確定申告の用紙を記入していたのですが
金額を書き損じてしましました。
訂正印を押して修正してはいけないのでしょうか?

余分に用紙をもらっていないため
この用紙をできたら使いたいと思って
質問してみました。わかるかた教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今年から申告書の様式が変更になり、色のついたもの(1表)はOCR用で使用します。


訂正を見え消しで訂正(認印押印)してください。
次に、後日の無用のトラブル(数字の読み間違いなど)を避けるため、念のため、ご自身の控え用申告書に税務署の収受印をもらって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、OCRの用紙だったので訂正して
いいのか気になったんです。でも訂正してよいの
ですね。
トラブル防止のために収受印はもらっておいた
ほうがよいのですね。結局税務署に足を
運ばなくてはダメそうですね。

ご回答いただきましてありがとうございます。

お礼日時:2002/03/09 20:53

訂正の方法は、先の回答の通りです。



この場合、控えに税務署の受付印が欲しい場合でも、下記の方法で、郵送で申告できます。

返信用の切手を貼り、ご自身の住所を書いた封筒を、申告書に同封して郵送します。
税務署では、受付印を押した「控え」を、同封した封筒で返送してくれます。

わざわざ、税務署まで行かなくても、申告を済ませることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。
税務署に行こうと思っていたところなので
大変助かりました。

回答を締め切った後でしたのにわざわざ
教えていただきまして本当にありがとうございます。
kyaezawaさんに感謝です。

お礼日時:2002/03/11 20:30

確定申告をした時に税務署で計算違いを見つけてもらい、


税務署員の方が二重線を引いて直してくれた事があります。
訂正印を押したかどうかは忘れてしまいましたが、そのまま税務署に持って行って見てもらってはいかがですか?
結構親切に教えてくれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
税務署の方が2重線で訂正しているのであれば
大丈夫そうですね。
実は税務署まで出向かず郵送ですませる
つもりだったのですが出向いたほうがいいかも
しれませんね。

お礼日時:2002/03/09 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書類の押印。捨て印、訂正印。海外ではどうしてる?

料金の自動振り替えの書類を書いていてふと思ったしょーもない疑問ですが。
「捨て印」ってありますけど、非印鑑主義の国では「捨てサイン」なんてのがあるんでしょうか?

同じことですが「訂正印」もどうしているんでしょう?日本のように修正個所に都度修正印で押印できるわけではないと思います。「以上何箇所訂正した」と書いてサインするような記憶がありますが。

Aベストアンサー

狭い見識の一部の例ですが、アメリカ合衆国の南部での経験です。

押印  ==> フルネームの署名
捨印  ==> そういう習慣無し
訂正印 ==> イニシャルの署名

Q訂正印について

振込用紙の金額を訂正したので訂正印を押さないとだめだと思うのですが、一人暮らしのため訂正印のようなちっさい印鑑をもっていません。実家は遠くて学校もあるので無理です。普通の大きさの印鑑でもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まったく問題ありません。
訂正印は訂正の意思を表すものであり、印鑑の大小はまったく関係ありません。

Q銀行印と契約印、分けるものでしょうか?

印鑑について質問させたいただきます。

銀行印と契約印は分けるものでしょうか?
同じでも差し支えないでしょうか?

もちろん通帳と印鑑は別々に保管をしていますし、取引している銀行も副印を廃止しています。

契約印とは生命保険、自動車保険、ネット証券などです。

セキュリティの観点からどうでしょうか?

Aベストアンサー

実印はお持ちでしょうから、分けた方がいいと思います。

つまり、契約には実印を使用します。
「分かりやすく使い分けるもの」と思ってもらっていいと思いますが、契約印はかなり長期につづくものもありますから永続性のある実印がお勧めです。
銀行印はあくまでも銀行に届けてある印鑑ですから。

実印と銀行印を共用されている場合は同じでいいでしょう。

Q一生ものの正式印(実印・銀行印共用)作成について

社会人一年目のときに何の気無しに実印を作って以降、銀行取引や不動産売買等々ほとんどの手続きではその印鑑を使っています。(宅急便受取り等は別の安い印鑑)
おかげで、「印鑑が違う~」という場面もなく、管理しやすくてよかったと思います。
また、実印と銀行印を分けるほどでもないので共通で良いと思います。
その点、妻は3つも4つも安ものの印鑑を使っていていつも迷っています。「あ~まとめておけばよかった」と。

