最新閲覧日:

こんばんは。
税金のことは全く無知で困っております。

確定申告って、3/15までですよね?

昨年7月末付けで会社を退職いたしました。
会社からは、源泉徴収票が届いているのですが、
確定申告に行くべきなんでしょうか?
両親に相談しても、「さぁ~・・・」という頼りない返事で(笑)

ちなみに、病気が理由で退職しましたので、傷病手当てをもらっています。これにからんで医療費もかなりの出費をしていますが、何か関係ありますか?

書類の記入の仕方など、さっぱり分からないので、
市役所に行けば相談をうけつけてくれるのでしょうか?

あきれるほどの無知ですが、どなたか良きアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#2の追加です。



この時期は、市役所でも相談を受けつけたり、申告書の書き方の指導をしています。

又、#1のように、医療費から傷病手当金は控除する必要はありません。
控除するのは、生保からの入院給付金・手術給付金・健康保険からの高額療養給付金などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、重ねてのご回答誠にありがとうございます。
おかげさまで、医療費控除については、おぼろげながら(笑)に分かってきたような気がします。
実は、医療費控除があるなんて知らなくて、(というか確定申告しなくちゃなんないことも分かってなかったので)医療費の領収書、半分以上捨てちゃったんですよねー(笑)
その辺も含めて、相談したいと思います。
今回は本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 22:11

持って行かれる書類などは、#2の回答にあるとおりですが、それ以外に、「生命保険」「損害保険」に入っておられたら、その控除証明書を持って行かれると、その分も一定の計算をして控除されます。


市役所でも、相談の受付をしているところが多いですが、日にちが限られているところもあります。その場合は、電話で確認されてから行かれた方が安心できます。住所を管轄する税務署なら必ず相談できますが、混んでいることも多いです。必要な書類や印鑑などを持っていかないと二度手間になったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jun95さん、早速のご回答ありがとうございます。
生命保険、損害保険ですが、特に加入はしていないのでこれは考えなくてもいいんですよね?
とりあえず、市役所で相談を受け付けてくれるか確認してから行って参りたいと思います。
さらなるアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 21:59

私も行った方がいいと思います。


税務署にね(^^)

会社がやってくれる年末調整も確定申告も
1年間で払うであろう税金を仮定して毎月分割して払っていた税金をもう一度計算し直し払いすぎていれば戻してもらう、足りなければ払うシステムです。

大抵の場合税金は戻ってくることが多いから、行かないで払いすぎたままの人も多いみたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

puchi-pさん、早速のご回答ありがとうございます。
皆様のアドバイスに従い、早速明日にでも行って参りたいと思います。
ちょっとだけでもお金が返ってくるなら、返して欲しいですもんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 21:48

行ったほうが良いと思いますよ。


医療費でいくら負担されたか存じませんが
gooで「税金の鉄人」「医療費控除」等で検索すれば色々でてきます。
控除対象額など満足されているようでしたら
領収書持参して市役所ではなく税務署へ行ってみてください。
下のURLから「確定申告」をクリックして「諸控除について」の下の[Go!]をクリックしてみてください

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/muraoka/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

C_ranさん、早速のご回答ありがとうございます。
参考URL等、大変参考になりました。といってもあまりよく分からなかったのですが(笑)もっと勉強したいと思います。
アドバイス頂いた通り、早速明日にでも行って参りたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 21:40

年の途中で退職して、年末調整を受けていない場合は、確定申告をして、所得税の精算をする必要があります。


又、途中退職の場合、ほとんど源泉税で引かれた税金の一部が戻ります。

傷病手当は、非課税となっていますから、申告する必要はありません。

医療費については、次の計算により医療控除が受けられます。
1年間の医療費の総額-保険金などで補てんされる金額-(10万円または所得が200万円未満の場合には所得金額の5%)=医療費控除額

医療控除の詳細は、参考urlをご覧ください。

確定申告は、3月15日まで、税務署か市役所で受け付けていますから、必要書類を持って行けば、書き方を教えてもらえます。
必要書類は、源泉徴収票・印鑑・医療費の領収書(交通費はメモ書き)・振込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。
その他に、退職後に支払った国民健康保険料や国民年金があれば、その金額もメモしていってください、控除が出来ます(領収書は不要です)。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、早速のご回答ありがとうございます。
必要書類等々教えていただき、大変勉強になりました。
国民健康保険料の金額も考慮しなくちゃいけなかったんですねー。助かりました。ありがとうございました。
早速、明日、必要書類持って行って参ります!

お礼日時:2002/03/10 21:32

 行くべきだと思いますよ。


行き先は市役所じゃなくて税務署です。
相談を受け付けてくれます。
でも締め切り間近だから混んでいると思いますから
本来なら、書類をきちんと記入していって、必要なものもそろえていくのが筋でしょう。
じゃないと二度足を運ぶことになり、待ち時間も相当なものになるでしょう。
税務署は平日しかやっていませんから、
サラリーマンのために、駅で特設の相談窓口を設置しているところもありますので
そちらに足を運んでもいいかもしれませんが、こっちもかなり混雑しているらしいです。

 医療費控除を受けられるか、ですが
年間10万円以上医療費として支払っていれば控除の対象になります。
通院にかかる交通費も入れることができますが
保険金や傷病手当などをもらっているのでしたらそれを差し引くことになりますから
恐らくは対象にならないんじゃないかと思いますがいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

todorokiさん、早速のご回答ありがとうございます。
やっぱり行った方がいいんですよね。
退職した時、人事の方が何となくそんなこと言ってたような気がします(今さらですが・・・)。
何といっても今はプーでヒマなんで、混雑もなんのその、めげずに行って参りま~す。
ちなみに、医療費は10万以上も払ってないので関係なさそうです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/10 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報