法華経の解釈によって諸天も祀るようになってきます。

基本は大黒天と鬼子母神ですが
信者が武士だと守神的人気のあった荼吉尼天(神道の場合は稲荷)
水不足に悩む農民の場合は水神信仰も加わって竜王
他にも釈迦が登場するまでの視界進行役だった文殊菩薩を含む四菩薩や
不動明王、愛染明王などもありますね(在家の場合は違うかもしれません)

一方で、同じ日蓮系でも大曼陀羅のみが唯一の対象であって
一切の偶像崇拝をしないというものがあります。
少し前にsiginoさんと激論を交わされていた方の宗派ですね。
(私はあの人の言動に感心が持てないので書込みませんでしたが)

で、妙見菩薩は密教系で盛んですが、日蓮系にも広く信仰されています。
日蓮系で有名なところ大阪府能勢町にある「能勢の妙見さん」なので
関西で特に盛んだったと思います。でも、ローカルというわけではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実はあれがきっかけで祖母のうちの仏壇を思い出しました。
我が家は浄土真宗ですが、もともとは天台宗だったのが、親鸞上人のころに(この部分はかなりあやしい)一村全体で真宗に帰依したとかで、そのなごりで仏壇に如来立像があります。
そのようなイレギュラーな仏壇例があれば面白いな、と思いまして。民俗の方面から興味を持っています。
祖母の家は尼崎市ですが妙見講の世話役だったそうです。
思ったより広い範囲で信仰されているのですね。

お礼日時:2002/03/15 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妙や満という漢字の名前の寺は日蓮宗が多い?

妙や満という漢字の名前の寺は日蓮宗が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、坊主の孫です。母方の実家が鎌倉の寺(日蓮宗)です(尚私本人は父方の宗派の曹洞宗)が母の実家の寺には妙も満も付いていません。

寺の名前で妙の字がつくのは日蓮宗が唱える『南無妙法蓮華経』が由来となっていて(他の宗派では『南無阿弥陀仏』)、満という字を使用するのは京都の本山・本満寺が由来と言われています(総本山は身延山久遠寺)。つまり満という字が付くのは本満寺の分寺で、ラーメン屋などの『暖簾(のれん)分け』のお寺さんバージョンだと考えてください。

Q耳あけ やりましたか? (お大黒さまの日の行事)

12月9日は、お大黒様(七福神の一人、大黒天)の日でしたが、
耳開けをやられたでしょうか?

山形では、12月9日の夕方は、耳あけをやります。

二股の大根を神棚に上げ、豆の入った一升マスを上下に振りながら、

「お大黒様、お大黒さま、耳をあけて聞いておりますから、いい事を聞かせて下さい」(実際は、山形弁で)
と、これを3回繰り返します。我が家では、子供がこれをやることになってました。

節分の豆まきや、クリスマスイブのケーキのように、どの家でもやっていることと、
思っていたんですが、ネットで「耳あけ 大黒」等で検索しても、

山形県関係のホームページしかヒットしません。(最近、気付きました)

この行事は、他の地方では、やらないのでしょうか? 
それとも、やってはいるが、「耳あけ」とは言わずに、別の言葉でもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

実家が京都府の南部なのですが、nori189さんの質問が気になったので読んでいて思い出したことがあります。

毎年12月10日が「山の神様」の日で地域の神社(田舎なので集落に一社)に小学生の男子が夕方から集まり、集団で集落の各家々をまわり「白や黒やの米おくれ・・・」と玄関先で声を上げ各戸からお米やお金をもらいまた神社に集まり・・・
男子だけだったので、その集めたお米やお金はどうしたのかなあ・・小学生の頃男子に聞いたけど教えてもらえなかった記憶が・・・。
日が近いこともあるので、各地域いろいろ形が違うけど行事あったのね・・。と、思ったもので・・・。
11月は神様いないけど、12月は戻られるからから、この時期なのでしょうかね?

うちの地域のは「ハロウィン」にも似てるような・・でも男子限定なんですよ・・現在はどうなってるのかな?今度実家で聞いて見ます。

Q安土問答がどうして日蓮宗の理論的敗北と言えるのか理由を教えてください。

日蓮宗が念仏宗に敗北したとされる説もある「安土問答」ですが、
この問答がどうして日蓮宗の理論的敗北と言えるのか理由を教えてください。

<以下安土問答の内容>
〇定安問う 法華八軸の内に念仏はありや。
●法華答う 念仏あり。
〇定安曰く 念仏の義あらば、何ゆえ法華は念仏無間地獄に落ちると説くや。
●法華曰く 法華の弥陀と浄土の弥陀とは一体や、別体や。
〇定安曰く 弥陀は何処にあろうと、弥陀一体なり。
●法華曰く 左様ならば、何ゆえ浄土門は法華の弥陀を「(※2)捨閉閣抛(しゃへいかくほう)」として捨てるや。
〇定安曰く それは念仏を捨てよというにあらず。念仏をする前に念仏の外の雑行を捨てよとの意なり。
●法華曰く 念仏をする前に法華を捨てよと言う経文はありや。
〇定安曰く 法華を捨つるとの経文あり。浄土経には善立方便顕示三乗とあり。また一向専念無量寿仏ともあり。
●法華の無量義経には、以方便力、(※3)四十余年未顕真実とあり。
〇定安曰く 釈尊が四十余年の修行をもって以前の経を捨つるなら、汝は方座第四の「妙」の一字を捨てるか、捨てざるか。(←※4)
●法華曰く 今言うは、四十余年の四妙中のいずれや。(←40年の修行のどこにある妙か?、とぼけた)
〇定安曰く 法華の妙よ。汝知らざるか。
●法華返答なし。閉口す。
〇定安重ねて曰く 捨てるか、捨てざるか。
 重ねて問いしところ、
●無言。其の時、判者を始め満座一同どうと笑い、法華の袈裟を剥ぎ取る。
  天正七年己卯年五月二十七日辰刻
 こうして宗論は終わったようである。 

