次の反応のイオンの変化(電子の授受による)がわかりません。月曜日にレポートとして出さなければならなくて、出さないと成績がすっごく悪くなってしまうんです。もしわからなけれは参考URLだけでもいいんで教えてください!!
(1)硫酸酸性過マンガン酸カリウム・亜硫酸ナトリウム水溶液
(2)硫酸酸性二クロム酸カリウム・亜硫酸ナトリウム水溶液
(3)硫酸酸性過マンガン酸カリウム・シュウ酸水溶液
(4)硫酸酸性過マンガン酸カリウム・ヨウ化カリウム水溶液
(5)硫酸鉄((2))水溶液・硫酸・過酸化水素水
(6)硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性過マンガン酸カリウム
(7)硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性二クロム酸カリウム
(8)塩化鉄((3))水溶液・塩化スズ((2))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))酸カリウム水溶液
(9)塩化鉄((3))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液
(10)硫酸酸性二クロム酸カリウム・エタノール
(11)メタノール・イオン交換水・酸化銅
(12)フェーリングA液・B液・ホルムアルデヒド水溶液

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 参考URLだけでもいいんで教えてください!!



 本当に参考 URL だけで良いんですね? では下のサイトを御覧下さい。

 ANo.#3 の loveobo さんの回答が参考になると思います。なお,この回答で SO3(-) とあるのは SO3(2-) のタイプミスと思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=230203
    • good
    • 0

おやおや、もう先に質問が出ていたのですねえ。

知らなかったのは私だけですか。
はずかしい。尊敬するrei00さんの回答を勝手にうつして回答を書いたと思われてしまうのは、違っていて、心外で、悔しいし、rei00さんにも失礼なことになってしまうので、(5)の答えでも書きましょうか。

2FeSO_4+H_2SO_4+H_2O_2→
Fe_2(SO_4)_3+2H_2O

これで(1)から(7)までは出来たも同じでしょう。

変化数はもしかして酸化数ですかねえ。
そうだと、かなりやばそうですけれど、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多分酸化数だと思います。
やさしく回答してくださった方はあなたぐらいです。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/10 17:35

回答を投稿してみると、やはり、レポートの丸投げはいかん、というご意見が出ていましたね。

私も同感です。自力でやるできです。

例えば、(1)の化学反応式は、
2KMnO_4+3H_2SO_4+5Na_2SO_3→
K_2SO_4+2MnSO_4+5Na_2SO_4+3H_2O
ですが、いったい何を答えれば良いのでしょう?

こういう面倒な、化学反応式を12個書いてくれる、親切な方が
書き込みしてくれるといいですね。
    • good
    • 0

たぶん、No.1のmay-may-jpさんがおっしゃるとおり、


もう一度教科書で勉強なさったほうがよいと思います。
月曜日までに、まだこれくらいのレポートを書く時間は十分ありますし。

それから、回答が得られる質問の仕方のアドバイスをちょっとだけ言わせて
ください。
(1)質問は明瞭に。この記述だと、イオンの変化数?っていっても何を答えれば良いのかよくわかりません。変化とおっしゃられても。。化学反応式を答えればよいのか、変化するイオンの価数を答えればよいのか、変化するイオンの種類を答えればよいのか?良くわかりません。
(2)一度に12個問題を出されても、親切な人がいれば全部答えてくれますが、
普通は1,2個答えて嫌になるか、全くこたえる気をなくすか。。
質問はいくつかに絞ったほうがよいです。

親切な方が、月曜日までに答えを書いてくださることを祈っています。

この回答への補足

>イオンの変化数?っていっても何を答えれば良いのかよく>わかりません。変化とおっしゃられても。。化学反応式を>答えればよいのか、変化するイオンの価数を答えればよい>のか、変化するイオンの種類を答えればよいのか?良くわ>かりません。
私もわかりません。説明している用紙にそう書かれていたのです。困ったものです

補足日時:2002/03/10 17:15
    • good
    • 0

インターネットを活用するのは良いことですけど、内容が間違っているものも沢山あります。

きちんと学習したいのならば本で勉強するほうが良いです。月曜提出ならば日曜日の午前中に本屋に駆け込んで参考書を購入し、一日かけて勉強すれば間に合うはずです。may-may-jpさんがご提示の良書のほかにも参考になる書籍は沢山あるはずです。
内容に間違いがある可能性を承知の上であればインターネットでも何かあるでしょう。検索サイトで「酸化還元」「半反応式」などのキーワードで検索すると何か見つかるかもしれませんよ。検索は自分でやってください。

それはそうと、あなたの成績がどうなろうと誰も知ったことではありません。すべてはあなた自身の責任です。勉強とは自分でするものだということをしっかりと認識してください。

きついことを言わせてもらえば、ここは他人のレポートを手助けする場所ではありません。

この回答への補足

>それはそうと、あなたの成績がどうなろうと誰も知ったことではありません。すべてはあなた自身の責任です。勉強とは自分でするものだということをしっかりと認識してください。きついことを言わせてもらえば、ここは他人のレポートを手助けする場所ではありません。
そういう方は回答して頂かなくて結構ですよ。強制はしてないんですから。

