12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

今欲しい靴があるのですが、靴底が「合成底」というものでできています。

見た目は皮革底と変わりがありません。まっ平らな状態ではなく、縦方向に溝のようなものがあります。
とは言っても、滑り止めのような感じではなく、デザイン上のもののようです。
かかとの部分が黒いゴムのような底になっています。

この合成底というものはは雨の日滑るでしょうか?

皮革底の靴は何足が履いたことがあるのですが、雨の日タイルや階段、マンホールなどの上で滑るため、危険な目にあったことがあります。
滑り防止のために、修理屋さんにゴムを貼ってもらったこともあるのですが、1~2ヶ月くらいで剥がれてしまうので維持費を考えるとつらいものがあります。

回答いただければ助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たびたびです。



あーよかった、そうですよね、プロが張って1,2ヶ月ではがれたりする靴底なら、よほどですよw
ただ、新品の靴裏はつるつるなんで、それがはがれやすくなった原因かなと思いまして。。。

ちなみに質問者さんは男性ですよね?
私は女性なんで、さすがに、ヒールの高い、つるつる皮底は、新品で張ってもらったもらいました。

ただ、その場合、靴裏がまったく、すりへっていなので、パンプスみたいに底の薄いもので全体に張ると、底の種類によってはゴムの厚みが気になることがあるんです。なので、普通はなるたけ少し底が減ってから持っていくことが多いんです。もちろん、それまでは雨の日は可能なかぎりはかないようにしています。

日本の場合、雨が多いんで日本のメーカーさんだと、合成底のことがほとんどですよね。皮底で雨にぬれたりすると日本の気候だとへたするとカビが生えたりしますから。
皮靴は雨の日1日はくだけで、1週間履き続けたのと同じくらいのダメージがあるそうですよ。
ホントは1足は雨用の靴をもっておくのがいちばんです。

私もつるつるの合成底のパンプスで出かけたことあるはずなんですけど、そんなにむちゃくちゃ怖い思いしたことないんです。
というか、そういう日はほとんどはいていないので、参考にならないかも知れませんが。。

ただ、同じつるつるでも履いているうちに底がすれてくるとすべりにくくなるのは事実です。なので、すべるんであれば、サンドペーパーですこしこすってやるとよいかもしれません。
皮底でもすべりどめにやるひといるみたいです。ただ、皮の場合、この状態で水にぬれると、悲劇的に耐久性が落ちるので一概にはすすめられませんが、合成なら心配無用ですもんね。

そのうち、磨り減ってきて修理するときに、滑り止めの前をはってもらえばいいわけですし。
ちなみに、部分的に自分ではるのはすぐにとれるのでやめたほうがいいです。

この回答への補足

詳しい回答を頂ありがとうございます。
その後、すごく悩みましたが、購入を見送ることにしました。

私の場合、原宿から、表参道を回って青山へ行き、そのまま渋谷方面まで歩いて行ったりとか普通にしてしまうので、革底だと足がちょっともたなそうな気がしました。大変残念ですが、今回は見送ります!

ありがとうございました。

補足日時:2006/08/18 02:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

プロが張って1,2ヶ月ではがれたりする靴底なら、よほどですよね^^;本当に申し訳ないですm(__)m

新品の靴裏はつるつるですが、接着剤はコンディションを見て付けるようなので、削って貼ってくれるところもあるみたいなことを聞いたことがあります。パンク修理と同じで削ってからじゃないと剥がれやすいからだとか。あとは溝があるような靴も接着剤の剥がれる原因になるみたいなので削るケースがあるみたいです。

私は男です。
女性の意見は非常に助かります。3:1って言って、デパートの3フロアはレディースでメンズは1フロアしかないってくらいレディースの方がアイテムもシェアも高いので、女性の方がファッションに対する知識は高いですよね。(4:1だったかも^^;)

