あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

他人の名義を借りて証券会社口座開設し
株取引をするのは、法的に問題ありますか?

親、兄弟、等身内の場合
友人等他人の場合でも、一緒でしょうか?

友人納得の上、友人の口座で売買をしたりするのですが
詳しく解りませんが「みなし取引?」でまずいとかと言う話を聞いたのですが
調べてもよく解りません。
ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

家族であろうと借名口座といって、証券取引法違反でしょう。

自分の意思で自分名義で取引して下さい。

だいいち、儲かった税金はどうするの?そこまで行くと脱税にもなりますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう御座いました
そのへんの法的知識がなかったので参考になりました
一応、私が注文出しましたが
利益を頂いた訳ではないので
税金は利益が出た口座の人間が払ってます

お礼日時:2006/08/03 15:43

銀行口座の売買が詐欺行為として多数立件されています。

証券口座も同じような扱いを受ける可能性があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/08/03 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは犯罪か何かになりますか?

母親が投資信託を始めたいというので母親が自身でカブドットコムの口座を作り自分の口座から自分のお金で証券口座へ入金しました。

さて、投資信託を試しに購入しようと思い試したのですがパソコンの操作がいまいちわからず
母の言うとうりの銘柄を私の操作で購入いたしました。
その日の売上ランキングが一位のものがいいと言われたので一位のものを購入しました。
目論見書などは目を通させました。

そのごカブドットコムの営業から挨拶の電話が来たのですが、その時購入銘柄の話になり母親は投信売上ランキングが一位の物を購入したのは覚えてたのですが銘柄名までははっきりと覚えていませんでした。

パソコンに不慣れなので息子に操作してもらったと白状したら投信を全て解約されてしまいました。

口座を本人以外が開設することは出来ないと記載されているのでそれは解りますが、本人と一緒に家族が操作しては行けないとは何処にも見当たりません。
投資信託を解約させられたのは事実なのでこちらが悪いのは理解しましたが、
これは何かの罪になりますか?
それともカブドットコム内のみの規約違反というだけしょうか?
規約違反にしてもそのような記述が見当たらなくて。。。

詳しい方よろしくお願いします。

母親が投資信託を始めたいというので母親が自身でカブドットコムの口座を作り自分の口座から自分のお金で証券口座へ入金しました。

さて、投資信託を試しに購入しようと思い試したのですがパソコンの操作がいまいちわからず
母の言うとうりの銘柄を私の操作で購入いたしました。
その日の売上ランキングが一位のものがいいと言われたので一位のものを購入しました。
目論見書などは目を通させました。

そのごカブドットコムの営業から挨拶の電話が来たのですが、その時購入銘柄の話になり母親は投信売上ランキン...続きを読む

Aベストアンサー

その時電話をかけてきた担当者とうまく意思疎通ができていなかったと思います。

本人の意志で、本人の同意を得て、本人が目論見書に目を通して納得した上で本人の資金で購入したのなら、ご子息がパソコンの操作を行っていても特に問題はないはずです。

代理人としての登録は、本人ではなく代理人になった方が代理人の投資判断で投資ができるようにするものであって、本人の投資判断によっての投資なら本人と一緒にご子息がパソコンの操作をされても問題ありません。

ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解約させられるような事はないはずです。

恐らく電話をかけてきた担当者へ上手く経緯を伝えることができず、ご子息が投資判断をされて購入されたと思われたのではないでしょうか。

そのようなケースでは、経緯がどうであったのかを本人・ご子息にきちんと確認した上で判断すべきだと思います。
私は以前証券会社で勤務しておりましたが、その時に同様のケースがあった場合はしつこい程経緯をしっかり確認しました。
「その投資信託を買おうと言ったのはご本人ですか?それともご子息ですか?」「目論見書はご本人がご覧になりましたか?」など…。

また同様のケースで誤解があるかもしれませんので、カブドットコム証券にはひとこと経緯を伝えた方が良いかもしれません

その時電話をかけてきた担当者とうまく意思疎通ができていなかったと思います。

本人の意志で、本人の同意を得て、本人が目論見書に目を通して納得した上で本人の資金で購入したのなら、ご子息がパソコンの操作を行っていても特に問題はないはずです。

代理人としての登録は、本人ではなく代理人になった方が代理人の投資判断で投資ができるようにするものであって、本人の投資判断によっての投資なら本人と一緒にご子息がパソコンの操作をされても問題ありません。

ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解...続きを読む

Q家族の口座で株売買をすることはダメですか?

