皆さんもご存知のとおり、「ドラえもん海底列車号」が今期で最後の運転になりますが、そこで質問なんです。次の行程を見て運賃を計算した場合どっちがお徳なのか?今回は、とくとく切符(青函フリー切符?)を使ってと使わない場合とです。

行程1:秋田-寝台特急 あけぼの→青森-快速 海峡5号→木古内
   木古内-海峡(即折り返し)→青森-あけぼの→秋田
行程2:秋田-寝台特急日本海1号→青森-快速海峡3号→吉岡海底
   吉岡海底-海峡4号→青森-その時間に接続する列車→秋田
行程3:秋田-行程1と同じ→函館-特急はつかり→青森
    青森-あけぼの→秋田
というわけで、よろしくm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 すみません。

いくつか訂正します。
><行程1>
>*乗車券 
> 秋田→函館(経由 奥羽・津軽・海峡) 10840円(往復)
 これは秋田→木古内の誤りです。値段も往復10840円で間違いありません。函館まで買うと12600円です。

 『ドラえもん海底列車きっぷ』は5500円です。秋田から青森まで往復6520円ですから、合計で12020円となります。ゾーン539カード(840円)を含んでおり、乗り放題ですからかなりお得ですね。海峡号しか使わない場合で函館まで足をのばす場合にはこちらが最適なようです(木古内ですと普通にお買いになられたほうが安いです)。
 『津軽海峡線割引きっぷ』は5400円でゾーン539カードはつきませんから、あまり安くありません。
 これらが特急券と併用できればなおいいのですが、そちらについてはちょっとわかりません。駅で聞いてみてください。

 参考までに、帰りは日本海4号を使っても安くおさまりますね。
*函館→秋田 普通車指定席2610円
となりますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました!
どうしても、この時間しか(仕事の関係上)日帰りで利用せざろう得ないため、計算がごっちゃづいてしまいました。(^^;)

やっぱ「時刻表検定3級」しかレベルのない僕ですね。
しかしながら「参考」の「日本海4号」に乗ると睡眠時間が2時間しかないので(次の日4:30勤務、3時起き)無理なんです。
大変参考になりました。
ありがとうございました。また、計算方法で質問しますのでよろしく。m(__)m

お礼日時:2002/03/11 18:04

 青函フリーきっぷってありましたっけ…。

そちらがわかりませんので比較の対象になるかわかりませんが。
<行程1>
*乗車券 
 秋田→函館(経由 奥羽・津軽・海峡) 10840円(往復)
*特急券
 秋田→青森 あけぼの 立席特急券1680円
 青森→秋田 あけぼの 普通車指定席2190円
<行程2>
*乗車券
 秋田→吉岡海底(経由 奥羽・津軽・海峡) 10120円(往復)
*特急券
 秋田→青森 日本海1号 1680円
 青森→秋田 かもしか4号 普通車指定席2190円
*寝台券 
 日本海1号 B寝台6300円 シングルデラックス13350円
 日本海1号利用ですと立席特急券で乗車できるのは東能代からですので、秋田から乗車の場合は寝台券が必要です。
<行程3>
*乗車券
 秋田→函館(経由 奥羽・津軽・海峡・江差・函館) 12600円
*特急券
 秋田→青森 あけぼの 立席特急券1680円
 函館→青森 はつかり 普通車指定席1090円(乗継割引)
 青森→秋田 あけぼの 普通車指定席2190円

 津軽海峡線割引きっぷなどありますが、青森で切らなければなりませんから、安くなりません。
 また周遊きっぷ(青函ゾーン)の発券も不可ですね。

 

 
 

この回答への補足

そうでした。「津軽海峡線割引切符」ですよね。(たしか5000円くらいの)
<行程1>は、「木古内」までなんです。
それは、木古内まで通しで買う場合と、秋田から青森で切って、上の切符を往復で使うとなると「函館」までの料金と同じになるので、どうしても聞きたかったのです。

補足日時:2002/03/10 12:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そんで、この切符の発売場所が「秋田」も含まれているのでそこで質問してみました。

お礼日時:2002/03/10 12:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特急ハウステンボス号

特急ハウステンボスってもろにハウステンボスのことをPRしているような車体のように感じるのですが、ハウステンボスはこのハウステンボス号の車両自体に対し広告料を支払っているのでしょうか。
快速「スペースワールド」号や「三井グリーンランド号」に対してはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

