重心って地球の中心にあるんですよね。
だから何も加わる力がなければ、物は垂直に落ちると
習いました。しかし、実際絶対ありえませんが、
もしも重心が中心じゃなければ、我々にはどのような
影響が及ぶのでしょうか?
例えば重心が、地球の右端にあったとしたら、場所に
よっては、物が垂直におちたりしますが、場所によっては
斜めに物が落ちたりするんですかね???
これは、学校の春の研究課題にしようと思います。
あなたの想像する影響を教えてください。
詳しい根拠でもなくてもいいです。たぶんこんなんだろう
というような漠然とした理由でいいですので、
たくさんのご回答待ってます。

A 回答 (4件)

 


  地球の重心が中心にない場合、どうなるかは、色々な天体で、重心が中心にないものは現実にあるのです。長い間時点運動していた巨大な質量の惑星や恒星だと、重心は大体中心にあります。しかし、不規則な形の小惑星や、また片方の質量が異常に大きい連星系などだと、星の重心が中心からずれてきます。
 
  重心が地球中心にないような形で、質量分布、密度分布になっていた場合、どうなるかで、これは長い時間を経過すると、地球の場合だと、物質移動がゆるやかに起こり、重心は地球の中心へと移動して行きます。しかし、移動前に、どうであるかを考えたのがわたしの回答です。
 
  突然、重心が地球の中心から表近くに移動するというのは、ブラックホールか小型の中性子星でも表面近くに出現すると、そういうことが起こるかも知れませんが、確かにそういうことが起これば、海洋の水などは、急激に移動して、大津波が地表で起こるでしょう。しかし、どれぐらいの質量の中性子星なのかで話が違って来ますが、地球の質量が二倍程度になるぐらいの中性子星なら、重心近くでは、地殻が陥没し、マントルの物質移動が起こるでしょうが、その他の地点では、たいした変動は起こりません。無論、ものの落ちる方向が重心に向かうというようなことは起こります。
 
  また、一体、どんな質量が加わって、重心の位置が変化するのか分かりませんが、回転運動で、地球がちぎれるとか、それは、ないと思います。回転モメンタムを大きくすれば、極端に大きくすれば、別に重心が中心にあっても、地球は平べったい回転楕円体に変化して行き、もっと回転速度が速くなると、地表面から地殻やマントルなどが宇宙に飛び出すということが起こるかも知れませんが、そんな極端なことに、なる「過程」はどういうことなのかということが先に疑問となります。(地表近くに、巨大質量が突然現れるという時、回転モメンタムはどうなるのかという話も加わります。静止状態で出現する場合、地球の回転運動の継続で、中性子星は、マントルや地殻を貫通して、地球の外に出てしまうでしょう。地球の回転モメンタムが中性子星などに移動することより、そのような高密度天体なら、地球の回転運動に合わせて運動するマントルなどを、簡単に貫通してしまうのです)。
 
  突然、何が起これば、という質問に対する答えは、空想的なシチュエーションですが、確かに大激変が生じるということが云えます。しかし、その場合でも、回転モメンタムがそのままなら、中性子星が地表近くに出現して、重心が、その辺りに移動したとしても、地球がちぎれるなどということは起こりません。
 
  先に潮の満ち引きへの影響を書きましたが、海水はかなり薄くしか地表を被っていませんので、満ち引き以前に、海水が、重心のある側に全部吸い寄せられる(落下する)ということになるでしょう。ただし、それも、重心の移動の程度です。(「地球の右端」に重心があるとは、どういうことかよく分からないのですが、「地表にある」ということなら、それはありえない、ということになります。「地表近くにある」というのなら、原因はともかく、ありえないことではありません)。
 
    • good
    • 0

んー、そりゃすごいことになるでしょうねえ…。


そもそも地球が球なのは、自身の質量による重力のせいですよね。
地球はマクロ的に見ると剛体ではなく、けっこうぷよぷよな弾性体なんですよ。
だから平均地表面より高いところがあれば沈むし、低い所があれば浮き上がって、全体として重心から等しい距離に均そうとします。
結果として球(正確には回転楕円体に近いいびつなクリ型)になっているわけです。

もし地球の表面か、それに近い内部に重心が移ったとしたら…それってそこが地球すべての「下」になるってことですよね。
となると、周囲の地表面は、その重心を基準に考えると垂直な絶壁。
地表の物はおろか、地盤も海水もそこに向かって一気に大崩落を起こすでしょうね。
(はじめ「気象はどうなるんだろう?」とか呑気に思いましたが、冷静に考えてみると気象どころの話ではなさそうです)
自転軸もそこに突然移動するわけですから、もろい玉の端をつまんでぶん回すようなもので、地球全体がちぎれて分解してしまうかもしれません。