自分が家族の口座に入金をして株売買をすることは
財産の譲渡などと疑われることはないでしょうか?
また他に何か問題などはありますでしょうか?
売買の利益に対する税金については計算をして
家族にはらうこととなっています。

Aベストアンサー

>>財産の譲渡などと疑われることはないでしょうか?
疑われると言うより贈与として見られます。

他人名義行う意味が分りませんけど・・・
特定口座の源泉徴収にすれば、売買の記録は一切税務署に出ません。
また、分離課税ですから、損失が出て繰越をしない限り申告も不要です。

わざわざ他人名義で株取引をしていればインサイダー取引を
隠す目的とも取られかねませんよ!

Q他人名義の株を故人である父が口座開設していました

先日亡くなった私の父が証券会社に口座を開設しており、調べたところ株の名義が他人のものとわかりました。

その上、その株は先日に名義の方から返して欲しいと言われ返さなくてはなりません。

その場合、贈与税や相続税は私が負担しなくてはならないのでしょうか?

その他、何か問題はあるのでしょうか…?

漠然な質問で申し訳ございません。
正直、父が亡くなるまで私自身も全く把握していなかった為大変混乱しております。

回答の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 2番回答者です。

> 父はその方の株券をただ預かっていただけであって自分のものではありません。

 なるほど、認めていらっしゃるわけですね。

> 特に証拠はありませんが

 となると、「お気の毒に」と申し上げた方がいいと思います。

 Aと考えることもできるし、Bと考えることもできる、というような場合、税務署は確実に「税金をたくさん取れるほう」の説を主張します。

 何度も体験していますので、私としては確信しています。

 したがって、株を相続財産に含めても、相続財産が「5000万円+1000万円×相続人」の課税限度に満たなければ、どっちみち税金は取れないのでたぶん黙っていると思いますが、越えていれば「その株は相続財産である」と言うと思います。税金をたくさん取れますので。

 ましてや、ふつうは他人の株を自分の口座に入れたりしないものなので、今回は、「その株券は父上のもの」説に軍配が上がるものと思います。

 相続した株を、「相続税を払った後に」誰かに贈与するのは相続人(つまり質問者さん)の自由ですが、もらった相手の方は「贈与税を払って下さい」という話になります。

 まったく残念でしょうが、早くあきらめたほうが気が楽かと思います。 


 つい先日のテレビ番組でやっていたのですが、流行女性作家さんが、巨額印税(報酬)を父親の口座に入れて管理を任せていたら、父親の死とともに口座が封鎖され、よそで作った子が財産分与を請求してきて、父の口座の中の女性作家が稼いだ報酬(父の財産じゃない)分も含めた巨額が、その子にぶんどられたという話をしていました。

 税金については言っていませんでしたが、女性作家の稼いだ分も父の財産(相続財産)に含められてしまったから、ぶんどられたのです。だから相続税も、自分が稼いだ分(父の財産ではない分)についても課税されたはずです。

 相手の方は相手の方の口座に入れておくべきで、別人(父上)の口座に入れたらアウトなのです。


> 証券会社には同居人の方が立ち合って私の株であると主張するとは思いますが…

 証券会社も担当者は変わります。「事情は知りません。私どもには関係ありませんので、どうぞご自由に」と言うと思いますね(ただ、相続人がそろってOKしないと、口座から株を引き出すのは認めないと思います)。

 ましてや、他人の財産を自分の口座(懐)に入れてしまうなんて、へたをすると「横領」を疑われることですので、「我が証券会社も関与しました」という意味になってしまう「証明」は、たぶんしないと思います。

> 具体的にどのような証拠が必要なのでしょうか??

 証券会社社員間の厳密な申し送り状(Aさんの株だが便宜上Bさんが自分の口座に入れて保管するものである、みたいなことが書いてある文書)とか、

 父上とその相手のかたの筆跡による「保管委託書」(父上の口座に入れることを許諾している)みたいなのですね。

 補足を拝見すると、父上とその方の間に債権債務はないみたいなので、担保設定契約書などはありそうにありませんよね。
 

 2番回答者です。

> 父はその方の株券をただ預かっていただけであって自分のものではありません。

 なるほど、認めていらっしゃるわけですね。

> 特に証拠はありませんが

 となると、「お気の毒に」と申し上げた方がいいと思います。

 Aと考えることもできるし、Bと考えることもできる、というような場合、税務署は確実に「税金をたくさん取れるほう」の説を主張します。

 何度も体験していますので、私としては確信しています。

 したがって、株を相続財産に含めても、相続財産が「5000万円+...続きを読む

QFXで他人の資金を運用し利益還元は違法?