パンプスだとゴムの厚みが気になることがあるんですね。
確かにそれはあるかもしれませんね。ゴムと言えども厚みがありますものね。それは十分覚えていたいと思います。

日本のメーカーさんだと、合成底のことがほとんどなんですね。
もともと革靴とスニーカーの合いの子靴が好きなので気がつきませんでした^^;
確かに日本は湿度が高いしカビが生えやすいかもしれないですよね。

皮靴は雨の日1日はくだけで、1週間履き続けたのと同じくらいのダメージがあるのですか?!
知りませんでした。。
雨の日がんがん履いちゃってます。でも5年前後は持ってます。ちょっとくたびれた感が好きっていうのもあるので。

1足は雨用の靴をもっておくのがいちばんですね。
でも今はお金に余裕がないのと、どうしても欲しい靴のアッパーは革ばっかりなんですよね。メンズ自体が革使っているのが多いのかもしれませんが。出会えるようにこまめに靴屋さんに足を運んでみたいと思います^-^

俺は革底の靴で地下鉄の階段を立ったまま滑り台のように滑っていったことがあります。幸い転びませんでしたが、滑り経験多々なのでやっぱり怖いです。初めて履いた革底はアスファルトの上をガンガンに歩き回ったのでしたがやっぱりダメでした。ゴム底が神様のように感じます。

部分的に自分ではるのやめたほうがいいですね。ゴムのりは一発で取れました^^;
ただ、リペアや製靴にも興味があるので、ちょっとはできないかなぁってたまに接着剤を探してます^-^

お礼日時:2006/08/05 21:42

こんにちは、


少なくとも皮底より滑りやすいということはないと思いますよ。

というか、皮底の靴を雨の日に履くなんて、むちゃくちゃ靴傷みませんか^^;)

確かに皮底ははきごこちよいので私もすきですが、雨の日にはやむをえない場合を除き履きません。アッパーが皮でも気を使うのに、ましてや皮底なんて。おっしゃるように、危ないし、そもそも、皮底の靴は華奢で高価なものも少なくないですから。

少なくとも、雨用にひとつは合成底の靴もっていたほうがいいと思います。気にっているんなら、私なら買いますが。
それに、それなりにはいていれば、当然靴底修理もだすだろうし、その場合、新しい靴底に滑り止めの効果の高いものにしてもらうこともできますしね。

それから、合成底、1、2ヶ月ではがれるって、そんなに毎日履いているんですか?それともひょとして、まっさらなもので張ってもらっていたりします?であれば、それくらいではがれちゃうかもしれませんね。

その場合であれば、少し履いて底がすれたところで張ってもらえば、そんなに短期間ではがれることはないように思いますけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

合成底ということですが、素人の私には、見た目は全く本革でした。指で押した感じも。お店で履いてみて、靴底と床の擦れる感じも本革との違いがわかりませんでした。さすがにお店で濡れたところを歩くというわけには行かないので、その点が相当気になってます。
合成底と言っても、ラバーやウレタンのようなものではなく、合成皮革なのです。見た感じでは人工皮革に近い気がします。ほぼ革です。
そして、革底は苦手なんです。バイクに乗ったり、電車や時間に間に合わないとき走ったり、お店を何箇所を回って歩き回ったりするので、ラバー底の方が好きなんです。
私の予想だと、あの合成底(合成皮革底)は多分革並に滑ります。ただ、靴のデザインが格好良いんです。そして安い!
そして、靴も2足程傷んできていて、買い替え時なのです。

皮底の靴を雨の日に履くなんて、むちゃくちゃ靴傷むのかもしれないですね^^;
スーツで通勤していたときはバニスターの本革底の靴で雨の日でも通勤してました。バチが当たりそうですが、全然平気でした。
それ以前のセレクトで購入した本革底の靴も雨の日はいても平気でした。本当はダメージが蓄積していたのかもしれないのですが、サイズが合わなくなって捨てる時も、アッパー、ソールともかなり綺麗な状態で相当惜しみました。。

