はじめまして。
大学院進学を考えている、理系大学一年生です。
ところが、肝心の大学院に関しての知識があまりないのです。
博士過程や修士過程、何年行かなければならないかなど、全くわかりません。
色々教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


理学系修士卒業(修了)生です。

既に他の方が回答されていますので、年数等については軽く書かせていただきます。

一般に、「修士課程(2年)、博士課程(3年)」となっているか、「博士課程前期(2年)、博士課程後期(3年)」という分け方になっていると思います。
言葉は違うのですが、両者とも内容はほぼ同じです。

大学によって異なりますが、修士課程で留年することはあまりありません。
修士論文さえしっかりと書けば、投稿論文数に関わらず修士号をもらえる大学もあります。
ですから、この辺りはご自分の希望する大学について情報を集めると良いと思いますよ。
逆に、博士課程はシビアです。
投稿論文数が決まっているところが多いですし、また、ただ論文を出せば良いと言うのではなく、「有名な雑誌」に投稿することが条件になっている場合もあります。
3年で必ず博士号が取れるとは限りません。

ちなみに、余談になりますが、博士号を取るための方法は博士課程進学のみではありません。
「ペーパードクター」という制度があり、一定基準を満たす数の投稿論文を出し、博士論文を書いた後にそれを審査してもらい、博士号を取得する方法もあります。
但し、一般にこちらはとても難しく、通常は企業の研究所の重役クラスなどが行っている学位取得の方法です。

ところで、大学に残って助手→助教授→教授という学者のコースをお望みなら、博士課程には必ず進学してください。
例外として、修士課程在学中に学校側から引き抜きにあい、助手として勤めながら博士号を目指す人もいますが、ほんの一握りです。
また、博士号を取得したら必ず大学に残って研究ができるかというと、そうでもありません。
これは、実はかなり狭き門です。
自分の所属する研究室に残れたら、かなりラッキーですね。
私の友人は、他大学の研究室に就職していきました。
それも、ほんの一握りの人たちです。
実際はなかなか競争が厳しく、かなり優秀な人でないと難しいようです。

一般に、博士課程まで進学すると、企業への就職も少なくなってきます。
研究がより専門的になり、更に卒業時の年齢が高く、企業が採用を控える傾向があるんです。
周囲を見渡す限りですと、企業の研究所への就職を希望する人は修士卒業が多いですね。
博士まで行く人は、逆に就職できずに残っている人もたくさんいます。
科技庁あたりの契約研究員になっている人もいます。

最後になりましたが、大学院から他大学を目指すこともできます。
かなり狭き門になりますが、それでも不可能ではありません。
私自身が他大学の大学院に進みましたから。
それに、大学院大学といって、学部を持たずに大学院のみを持つところもあります。
ですので、自分でやりたい研究を見つけたら、他大学であってもチャレンジしてみると良いと思います。
但し、他大学を受ける場合に注意しないといけないのは、受験前に必ず研究室を訪問してください。
相手の教授にやる気をアピールしてください。
これをやらないと、合格する確率はぐんと減ります。
また、教授によっては他大学の院を受ける学生を快く思わない人もいます。
そういう研究室に所属している場合、自分の研究室と他大学の院とを併願できない可能性もありますので、注意してくださいね。

頑張って!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんとても親切に教えて頂きありがとうございました。
今年から大学進学ですので、気合いを入れて勉強したいとおもいます。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 20:19

こんにちは。

とある国立大理系院生(修士)です。

前の回答者のかたが博士、修士過程の年数などについては答えてくださっているので補足的な説明をさせていただきます。

おそらく、大学院への入学試験(条件)、修了(=卒業、大学院はこう言います)条件は大学ごと、もしくは母体となっている学部ごとにだいぶ違ってくると思います。

もし、現在在籍している大学の院にそのまま進学されるのであれば、先輩方もしくは教授に直接聞いて進学するのに必要な情報を集めればよいとおもいます。

他大学の場合は難しいと思いますが、このような場をかりて情報を集める手もありますし、その大学に直接問い合わせしてみても良いと思います。
    • good
    • 0