そこで御相談なんですが。
学生の娘にも今のうちに一生ものの印鑑を作っておこうという話になりました。
娘もその方がよいという意見です。

【質問1】 
正式印として実印・銀行印共有なので、「15mm」くらいの大きなにしようと思いますがいかがでしょうか。それ以上大きすぎると、いろいろ不便だし訂正印を押すにも大きすぎるので。
女性の印鑑の大きさはこれが正解、というのはないでしょうが、大まかな目安があればご教示ください。

【質問2】
娘が将来結婚することも考えて「名前のみ」も考えましたが・・・、
就職活動の履歴書や入社書類等でいまだに「名前のみのふざけた印鑑」と考えてしまう古い考え方の人もいるようなので、今の苗字で作ろうと思います。一生もの・・・と言いながら、さすがに結婚で名前が変わる場合は印鑑も替えるしかないと思うのですが、いかがでしょうか。

【質問3】
一生ものの印鑑の材質でおすすめってありますか?黒水牛あたりでいいでしょうか。

社会人一年目のときに何の気無しに実印を作って以降、銀行取引や不動産売買等々ほとんどの手続きではその印鑑を使っています。(宅急便受取り等は別の安い印鑑)
おかげで、「印鑑が違う~」という場面もなく、管理しやすくてよかったと思います。
また、実印と銀行印を分けるほどでもないので共通で良いと思います。
その点、妻は3つも4つも安ものの印鑑を使っていていつも迷っています。「あ~まとめておけばよかった」と。

そこで御相談なんですが。
学生の娘にも今のうちに一生ものの印鑑を作っておこうと...続きを読む

Aベストアンサー

銀行印を1本に決めるというのは良い考えですが、実印は「絶対に実印でなければいけない」シーン以外では捺さないのが基本です。

実印は履歴書ごときに捺すものではなく、入社書類等でも捺さないのが基本です。
絶対に実印でなければいけないときのみ、印鑑証明書とセットで使うのが実印ですから。

【質問1】
本当の実印として使うならともかく、女性が使うには少々大きいですね。

金融機関への届出印(金融機関だけでなく、公共料金やカードの自動引き落としの申込書などにも捺す)への使用がメインというならば、再考を勧めます。10~12mmがいいところかな。

【質問2】
本当の実印としてだけ使うなら、「名前のみ」は一生モノでしょう。
ただ、セキュリティなど関係ないから何でも実印で・・・というならば、「なにこの印鑑」って思われるケースは多いでしょうから、オススメできません。

庶民が実印を使うとすると、車(原付、軽以外)の売買、不動産の売買、保証人その他で書面上で本人自身の意思確認が必須のもの、などでしょうか。

【質問3】
象牙はたぶん無理だし、金属じゃ女性にはつまらんでしょう。
手頃な素材で一生モノ感は足りないかもしれませんが、黒水牛は悪くないかな。

銀行印を1本に決めるというのは良い考えですが、実印は「絶対に実印でなければいけない」シーン以外では捺さないのが基本です。

実印は履歴書ごときに捺すものではなく、入社書類等でも捺さないのが基本です。
絶対に実印でなければいけないときのみ、印鑑証明書とセットで使うのが実印ですから。

【質問1】
本当の実印として使うならともかく、女性が使うには少々大きいですね。

金融機関への届出印(金融機関だけでなく、公共料金やカードの自動引き落としの申込書などにも捺す)への使用がメインというな...続きを読む

Q収入金額と所得金額の違い

収入金額と所得金額はどう違うのですか??

市営住宅を申し込む予定で、
自分の収入や所得を計算したいのですが、
収入金額と所得金額の違いや意味自体をわかっていません(;_;)

低レベルな質問ですが、ご回答よろしくお願いします(m_m)

Aベストアンサー

質問者さんがサラリーマンなら、
【収入】1年間にもらった給与および賞与の総額。源泉税や社保などを引く前の数字。
【所得】「収入」から「給与所得控除」を引いた数字。給与所得控除は収入の額によって変わるが、最低でも 65万円ある。
税金や社保は所得に含まれる。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1400.htm

質問者さんが自営業なら、
【収入】1年間の売上の合計。
【所得】売上から、「仕入」と「経費」を引いた額。
青色申告であれば、「青色申告特別控除」を引いたあとの数字を「所得」とする場合もある。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1350.htm

詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報