人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

プライマーって注文するとすぐ届きますが、
あれは機械で作っているんですか?

確実にくるということから
人の手はかかっていないように思えますが。

A 回答 (7件)

>合成に失敗することってあるんですか?



以前、某cDNA合成会社に発注を掛けたところ、PCRがぜんぜんかからず、1ヶ月ほど色々試してやっと配列が読めたと思ったら、primerの配列がめちゃくちゃに間違っていたということがありました。

その会社に発注したprimerは、その後もうまくPCRがかからず、primerの配列がおかしい、ということが続いたので、二度と使用していません。

それくらい、間違いもあるんですよ。

この回答への補足

シグマはどうなんですか?

配列は自分で指定すると思うんですが、
そのとき間違えたんじゃないですか?
それともメーカーの合成機がエラーを吐いたのですか?

メーカーもちゃんと目的の物ができたかどうかを
シークエンスで確認するんですか?

補足日時:2006/08/07 21:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこのメーカーですか?
もうつぶれてしまっていそうですが。

お礼日時:2006/08/09 21:36

>どこのメーカーですか?


>もうつぶれてしまっていそうですが。

どこのメーカーか言えませんが(さすがに書き込めません)、今でもprimerをガンガン作ってますよ。
未だにそのメーカーを信じている人も少なくないです。
    • good
    • 0

合成機でのDNA合成効率は、一塩基につき90%くらいだそうです。

合成長が長くなればなるほど、それより短い副産物の割合が大きくなります。メーカーによっては、正しい合成長が十分に含まれているかを、MASS、HPLC、PAGEなどでチェックして合格したものを納品してくれます。

通常のPCRではそこまでやることはあまりないですが、不完全長の副産物を完全に除く必要がある場合は、脱塩カラムだけでは無理で、HPLCやPAGEによるオプションの精製が必要になってきます。

合成は簡単に言うと、合成カラムにくっつけたままで、一塩基付加、基質の洗い流し、脱保護(次の塩基が付加できるようにする)を繰り返します。100 %確実に反応が進むわけではないので、多かれ少なかれ、配列が正しくないものが含まれてきます。機器や試薬の管理状況によってはさらに品質が悪化する可能性はあります。しかし、配列をチェックするサービスはないと思います。技術的にもコスト的にも難しいと思います。

この回答への補足

人の手はかかっていないわけですね。
従業員が作っていたら2日で来ませんよね?
従業員って何をやっているんでしょうか?

補足日時:2006/08/09 21:36
    • good
    • 0

シグマはきちんと大きさチェックしてくれますね。


なので、今はシグマかinvitrogenです。

>配列は自分で指定すると思うんですが、
>そのとき間違えたんじゃないですか?

3人の目を通して配列間違いがないかを確認していますので、人為的な間違いはありません。それほど素人でもありませんし。
    • good
    • 0

DNA合成機なら、大学に使用していないものがごろごろしている(廃棄していなければの話)はずですから、近隣の研究室にあたってみてはどうですか?うちでは、使用しなくなって、10年経ちます。

3年ほど前に、5台ほど廃棄処分にしました。メンテナンス、ランニングコストを考えると、業者に依頼する方が、遙かに能率的です。現在、塩基あたり約38円で契約していますが、交渉しだいですね。 

この回答への補足

シグマで買っているんですけど、
1塩基65円ですが。
38円は安いですね。
材料は高いのですか?

補足日時:2006/08/07 22:00
    • good
    • 0

DNAシンセサイザーは結構高いですよ。

少なくとも15年前までは。結構ランニングコストもかかります。普通に作る分には製品を買った方が安いかと思います。

うちなんかはほぼ毎日稼動してましたけど、導入の理由は、その当時は合成請負業者が少なく、納期がすごくかかったため、持っていただけで、コスト的には度外視していたと思います。また、大量に使うことはわかっていたので、業者側からすれば、モニターテストってことで製品自体値引きしていたかもしれません。

でも合成機の値段なんか調べればわかりそうなものですから、そういうものの導入に責任のある方なら、ここで聞くより、コスト計算をちゃんとした方が、よいと思うのですが。
    • good
    • 0

その通りです。

DNAシンセサイザ(合成機)という機械を用いて合成しています。
研究室規模でも購入できます。

http://www.appliedbiosystems.co.jp/website/jp/pr …

参考URL:http://www.appliedbiosystems.co.jp/website/jp/pr …

この回答への補足

機械はどのくらいするんですか?
1塩基65円くらいするみたいですけど。
頻繁に注文するなら合成機を買った方が安上がり
かもしれないですね。

合成に失敗することってあるんですか?