日蓮宗が念仏宗に敗北したとされる説もある「安土問答」ですが、
この問答がどうして日蓮宗の理論的敗北と言えるのか理由を教えてください。

<以下安土問答の内容>
〇定安問う 法華八軸の内に念仏はありや。
●法華答う 念仏あり。
〇定安曰く 念仏の義あらば、何ゆえ法華は念仏無間地獄に落ちると説くや。
●法華曰く 法華の弥陀と浄土の弥陀とは一体や、別体や。
〇定安曰く 弥陀は何処にあろうと、弥陀一体なり。
●法華曰く 左様ならば、何ゆえ浄土門は法華の弥陀を「(※2)捨閉閣抛(しゃへい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

 伝聞と紹介のみで回答になってませんが・・・
 また、ご存知でしたら無用の内容ですのでスルーして下さい。

 井沢元彦『逆説の日本史』(小学館)の10巻に安土宗論が取り上げられていたと思います。(図書館に返してしまったので自信ないですが、確か10巻だったはずです。経緯や結果などにも触れていたと思います。)
 お邪魔しました。では。

Q大阪、四天王寺内大黒堂の大きなちょうちんの大根の絵

大阪にある四天王寺の境内にはたくさんのお堂があります。その中の大黒堂に、大きなちょうちんがつってあるのです。そこに大根の絵がかかれています。
大根にどんな意味があるのか知りたいのですが。
係の人に聞いたら、「大黒」と「大根」の音が似ているからだと、落語で聞いたとか。
う~ん、違うと思うんですけど。ご利益があるのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 江戸時代の俗信に、大黒様が大根を好むというのがあるようです。
 一般的に、七福神の中で恵比寿さまと大黒さまがペアにされることが多いのですが、恵比寿さまが漁業・商業の守護神として崇拝されたのに対し、大黒さまは農業神として信仰を集めたようです。大根は農作物の代表格として考えられていたのでしょうか。

 四天王寺の提灯の絵は見たことがございませんが、よく寺社や祭礼山車の堂宮彫刻や水引幕などに、大黒さまと大根、あるいは大根に集まる鼠(鼠は大黒様のお遣わしです)のモチーフが描かれています。ですから、七福神信仰が一般的になった江戸時代中期には、大黒さまと大根のつながりはあったのでしょう。

Q日蓮聖人について~

 日蓮聖人について、どちらさまかご存知の方がおられましたら、
是非とも教えていただきたく思っております。
以前本を購入したのですが、少し難しく感じました。
どうかよろしくお願い致します…

Aベストアンサー

日蓮正宗の開祖です。
釈尊の膨大な教や中国の天台や日本の伝教等の説を学び、
法華経にこそ、仏法の真髄がある事を確信します。
その後、「南無妙法蓮華経」が法華経の極理であると説き、
立宗を宣言します。
形式的な宗教ではなく、庶民に根付く生活に密着した宗教を
展開していきます。
しかし、それを面白く思わなかった権力者や権力者から擁護
を受けていた他宗の僧侶からの弾圧を受け、流罪を二度も受
けます。
それでもなお、全ての人を救うために「南無妙法蓮華経」
を広め続けたとされています。

本だと歴史が絡むので、難しいですよね。
すごく邪道な方法ですが、以前NHKの大河ドラマで
「北条時宗」をやっていましたが、あの中に日蓮大聖人が出てきます。
(奥田英二がやってました)
それが入り口としては一番わかりやすく、簡単だと思われます。

でも、困り度2という事は、書物の方がいいんでしょうかね?
読んだことはありませんが、聖教文庫から「小説日蓮大聖人」
というのがでているそうですよ。
あとは、第三文明社から「日蓮大聖人年譜」というのもあるそうです。

日蓮正宗の開祖です。
釈尊の膨大な教や中国の天台や日本の伝教等の説を学び、
法華経にこそ、仏法の真髄がある事を確信します。
その後、「南無妙法蓮華経」が法華経の極理であると説き、
立宗を宣言します。
形式的な宗教ではなく、庶民に根付く生活に密着した宗教を
展開していきます。
しかし、それを面白く思わなかった権力者や権力者から擁護
を受けていた他宗の僧侶からの弾圧を受け、流罪を二度も受
けます。
それでもなお、全ての人を救うために「南無妙法蓮華経」
を広め続けたとされていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報