はじめまして。
大学院進学を考えている、理系大学一年生です。
ところが、肝心の大学院に関しての知識があまりないのです。
博士過程や修士過程、何年行かなければならないかなど、全くわかりません。
色々教えていただければ幸いです。

A 回答 (4件)

こんにちは。


理学系修士卒業(修了)生です。

既に他の方が回答されていますので、年数等については軽く書かせていただきます。

一般に、「修士課程(2年)、博士課程(3年)」となっているか、「博士課程前期(2年)、博士課程後期(3年)」という分け方になっていると思います。
言葉は違うのですが、両者とも内容はほぼ同じです。

大学によって異なりますが、修士課程で留年することはあまりありません。
修士論文さえしっかりと書けば、投稿論文数に関わらず修士号をもらえる大学もあります。
ですから、この辺りはご自分の希望する大学について情報を集めると良いと思いますよ。
逆に、博士課程はシビアです。
投稿論文数が決まっているところが多いですし、また、ただ論文を出せば良いと言うのではなく、「有名な雑誌」に投稿することが条件になっている場合もあります。
3年で必ず博士号が取れるとは限りません。

ちなみに、余談になりますが、博士号を取るための方法は博士課程進学のみではありません。
「ペーパードクター」という制度があり、一定基準を満たす数の投稿論文を出し、博士論文を書いた後にそれを審査してもらい、博士号を取得する方法もあります。
但し、一般にこちらはとても難しく、通常は企業の研究所の重役クラスなどが行っている学位取得の方法です。

ところで、大学に残って助手→助教授→教授という学者のコースをお望みなら、博士課程には必ず進学してください。
例外として、修士課程在学中に学校側から引き抜きにあい、助手として勤めながら博士号を目指す人もいますが、ほんの一握りです。
また、博士号を取得したら必ず大学に残って研究ができるかというと、そうでもありません。
これは、実はかなり狭き門です。
自分の所属する研究室に残れたら、かなりラッキーですね。
私の友人は、他大学の研究室に就職していきました。
それも、ほんの一握りの人たちです。
実際はなかなか競争が厳しく、かなり優秀な人でないと難しいようです。

一般に、博士課程まで進学すると、企業への就職も少なくなってきます。
研究がより専門的になり、更に卒業時の年齢が高く、企業が採用を控える傾向があるんです。
周囲を見渡す限りですと、企業の研究所への就職を希望する人は修士卒業が多いですね。
博士まで行く人は、逆に就職できずに残っている人もたくさんいます。
科技庁あたりの契約研究員になっている人もいます。

最後になりましたが、大学院から他大学を目指すこともできます。
かなり狭き門になりますが、それでも不可能ではありません。
私自身が他大学の大学院に進みましたから。
それに、大学院大学といって、学部を持たずに大学院のみを持つところもあります。
ですので、自分でやりたい研究を見つけたら、他大学であってもチャレンジしてみると良いと思います。
但し、他大学を受ける場合に注意しないといけないのは、受験前に必ず研究室を訪問してください。
相手の教授にやる気をアピールしてください。
これをやらないと、合格する確率はぐんと減ります。
また、教授によっては他大学の院を受ける学生を快く思わない人もいます。
そういう研究室に所属している場合、自分の研究室と他大学の院とを併願できない可能性もありますので、注意してくださいね。

頑張って!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんとても親切に教えて頂きありがとうございました。
今年から大学進学ですので、気合いを入れて勉強したいとおもいます。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:19

こんにちは。

とある国立大理系院生(修士)です。

前の回答者のかたが博士、修士過程の年数などについては答えてくださっているので補足的な説明をさせていただきます。

おそらく、大学院への入学試験(条件)、修了(=卒業、大学院はこう言います)条件は大学ごと、もしくは母体となっている学部ごとにだいぶ違ってくると思います。

もし、現在在籍している大学の院にそのまま進学されるのであれば、先輩方もしくは教授に直接聞いて進学するのに必要な情報を集めればよいとおもいます。

他大学の場合は難しいと思いますが、このような場をかりて情報を集める手もありますし、その大学に直接問い合わせしてみても良いと思います。
    • good
    • 0

工学部学生です。


修士課程(=博士前期課程)Masterは2年間です。博士課程(博士後期課程)Doctorは3年間です。

うちの大学(国立)の場合、修士課程、博士課程共に研究論文は英語の雑誌に記載されることが条件です。

ただし、博士課程の場合は論文や研究発表(1年に2~3回くらい?海外も)の審査がかなり厳しいらしく、入っても卒業できるかは本当にその人の能力次第、というところです。3年で終わらずに5年くらいいるというのもよくあることだと聞きます。

参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0

え~と、一応、大学院生(理工系)です。



自分のいる大学院では、修士課程、または博士前期課程と呼ばれるものが
2年間で、その後、さらに上を目指すならば、博士課程または博士後期課程と
呼ばれるものになります。

博士課程(博士後期課程)は、3年間が普通だと思います。
(3年で博士号がもらえるかは、本人の努力次第ですが。)

他の大学については、よく分からないので、ひょっとしたら
違うかもしてません。

詳しい方、あとはよろしくお願いします(笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報