補足日時:2002/03/10 17:17
    • good
    • 0

「新・化学入門」(駿台文庫)


「無機反応パネル101」(旺文社)
「化学「無機」この整理法47で合格を決める」(文英堂)
などで勉強された方が良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過酸化水素水での硫酸アンモニウムの溶解度

過酸化水素水を用いて硫酸アンモニウムを溶かした時の溶解度について調査しています。

水で硫酸アンモニウムを溶解させた時は水温に依存し、20℃時では74g/100mL、

100℃だと104g/100mL 程度だと調査済みですが、過酸化水素水だとどうなるのか

ざっと調べましたがわかりませんでした。

ご存知でしたらご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

そもそもそういうことを調べた人がいるのか、そして、そのデータが信頼できるものとして公開されているのかいささか疑問です。

なぜんら、ご存知のように、過酸化水素水は過酸化水素の水溶液ですので、その濃度が問題になります。濃度が違えば溶解度も違うはずです。仮に濃度が無関係というのであれば濃度が0の水の場合と同じになるはずですが、高濃度であればそうはならないでしょう。
それと、過酸化水自体が徐々に分解し、濃度が変化することも考えられます。つまり実験の過程で濃度が変化することも考えられます。
過酸化水素自体の濃度は酸化還元滴定などで調べなければ正確なところはわかりません。
そういったもろもろのことを考えれば、よほどのことがない限り、正確なデータを得ようという話にはならないでしょうね。

Q高校化学の問題です 硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO

高校化学の問題です

硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO₄水溶液の反応において、過マンガン酸カリウムと硫化鉄(Ⅱ)の物質量の比はいくつになるか。

酸化還元反応の問題なんですが、反応式の立て方がわかりません(T_T)
おねがいしますm(_ _)m

MnO₄− + 8H+ 5e− →Mn²+ +4H₂Oは
わかります!

Aベストアンサー

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+          → 5Fe^3+ + 5e^-   (両辺を5倍した)

辺々足し合わせて,5e^-を消去すると

MnO_4^- + 8H^+ + 5Fe^2+ → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+

この式からKMnO_4とFeSO_4の物質量比は1:5であることが分かります.


なお,イオン式でない化学反応式を作りたいときは,イオンの元を考えると,

MnO_4^- ← KMnO_4
H^+ ← H_2SO_4 (硫酸酸性)
Fe^2+ ← FeSO_4

ですので,イオンを元の形に戻すのに必要なイオンを左辺に補い,同じものを右辺に加えます.

(K^+ + MnO_4^-) + (8H^+ + 4SO_4^2-) + (5Fe^2 + 5SO_4^2-)
 → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+ + K^+ + 9SO_4^2-

イオンを適当に組み合わせると
KMnO_4 + 4H_2SO_4 + 5FeSO_4 → MnSO_4 + 5/2 Fe_2(SO_4)_3 + 1/2 K_2SO_4

両辺を2倍して・・・以下略(係数比は2:10).

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+  ...続きを読む

Q過酸化水素水の残留確認は?

飲料水メーカーに勤めています。
充填する前の紙パックに、0.1%の過酸化水素水を噴霧殺菌し、乾燥ヒーターにて乾燥・無毒化する工程があります。
取引先様より、サンプル品の検査項目として、過酸化水素水の残留確認を求められましたが、どのような方法が適当でしょうか?

空パックか、水充填したものがよいのか?
その方法にはどのようなものがあるか?

Aベストアンサー

過酸化水素しかないのであれば、
パックを一定量の純水で水洗し、その洗液を酸性にして、
ヨウ化カリウム液を添加し、ヨウ素が遊離すれば(変色すれば、)、
残留しています。
純水に各種濃度の過酸化水素を添加した水で、
検出限界を見ておけばいいでしょうね。
また、着色具合で残留の濃度の目安となると思います。

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。

Q二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の

二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の、過酸化水素はかなり薄めますが、高濃度で行うと、どうなりますか?実験したら危険でしょうか?濃度24%程度の場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

まず、24%の過酸化水素水は発売されていないのではないでしょうか?
消毒用のもので2~3%、実験用のもので10%前後だと思います。

MnO2触媒で酸素を発生させる場合の過酸化水素水の適正濃度は1~2%くらいです。
この反応はかなりの発熱を伴います。
濃すぎると反応速度が上がり、それによって溶液の濃度が上昇してさらに反応速度が上がり、
連鎖的に反応速度が上昇します。

反応速度が上がりすぎると溶液が飛び散ります。
0.1%の濃度の過酸化水素水は手についても大丈夫ですが、目に入ると失明の危険があります。
10%を超える過酸化水素水は手に付いただけでも危険です。

Q硫酸化鉄(II)と過マンガン酸カリウム水溶液の反応式

酸化還元反応の硫酸化鉄と過マンガン酸カリウムの化学反応式がよくわかりません。イオン反応式は作れるのですが反応式を完成させるうえで反応後の物質がわからないので教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