もう、本当に申し訳ない限りなのですが、履いてるものだとほとんどアッパーが本革の靴しか持っていません。牛革だったり、ヤギだったり。本革以外だとキャンバスのものが一足あるくらい。
本当はよくないですよね^^;

靴は2~3足のローテーションで履いていましたが、お金に余裕がないので、2足ローテの時が多かったですね。そこそこ履いて、危険な目に合ったので、修理屋さんで貼ってもらいました。
ちなみに、新品でもちゃんとやってくれるらしく、ブランドによっては新品持ち込みの方が安いみたいですよ。

そして、ひとつ訂正ですm(__)m
1~2ヶ月で剥がれたのは自分で貼ったものでした。。って言うか、これは1~2週間だったかもしれません。全国の補修・修理屋さんに誤解を与えてしまう申し訳ございませんでしたm(__)m

koma24さんは合成底って言うか、合成皮革底(人工皮革底)っていう皮革と変わらない底の靴を履いたことがありますか?

お礼日時:2006/08/05 15:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Q合成皮革を長持ちさせるための手入れ

本革は、ミンクオイルやラナパーといったようなグッズを使うことで、長持ちすると思いますが、合成皮革にも、なにか、有効なものがあるのでしょうか?

少し口にし難いのですが、ゴム性の避妊器具はそのパッケージを開けるとオイルのようなものがついているように思われます。それは品質を保持するためでもあると思うのですが、同様に、合成皮革にもオイルやワックスのようなものを塗布することで寿命を延ばせるということはないでしょうか?

Aベストアンサー

あまりうれしくはないでしょうが、「有効策はない」としか言えません。合成皮革についてきちんと述べると、相当なボリュームになってしまうのですが、専門的な話は省いてかいつまんでお話します。

●合皮のほとんどはポリウレタンという生地です。これは「加水分解」といって、空気中の水分と結合して徐々に劣化が進行します。
水分が作用するので全く着用しなくても劣化は進みます。劣化が進んだところにクリーニングなどの「もみ作用」や「熱」等が加わると、表面がひび割れたり、はがれたりします。特に衿や袖口などの部分で顕著に現れます。ここで責任の所在が争われたりするケースが多々あります。
●目安としては製造から2、3年ほどですが、これは「生地が作られてから」3年であって、あなたが購入してから3年では決してありませんし、製品が仕立てられてから3年でもありません。生地になった時点から劣化はすすむのです。
●誤解しないでいただきたいのですが、これはメーカーやクリーニング店の責任ではありません。ポリウレタンという生地は「耐久性」を犠牲にして「ファッション性」「見た目」を優先させた、そういう素材なのです。良いとか悪いとかの問題ではありません。

ですから、着る側はこのことを割り切って購入する必要がありますし、売る側はきちんと説明する義務があります。クリーニングする側は繊維の事を勉強するべきです。ですがファッションのサイクルが年々短くなっていく現状を見ると、いささか難しいかもしれません。
ちなみに避妊具のオイルは、ひっかかったりせずにスムーズに装着する為に塗布してあるはずです。

あまりうれしくはないでしょうが、「有効策はない」としか言えません。合成皮革についてきちんと述べると、相当なボリュームになってしまうのですが、専門的な話は省いてかいつまんでお話します。

●合皮のほとんどはポリウレタンという生地です。これは「加水分解」といって、空気中の水分と結合して徐々に劣化が進行します。
水分が作用するので全く着用しなくても劣化は進みます。劣化が進んだところにクリーニングなどの「もみ作用」や「熱」等が加わると、表面がひび割れたり、はがれたりします。特に衿や...続きを読む

Q靴は何年もちますか?

運動靴、革靴などみなさんは何年くらい履き続けますか?

週3日以上履くようなお気に入りの靴の場合、何年くらいもつものでしょう?