FXをやってますが、友人から「このお金で運用してみて」みたいな感じの話がありましたが、自分は他人のお金を運用する気も無いし、仮に運用して負けでもしたら、友人関係にも影響しそなので、
その旨を友人に説明もしましたし、FXは常に勝てるものでもなく、預けたお金が0になる可能性もあると伝えましたが、友人は「大きな金額では無いのでやってみて」って感じです。
まぁ話しを受ける気は無いのですが、ひとつ疑問がわいたので、質問してみました。

質問内容はタイトルの通りなんですが、上記の様な場合に仮に他人から預かったお金を運用し利益が
出た場合に、その利益に対する税金も支払ったうえで、税引きの利益を他人に還元するのは違法になるのでしょうか?
また、その利益還元に対するインセンティブを受取ることも違法でしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト、指し値提示の有料メルマガなど、違法のグループや個人も多々ありますが、注意喚起があっても名義を変えて再開するなどしている為、数が多く金融庁も取り締まれていないのが現実です。

個人で助言業となるには、財務事務所へ、必要書類は(業務を執行する役員の身分証明(法務局証明書)、印鑑証明、具体的な運用実績、資本金の明細など)を提出します。
同時に、登録免許税15万円を日銀(日本銀行か日本銀行銀行歳入代理店)に、営業保証金(個人なら500万円以上)を財務事務所に供託します。

全部の提出が終わると、2~3カ月の審査の後、「○○○財務局長(金商)第○○○号」といった登録番号が届き手続き終了です。
手続きが終わると、財務局や金融庁などの登録名簿に代表者の名前や住所などが掲載されます。

開業後は、年度ごとの3カ月以内に業務実績、運用実績など詳細な届けが必要です。
投資顧問協会というものがありますが、これは任意なので加入しなくても問題はありません。私の知る限り、個人で登録されている方はあまり加入されていないようです。

必要書類は様式が決まっていて、様式に沿って記入したり書類を用意するだけなので、個人でもそれほど難しい物ではありません。
今年4月からまた審査基準や必要な事項が増えるとのことです。
上記の回答は改正前に登録した際の手順なので、登録されるなら改正後の基準を御調べになられてください。

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト...続きを読む

Q証券会社の社員が株の個人的に株の売買をすることについて

私は証券会社への就職が決まっていますが、証券会社で働く場合(証券外務員資格を取得し営業)今やっている自分名義の特別口座(kabu.com)での取引を辞め解約しなければいけないのでしょうか。また株の取引を辞めければいけない場合自分以外の名義でもダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

証取法違反で逮捕者を出さないための予防策であるともいえます。
勤務期間は、少なくとも半年スタンス以上の中長期型投資しか出来ないはずです。
しかも現物のみ。

ただ、これが非効率的な投資かと言えば、個人の考えようです。

ただ、6ヶ月ごとの入れ替えなので、バフェット式の手法を今から学んでおけばWで美味しい思いも出来るでしょうが。(自己資産形成+給与査定α)

Q息子が証券会社社員ですが、他所のネット証券で口座開設できますか?

同居の息子が、未上場の証券会社に勤めています。私は息子の仕事先ではないネット証券に口座を開設しようと思っているのですが証券取引法等に触れて息子に迷惑をかけるような事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

法令諸規則による規制はありません。息子さんの勤務先の社内規定などで定められている可能性があります。
証券会社は部署によってインサイダー情報と頻繁に接するところもあり、親名義で別会社に口座を作って良からぬことをする人がたぶん昔いたんだと思われ、証券会社の立場としては、そのようなことがあったときに「社内規定では禁止していたから個人の問題」と言って会社の責任が軽減されるように、親族については自社で取引させるようにといった社内規定を定めていたりします。
ただ、ぼくも証券会社にいましたけど親は何十年も前から別の証券会社に口座を持っていたはずで、いちいち移管させていません。ほっときました(笑)

でも新しく口座開設しようとする証券会社に息子が別の証券会社に勤務していると申告すると、断られる可能性はあります。
また、疑義であっても実際にインサイダー取引関係の問題があった場合には、息子さんに累が及ぶ可能性は無いとは言えません。まーそんな問題に巻き込まれる可能性はほとんど無いと思うんですが、ゼロでは無いです。

Q株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか?

株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか?