正確にシミュレーションすれば、地球が何分で、どんな形で崩壊するかも描けるかもしれませんが…ただその場合は、どういうメカニズムで重心が移動したかを設定してやる必要があると思います。
というのは重心というのは質量の大半がそこに集中しているということですから、普通に考えるとそこに大質量点(ブラックホールのような)を安置でもしないと地表近くに重心を移すことはできません。
で、それだと地球の質量自体が変わっちゃうんで、
「地球の構成物質の大半を比重の極端に軽い物質に変え、その分の質量を縮退させてで地表近くに質量点を作る」
というケースも考えられます。
ただこの場合、「比重の軽い物質」は剛性も低いことになり、結局質量点に向かって大崩壊してしまうような気がします…。
    • good
    • 0

 


  重心というのは、主として「回転運動」に関して意味を持つ概念というか物理概念です。仮に地球が静止していたとして、外力が加わって運動し始めると、その運動は、特定方向への直線運動と、回転運動に分かれます。回転運動は、外力の加わり方で、回転モメンタムというものが地球に与えられた時、回転を始めるのです。
 
  そこで、重心は、こういう地球の運動が平衡状態に達すると、回転運動は、地球の「重心」を中心として行われるということになるのです。回転の方向とか、どこが北極・南極に類比的に対応するかというのは、加わった回転モメンタムによって決まります。
 
  地球の中心に重心があるというのは、現在の状況でも「近似的」です。その結果、地球の回転運動には、歳差運動以外に、僅かな不規則性があります。
 
  重心が極端に偏っている場合、まず、地球の自転運動は、重心を中心に起こるので、球が地球中心を通る軸で回転しているというより、重心を通る軸の周りで回転するということになります。
 
  また、重力は、重心が地球の中心近くにないということは、質量分布が球の中心点についての点対称でないということで、当然、重心に向け、ものは落下します。実際、局所的には、地球上で、ものの落下方向が、地球中心に向かう垂直な方向でない場所があります。何か、質量の不均衡が地下であるのだと考えられます。
 
  また、潮汐力が、この重心の位置の変化で変わります。どういう具合になるかは、重心の位置を指定しないと分かりませんが、潮の満ち引きに変化が起こります。例えば、ある地点が満潮の時、丁度地球の球の反対の地点も満潮になるというのが普通ですが、そうはならないというようなことが起こります。
 
    • good
    • 0

こんばんは。



自転に伴う遠心力とか、月や太陽の引力とか、そういったメンドクサイことは
とりあえず置いておいて、
ご指摘の通り、「場所によっては斜めに物が落ち」ます。

質量の無視できるごく軽い球を考え、その表面の1点にすごい高密度の物体が貼り付いているとします。
この場合の質量は、その高密度の物体の質量しか考えられませんから、
万有引力の法則により、その質量の方向に引力が生じますが、
生じる力の向きは、例えば、球の極にその高密度の物体があるとき、
赤道では明らかに球の表面に対して斜めになります。

ただし、そのすごい高密度の物体に対して、埃などは寄ってくるは、
岩石も移動するは、で、長い年月のウチには
結局はそれが地球の中心になってしまうと思われます。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q説明が難しいのですが、今から書くことをどう思われるかを 参考に教えていただければ幸いです。 ある

説明が難しいのですが、今から書くことをどう思われるかを
参考に教えていただければ幸いです。


ある小論文添削サイトがあり、1200文字を3000円で添削できます。

そこでは面接想定質問の回答の添削も可能だそうなので、面接の参考書の質問を参考に回答が1200文字に収まるようにWordにて問題、回答を打ち込み送信しました。

ですが、返信してきた内容を見ると。
文字数が1490文字なので超過料金を頂くとのことでした。

それで問題は文字数にカウントされるのでしょうか。
と問い合わせた結果、返答が



面接想定問答の場合、質問も字数に含まれます。
なぜなら、あなたの場合はたまたま問題集の問題
を写したのかもしれませんが、ふつうは自分で考えた
質問ですので自分自身の原稿として扱います。
あなたの場合も、あなたご自身が選んだ質問ですので
あなたの意志による文章であることに違いはありません。

他の理由としては、面接の場合は、問いの文章が短く
質問の数が多いため答えのみの字数計算が手数であること、
問いと答えが緊密な関係にあって、1問1頭ごとにその関係性
を調べるのが添削の目的なので、質問と答えを切り離しがたいこと、
などから、質問も字数に含んで計算しております。


…でした。

小論文添削では同じ課題なら問題文関係なく1200文字なのです

回答は1200文字超えないように私自身で選びました。


お金は3000円払ってますので返金はできないとおもいますが、
添削のキャンセルは可能でしたので、全部で1200文字になるよう調整して提出する予定です。

説明が難しいのですが、今から書くことをどう思われるかを
参考に教えていただければ幸いです。


ある小論文添削サイトがあり、1200文字を3000円で添削できます。

そこでは面接想定質問の回答の添削も可能だそうなので、面接の参考書の質問を参考に回答が1200文字に収まるようにWordにて問題、回答を打ち込み送信しました。

ですが、返信してきた内容を見ると。
文字数が1490文字なので超過料金を頂くとのことでした。

それで問題は文字数にカウントされるのでしょうか。
と問い合わせた結果、返答が



面接...続きを読む

Aベストアンサー

相手の理屈が正しいかどうかは関係なく、その業者はそういう料金体系だということでしょう。

>全部で1200文字になるよう調整して提出する予定です。
そうですか。

Q中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公

中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公的に補助するとします。

その補助金の適切さを学術的に検討する場合には、どのような分析をすればよいのでしょうか?