工学部学生です。


修士課程(=博士前期課程)Masterは2年間です。博士課程(博士後期課程)Doctorは3年間です。

うちの大学(国立)の場合、修士課程、博士課程共に研究論文は英語の雑誌に記載されることが条件です。

ただし、博士課程の場合は論文や研究発表(1年に2~3回くらい?海外も)の審査がかなり厳しいらしく、入っても卒業できるかは本当にその人の能力次第、というところです。3年で終わらずに5年くらいいるというのもよくあることだと聞きます。

参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0

え~と、一応、大学院生(理工系)です。



自分のいる大学院では、修士課程、または博士前期課程と呼ばれるものが
2年間で、その後、さらに上を目指すならば、博士課程または博士後期課程と
呼ばれるものになります。

博士課程(博士後期課程)は、3年間が普通だと思います。
(3年で博士号がもらえるかは、本人の努力次第ですが。)

他の大学については、よく分からないので、ひょっとしたら
違うかもしてません。

詳しい方、あとはよろしくお願いします(笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確率でグループ分け問題のコンビネーションの使い方について

15人をA組、B組、C組の各組5人ずつのグループに分ける時の場合の

数は、15C5・10C5通りですが、組の区別がない時は上記の数を3!で割

ると答えが求まります。

組み合わせのC(コンビネーション)はどういう特徴のためにA組B組のよ

うな、組の区別があるものしか答えが求められないのでしょか?

Aベストアンサー

質問者さんの疑問?は、コンビネーションの特徴が起因しているのではないと思います。#1さんのお話と同じなんだと思うんですが、うまく説明できるかな・・・。

この問題は、
1) 15人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 15C5
2) それをAグループとする   ・・・ ???
3) 10人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 10C5
4) それをBグループとする   ・・・ ???
5) 残った5人をCグループとする ・・・ 1通り

という手順で、グループに分ける場合の数は、上の1)、3)、5)を掛算して得られる。ここで、疑問の「組の区別がある/ない」は、1)、3)のコンビネーションによって発生しているのではなく、2)、4)、5)の「取り出した順に並べる」という手順にしたがって1)、3)、5)を「掛け合わせる」という計算によって発生しています。で、「場合の数を掛け合わせて得られる」のが順列ですよね。
通常、順列というと、例えば「1から9の数字から3つを順に選んで並べる」とすると、1つめの数字の選び方が9通り、2つめの選び方が8通り、3つめが7通りですから、順列は9×8×7。ですが、何か特別な条件をつけて、1つめの数字の選び方が5通り、2つめも5通り、3つめが4通りなどとなることも有り得るわけで、その場合の順列は5×5×4です。というように、「場合の数を掛け合わせていく」のが順列ですよね。この問題も、1つ目の選び方が15C5通り、2つ目の選び方が10C5通りで、3つ目の選び方が1通りだから、順列は15C5 × 10C5 × 1 なわけです。

ということで、コンビネーションの計算がグループを区別している原因なのではなく、(コンビネーションで)取り出した人のグループを並べたという順列の行為(場合の数を掛け合わせたという計算)が区別の原因です。

質問者さんの疑問?は、コンビネーションの特徴が起因しているのではないと思います。#1さんのお話と同じなんだと思うんですが、うまく説明できるかな・・・。

この問題は、
1) 15人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 15C5
2) それをAグループとする   ・・・ ???
3) 10人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 10C5
4) それをBグループとする   ・・・ ???
5) 残った5人をCグループとする ・・・ 1通り

という手順で、グループに分...続きを読む

Q大学院修士卒から博士になるには

大学院の修士を卒業してから、企業で研究職になった場合、どのような課程で博士への道が開けますか?
一般的なケースで教えてください。

Aベストアンサー

1、社会人を対象とした博士課程に入学する
これは会社に通いながらいける大学院です。あくまで研究室の教授とどのように研究をすすめるか話し合う必要があります。
うちの研究室にいる社会人の方は、休日や会社から行ってもいいと言われた日にくればOKと教授との間で話しているらしいです。
研究室で実際に研究した結果を論文にします。