Aベストアンサー

私の場合は、ソールを二回張替て履きつぶれる感じです

何年間かというと、履く頻度によりけりです

普段履きだけでも10足くらいあるので、たまにしか履かない靴は20年以上もっています

週3日以上履いて何年もつかは、歩く距離によるでしょう
ほとんど歩かなければ何年ももつでしょうし、毎回十数km歩けば、一年もつソールは無いでしょう

Q新品靴(女性もの)の裏はつるつるのまま?

よくわからないので、質問させてください。 最近夫に誕生日プレゼントでフェラガモ靴をかってもらいました。裏は皮の表面のようにつるつるで、ちょこっとヒールもあるので、すべるのでは?って心配しています。こういったファンシー靴でも滑り止めを裏にしてもらうのでしょうか? 良い手入れの方法などがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
私は基本的に雨の日には履かない主義なんで、2センチくらいのヒールならあまり気になりません。というか、問題を感じない限り修理にもっていくの面倒な人なんで^^;)

ただ、さすがに5センチヒールのときは買ってすぐ滑り止めはってもらいました。

もちろん、何度か履いているうちに滑りにくくはなってきますけど、不安だったり、足元危ないと感じるなら裏、張ったほうがいいです。

また、フェラガモはわりと華奢なタイプの靴。底も薄くそのままだとつま先のほうの底もすぐに薄くなってしまいます。油断するとつま先本体のほうも痛んじゃいうので、そんなに履いていなくても、つま先の部分が気になって早めの修理に出すことも多いです。

確かに、せっかくの皮底、もったいないという考え方もありますが、そもそも皮底のよいところは通気性が合成ゴムに比べて通気性があるということ。
男性用のビジネスシューズあたりだとかなり違うみたいですが、女性モノのパンプスあたりだとそんなに差は感じないです。

それに遅かれ早かれ、修理には出すことになりますしね。新しい靴に滑り止め修理してもらうこと自体は珍しいことじゃないです。

逆にもし、雨の日に履いちゃうようなことがあるなら、ゴムの滑り止めを予めはっておいたほうが靴のダメージも皮よりまし。もちろん、雨の日ははかないに限りますが。

ちなみに、底のあついメンズの革靴だと、お店で底に傷をつけて滑り止めにしてくれる場合もあるとか。
まあ、女性モノだと底が薄いのでちょっと厳しそうですが^^;)

こんにちは、
私は基本的に雨の日には履かない主義なんで、2センチくらいのヒールならあまり気になりません。というか、問題を感じない限り修理にもっていくの面倒な人なんで^^;)

ただ、さすがに5センチヒールのときは買ってすぐ滑り止めはってもらいました。

もちろん、何度か履いているうちに滑りにくくはなってきますけど、不安だったり、足元危ないと感じるなら裏、張ったほうがいいです。

また、フェラガモはわりと華奢なタイプの靴。底も薄くそのままだとつま先のほうの底もすぐに薄くなってしま...続きを読む

Qリーガルを愛用されている方へ質問です

社会人1年生です。ボーナスも出たことなので身だしなみを揃えようと考えています。紳士靴はリーガルのオーソドックスなプレーントゥの黒を購入しようと考えているのですが、リーガルをご愛用の先輩方にお尋ねしたいのです。
1)靴底が皮になっているのですがつるつるして滑りやすいということはないのでしょうか。特に雨の日とか冬の雪の上とか。
今までゴム底の凸凹した靴しか履いた事がないので心配なのですが。
(今はホーキンスのエアライトを履いています。これと比べて滑りやすさはどうなのでしょうか?)
2)靴底は磨り減ったら交換する事は可能なのでしょうか?その場合、どこに行けばいいのでしょうか、大まかな費用も知りたいです。
3)靴墨くらいは塗るようにしようと思っていますが、普段の手入れで注意することや、こうすれば長持ちするという方法があれば教えてください。
4)やっぱりなじむまでは重さや硬さに違和感ありますか?どれくらいでなじんでくるものでしょうか。
そのほかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