補足日時:2006/08/06 21:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCRにおけるプライマーの作り方

PCR反応において、例えば、5'末端からcactgtccttctgccatggcとgcaactagacgcagcccgcaとmRNAが並んでいて、これら二カ所をプライマーとして用いた場合二つのプライマーの塩基配列はどうなるのでしょう??それぞれに相補的な塩基配列になるのでしょうか??

Aベストアンサー

質問文の意味がわからない部分もありますが、
5'-cactgtccttctgccatggc-3' n×k 5'-gcaactagacgcagcccgca-3'の領域をPCRで増やしたい場合、設計すべきプライマーは
forward 5'-cactgtccttctgccatggc-3'
reverse 5'-tgcgggctgcgtctagttgc-3'
です。

それと、mRNAにtという配列は存在しません。

Q遺伝子の塩基配列の調べ方

ヒトのALDH2遺伝子の全塩基配列(エクソン部及びイントロン部の配置)を調べたいのですが、どうやって調べていいのかがわかりません。
検索サイトで検索かけてみたりしたのですが見つかりません。(ネット上にデータベースがあるというのを聞いたことがあります。)
調べる方法を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

NCBIの場合
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/
seachの選択項目の中からgeneを選びALDH2を検索します

ALDH2がテキストに含まれるデーターのリストが得られると思いますので、適切な物を選択してください
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=gene&cmd=Retrieve&dopt=full_report&list_uids=217
ここから、Related Sequencesのgenomicを見つけてそのシーケンスを見てもいいのですが非常に長いテキストで、目的のもの以外の配列も入っていることもかなりありますので、右のlinksから、Map viewerに飛びます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/mapview/maps.cgi?taxid=9606&chr=12&query=uid(14218883)&QSTR=217%5Bgene%5Fid%5D&maps=gene_set&cmd=focus

ALDH2 OMIM HGNC sv pr dl ev mm hm sts.... という文字列があると思います。dlをクリックしデーターを取得するページに飛んで Display かSave to Disk データーを得てください。

ほかのデーターベースだと
http://www.ensembl.org/index.html
のhuman
http://www.ensembl.org/Homo_sapiens/index.html
の右上からALDH2検索
詳細は省略します。ひつようであればおっしゃってください。

NCBIの場合
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/
seachの選択項目の中からgeneを選びALDH2を検索します

ALDH2がテキストに含まれるデーターのリストが得られると思いますので、適切な物を選択してください
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=gene&cmd=Retrieve&dopt=full_report&list_uids=217
ここから、Related Sequencesのgenomicを見つけてそのシーケンスを見てもいいのですが非常に長いテキストで、目的のもの以外の配列も入っていることもかなりありますので、右のlinksから、Map viewerに...続きを読む

QPCRとはどんな試験法なのでしょうか?また,「プライマー」とは何でしょ

PCRとはどんな試験法なのでしょうか?また,「プライマー」とは何でしょうか?このプライマーが変わることで何が違うのでしょうか?また,このプライマーを選定するのは,どいう理由になるのでしょうか?初心者なので,参考となるサイトまたは解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、生物は中学までしかされていない前提でかいつまんで説明してみますね。

まず、知っておいていただきたい前提があります。
「DNAとは何か」という部分の一部です。
具体的には、「DNAは二重らせん構造をとる」ということと、
「DNAはA(アデニン)T(チミン)G(グアニン)C(シトシン)の4種類の組み合わせでできている」
という点です。とりあえず、これだけ知っていればPCR法の説明が理解できると思います。

PCRの理論は映像で見てもらった方が早いと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=_YgXcJ4n-kQ&feature=related
英語なので説明を聞き取れないかもしれませんが、一度見てみてください。
Aに対してはU(ウラシル)、Tに対してはA、Gに対してはC、
Cに対してはGがくっついているかと思います。
基本的にはA-T、G-Cがペアになると覚えていれば、充分です。

簡単に映像の解説をします。
青の2本セットになっているリボンがDNAです。
25秒くらいから出てくるレールのようなものもDNAです。丸ひとつがA、T、G、Cにあたるものです。グリーンで示された部分が、PCRで増やしたい領域です。この時はまだ、35度で常温ですね。
45秒くらいからのはなしは、DNAを95度にすると、2本鎖がわかれて1本ずつ計2本になっていくという話です。
52秒から60度に温度が下がり、プライマー(Primer)が登場します。プライマーとは、簡単に言えば、増やしたい領域の両端にくっつくようにATGCを組み合わせて設計されたものです。映像でも、1本になったDNAの増やしたい領域の端にくっついているかと思います。
1分15秒くらいから、Taqやfree nucleotidesが出てきますね。free nucleotidesはATGCが個別の状態で存在しているものと思ってください。Taqはのり付け役みたいなものだという認識で大丈夫だと思います。鋳型となっている元のDNAから、A-T、G-Cの対応関係を利用して、周囲に沢山あるA,T,G,Cをくっつけていきます。
これで1サイクル目が終了です。

これを何回も繰り返して特定の領域を増やしていくというのがPCR法の目的になります。

>このプライマーが変わることで何が違うのでしょうか?
映像53秒くらいを参考にしますと、プライマー1は「ATCGCATATGG」ですね。例えば、これの最後のGをAに変えるとどうなるでしょう?

>プライマーを選定するのは,どいう理由になるのでしょうか?
これはヒントだけにしましょうか。
DNAは全ての生物で同じでしょうか。
同じなら、一つのプライマーで選定せずに使えるのですけどね。
違うなら、違うゆえに起こりうる問題があるんですね。

丸投げするような質問が嫌いなので、ちょっと意地悪な回答になっていますが、
もし、解説で理解できない部分があれば補足欄でどうぞ。
「こういう解釈で良いのか」とか書いていただけると理解度を図りやすいので正確に伝えやすくなります。

私もPCRはかじっただけなので、どこまで正確にお答え出来るかわかりませんが。

とりあえず、生物は中学までしかされていない前提でかいつまんで説明してみますね。

まず、知っておいていただきたい前提があります。
「DNAとは何か」という部分の一部です。
具体的には、「DNAは二重らせん構造をとる」ということと、
「DNAはA(アデニン)T(チミン)G(グアニン)C(シトシン)の4種類の組み合わせでできている」
という点です。とりあえず、これだけ知っていればPCR法の説明が理解できると思います。

PCRの理論は映像で見てもらった方が早いと思います。
http://www.youtube.com/...続きを読む

QDNA断片のシークエンス結果の読み方について

今回、実験で菌体のDNA断片の塩基配列を解析しました。

その結果、A・T・G・C の組み合わせ配列の最後に、
NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNと、Nが多数ありました。

Blastで解析し、菌の同定は出来たのですが
このNNNNNというのがきになりました。


このNNNNNNNNNが意味していることは何か、ご存じの方がいたら教えてください。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

DNAの配列決定を行なう場合、読める配列には限りがあり、限界に近づくと決定できない塩基が増えてきます。

どの塩基か決定できなかった部分は通常Nであらわされます。
従って、Nの部分は、読めなかったシークエンスということですので、除去してからBLAST等の解析に進むのが普通です。

また、Nが連続しだす少し前の部分も、読み間違いが発生している可能性が高いので、要注意です。

QkDaからbpへの変換について

例えば206kDaの分子量をbpで表すには、どのような計算方法を取ったらいいのでしょうか??それとも、計算できないのでしょうか?皆さん、解答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

kDaはタンパク質の分子量でしょうか

http://clontech.takara-bio.co.jp/product/catalog/010001005.shtml

で概算できます。

アミノ酸によって分子量は変わるので、
kDaから正確なアミノ酸数は計算できないため、
正確なbpは計算できません。

QPCRの 5’・3’ が分からず困っています

PCR で使われる5’と3’の表記で困っています。
実習でPCRとプライマーの設計デモをやりました。ソフトウエアを使ってプライマーを設計すると、いくつか候補が出ます。これは、3―・・・ ―5’で表示されるのが一般的だと教えられました。実際の実習では、既に準備されたプライマーを使ったんですが、プライマー合成した会社からの詳細コピーも配られました。そこには5’―・・・ ―3’と明記されており配列は同じでした。もし、5’―・・・ 3’の方向で書くのら、配列はソフトウエア上で出たものとは逆になるはずでは?設計デモの時、チューターからは「プライマーの始まりはGCリッチに」とも言われました。3’末端の配列はGかCが望ましいという条件があることから考えると、やっぱりプライマーの始まる方を3’として、配列は、3’―・・・ ―5’で記載するのが一般的なのだろうなと想像してます。
よく本には以下のような模式図が出ています。
5’―・・・ ―3’ 
3’―・・・ ―5’  
の2本鎖が熱で、5’―・・・ ―3’ と3’―・・・ ―5’ という1本鎖に別れる。で、5’―・・・ ―3’ の鎖では 鎖の3’側へ 5’―・・・ ―3’ のプライマー(これがリバースプライマー!?)がくっ付いて、プライマーの5’を起点にして5’→3’方向へDNAが合成される。 
3’―・・・ ―5’ の鎖でも 鎖の3’側へ 5’―・・・・ ―3’ のプライマー(こっちがフォワードプライマー!?)がくっ付いて以下同様。
だとしたら、プライマーの配列が3’から記載されるのはおかしいと思うのですが。
プライマーの配列そのものの向きではなく、プライマーがアニールするテンプレートの配列を基準に 3’と5’を考えているということなんでしょうか?

PCR で使われる5’と3’の表記で困っています。
実習でPCRとプライマーの設計デモをやりました。ソフトウエアを使ってプライマーを設計すると、いくつか候補が出ます。これは、3―・・・ ―5’で表示されるのが一般的だと教えられました。実際の実習では、既に準備されたプライマーを使ったんですが、プライマー合成した会社からの詳細コピーも配られました。そこには5’―・・・ ―3’と明記されており配列は同じでした。もし、5’―・・・ 3’の方向で書くのら、配列はソフトウエア上で出たものとは逆になるはずでは?設計...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、No.1です。
>これは、プライマーがアニールしたら5’→3’方向へ伸長が起きる からプライマーの3’末端が伸長の起点になる、ということで、プライマー配列の3’の方を“始まり”と言う人もいるってことでしょうか?

私もそうだと解釈しています。
3`が起点(ポリメレースによる伸長の始まり)でPCR産物で考えると反応の終止点となるのがもう一方のプライマーの5`となるからだと思っています。

>人によって3`が始まりや開始点と言う場合はあっても、本や実験マニュアル等に出ているようなプライマー設計の際の注意事項は、プライマーが5’→3’で表記されていることが前提、と考えていいですよね?

前提というか、文献を読んでもらうとわかるのですが、塩基配列を3`側から書く人はいませんよね。プライマーも塩基配列ですから、5`から表示するのが自然だとお考えください。

マニュアル等に書かれているプライマー設計の注意点はきちんと「5`側」、「3`側」と書かれていると思います。開始点等の言葉にまどわされる必要はありません。

余談ですが、5`末端にGC配列を多くするというのは結合を強めるための意味合いがあります。AとTの結合よりGとCの結合のほうが強いからです。

定量PCRのプライマーも全く同じです。

こんにちは、No.1です。
>これは、プライマーがアニールしたら5’→3’方向へ伸長が起きる からプライマーの3’末端が伸長の起点になる、ということで、プライマー配列の3’の方を“始まり”と言う人もいるってことでしょうか?

私もそうだと解釈しています。
3`が起点(ポリメレースによる伸長の始まり)でPCR産物で考えると反応の終止点となるのがもう一方のプライマーの5`となるからだと思っています。

>人によって3`が始まりや開始点と言う場合はあっても、本や実験マニュアル等に出ているようなプライ...続きを読む

Qプライマーのこと

プライマーで
「センスとアンチセンス」や
「フォワードとリバース」
と呼んだりすると思うのですがこの呼び方の定義はなんですか?

頭がこんがらがってしまってよく分からなくなってしまいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

センスは2本鎖DNAのうち、m-RNAのテンプレートとして機能するほうの鎖。
アンチセンスはセンス鎖と相補性のあるもう一方の鎖。
フォワードとリバースはPCRを行い際に、必要ですね。
センス鎖とアンチセンス鎖は5'と3'の方向が逆のため、
プライマーは逆方向のものを用意する必要がある。

Qアンピシリンの失活温度について

アンピシリンの失活温度について教えてください。

LB(Amp)のプレート培地を作製する時にいつも思うことです。

オートクレーブ後の三角フラスコに入っているLB培地に、いつアンピシリンを添加すればいいのかわかりません。

僕の場合は、三角フラスコをクリーンベンチ内で両手で触って円を描くように揺らしてみて、手をつけてられる熱さまで冷ましてから入れるようにしています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も学部生の頃に同じことを考えましたが。。。結論は結構微妙なところだと思います。アンピシリンは酵素のように高温になると変成していっぺんに失活する訳ではなく、高温になるほど分解の進みが早くなるわけですよね。(もちろん1時間くらい煮沸すればかなり失活するかもしれませんが。。)。というわけで、結局実験的にできるだけ影響が起きない(しかし、ゲルが固まらない)ような妥協点の温度でやるために手で触れる=約60℃で添加することがスタンダードになってるわけです。

Qプライマーの希釈について

これからPCRを行う初心者です。
プライマーを合成してもらい、乾燥状態で届きました。
まずこのプライマーを100μMの濃度にするように言われました。添付文書に27nmolとあったので270μlの水で溶かせばいいのでしょうか?
PCRには0.2mMで使用したいのですが、100μMにした後、どのように希釈してよいのかわかりません。
計算がわからないので教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>添付文書に27nmolとあったので270μlの水で溶かせばいいのでしょうか?

正解です。100 μMは100 pmol/μLです。27 nmol=27000 pmolなので、270 μLに溶かせばよいです。

>PCRには0.2mMで使用したいのですが、100μMにした後、どのように希釈してよいのかわかりません。

0.2mMは200 μMです。100 μMの濃度の倍ですから希釈ではできません。
なにより、0.2 mMは濃すぎます。勘違いでは?

プライマーは薄めすぎると分解しやすいので100 μMでストックするとして、当座使う分は10倍に薄めて10 μM (10 pmol/μL)にしておきます。これをPCR反応50 μLあたり1.0~2.5 μL(終濃度0.2~0.5 μM)使うくらいが相場だと思いますが。

Q失礼します。遺伝子工学での質問です。

失礼します。遺伝子工学での質問です。

私は現在大学院1年生で、今までタンパク質の実験を行っており、自力で遺伝子工学を行うのは初めてです。

大腸菌XL1のコンピテントセルを用いてプラスミドベクターの導入を行い、プレートにコンラージしました。ベクターにはアンピシリン耐性遺伝子が入っており、LB培地にアンピシリンを加えて選抜しました。

培養後、LB培地にはコロニーがまばらに生えており、ベクターが導入されたと思われたので、コロニーをピックアップしてアンピシリンを加えたLB液体培地に植菌して培養し、プラスミドを回収→アガロース電気泳動によるベクター導入の確認を行おうと思っていました。

ベクターが確認され次第、少量残した液体培地の大腸菌をプレートに撒こうと思っていました。しかし、先輩に聞いてみると、

1、形質転換体のコロニーは培地からピックアップして、一度LB培地でストリークしてから液体培地に植菌しないといけない

2、液体培地に植菌した物をプレートの培地に植菌してはいけない

と言われました。1で、ストリークはベクターが確認出来た菌株を保存の為増殖させておくのだと思い、理解出来たのですが、2を行ってはいけない理由がイマイチ分かりません。

「そういう物なんだ」というのは少し疑問が残るので、ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します。

失礼します。遺伝子工学での質問です。

私は現在大学院1年生で、今までタンパク質の実験を行っており、自力で遺伝子工学を行うのは初めてです。

大腸菌XL1のコンピテントセルを用いてプラスミドベクターの導入を行い、プレートにコンラージしました。ベクターにはアンピシリン耐性遺伝子が入っており、LB培地にアンピシリンを加えて選抜しました。

培養後、LB培地にはコロニーがまばらに生えており、ベクターが導入されたと思われたので、コロニーをピックアップしてアンピシリンを加えたLB液体培地に植菌して...続きを読む

Aベストアンサー

先輩に聞いたほうが早いと思いますが・・・

少量であれば、撒いてダメってことはないと思ますよ。やったことないので、自信はないですけど。
おそらく、液体培地中のβラクタマーゼがプレート上に広がるのを嫌ってでしょうが、正確な理由はあなたの先輩に確認してください。

安全策をとるなら、液体培地をチップの先端でチョンとつついて(吸ってはいけません。つつくだけです)、プレートに数回引っ掻けばよいです。1回だけですとシングルコロニーが得られないと思うので、数回引っ掻いてください。
シングルコロニーをもう一回ミニプレップしてチェックする必要はあります。その際は、きちんとマスタープレートを作って、コロニーを保存しておくようにしてください。


人気Q&Aランキング