弟が、消費者金融や知人などから繰り返し借金をし、返済にいきづまると両親や兄弟、親戚などに泣きつき、「これが最後だ」との言葉を信じて、今まで何度かまとめて返済してきました。そして、また新たな借金があるとわかり、また周りでなんとかしようという動きになっています。我が家はお金持ちではなく、両親の生命保険の解約などもして、本人以外が借金をして本人の分を返すような状態です。今回、まとめて返したとしても、また繰り返すと私は思うのですが、返しきった後で、どうにか本人がもう2度と金融機関から借りられないような方法はないものでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

親、兄弟等に泣きついて借金を返済した人は、自分が苦しんで返済した経験がない人です。

自分で苦しんだ経験がないので、ほとぼりが冷めるとまた借金を繰り返してしまいます。ですので調停や債務整理(弁護士さんに頼むこともあり)をしてご自身のしたことをご自身で解決されなけれ
ば直らないと思います。
まだ若い年齢でしたらやり直しがきくと思います。

または上記の回答にもありますが
ブラックリスト登録してもらう方法が最適だと思います。
最近では禁治産者という呼び名ではなくて、後見人制度と
いわれるものもあります。
後見人制度は司法書士さんのところでも相談に乗ってくれるかもしれませんので司法書士さんの事務所等で聞いてみてください。
    • good
    • 0

・消費者金融(アコム、武富士、レイク、プロミスなど)


→(株)日本情報センター(No3の方の参考URLにあるところです)

・信販会社(ニコス、ジャックス、クオーク、アプラスなど)
→(株)シー・アイ・シー
http://www.cic.co.jp/

・銀行系カード(JCB、UC、VISA、DCなど)
→全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

このように『どこで借りてるか』によって、調べるところが違います、
一カ所でも「事故の記録(ブラック)」が載っていれば、提携他機関での融資ももちろん出来なくなりますが、
事故の記録は、それぞれの機関で共有しあっていますが、「融資残高・業者名」などは個々に問い合わなければなりません。

このように、『物理的に融資出来なくする方法』はありますが、かえって危険な結果を生むような気がします、
と、言うのも…
これら情報機関に登録している金融会社は比較的「紳士的な会社」が多く、
情報機関に登録されていない「アブナイ系」金融会社は、これよりさらに無数存在します、
もし、情報機関に「ブラック登録」されようものなら、これら「アブナイ系」からお誘いが来ます。

状況を察すると、最悪この手にハマッてしまいそうな気がしてなりません、
弟さんの年齢、職業、既婚・未婚がわかりませんが、
成人していれば、たとえ家族でも保証人になっていない限り債務の代理返済の必要はありません、
この際ですから「勘当」でもして突き放すしか方法がないと思います。

借金癖は、一種の精神病だと思います、
周りがいくら気をもんでも、本人に自覚がなければ完治は不可能な病気です、
本人だけが、何事もなかったかのようにケロッとして、周りが疲れ果てているだけでは仕方ありません。

ちなみに、
アブナイ系の利息は「トサン」…、
つまり、10日ごとに3割の利息を払うところが多いようです、
もちろん、一日でも支払いが遅れれば、間違いなく家へやってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに病気と言われるとそうなのかもしれません。本人も今は本当に反省しているようですが、また繰り返すと私は思います。ただ、今回も両親が叔父に借金をする形でとりあえず返済をすると言ってます。私も叔父に月々返す予定です。次回、こんなことがあったら、本当に勘当するよう両親と話しています。信販系にも借金があるようなので、そちらの情報センターにも行くよう話をします。危険な金融業者にだけは引っかからないように、本人にもいっておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/09 17:22

No.2に追加し、下記ホームページを参考にしてください。



参考URL:http://www.zij.co.jp/sinyo/kaiji.html
    • good
    • 0

大手のサラ金会社であれば、大抵は消費者金融組合というものに参加しています。


それらの会社は、信用情報というものを共有しており、誰が、どこから幾ら借りているという事を把握することが出来ます。
その、機関に貸し付け拒否の信用情報を流してもらうと、その人に対して消費者金融からの貸付は行われなくなってしまいます。しかし、組合に参加していない金貸し(町金融等)には、その信用情報が流れることはありませんので、独自の査定により貸付が行われることもあると思います。

結論から、言いますと情報センターという機関に行き、本人により、以後貸し付けをしてもらえないという信用情報の申し入れを行いますと、ほぼ大手のサラ金からは借りることができなくなります。ちなみに、その情報センターで、現在の借財状況も閲覧することができますので、返済計画の建て直しも可能かと思います。

ただし、その信用情報を依頼するには本人の同意が必要なため、親や親戚等が納得させた上で、一緒に手続きを行うことが適当です。しかし、爾後本人の申し出により、その信用情報の打消しが可能ですので、この点は本人に秘密にしておかなければならないものと思います。

文章での説明は、ちょっと解りづらいかと思いますので下記ホームページや、各自治体等の消費者相談センターに問い合わせすることをお勧めします。

参考URL:http://www.tapals.com/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本人から全額をきいても信じられなかったのですが、情報センターに行けばそれもわかるのですね。さっそく本人と話し合ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/09 12:01

民法で、「準禁治産者」(浪費者等)の申し立てを家庭裁判所にして、許可されれば、戸籍に「準禁治産者」と記載されます。


サラ金が貸しても、準禁治産者ということで、取り消しができます(通知要)。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj4570/jirei5.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「準禁治産者」という言葉自体はじめて聴きました。これから勉強してみたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/09 11:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