2)3)の回答は、No1さんと同意見です。

1)お仕事は外回りが多いのでしょうか?内勤でしょうか?
 外回りですと、革張りの靴底は適さないと思います。基本的に雨の日に革底靴は履きません。革が水を吸って非常に蒸れますし、非常に滑りやすいです。革底は減りも早いですから、歩くことが多いと頻繁に張り替えなくてはなりません。価格も2万円弱かかりますから痛いですよね。

4)リーガルの靴は概ね作りは小さめです。ホーキンスより0.5~1cm小さめを選ばれると良いかと思います。ホーキンスと比べると、リーガルの革はやや固めかと思われます。なじむ期間は履く頻度によりますが、なじんだ時の革の質感はホーキンスよりは格段に上ですよ。できれば2~3足を交代で履くほうが靴が長持ちします。

Q安物の靴と安物の時計で高級ホテルに行くと?

いろいろなところで、「ホテルの人なんかは、まず靴と時計を見る」なんて聞きますけど、高級ホテルなんかに安物の靴&時計で行くと待遇に何か違いがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 ニューヨークから失礼します。
 気分良くない話ですが、残念ながらこうしたこと、つまり待遇という
よりは、応対の違いは日本以外では”当たり前”のことであって、
日本においても、もはや全くないとは言いきれないことです...。
日本人の多くは、現代の世の中、人間皆平等と思っている人がまだ
多いことと思いますが、それは、あくまでも”法の下の平等”で
あって、決して”結果の平等”を意味しているわけではありません。
 ”自由で平等の国アメリカ”の意義とは、機会均等、つまりチャンス
と権利を誰にでも等しく与え、認めるということと、そうした意味に
おいての人間の平等を謳っているのであって、日本人が考えている
人間皆平等を意味しているわけでは決してないのです。
 アメリカ人は誰もはっきりと言いませんが、結果が平等な世の中など
ありえないことは誰もわかりきっていることです。
 それでもアメリカという国には、希望してこの国の国民となる人が、
今でも世界で一番多い国でもあるのです。その理由は、日本以外の
世界が、国が、未だに”階級”という、生まれながらの身分の違いが
はっきり残っているためなのです。アメリカという国は、不幸にして
そうした差別のある国、自由のない社会に生まれてしまった人達に
対して、文字通りのセカンドチャンス、人生の逆転打を打たせてくれる
チャンスを与えてくれる社会であるが故に魅力があるのです。
 だからこそ、アメリカに移民した人達の多くが、最終的に人に
雇われる道ではなく、起業を選ぶのです。自分の雇用を安定させる
一番の方法は、自分で自分を雇うことなのですが、日本はまだまだ
そういう社会にはなっていないようです。
 日本は、国というより、もはや”日本という世界”となっています。
外国に住んでみなければわからないことは、山ほどありますが、今回
のような御質問も正にそのひとつです。何度も外国にマ光で出かけて
みたってこうした世界の”闇”の部分については、決して日本人には
理解出来ません。なぜなら”日本という世界”こそ人類が築き上げた
最も自由、最も結果平等な社会なのであって、その”御目出度い世界”