私は費用便益分析を考えましたが、他にも分析手法はありますでしょうか?


ご存じの方おりましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>学術的に検討する
学術的に検討する課題ではないです。
大きいコンサルタント会社か建設会社に見積もらせた方が良いです。
彼らの方がよほどたくさんの「既存」の例を知っています。
「成功例」、「失敗例」ともです。
でも、まずはじめに大規模な都市計画が必要であることだけは疑う余地がありません。
中心市街の個人商店と閉店して土地・店舗だけ持っている方の全面的な協力をまず取り付けなくては何ともなりません。

Q人類はグレイグーナノウィルスによって滅びるのが地球に巨大隕石が衝突、地球が氷河期に突入するより先に訪

人類はグレイグーナノウィルスによって滅びるのが地球に巨大隕石が衝突、地球が氷河期に突入するより先に訪れるという。

グレイグーナノウィルスは自然界のウィルスではなく人間が医療目的で開発した人工ナノウィルスで、人間自身が自らの人類を滅ぼすという本末転倒の結果で人類が滅びるという予測は正しいですか?

Aベストアンサー

有り得る事ではありますが正しくありません。
正しいと言う事であれば、既に結果が解っているが止められないと言う未来予測になりますからね。
未来はこれから作って行く物であって既に結果があって結果に向かって行く物ではありません。

Q落ちたごとく または 落ちたかのごとく?

「~ごとく」という言い方について教えてください。
「頭上に岩が落ちたごとく」という言い方は、文法的に正しいでしょうか? 
それとも
「頭上に岩が落ちたかのごとく」と、“かの”を加えるべきでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門ではありませんので、印象、感想といった回答ですが。

落ちたごとく、というのはなんだか物足りなく感じます。
落ちたかのごとく、であれば、そのまえに「あたかも」とか「まるで」といった言葉が欲しくなります。

ごとく、というのにはとても文語的、古語的なイメージを感じますので、落ちたがごとく、という言い方でもしっくりくると思います。

ごとく、は現代口語では「~のように」となると思うのですが、そうだとすると、
「頭上に岩が落ちたように」とするよりは「頭上に岩が落ちたかのように」としたほうがしっくりくる感じがします。

落ちたごとく、というのが許されるのなら、それは「かの」が省略されて認知された形だと思いますので、やはり「落ちたかのごとく」としたほうが正解なのではないかと思う次第です。

比喩表現ですから、比喩である事がしっかり伝わるほうがより忠実だと思います。

ただ、「まるで鬼神のような」といった表現で、「そのさま鬼神のごとし」という場合には比喩の対象が名詞であるためか、敢えて「鬼神であるかのごとし」とする必要もないように感じます。

専門ではありませんので、印象、感想といった回答ですが。

落ちたごとく、というのはなんだか物足りなく感じます。
落ちたかのごとく、であれば、そのまえに「あたかも」とか「まるで」といった言葉が欲しくなります。

ごとく、というのにはとても文語的、古語的なイメージを感じますので、落ちたがごとく、という言い方でもしっくりくると思います。

ごとく、は現代口語では「~のように」となると思うのですが、そうだとすると、
「頭上に岩が落ちたように」とするよりは「頭上に岩が落ちたかのよう...続きを読む

Q我々意識について。

「同じ歴史を共有している我々国民」と言う考え方がありますよね。でも、それって一体いつ位から考えられて来たんでしょう?
 古代では九州の人を隼人、関東の人を東夷と呼んでいたくらいだからまだ考えてなかっただろうし、江戸時代では武士と町人で言葉が違っていたようだからこれも違うだろし・・・。
 易しい言葉で教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

 「国民という意識が存在するのはいつからなのか?」「なぜ、そのような意識が存在するのか?」 一般的に、これらの問いはナショナリズムとして研究されています。

 ベネディクト・アンダーソンによると、ひとつの想像された共同体が国民です。印刷技術の出現が「国語」の書物を広く普及させ、その結果、ひとつの地域の共通・共有のきずなが想像されたとしています。この「国語」の普及とは、ラテン語から地域語(ヨーロッパ諸語)に翻訳された聖書のことをさしています。アンダーソンによると、それがナショナリズムの始まりです。

 日本人という意識が出現するのは、やはり明治維新後だと思います。それ以前の日本は、幕府や朝廷を中心とした都市のネットワークがあっただけで、国家も国民も登場していないように思います。アンダーソンの言う「巡礼」の道が整備されたのは明治維新後でしょう。地方出身の役人が日本国内各地を転勤しながら、出身地だけに留まらない「国家」や「国民」を意識していく過程が巡礼です。

 アンダーソンによると、これらの意識は全て虚構なのだそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報