1円銀貨を持っているのですが、表面が黒く錆てしまっているようです。
この錆を薬品を用いて落としたいのですが、その成分について
詳しいことが載っている本か何かありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私の持っているコインクリーナーに成分が書いてありました。



・界面活性剤30%
・直鎖アルキベンゼン系陰イオン
高級アルコール系非イオン

ちなみにこのコインクリーナーは東邦プランニングという会社の
もので島田コイン・スタンプ商会というところで通販で買いました。
500円くらいだったと思います。

ちなみに、コインを磨いて傷を付けてしまったりすると価値が下がるみたいなので気をつけたほうがいいです。
洗浄の跡はできるだけ残さないほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0

こんばんは



円銀の錆落しの薬品の成分については、私も下の方同様未知です。
薬品を使用してという質問への回答にはなりませんが、円銀の錆びを落とすのが目的であれば、プラスチック消しゴムを使用するのが、簡単な方法だと思います。
保存状況によっては表面に微細な金属粉等が付着していますので、先ず流水で洗い流し、柔らかなティッシュ等で水分を除去後、プラスチック消しゴムで丹念に擦ります。最後に、台所用洗剤をつけ、再度流水で洗い流せば綺麗になりますよ。注意点としては、砂消しゴム(表現が古いカナ?)のような、ざらついた消しゴムは傷がつくので使用しないことです。コインを収集していた頃よくやりましたが、いまだにピカピカです。
余談ですが、豆板銀、一分銀などを黒く錆びさせるときには、硫黄成分を含んだマッチ(今では少ないと思います)と共に小さなビニール袋に入れておけば短期間で変色します。変色してから数日そのままにしておき、取り出した後に手のひらで擦れば、時代の付いた感じの良い状態となります。
錆び取り、錆び付け両方行ったことがあるので、経験者としておきますが、薬品成分について詳しいことが載っている本などを、ご紹介できませんでしたので、自信無しとします。
    • good
    • 0

宝飾品用の洗浄剤を売っていますが、成分的な事は分かりませんし、金属の中では錆びやすい銀は?


それよりテレビショッピングなどでよく宣伝している、ミクロ繊維のスポンジで相当落ちると思います。
最近はDIYやホームセンターにも300円くらいから小型のものを売っています。
硬貨の経験はありませんが、銀スプーンなら経験があります。

一応参考としてハガティ社の 日本総代理店の株式会社 中田貿易のHPからシルバーの洗浄剤の関連の
URLを表示しておきます。
http://www.hagerty.co.jp/sc1.htm
    • good
    • 0

銀貨の保存されていた状況にもよりますが、多分ゴム成分からの硫黄(ゴムは加硫して造る)ではないかと思います。

何かに漬けて … ではなくて、親指にでも磨き砂(クレンザー)を付けて物理的に擦り取るのが確かだと思います。
但し、枚数が多いと大変だけれど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが

縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが、
「撚糸」とは何ですか。
植物の茎か繊維であるとすれば、その植物は一般的に何と考えられているのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「その植物」は
アカソ、カラムシなどです。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5106/sub135.htm
http://www.geocities.jp/kitanojoumonclub/3itotuku.htm

Q社会の教科書に載ってたようなヒトの進化の絵

小学生の社会の教科書に載ってたようなヒトの進化の絵を探しています
背中が丸まったサルのような原始人から背中が伸びて現代人になっていくような絵です
Webで検索してもでてきませんでした
どなたか入手できるリンク先を教えてもらえないでしょか?
宜しくお願いします

Aベストアンサー

「絵」だけでよいなら↓
http://www.geocities.jp/easybeat99/nemuro_top_sinkazu.htm

(これは個人の方のサイトでしょうか・・・)

ほんのご参考まで。

Q黒巖神社の発祥地、(由来)を探しています

我が家の神棚を掃除していたら古い御札が出て来ました。それには黒巖神社・・・守護とあり社務所印と水引も残っています。あまり聞き慣れない神社なのでネット検索しましたがヒットしません、黒巖神社自体私の住む備後地方に見当たりません、発祥地、由来でも解ればと思いお尋ね致します。

