タイトルの通り、第2外国語の選択について悩んでいます。
私は四月から国公立大学に進学します。工学部です。
工学ということなのでもちろん第2外国語の選択など考えた事も無く。入学手引きを見、始めて知りました。そこでお聞きしたいのですが、理系の勉強をしていく上であまり障害にならない(単位がとりやすい)のは次の3つの内どれでしょうか?
フランス語、ドイツ語、中国語。
あくまで一般論で結構です。ちなみに私は英語が得意です。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

理系の研究者ですが、第二外国語はロシア語でした(笑)。

(^_^;)

「理系だとドイツ語」と仰る方が多いように、私の同期もほとんどがドイツ語でしたね~。
ですが、履修人口が多いだけあって、単位は取りづらかったです。
ロシア語なんて学科で数人しかいないものだから、履修した瞬間に単位取得が決まってました(笑)。(^_^;)
フランス語、ドイツ語、中国語の3つの中でしたら…ドイツ語が最も難しく、フランス語がその次、そして中国語が最も単位取得は容易だったと思います。私の学校では…。

第二外国語なんて趣味に走って履修しても、何の問題もないです。
少なくとも、大学の講義でちょこっとかじる程度では実際に使用する際にあまり役に立ちません。
本当にそういった論文等を読まなければならない時は、自力でもう一度最初からやり直しです。
ですから、自分が興味を持てる科目を選ぶと良いと思いますよ~。
その方が真面目に勉強しますし、ね。

結局、私は就職後にドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語の文献をすべて読むハメになり、地獄を見ました~。(;_;)
特別ドイツ語の文献が多かったわけではありません。
    • good
    • 3

単位の取りやすさは先生によります。



一般的に比較的やさしい(発音以外は)といわれる中国語も、先生が鬼だったら、単位は絶望的です。また、全学部統一試験があるようですと、文系の人と同じ試験に通らなければなりませんから、これも大変です。

あなたのいかれる大学について、学生側からの情報をできる限り集めてみた方が良いと思います。最近はネット上に鬼仏表があることも多いですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
第2外国語は結構アバウトに決めてもよさそうですね。もう少し考えてみます。
それでは

お礼日時:2002/03/09 22:58

第二外国語の選択で迷うということは.近い将来.工学から足を洗うと.解釈して良いですね。



多分.中国語で良いでしょう。現代語と古典語の対応さえ覚えれば.白文を読む調子で理解できますから。

なお.工学を続けて行こうと考えた場合には.3言語とも必要です。というのは.ヨーロッパでの共通公用語はフランス語であり許認可にフランス語が必須です。どいつの工学論文は合併したとはいっても.現在なお健在です。中国は工業の分野における大きな市場(全人口に対する中国語を理解できる人間の割合で考えてください)であり.近い将来中国語対応が必要です。
    • good
    • 3

 僕は今、関西の公立大学の工学部に通う2回生の者です。



 僕が第二外国語を選択するときには、「工学部の人でドイツ語又はフランス語以外の第二外国語を履修された方は、大学院に行くための試験(院試)を受けるときにドイツ語又はフランス語を受けてもらうことになる。」という注意がありました。専門科目の勉強で必死になっているときに第二外国語の勉強なんかやってられないだろうということで、僕の友達はほとんどの人がドイツ語を履修し、フランス語が少数、他の第二外国語を履修している人はいません。

 ただ、こういうのは大学によって扱いが違うのでよく注意を聞いて履修した方がいいと思います。でも単位を取りやすいのは履修人口が少ない中国語だというのはよく聞きますね~。
    • good
    • 3

一般的に単位がとりやすい第二外国語は、中国語だと言われていますが、


私も#1の方と同じく、理系の人はドイツ語を選択するのがあたりまえだと
思っていました。
英語が得意なのはいいですね。
昇格試験や、海外勤務をTOEICの点数で決める会社もありますから。
大学生活を有意義に過ごしてくださいね。
    • good
    • 3