にどっぷりと浸かってしまっているからです。
 さて、何を持って”高級ホテル”と定義するかは、非常にあいまい
ですが、(私自身は決してそのようなホテルへ泊まる身分では
ありません。)が、ヨーロッパでは、貴族という人達が現実に存在し、
彼らを貴族たらしめているのは、まずは服装であり、そして
立ち居振る舞い、さらに言葉(単語、発音、イントネーション)等、
トータルな意味での”人間性の高さ”なのです。日本で
”ヨーロッパの高級ホテル”と呼ばれているホテルの多くは、
そうした特別な階級の人達向けに創られ、運営されてきたものなの
であって、日本の”高級ホテル”は、そのような歴史や文化をあまり
知らず、うわっつらだけで”高級”と言っている部分があるのです。 
 欧州の貴族と日本の貴族が大きく異なる部分は、欧州の貴族の多く
に軍隊経験があることです。(戦前の日本に一部そのような部分は
ありましたが)例えば、英国のチャールス皇太子は、海軍の軍人として
従軍、自らヘリコプターを操縦し、潜水艦にも長期に渡って乗り込み
ました。アンドリュー王子もフォークランド紛争の際には、ごく普通
に出撃しています。彼ら貴族は、いざ国難となれば命の危険を顧みず、
真っ先に戦場へ駆けつけ、自国の軍隊の指揮を執る立場の人達で
あったのです。当然死者もたくさん出ました。英国の国力が第一次
世界大戦以降目に見えて落ちたのは、ケンブリッジやオックスフォード
大学を卒業した優秀な貴族階級の青年の多くが戦死してしまったから
だとも言われていますが、事実です。だからこそ国民の多くから尊敬
の念を受け、特別な立場でいられたわけです。
 勿論、貴族だからといって、ホテル等公の場で度を過ぎたマネを
すれば、たたき出されることだってあるのです。
 ロンドンやローマの、やや上にランクされるホテルのレセプション
で、私もまずは靴を見られ、そしてその後ホテルマンの目線が上着の
肩や袖口に行ったのを経験したことがあります。靴についてはその
製法、皮の質等、ちょっと勉強すれば誰にでもわかりますし、服に
ついては全体のフィット具合、またボタンホール等のディテイル、
袖口のボタンが開け閉めが出来る仕様になっているのか等、
有名ブランドかどうかなどは関係なく、モノの作りそのものや、仕様
のチェックによる確認が彼らには当たり前なのです。寧ろ、誰にでも
知られている有名ブランドは、アメリカや、最近ではロシアの成金に
間違われる可能性も否定出来ません。
 そのようにして”客の素性”を確認するのです。
 日本のホテルマンのレベルは、そこまでは到底いってはおらず、
精々御客様が身に着けているものが有名ブランドなのかどうか、その
名前を知っているかどうかによって御客様が御金を持っているのか、
判断する程度だと思いますが、そうした意味においては、フェラガモ
レベルの金額の靴や、ブライトリングの時計であれば充分、だと
言えるかと思います。ただ最近は、質の良いジャケットを着用している
かどうか、ということも、日本のホテルマンの判断基準に加わって
きているという話ですが、いずれにせよ、愉快な話ではありませんが、
もしそう感じられるのであれば、ここはさっと割り切って、そうした
場所には必要が無い限り近づかないようにすることも対処法の
ひとつでしょう。