普段の世帯の収入は年金所得200万とします。
今年度だけは、株式の譲渡益の収入が300万有ったとします。
その場合は、健康保険料は収入が500万として計算されるのですか?
それとも、株式の譲渡益は健康保険料の計算からは除かれるのですか?
実際に今期に来た健康保険料の請求書には、株式の譲渡益も含めた500万で計算されているみたいです。

詳しい方のアドバイスを下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか…

「特定口座源泉あり」で確定申告不要の場合を除いて、国保税に反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

配当金については、申告不要制度が適用されるものを申告すれば、国保税のみならず、市県民税にも反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

国保税や市県民税の課税根拠となる所得のことを「総所得金額等」と言い、その定義は、
------------------------------------------------------
以下の合計金額
1. 純損失、特定居住用財産の譲渡損失又は雑損失の繰越控除後の総所得金額
2. 土地等に係る事業所得等の金額(平成10年1月1日から平成20年12月31日までの間については適用なし)
3. 分離短期譲渡所得の金額(特別控除前)
4. 分離長期譲渡所得の金額(特別控除前)
5. 株式等に係る譲渡所得等の金額(特定株式に係る譲渡損失の繰越控除の特例の適用後の金額)
6. 退職所得金額(2分の1後)(分離課税の対象となる退職所得金額を除く)
7. 山林所得金額(特別控除後)
8. 先物取引に係る雑所得等の金額
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan
------------------------------------------------------
とされています。
5.番が御質問の答えです。

======================================================

譲渡益も配当金も、確定申告不要の場合でもあえて申告すれば、源泉徴収として先払いした税金の一部あるいは全部が返ってくることもありますが、翌年の市県民税と国保税に反映されるので、総合的に良く検討しないと損をすることがあるということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか…

「特定口座源泉あり」で確定申告不要の場合を除いて、国保税に反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

配当金については、申告不要制度が適用されるものを申告すれば、国保税のみならず、市県民税にも反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

国保税や市県民税の課税根拠となる所得のことを「総所得金額等」と言い、その定義は、
------------------------------------------------------...続きを読む

Q証券会社の名義貸しは違法?

証券会社で日経平均の先物のオプション取引をやっています
現在は売り立て枚数に制限があり
つまり投資できる上限金額が決まっているのです

他の証券会社を使えばいいのでしょうが
現在の投資手法が某証券会社でしか実践できないので
上限金額が決められていて金額を増やせずに困っているのです。

現在は個人と法人を持っているので2口座で運用していますが
親や友達の名義を借りるのは違法なのでしょうか?
なんとなくいけないことのような気はしてるのですが・・・

さらに言えば親に借りた場合自分のお金なのに贈与とか言われかねないような気がして^^;

Aベストアンサー

借用書を書くという行為の意味はお分かりですか?

たとえば、住宅ローンなどで銀行から金を借りていれば、借りている人の財産を銀行が自由にできますか?
金を貸したからといって、相手の財産を自分の自由にできるわけではありません。

仮に質問者さまが、借用書と引き換えに、お友達の名義に金を振り込み、お友達名義でオプション取引をして収益があった場合、その収益はお友達の収益です。
元々の資金が、質問者さまのものだから、収益は質問者さまのものという理屈は成り立ちません。

さらに収益を元金に対する利息として、お友達から受け取った場合、質問者さまは投資ではなく、貸金で収益をあげたということになります。
どこまで理屈を付けても、証券会社や税務署の側から見れば、他人名義の口座にお金を振り込んでいる時点で、他人の金です。

Q何故脱税にならないのか理解できません

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的ないいまわしを聞くのですが、根本的に
おかしいのではないでしょうか?

具体例を挙げますと、
私(父親から見れば息子)も父親も投資信託をやりますが、私は当然私名義しか持っておらず、
父親は自分自身の名義は勿論、私や他の兄弟たちの名義を使ってもいます。

例えば、私が株で1000万儲かったとすれば、税率は33%ですが、
父親が私名義でもう1000万儲かったとすれば税率は40%に上がります。
これによって、私が支払うべき税金も増えるでしょう。
そこが仮にも親子の間で合意が取れており、私が損しないように父親の方で補填するのであれば、
私に損はないでしょうけど、同時に父親は自分ひとりでやるよりも納税額が減るわけですよね。

極端な話ですが、多くの親戚の名義で口座を利用し、儲けが195万の範囲内に収まるように、
株だけでなく、その他の儲けなども計算してそのようにすれば、最終的に税務署が
父親から得られる税収は減るわけですよね。


本来ならば、誰の名義を使おうともその儲けを得る者(その実権がある者)の名前で
集計し、税率計算をするのが筋ではないでしょうか?
口座の名義こそ他人ですが、その他人が口座の金を自由に出し入れできないのであれば、
それを何故、「所得」と言えるのでしょうか。
会社に置き換えて言えば、社員に給料を振り込んだと言いつつ、その通帳もカードも
社員に渡さないで会社がその給料を牛耳る(特に自営業でそういうケースが多いようです)
のと同じことではないでしょうか。

それが法律的に赦される、脱税にもならない、というのが理解できません。
何故でしょうか?