私はドイツ語で卒業したのですが


発音が簡単で英語に近いのでドイツ語が一番楽かもしれないが
実用性を重んずるならば中国語ですね
使用人口が違います
英語がインターネットによって世界を完全に制覇したので
ドイツ語は完全にローカル言語に成り下がってしまいました
フランス語は旧植民地で使用されているので多少ましかもしれませんが
インターネットによって地位は大いに下落したと思います
それに話している国もぱっとしない国ばかりでやる意味もあまりないですね
まだ日本語の方が価値がありますよ
中国は最大の人口だし隣国だし世界の工場になろうとしているしこれから日本企業による特許の取得が増えるでしょうから大いに役に立つと思います
しかし勉強したことがないので難易度は分かりません
フランス語やドイツ語はほとんど役に立たないのだからやっぱり中国語ですね
    • good
    • 2

えっ、理系ならドイツ語必須じゃないの?



あくまで一般論ですが、今後の履修のことを考えたらドイツ語をお勧めします。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工学系第2外国語の選択について(緊急です)

兄が今春機械工学系の大学(旧帝国大レベル)に入学が決まりましたが、第2外国語の選択に困っています。
工学部を出た叔父は「工学部ならドイツ語だ」と言いますが、それは一昔前の話のような気もします。
過去の質問を見ると、今はどの言語を選んでも変わらないと書いてある回答が多いのですが、兄は英語の次に使っている人が多い中国語にも興味があるようで悩んでいます。
将来兄は自動車もしくは航空関係の仕事に就きたいと思ってるようなのですが、どちらのほうが良いということはあるのでしょうか?
明日までに手続きしなければならないので、明日の朝までに回答いただけると助かります。

Aベストアンサー

私は建築系のものなのですが、ご参考まで。
自動車・航空関係の仕事といっても種々あると思うのですが、研究だったら大学院に進んでから就職ということになると思います。
そこで、大学院入試に役立つ科目をおすすめしたいのですが、ご自身でホームページででも調べていただけばわかるとおり、現在は工学系は外国語は英語のみ(10年~15年前までは英語+ドイツ語またはフランス語が多かったですが)のところばっかりです。
したがって、第二外国語は好きなのにすればいいんじゃないかと思います。ただ、少し昔まではドイツ語も工学系で使われていたので、古典的な文献を読もうとした時に、ドイツ語の文献が直接あるいは孫引きされて出てくる可能性はあるでしょうが、基本的なものであれば英訳を探せる可能性が高いです。
技術者として工場で現場管理などをやるのであれば、最近はブラジルから働きに来ている人が多いのでポルトガル語なんかが出来ると重宝かも知れませんが、そこに力を入れるなら数学とか物理に力を入れるのが先決かという気もします。

Q工学部の第2外国語

第2外国語に関する質問は結構ありますが、工学部の方の質問が見当たらなかったので質問させて下さい。

今春国立大学の工学部に合格したのですが、第2外国語の選択に悩んでいます。医学部ならドイツ語が思いつきますし、法学部ならフランス語(?)が思いつくのですが、工学部では何も思いつきません。

私の大学は、ドイツ語、フランス語、中国語、そして韓国語から選択するようになっています。

工学部生として、そして卒業後を考えて、どの外国語を学ぶのが一番いいのでしょうか?

もし工学部で学ぶ上でどれも役に立たないのであれば、私は中国語をとりたいなと思っています。役に立たないのであれば遠くよりはお隣の国の方がいいかなと思いまして。私自身もどうせ学ぶなら中国語がいいかなぁと思いますし。

Aベストアンサー

IT関連会社に勤める者です。
中国語をお勧めします。

工学部からどんな会社に就職するかわかりませんが、大手製造業会社では海外で生産している会社は多いです。業種にもよりますがドイツ語、フランス語が必要になる可能性は低いでしょう。人件費の安い中国に生産工場を持つ会社は多くあります。私の会社でもソフト開発の一部を中国の会社に委託していて中国語が必要になっている人もいます。