間違ってはいけないのは、これは受け入れる教授と行かせてくれる会社の理解あって初めて成り立つものです。

2、論文博士
これも社会人向けの大学院となるのですが、研究室で実験は全くしません。会社でやっている実験でだした結果をそのまま博士論文に持ち込みます。
その研究をある程度公にしていい場合はこの結果をそのまま博士論文として提出して博士を取るというやり方です。
しかし、この制度は廃止される傾向にあります。

社会人として博士号を取るとしたら、この2つであると思います。

私が実際に面倒を見ている方々は、100%と言っていいですが、
「箔付け」に博士を取るにすぎなく、聞くところによると
会社で給料がちょっとあがる、出世するのにちょっと有利?
何となくかっこいいということです。

この博士号を取ったからといって、研究者としてやっていく力がつくとは思えません(論文博士はもともと研究してる人だし)。

実際に会社である立場のちょっと上を目指すときに、あったらいいなというものです。

最後に、もう一度だけ、間違ってはいけないのは
会社に黙ってやるのは駄目だと思います。

また、社会人向けの大学院があるからといって、試験だけを受けて合格すればいいでは駄目です。受け入れ側の教授にちゃんと受け入れてくれるか確認する必要があります。

1、社会人を対象とした博士課程に入学する
これは会社に通いながらいける大学院です。あくまで研究室の教授とどのように研究をすすめるか話し合う必要があります。
うちの研究室にいる社会人の方は、休日や会社から行ってもいいと言われた日にくればOKと教授との間で話しているらしいです。
研究室で実際に研究した結果を論文にします。

間違ってはいけないのは、これは受け入れる教授と行かせてくれる会社の理解あって初めて成り立つものです。

2、論文博士
これも社会人向けの大学院となるのですが...続きを読む

Q条件付き確率の問題です。 赤玉7個、白玉3個が入った袋の中から、先ず2個を取り出し、元に戻さず続け

条件付き確率の問題です。

赤玉7個、白玉3個が入った袋の中から、先ず2個を取り出し、元に戻さず続けて1個取り出す時の、次の確率を求めなさい。

初めの2個がともに赤であった時、次の1個が白である確率。

C(コンビネーション)を使ったやり方で解説されているのですが、なぜコンビネーションなのかわかりません(^_^;)

解答は8C1分の3C1となっています。

Aベストアンサー

どうせ 1個しか取り出さないんだから, コンビネーションでもパーミュテーションでも同じことだよね.

Q大学院の修士課程、博士課程について教えてください

大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年ですよね?一般的に修士課程のみで卒業する方がおおいのですか?もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方でよいのでしょうか?博士課程にすすむのには試験はあるのですか?

Aベストアンサー

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を合格した場合には、博士後期課程に入学することができます。なお、修士課程よりも博士後期課程のほうが定員がかなり少なくなりますので、制度的に入学できないという場合もそれなりにあります。なお、博士課程の目的として、専門的な研究者を養成するという性質が強くなりますので、入学試験には面接や修士論文・入学後の研究計画(指導教員との打ち合わせや広い意味での実現可能性を含む)などが合否の基準における重心になってきます。

> 修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方

たしかにそうなのですが、「勉強する」よりは「研究する」、あるいは企業人としての生き方よりも研究者としての生き方を選ぶ方が博士課程へ進む、というほうが正確かと思います。

仮に首尾よく博士課程を修了し、博士の学位を得ても、それを生かす職は限られています。博士としての知見をかならずしも必要としない職をそのときになって選ぼうとしても、採用する側からすればそれなりの年齢になっている博士号保持者よりもピチピチした若者を採用する傾向がありますので。最近、「余剰博士」という新聞の言葉がでましたのでそのあたりをgoogleると状況がみえるかと思います。

> もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?

基本的・原則的にはそうですが、必ずしも修士課程を修了していなくても博士課程に進学することは可能です。就職して企業で研究に従事し、進学・研究したい分野での業績が認められれば、受験資格を与えてくれる場合があります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を...続きを読む

Q数A確率m個からn個を取り出す

こんにちは。

5個の玉(それぞれ1~5の数字が書かれています)があるとします。この中から同時に2個を選ぶ確率を教えてください。


すべての選び方は5C2通り、場合の数も5C2で、確率は1になってしまうんですが、そんなことないですよね・・・?
どこが違っていますか??

あと、5個の白玉から1個を無作為に選ぶときの確率を、上のようにコンビネーションを使って分数形で表すとどうなりますか?。(コンビネーションを使わないで表せば確率は、1/5になりますか?)


間違いを指摘して、正しい解答を教えていただきたいです。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5個の玉から2個取り出す確率、と書くと条件がないため、確率は100%(どんな時も2個取れる)になります。

2個取り出す玉に条件をつけると確率は変化します。
例えば書いている数字の合計が5になる、1の玉が含まれる、取り出した合計が残ってる合計以上になる、などなど。

白玉1個を取り出す確率は5分の1ながら、こちらも明確な条件がなければ、結局はどれを引いても同じにしか見えません。1(5)分の1(5)となんら変わりのない結果となってしまいます。

QAOで大学に入学した場合(理系) やはり大学院に進む場合、AOではいった大学の大学院に進学しないとい

AOで大学に入学した場合(理系)

やはり大学院に進む場合、AOではいった大学の大学院に進学しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

そんな縛りをしたら、その大学はすぐ潰れます。特に有力な教授を抱えている大学以外は悲惨です。

Q確率の問題で

確率の問題で「トランプ52枚から3枚引いて、そのうち2枚がハートの確率を求めよ」とあり、答えは
(13C2*39C1)/52C3=117/850ですが、
私は、
一回目ハート、2回目ハート、三回目その他=(13/52)*(12/51)*(39/50)
だと思いました。一回目がその他でも掛け算なので影響しないかと・・・
確率の問題のコンビネーションの使い方を教えてください。また私のような解き方で解く問題はどういったものでしょう?

Aベストアンサー

質問者さんの言われるのは順列です。
並び方を考えています。
1番、2番、3番がハート、ハート、その他に限定されると順列です。
入れ替えを許して
ハート、その他、ハート
その他、ハート、ハート
を同じものと考えると組み合わせとなります。

Q修士課程や博士過程に入っている人の生計って・・・

修士課程や博士過程に入っている人の生計ってどうやってたてているんですか?ティーチングアシスタントだけでもある程度の収入が得られるものなんでしょうか?できればどのようにして生計をどのようにしてたてているか、又は収入はどの程度得られるものなのかを失礼のない程度に教えていただきたいです。あと、僕がと言うわけではないのですが、一つ気になっていることがあるのですが、結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能に思いますか?どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしていると論文がかけません。ですので短時間で高収入といえば塾のバイトか家庭教師のバイトかになります。家庭教師は。地域新聞などあるのでしたら投稿すれば博士ということもあり自給5000円でした。週3はいるとだいたい10万以上ありました。
あとは、奨学金ですね。奨学金でも色々な制度があり、例えば都道府県の奨学金でただでもらえる奨学金というものが以前あり私は月4万円程度もらっていました。
修士でも同じようなものではないでしょうか。

結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能は可能です。しかし、修士だとある程度楽ですが、博士になると、研究、論文とめちゃくちゃ忙しいので(私の工学部の場合)結婚相手には理解してもらわなければならないでしょう。
何かありましたらまたいってください。

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしてい...続きを読む

Q数学 確率の問題

9枚のカードがあり、カードの表にはそれぞれ「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」「10」の数が書かれている。
また、裏にはすべて「1」が書かれている。
これらのカードを投げたときに、それぞれのカードの表が上側になる確率と裏が上側になる確率は、ともに1/2であるとする。
9枚のカードすべてを同時に投げて、各カードの上側に現れた数をすべて掛けあわせた値を得点とする。
次の問に答えよ。

(1)得点が8点になる確率を求めよ。
(2)得点が偶数になる確率を求めよ。
(3)得点が8の倍数になる確率を求めよ。

という問題でコンビネーションが使えない理由を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。
済みません。(3)の場合分けをミスりましたので、
以下の通り訂正します。ご迷惑をおかけしました。
(3)得点が8の倍数になる確率を求めよ。
(ア)「8」が表の全ての場合:確率=1/2
(イ)「8」「6」「10」が裏、「4」「2」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ウ)「8」「2」「10」が裏、「4」「6」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(エ)「8」「6」「2」が裏、「4」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(オ)「8」「2」が裏、「4」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(カ)「8」「6」が裏、「2」「4」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(キ)「8」「10」が裏、「2」「4」「6」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ク)「8」「4」が裏、「2」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ケ)「8」が裏、「2」「4」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
求める確率は以上の合計=(1/2)+8*(1/2)^5=24/32=3/4・・・答え

Q大学から他大学に編入するか、大学院からほかの大学にいくかで悩んでいます 理系です

前期試験を落ちて、後期試験で受かった大学に来ましたがレベルが低すぎて絶望しました。

編入先に考えているのは筑波大学情報化学科です
レベル的には水準に達していると思います

ですが、編入は大学からではなく高専、短大からの人のために作られたもので大学向けでないだとか
大学院で学歴ロンダを考えているなら編入は遠回りなどをネットで拝見しました


実際のところどうなのでしょうか


他大学に行きたいわけは学歴をよく見せたいとかではなく、より高いレベルで学びたいと考えているためです

Aベストアンサー

いま1年生なんですよね。ということはまだ専門課程が始まる前の教養課程しかやっていないわけで、その段階で「レベルが低すぎて絶望」ということは、3年次編入など待たずに、いますぐ仮面浪人で再受験して、1年次から「より高いレベル」で学べる環境に行った方が良いのではないですか。そもそも、まだ教養教育を受けているだけで、まだ専門を本格的に学んでいないのに「レベルが低い」と判断できるかどうか?(入門教育は、取りこぼす学生をなるべく出さないように内容が易しいことが多いので)
あなたがいま絶望するほど低いというレベルで2年間学んで、その後3年次編入で運良く合格できたとして、そこからいきなり専門課程が始まるわけですけど、2年間易しい環境に慣れてしまった後で、ついていくのは大変そうだなとか思いませんか?
浪人せずに3年次編入を今の段階から狙っているということは、「学歴をよく見せたいとかではなく」と言われても、あまり説得力がありませんよ。今の大学で2年間も我慢できるのなら、そのまま4年間我慢できるのでは?って思いますから。

大学院というのは研究をする場ですから、より高いレベル・よりよい環境で「研究したい」のではなく「学びたい」という動機でしたら、大学院進学自体を催行した方が良さそうです。研究が目的でなければ、院から他大学に行くのはただの学歴ロンダになってしまいます。
「学びたい」のならば、大学から進路変更することをお薦めします。

No.1さんへのお礼コメントに対して、横から失礼します。

>編入試験の難易度のほうが低いと聞いて確かめてみたら今の段階で結構解けましたよ

一般入試と編入試験はボーダーが異なるので、「結構解けた」で合格ラインに乗るかどうかは微妙ではないでしょうか。同じ試験を受けるライバルは高専の上位クラスの生徒ですから、あなたと同じかそれ以上に解けると思いますよ。
一般に、編入試験のほうが一般入試よりもハードルが高くなります。出題自体の難易度の問題ではなく、合格ラインの水準が上がる、と考えた方が良いでしょう。
倍率も編入のほうが高くなります。筑波大学の編入試験の倍率って、学類ごとにかなり違いますけど、情報学類の編入って結構高倍率じゃなかったですか?
受験生のレベルや倍率を総合的に考えると、一般入試よりも受かりやすいということはないと思いますよ。

いま1年生なんですよね。ということはまだ専門課程が始まる前の教養課程しかやっていないわけで、その段階で「レベルが低すぎて絶望」ということは、3年次編入など待たずに、いますぐ仮面浪人で再受験して、1年次から「より高いレベル」で学べる環境に行った方が良いのではないですか。そもそも、まだ教養教育を受けているだけで、まだ専門を本格的に学んでいないのに「レベルが低い」と判断できるかどうか?(入門教育は、取りこぼす学生をなるべく出さないように内容が易しいことが多いので)
あなたがいま絶望...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報