「ただ立ちて待つも神につかえまつるなり」という言葉があったと思います。
それの出典を知りたいのですが、教えてください。ミルトンの失楽園だったように
思いますが。それのどこか。また、ちがうのなら、出典は何か。それのどこに
あるのか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  これは、JOHN MILTON (1608-1674) のかなり著名なソネットの最後のラインのようです。(SONNET XIX: WHEN I CONSIDER HOW MY LIGHT IS SPENT)。
 
  >They also serve who only stand and wait
 
  この言葉は、翻訳すると、「ただ立ちて待つも神につかえまつるなり」となります。原文には「神」がありませんが、誰に serve するかは、詩の内容から言って、God しかないはずだからです。ソネット全文は、以下のURLに載っています。
 

参考URL:http://www.library.utoronto.ca/utel/rp/poems/mil …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問者は、85歳で老いて生きる価値をさがしていました。それで、以前に出会ったこの言葉が最近とても気にかかって、出典をさがしていました。ありがとうございました。(nakanatsuは代弁者です)

お礼日時:2002/03/09 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報