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的な...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

>そうですか、では、何のために家族名義の口座でわざわざ取引をするのでしょうか?自分の口座で全部したらいいではないですか。わざわざそうするということは何かしらのメリットがあるからこそするわけですよね。
私にもわかりません。
所得税では何のメリットもないでしょう。
それは貴方の親に聞いてみてください。
でも、いずれにしろ、自分のお金を使い貴方の名義で行うというのは本来ではありません。

まあ、ひとつ考えられるのは「相続税対策」ということかもしれませんが、預金もそうですが名義がどうなっていようと、いわゆる”名義貸し”であれば、たとえ貴方の名義であっても父親の財産であり、相続税の対象になります。

>こういった行為を税金対策とよく耳にしますが、私は先に述べたことが税金対策(私はこれは脱税行為ではないかと思った)だと思っておりましたが違うのでしょうか?
そのとおりです。
前に書いたことを意図したのなら、”脱税行為”でしょう。

Q他人名の口座を利用するとどうなるの?

ある友人が、自分の名前で銀行の口座とキャッシュカードを作ってそれを渡せば謝礼が出るという話を聞いたと、言ってきました。その渡した本人は資産家らしくて、口座が多いほどいいからといっていたらしいのですが。。。これは犯罪になるのでしょうか?なるとしたら、どのような罪でどちらが罰せられるのでしょうか。親友なので何か悪いことになったらと心配です。教えてください。

Aベストアンサー

 本人確認法という話が出ていますが・・・

 本人確認法(正式名称は「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」といいます。)は,預金口座の貸借を禁止する法律ではなく,偽名口座,仮名口座を禁止する法律です。

 ですから,ある預金口座を開設するときに,本人が銀行に行って,自分の口座だとして開設すると,本人確認法に違反することはありません。それは,No5 の方がいわれているとおりです。

 また,この法律は,名義貸しが横行しているから出来た法律ではなく,犯罪資金(犯罪に使われる金や,犯罪で得られた金)が,偽名口座や仮名口座を通じることで,誰の金か分からなくなることを防ぐために立法されたものです。

 ということで,自分で作った口座を,他人の金の出し入れに使わせていることは,それ自体では犯罪にはなりません。

 ただし,難しいのは,自分の本人確認書類を他人に渡して,その他人が,本当は自分の口座とするつもりで他人名義の口座を開設した場合であり,これは,本人確認事項を隠蔽したということになり,その他人が本人確認法違反ということで処罰され,本人確認書類を渡した方も,その共犯として処罰される恐れがあります。

 ところで,資産家さんが何を考えているかということですが,多分,他人名義の口座を沢山集めて,資産隠し,財産隠しをしようということでしょうね。また,そのことによって,いわゆる裏金づくりをしようとしているのかもしれません。いずれも直ちに犯罪になるというものではありませんが,決して好ましいことではないですね。犯罪ではないけれども,違法なことです。

 財産隠しがばれると,多額の税金を取られます。その程度であれば,名義を貸した方にお金を取られたり,処罰されるなどの直接の影響が及ぶことはありませんが,税務署などからいろいろ調べられて迷惑することになるでしょうね。

 税金でも目に余ることになれば,処罰される可能性もあります。(いわゆるマルサというやつです。)

 また,名義を貸した方としても,口座の名寄せをされると,本来は他人の財産なのに,貸した方の財産ではないかとして,税務署などから調べられて,他人の財産であることが説明できなければ,自分の法で税金を負担する目に遭うことも考えられます。

 次に,問題はカードです。ローン機能のない,単なるキャッシュカードなら良いのですが,他人のカードを使って金を借りれば,借りた方は,直ちに詐欺の罪になります。貸した方も共犯にされる恐れがあります。

 より現実的に面倒なのは,銀行との契約で,他人にカードを使わせたときの借金などは,名義人の負担とされていることです。他人にカードを貸して金を借り逃げされれば,名義人がその支払いをしなければならないということです。

 悪いことをすると,すぐに犯罪ということが思い浮かびますが,世の中の現実としては,むしろそのことによって金を払わされたり,裁判に訴えられるということの方が多くあります。

 本人確認法という話が出ていますが・・・

 本人確認法(正式名称は「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」といいます。)は,預金口座の貸借を禁止する法律ではなく,偽名口座,仮名口座を禁止する法律です。

 ですから,ある預金口座を開設するときに,本人が銀行に行って,自分の口座だとして開設すると,本人確認法に違反することはありません。それは,No5 の方がいわれているとおりです。

 また,この法律は,名義貸しが横行しているから出来た法律ではなく,犯罪資金(犯罪に使...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング