今月の中旬にモルディブに旅行予定です。
通貨は、モルディブ・ルフィアとラーリとの事なのですが、
アメリカドルも使えると聞きました。
換金は、ドルをして行っても不便はないのでしょうか?
それともモルディブ・ルフィアとラーリに換金した方がよい
のでしょうか?
その場合は、銀行で換金できるのでしょうか?
回答、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

今月モルディブへ行ってきました。



基本的にモルディブではドルが使えます。
チップなどのために成田空港などで1ドル札を多めに用意して持っていくといいです。
現地での両替は出来ません。
リゾート内での支払いは、ほとんどのリゾートがサインでOKなので
大きなお金を持って歩くことは少ないと思います。
私たちがリゾート内で使った現金はチップくらいで
その他のお金は、最終日にカードで清算しました。

ルフィアなどは使うことは、まずありません。
マーレでもドルが使えます。が、基本的には札のほうがいいようです(硬貨NG)。
    • good
    • 0

こんにちは。

モルディブへ出かけるんですね!(^^)!
私が行ったのはヒルトンモルディブでしたがアメリカドルで十分でしたよ。というか殆どカードですからチップ以外に現金は必要なかったです。アメリカドルで換金しておけば問題はないですよ。またマーレで買い物をするときもアメリカドルか日本円で帰るので心配ないかと思います。では、モルディブ旅行楽しんできてください。
    • good
    • 0

こんばんは。



モルディブではよほどのことがない限り現地通貨に両替する必要はありません。
リゾート内はほとんどドル建てですし、チップもドルが一般的です。
日本国内で米ドルを両替しておけばいいですよ。チップで使うことを考えて$1~$10紙幣をメインにした方がいいですね。
    • good
    • 0

ルフィアへの換金は国内では出来ません。


ラーリは聞いたことがないのでわかりません。

通常の旅行(リゾートおよびマーレ滞在)であればドルが普通に使えますので全く困ることはありません。
    • good
    • 0

モルディブいいですね


モルディブでは観光客が立ち入るところは全てドル払いになっています

ホテルはもちろん、空港島の送迎桟橋にある屋台も、アイランドホッピングで行く現地人用の島で売っているお土産もドル払いです

要するに、観光資源が主な収入のモルディブでは貨幣価値の高いドルを落としてもらうのが目的ですから、わざわざ現地通貨に両替することはありません
万が一、現地通貨に両替しても使う所がありませんし、現地通貨の国外持ち出しも規制されていると思います

以上
    • good
    • 1

ドル又は円を持参し現地での両替になります。



国内では扱っていない筈です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円→現地通貨vs円→ドル→現地通貨 とっちが得?

今円高というか、もっと正確にいうとドル安ですね。
そうだとすると安くなったドルを間に入れたほうが両替は得ではないのでしょうか?

タイとか東南アジアに行く場合円→現地通貨と円→ドル→現地通貨両替するのとどちらが得なのかおしえてください。

Aベストアンサー

ドル安なので、ドル→現地通貨、のレートが悪くなります。
さらに両替手数料が2回分かかるので、割高になる可能性があります。

ちなみに、今試算すると
1米ドル = 76.81 円
1米ドル = 29.90 タイバーツ
1タイバーツ = 2.568 円
(Google調べ)
として

100万円を交換すると、手数料なしでも
日本円→タイバーツなら
38.93万バーツ
日本円→米ドル→タイバーツなら
38.87万バーツ

でした。

Qアメリカドル1・5・10・20・50・100ドルについて

アメリカドルの1・5・10・20・50・100ドルを
それぞれ日本円にしたらいくらなんですか?
どなたかおしえたください。

Aベストアンサー

「為替レート」に関しては変動しますので、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「日経:外国為替クロスレート」

ご参考まで。

参考URL:http://markets.nikkei.co.jp/rate/crsrate/index.cfm?ref=2

Q現地通貨のトラベラーズチェックを換金すると…

現地通過のトラベラーズチェックを日本で買い、現地で現金に換える場合、手数料はかかりますか?
例えばアメリカドル1,000$分のトラベラーズチェックを、現地の銀行で現金化した場合、額面のままの金額が受け取れるのでしょうか?

初歩的な質問かとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4年前のことですが、私が英国に半年留学した際、アメリカンエキスプレスのポンド建てT/Cを持っていきました。
カードもありましたが、やはり小額で買い物するには現金が必要ですし、キャッシングも不安だったので・・・

現地では、アメックスの支店があったのでそこで換金しました。
手数料はなかったです。額面と同じだけ引き換えられました。

アメックスのサイトを見れば支店が載っていると思いますよ。
アメックス以外の所だと、手数料が発生すると思うのですが。両替じゃなくても・・・

もしすでにアメックスに問い合わせて確認済みでしたらごめんなさい。

Qドルの換金など

旅行でニューヨークに行きます
でも、ドルの換金方法がわかりません。。
どうやって換金するんですか?

換金するのにどれくらい日数はかかりますか?
あと生活代として8万円もってくんですけど
どんなふうに細かいのを混ぜればいいですか?
たとえば8万のうち2万は小銭にばらしとくとか

教えてください!

Aベストアンサー

補足になりますが、
1.T/Cは、日本の銀行で「ビザやマスターのものなので世界中で使えます」と言って売っているもの(券面に日本の銀行名が印刷されているもの)は避けたほうがよい。両替のとき、現地では写真を見ながら全く同一のデザインの場合のみ受け取り可、というところがあり、日本の銀行名が印刷されていると「デザインが違う」と言われて突き返される場合あり。(特に現地銀行窓口。デパートなどのほうがかえって柔軟な対応。)アメックスのT/Cのほうが世界中どこでも同じデザインなので安心。
2.チップ用に1ドル札は多めに用意しましょう。常に財布に10枚はあるようにやりくり。ホテルのポーターなどへの支払い用。
3.駅の大手チェーン・スーパー、コンビニ、マクドナルドなどのチェーンレストランなら少額でもクレジット・カードが使用可。個人商店や個人経営レストランでも使用可ですが、安全面からはお勧めしません。(スキミングされる危険あり。)
4.100ドル札、50ドル札は受け取りを拒否される場合あり。

QUSドルから現地通貨への両替は有利ですか?

最近円高が進んでいるので、今のうちに両替しておこうと思います。
が、今のところUSドルを使う予定はなく、半年以内の旅行先で予定しているのは、中国(上海)とシンガポールです。
そこでそれぞれの国で現地通貨への両替に使うのはどうかと検討中です。
USドル⇒現地通貨という両替の経験がないので、よく分からないのですが、やはり日本円からの両替よりも有利なものなのでしょうか?
大差ないようでしたら、USドルのままで持っておくことにします。
また中国とシンガポール以外で、日本円よりもUSドルのほうが圧倒的に有利な通貨、日本円からは両替ができない通貨があれば教えてください。
ちなみに日本円⇒USドルへの両替に手数料はかかりません。
とはいえ、両替するのは$300~$500程度なので、たいした額にはなりません(笑)やはりUSドルのまま使った方がいいのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

Matildaさんならご存知だと思いますが、本来はどの通貨間で両替を繰り返しても(ほとんど)損得が無い様に為替相場は変動します。これを妨げているのが、両替時に発生する手数料です。

この手数料は両替をする通貨・地域・業者によってマチマチであるところが悩みで、「円->現地通貨」は1回の手数料なのに対し、「円->米ドル->現地通貨」は2回の手数料なので、一見、前者が有利に見えますが、話はそんなに簡単では有りません。

一般的に、米ドルを介した両替は、どこの地域/業者でも一番手数料が低く設定されています。(事実上、米ドルが世界通貨として機能している)それに対して、円がらみの両替では米ドルに比べて同等なケースとかなり不利なケースが存在します。
また、円から現地通貨へ直接両替ができない(扱っていない)ケースも多く存在します。この場合は、米ドルを介するしかないでしょう。

シンガポール・中国などの東南アジア/東アジア地域では、米ドル/円と現地通貨の両替手数料はほぼ同等ですので、結局、一度の両替ですむ(手数料が一度しか発生しない)ので「円->現地通貨」の両替がベストの選択になります。

しかし、Matildaさんの場合、米ドルからの両替の話ですので、以上の話から理解できるように、常に「米ドル->現地通貨」の両替が一番有利になります。

以上。

Matildaさんならご存知だと思いますが、本来はどの通貨間で両替を繰り返しても(ほとんど)損得が無い様に為替相場は変動します。これを妨げているのが、両替時に発生する手数料です。

この手数料は両替をする通貨・地域・業者によってマチマチであるところが悩みで、「円->現地通貨」は1回の手数料なのに対し、「円->米ドル->現地通貨」は2回の手数料なので、一見、前者が有利に見えますが、話はそんなに簡単では有りません。

一般的に、米ドルを介した両替は、どこの地域/業者でも一番手数料が低く設定...続きを読む


おすすめ情報