 ニューヨークから失礼します。
 気分良くない話ですが、残念ながらこうしたこと、つまり待遇という
よりは、応対の違いは日本以外では”当たり前”のことであって、
日本においても、もはや全くないとは言いきれないことです...。
日本人の多くは、現代の世の中、人間皆平等と思っている人がまだ
多いことと思いますが、それは、あくまでも”法の下の平等”で
あって、決して”結果の平等”を意味しているわけではありません。
 ”自由で平等の国アメリカ”の意義とは、機会均等、つまりチャンス
と権利を誰...続きを読む

Q皮靴に防水スプレーをしたら、白く膜の様に

ブラウンの皮靴に防水スプレーしたら、白い膜の様なもので汚くなってしまいました。
強くこすれば少しは取れるのですが、もう取れないのでしょうか。
何か方法があれば、教えてください。

Aベストアンサー

似たQAがありました。

防水スプレーをしたら合成皮革の靴の色が変わってしまいました
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/144258.html


あと、参考。

大切な靴、長持ちさせたい!靴屋さんから聞いた防水スプレーの賢い使い方http://howcollect.jp/article/612

Qかかとが浮く靴は合ってない?

薄手の靴下だと、足を踏み出す時に少しかかとが浮きます(脱げるほどではありません)
厚手の靴下だと、ほぼかかとの浮きはありません。

薄手の靴下でかかとが浮くような靴は、そもそも合ってませんか?
それとも、この程度は正常の範囲内なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

ニューバランスのスニーカーですか。

参考になるか分かりませんが、
以前、スニーカー店で専門の方に正しいスニーカーのサイズの探し方と履き方を
教えていただいたので書いておきます。

まず床か低めの椅子に座ります(靴屋ならそこの椅子でOKです)。
紐を下まではずして、足を入れます。
紐を両手に持ち、手前に引くような感じにします。
片足ずつ踵を立て、つま先を上に上げて床にトントンと3、4回打ちつけます。
すると踵側は空間がなくなります(これが重要です)。
踵を立てたまま、紐をきつめに通していきます。
紐の通し方は様々ありますが、はじめは普通でいいです。
穴に通す度に紐を両手で持って緩まないようにギュッギュと手前に引っ張ってください(少し力がいりますね)。
紐を通していく際に足の両側に空間がないようにしっかり目でやり、蝶結びします。
最後にもう一度踵をトントンします。もう片方も同じようにします。

この方法でゆっくり紐を通して結ぶとつま先以外は結構きつ目に感じます。
イメージは足全体が靴にがっしり守られて、一体化している感じです(個人的意見ですが)。

ここで見るのは、指先に1cmほど空間があることです。
手の指で上から押して分かります。指一本分くらいです。
踵に最大につめてそれくらいの空間が適正です。
歩いても足はしっかり横から固定されているので、前に足が行ってつま先が当たるってこともありません。踵が浮くこともないです。

それで履くとはじめはきついな、と思いましたが、慣れると歩きやすいし、走りやすいです。
疲れにくい気もします(気持ちの問題だとおもいますが(笑))
時間がかかり少し面倒ですが、履く度に上の作業をするのが一番いいそうです。

また、自分の足のサイズを勘違いしている方も多いらしいので、靴屋の足専用のはかりで測ってみるといいです。
私も上の方法を教わった日に測り、サイズを変更しました。

今お持ちのスニーカーを正しく履きたければ、上の方法を試してみてください。
はじめは薄手の靴下でもよいかな?と思います。
それで、つま先に1cm以上空いているようなら、厚手の靴下で試してみてはどうでしょう?

今後のスニーカー購入の時にも役に立つかな?と思います。


少しでも参考になったら幸いです。

No.1です。

ニューバランスのスニーカーですか。

参考になるか分かりませんが、
以前、スニーカー店で専門の方に正しいスニーカーのサイズの探し方と履き方を
教えていただいたので書いておきます。

まず床か低めの椅子に座ります(靴屋ならそこの椅子でOKです)。
紐を下まではずして、足を入れます。
紐を両手に持ち、手前に引くような感じにします。
片足ずつ踵を立て、つま先を上に上げて床にトントンと3、4回打ちつけます。
すると踵側は空間がなくなります(これが重要です)。
踵を立てたまま、紐をきつめに...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q雨の日に靴がすべる

磨り減った靴で、雨の日に大理石のタイルの上を歩くと必ず滑ります。これを防ぐ裏業かおすすめの方法をご伝授願います。

Aベストアンサー

こんばんは。

○100円ショップ、ホームセンターで、靴底に張る滑り止めゴムが売られていますよ。接着が強力な物、両面テープで後からはがせる物、両方有ります。

○私の裏技として・・・、
もっとお安いところで、荒めの紙やすり(耐水ペーパー)の糊がついたものがDIYショップにあります。好みの大きさに切って靴底に張ります。使い捨てできます。(多少大理石に傷がつくでので100%お薦めでないですが、水で塗れたタイルの床で威力があります)

○あと、「シューグー」と言う、磨り減った靴底に専用ゴムを盛る方法もあります。(1000円~1500円)
http://www.shoegoo.co.jp/SHOEGOO_01.html


人気Q&Aランキング