Aベストアンサー

 おはようございます。
 そのウェブを検索した時期は今年になってからではないのではありませんか? 実は今“黒巖神社”を検索すると、1件だけ有力な情報を得られます。それを書いた人は広島の市内に在住のようですが、詳しいことは判りません。その方が今年の初詣に日枝神社に行き、併せて黒巖神社にも参ったとあります。
 ただしここでブログや掲示板のURLを紹介すると「会員間の交流を図ることは禁止」として、削除されてしまいます。ですので改めて検索し直すことをお奨めします。
 これ以外には本当に見つかりませんから、日本でも非常に珍しい名の神社なのかもしれません。寺院ならば四国の四番札所も同じ山号で、ほかにも同じところがあるようです。黒巖というのは、黒い巨石が御神体ということかもしれません。
 地域的にも近いようですし可能性は高そうです。あとはそちらを書いた方にお訊ねください。念のためにもう少し調べたところ、この日枝神社は福山市神辺町にあるようです。福塩線神辺駅のほぼ北方2kmほどのところです。

QADHDやアスペルガーなどの存在意義は? ご覧いただきありがとうございます。 題名を見て差別か何かだ

ADHDやアスペルガーなどの存在意義は?

ご覧いただきありがとうございます。
題名を見て差別か何かだと思った方はごめんなさい。そういう意図はありません。

ADHDやアスペルガーはある程度の割合で生まれてくるものだと思います。
彼らは生物学的にどんな役割を持っているのでしょうか?

現代では一部の天才を除いて「KY」とか「ダメ社員」、「変人」などと呼ばれ、虐げられている彼らですが、昔は狩猟が得意で有能だったと聞きました。
現代ではどうして有能だと見なされないのでしょうか?

また、どうして一定の割合でそういう人間が出てくるよう、遺伝子にプログラムされているのでしょうか?
いずれは淘汰(?)されるのでしょうか?

同じように、アリの世界では働かないアリがいたり、ハダカデバネズミも、餌ばっかり食べて動かないものがいるそうです。
それを人間でいうと発達障害の方々である、とは言いませんが、どうしてそういう「みんなと違う、普通じゃない」種類が必要なのでしょうか。

話はずれますが、社会で、シュードラとか、えたひにんとか、そういう身分を作るのはどうしてですか?
発達障害者もそうですが、彼らをみんなのスケープゴートにすることで、民衆がお上に反感を持たないようにするためですか?

現在も、会社とか学校とか、かなり小規模でそういう事が行われていると思いますが、人類はここまで進歩してきたのに、どうしてこんな下品なことが減らないのですか?
どうして福祉の力で守ってあげられないのですか?

ADHDやアスペルガーなどの存在意義は?

ご覧いただきありがとうございます。
題名を見て差別か何かだと思った方はごめんなさい。そういう意図はありません。

ADHDやアスペルガーはある程度の割合で生まれてくるものだと思います。
彼らは生物学的にどんな役割を持っているのでしょうか?

現代では一部の天才を除いて「KY」とか「ダメ社員」、「変人」などと呼ばれ、虐げられている彼らですが、昔は狩猟が得意で有能だったと聞きました。
現代ではどうして有能だと見なされないのでしょうか?

また...続きを読む

Aベストアンサー

これは種としても生態系としても遺伝子の多様性があったほうが生存に有利というのと同じ理由だと思われます。

皆がみんな同じ考え方や行動パターンだと普段は効率的ですが、いざというときに同じ回避行動をとって全滅してしまいます。

私見ですが、食べ物の好き嫌いも同じ理由だと思うんです。
みんながみんな同じ食べ物を食べていた場合、その食べ物が汚染されたり突然変異で毒を持つようになったら全滅です。
だから、皆が美味しいと感じるものを不味いと感じ避けるようになる個体も出てくるのだと思います。

さてADHDの特性ですが、狩猟(自然の恵みを採取)が主体だったらともかく農耕(生活に必要なものは文明の管理下に置かれた中で採取したり作っていく)が主体の文明には合わないんですよ。
狩猟が主体だと、ある意味では常に非常事態であり多種多様な対応をする個体がいたほうが有利と思われます。
ところが農耕主体だとみんな足並みそろえた行動をしないと効率が悪くなりますから。
だから多くのものが『普通』と認定して定着したやり方に沿わない人がいるととても困るんです。