>MnO4(-)+8H(+)+5Fe(2+)→Mn(2+)+4H2O+5Fe(3+) です(あってますか)
あと、硫酸酸性の条件です。

反応材料は硫酸鉄FeSO4、過マンガン酸カリウムKMnO4、硫酸H2SO4です。

イオン反応式には存在しても変化しないイオンは現れません。反応式の左辺にあるイオンの相手がそれです。

MnO4ーの相手の K+
8H+の相手の 4SO42-
5Fe2+の相手の 5SO42-
これだけを両辺に足してみて下さい。

右辺には正の金属イオン、負の硫酸イオンが存在します。正と負を組み合わせると化合物が見えてきます。

右辺に来る-イオンの電荷が偶数ですのでK+と5Fe3+の奇数とうまく合いません。全体を2倍しておきます。

左辺だけ書いておきますから右辺を作ってみて下さい。

2KMnO4+10FeSO4+8H2SO4

Q過酸化水素水と臭素酸ナトリウム

美容師をしてる物ですが、パーマやストレートの2剤にある

【過酸化水素水】=過水
【臭素酸ナトリウム】=ブロム酸

の2種類ありますが、過酸化水素水の方が水が残って柔らかさがでて、ブロム酸の方が塩が残ってハリコシがでると聞いたのですが、どういう仕組みでそうなるのですか??

 H2O2やNaBrO3を出して答えて頂くと助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

とりあえず反応書きます

 |SH HS|
   酸化
   ↓ 
・過酸化水素水
H2O2+H2→2H2O(水)

・臭素酸ナトリウム
NaBrO3+3H2→3H2O(水)+NaBr(臭化ナトリウム)


残留物(臭化ナトリウム)が出来るので、ハリが出ます。

でも臭素酸ナトリウムは使いにくいので、僕は使ってないです。

Q過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水

過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水溶液の酸化還元反応式を導く問題で 
MnO4(-)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O
と 
H2O2→2H(+)+O2+2e(-)
の 
半反応式を掛け足しして電子e(-) を消そうとするのは何故?



最後に反応に関係なかったK(+)とSO4(2-)はどのように、どこに、どうやって加えるの?

Aベストアンサー

この反応が終わった後, 溶液全体でみると電子は「余る」こともなければ「足りなくなる」こともありません. つまり, 溶液全体でおきた反応としては (見掛け上) 電子は関与しなくなります. この事実に対応して, 最終的な反応式には電子が含まれないことになります. 従って「電子を消す」ということになります.
あと, 反応に関係しなかったやつらは「最後に帳尻を合わせるため」に加えます. 例えば MnO4^- は過マンガン酸カリウム KMnO4 として存在していたので, 最終的な式に残っている MnO4^- と同じだけの K^+ を両辺に加えることになります. また, 水素イオン H^+ は硫酸から出てくるので, 水素イオンをすべて硫酸にするために必要な文の硫酸イオンを両辺に加えます. 結果的に右辺では K^+ と SO4^2- が両方余ってきますが, これは K2SO4 という形でまとまるはずです.

Q過酸化水素水のPH

3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?
PHというのは濃度によって変わりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。


>>>3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?

下記の「12. pH and Ionization Constant」というタイトルのグラフを参照しますと、6.4ぐらいですね。
http://www.h2o2.com/intro/properties/thermodynamic.html#12


>>>PHというのは濃度によって変わりますか?

上記のグラフを見ると、50%~70%で酸性度が最大(=pHが最小)ですね。
面白いですね。


ちなみに、下記の中の
「15. What is the pH of H2O2 solutions? 」
というQ&Aでは、グラフではなく数値表で書かれています。
http://www.h2o2.com/intro/faq.html#15


以上、ご参考になりましたら。

Q硫酸酸性の過マンガン酸カリウムと硫酸鉄(Ⅱ)の化学反応式がわかりません。 KMnO4+5FeSo4+

硫酸酸性の過マンガン酸カリウムと硫酸鉄(Ⅱ)の化学反応式がわかりません。
KMnO4+5FeSo4+4H2SO4←左辺はわかりましたが右辺がよくわかりません。
Mn2++5Fe3++4H2OにどのようにしてK+と9SO4-をつけるのですか?
分かる人お願いします。

Aベストアンサー

>Mn2++5Fe3++4H2OにどのようにしてK+と9SO4-をつけるのですか?
一つずつ処理(陽イオンと陰イオンを組み合わせて、それらしい化合物を作る)しかありませんね。
陰イオンは「硫酸イオン」しかありませんから、種類の多い陽イオンに順に化合物を作成しましょう。
修正:SO4- → SO4^2-
・Mn^2+:SO4^2-
・5(Fe^3+):15/2(SO4^2-)
・K+:1/2(SO4^2-)
これでめでたく9個の「SO4^2-」を処理できました。
しかし、問題が・・・
化学反応式の係数に分数はいただけません!
最後に全体を2倍して係数を全部整数にしましょう。
これで完成です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報