私は理工学部でフランス語を選択しましたが、全く使う機会はありませんし忘れました。

Q第2外国語の選択

春から大学生で、第2外国語選択で、
中国語とフランス語のどちらかを取ろうと思っています。
でも、どっちにすればいいのか分かりません。
将来は、海外で働く、国連職員【ユニセフ】のような子供を助ける
仕事か平和に関する仕事に就きたいと思っています。
大学は、文系、政治学科です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

大学でスペイン語を第一言語として学んでいます。
スペイン語に対してあまりご存知ないかと思い、紹介しようと思います。
そんな私も大学入学前はフランス語に憧れていました。
スペイン語が中南米で多く使われていることすら知りませんでした。

他の方の回答にもありましたように、スペイン語の発音は簡単です。
英語には a の発音だけでたくさん種類がありますが、
スペイン語は1種類。しかも日本語とほぼ同じ「あ」です。
また、英語と違って文法がかなりしっかりしています。
英語では初めて見る単語の発音ってわかりませんが、
スペイン語はルールがわかっていれば
初見の文章でもすらすら読めちゃいます。

最も大変なのは、フランス語もそうだったはずですが、
女性名詞、男性名詞があること。
動詞の活用がとても多いこと。
たとえば英語ならば現在形はwrite/writes、過去形はwroteですよね。
それがスペイン語の場合、現在形だけで6種類あります。

しかし、コツさえつかめば英語より簡単だと思います。
アミーゴとか、アディオスとか、セニョリータとか
聞いたことあるものも割とあります。

あ、ただ巻き舌ができないとスペイン語のrの発音は困難かと・・・

でもまったくしらない言語を学ぶのもおもしろいですよ。
スペイン語圏も豊かな文化のあるところですよ☆

大学でスペイン語を第一言語として学んでいます。
スペイン語に対してあまりご存知ないかと思い、紹介しようと思います。
そんな私も大学入学前はフランス語に憧れていました。
スペイン語が中南米で多く使われていることすら知りませんでした。

他の方の回答にもありましたように、スペイン語の発音は簡単です。
英語には a の発音だけでたくさん種類がありますが、
スペイン語は1種類。しかも日本語とほぼ同じ「あ」です。
また、英語と違って文法がかなりしっかりしています。
英語では初めて見る...続きを読む

Q第2外国語の選択

なんとか、大学(国立)に合格できました。入学手続きの際に第2外国語を選択しなければならないのですが、手続きの都合上、今日中に選ぼうと思っています。

外国語はいくつかあるのですが、フランス語・ドイツ語・中国語、の中から選ぼうと思っています。

が、どういう基準で選べばいいのかわかりません。

・こんな基準で選ぶといい、
・○○語はここがいい(orだめ)、
・○○語を学んでおけば、こんな時に役に立つ、

など、参考になりそうな事を教えて下さい。

一応、理系(理学部・物理志望)です。

Aベストアンサー

フランス語。発音が綺麗。文法はやっかい。綺麗な女の子が結構多い。

ドイツ語。発音が地から強い。ドイツは意外と身近なんだなあって感じる。文法がめんどい。名詞にも冠詞がつくし、名詞自体に性別もあるし、おまけに変化する。まあフランス語も同様。

中国語。発音が難しい。でも、漢字はお馴染み。前2者に比べて日本では求められている言語かもね。似ている分だけ習熟度も早いですよ。

私は中国語をすすめます。

Q第2外国語の選択 難しいのは?

スペイン語 ・中国語・ドイツ語・フランス語
どれが難しく、どれが単位が取りやすいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。私はフランス語とドイツ語を取っていました。
他の方もおっしゃっていますが、英語が得意であればドイツ語が比較的はいりやすいです。
フランス語は単語が少々複雑なのと、動詞の変化が覚えにくいです(笑)

どの外国語が単位を取りやすいかは、その大学の教授によって違うと思うので言わないでおきます。

あとは、自分が興味を持てる外国語を取ったほうが良いとおもいますよ。
がんばってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報