だから農耕主体の文明である限りは居場所がありません。
障害者枠のように制度で無理やり作ってもどこかでひずみが生じ、結局は迷惑な個体の排除に向かいます。
異質な存在の排除というのはそういう理由から本能として持っているのだと思います。
自分はそんなことしないなんて偉そうなこと言ってる人は、運よく利害の衝突や責任問題に直面せずに済んでたのでしょう。


>社会で、シュードラとか、えたひにんとか、そういう身分を作るのはどうしてですか?
ある意味、発達障害の人はこうやって自由を制限し縛りを設けたほうが生きやすかったりするんですよ。
そういう身分の違いがなく自由になったら、文明社会で生きる上で必要な判断の要素がハネ上がります。
いわゆる『空気を読む』ってやつです。
『お前はこういう枠の中でこうやって暮らせ』と強制されたほうが、行動の指針はつけやすいと思います。
だからこそ昔は発達障害というのがそれほど問題にならず社会に認知されることもなかったのかもしれません。
身分が表向きは撤廃されたからこそボロが出たのではないでしょうか。

もちろん、不満のガス抜きという要素もあり得ますがね。
前述した異質の存在を排除する本能、明確な問題のある存在がいなかったらイジメのような形で暴走すると思われます。
清潔な環境になったことで免疫機能が暴走しアレルギーを発症するようなものです。
この暴走をコントロールするため『攻撃してもよい存在』というのを作るのではないでしょうか。
実際、そういう『いじめられっ子』を作ることでクラスをまとめようとするゲス教師がいますからね。
鬼教官を演じて皆の敵意を引き受けてまとめようとする人はもういないのかも。

いまでは、ニートやフリーターや生活保護の受給者がこういう「攻撃してもよい存在」という位置づけになってるのだと思います。
この人らに偉そうなこと言ってる人、ただ責めるだけで自立できるように仕向けようなんて考えはないでしょ?
この人らの攻撃性を何かに引き付けておかないと、自分に飛び火するかも知れません。
だから、『攻撃してもよい存在』というのをどこかに設ける必要があるのだと思います。


色々と思うことがあったので長々と書きました、ご容赦ください。

これは種としても生態系としても遺伝子の多様性があったほうが生存に有利というのと同じ理由だと思われます。

皆がみんな同じ考え方や行動パターンだと普段は効率的ですが、いざというときに同じ回避行動をとって全滅してしまいます。

私見ですが、食べ物の好き嫌いも同じ理由だと思うんです。
みんながみんな同じ食べ物を食べていた場合、その食べ物が汚染されたり突然変異で毒を持つようになったら全滅です。
だから、皆が美味しいと感じるものを不味いと感じ避けるようになる個体も出てくるのだと思います。
...続きを読む

Q古墳は大抵が地下というか土に埋まっています(という先入観を持っています

古墳は大抵が地下というか土に埋まっています(という先入観を持っています)。化石もそうですね。たまに奈良の石舞台古墳やらイングランドのストーンヘンジのように剥きだしのままの遺跡もありますが、少数派のように思います。これはべらぼうに時間がたつと何でも皆土に埋もれてしまうと考えていいのでしょうか。たとえば黄砂がそうですが、宇宙塵や風で運ばれてきた土ほこりなどが平均的に地面に積もっているということでしょうか。なら地域差はあるでしょうが、平均年何ミリ(あるいは何ミクロン)というような値が出ているような気がします。それとも、古墳などが土に埋もれるのはそういった一般的基本的な理由はなくて、たまたま洪水などで土がかぶさったというようなそれぞれ個別のの理由がある、原則として土には埋もれるはずはない、ということなのでしょうか。ならば、たとえばインドネシアのぼろブどーるなども土の下に埋もれていたということですが、あれも火山灰がかぶさったというようなローカルな理由があるのでしょうか。気になったので質問しました。地学の問題かもしれませんが。

Aベストアンサー

遺跡が土の中にあるのはなぜか・・・

長い年月が遺跡の上に土をかけるのではなくて、何らかの理由で土に埋もれた遺跡だけが現代に残っているのだそうです。
地球上には数限りない文化の痕跡があったのですが、そのほとんどが土に埋もれずに消滅してしまったのです。

大学で古代史を専攻していた親戚がそのように言っていましたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報