最近はそういった類(たぐい)の塗装をした車両が増えていますね。
ハウステンボス号やスペースワールド号などは、JRそのものが施設に対して出資や設営、運営に絡んでいる可能性が高く(例:ハウステンボスにはJRが出資しているホテルがある)、現地の宣伝だけではなく、アクセス機関としての宣伝も兼ねています。アクセス機関の宣伝ならば自社の費用になるわけですから、広告料は発生しませんね。おそらく、ご質問のケースはこのパターンだと思います。
一方で逆のパターン、つまり、アクセス機関側がアクセス施設に対して意匠を使わせて欲しいと依頼をし、意匠使用料を支払うというものもあります。あえて意匠を使わなかったケースをあげておきますと、京葉線沿線にある有名テーマパークの最寄り駅は、なんの変哲のない普通の駅名ですが、開業時にJRが駅名をそのテーマパークの名前にしようとしたところ、テーマパーク側が「駅のデザイン、内装などをテーマパークのコンセプトに合わせないならば、名前を使わせるわけにはいかない」という意思を示したため、京葉線の公共交通機関としての地位を重視したJRは普通の駅を建設し、駅名も普通のものにした、というものがあります。
結構、利用する側、利用される側での動きによって形態はバラバラのようですね。

最近はそういった類(たぐい)の塗装をした車両が増えていますね。
ハウステンボス号やスペースワールド号などは、JRそのものが施設に対して出資や設営、運営に絡んでいる可能性が高く(例:ハウステンボスにはJRが出資しているホテルがある)、現地の宣伝だけではなく、アクセス機関としての宣伝も兼ねています。アクセス機関の宣伝ならば自社の費用になるわけですから、広告料は発生しませんね。おそらく、ご質問のケースはこのパターンだと思います。
一方で逆のパターン、つまり、アクセス機関側がアクセス...続きを読む

Q特急サンライズ号

サンライズ号を利用して大人2名で大阪から東京まで行きたいのですが

サンライズツイン B2 二人用B寝台個室 14,700
この場合は、電車の料金×2+¥14700でいいのでしょうか?

また、
ノビノビ座席 フルフラットシート
これは、なんですか?
フェリーみたいに他の方と雑魚寝ねんでしょうか?

おしえてください

Aベストアンサー

こんにちは。

以下のURLの「ノビノビ座席」の写真をご覧頂けると、大体の雰囲気は
つかんでいただけると思います。
ちなみに、ここは特急料金+指定席料金(通常期\510-)で利用できます。
私も何度か利用したことがありますが、なかなかよいです。
ただ、しきりのカーテンなども無いため、女性の方だと少し
抵抗があるかもしれません。
その場合は、席番を指定して、一番壁側を取ってもらうといいでしょう。

参考までに、壁側の席番は、上段が「1番C席」と「7番D席」、
下段が「1番A席」と「7番B席」です。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/kurashina/sunrize/sunrize2/sunrize2_002.htm

Q特急の「名前+○○号」の数字って?

 JRでも私鉄でも、新幹線とか特急って例えば「ひかり119号」みたいに、必ず「名前+○○号」ってネーミングですよね?
 あれの「○○号」ってどういう基準で付けるものなんでしょうか。

 名前の方はイメージとかあるでしょうし、一般公募なんかもするみたいですから、まだなんとなくわかります。
 でも、○○号というのがあんまりイメージできません。朝早い方から遅い時間帯になるにしたがって、数字が大きくなっているのはわかるのですが、欠番が多すぎるように見えます。新幹線のこだまとかって、500を超える番号もありますよね。
 さすがに適当に番号を振ってる、なんてことはないと思うのですが。

 勝手な予想ですけど、その特急路線が開設されてから過去のダイヤとか全部記録されていて、朝早い順から1号2号……って付けていって、ダイヤ改正とかで新しい列車ができたら古い番号は消えて、新しい番号が増えていくとか。
 それで時刻も停車駅も全く同じだったら、番号が復活したりとか。
 全然わからないんですけど、なんとなくそう思って。

 鉄道に詳しい方、ご教授お願いします。

 JRでも私鉄でも、新幹線とか特急って例えば「ひかり119号」みたいに、必ず「名前+○○号」ってネーミングですよね?
 あれの「○○号」ってどういう基準で付けるものなんでしょうか。

 名前の方はイメージとかあるでしょうし、一般公募なんかもするみたいですから、まだなんとなくわかります。
 でも、○○号というのがあんまりイメージできません。朝早い方から遅い時間帯になるにしたがって、数字が大きくなっているのはわかるのですが、欠番が多すぎるように見えます。新幹線のこだまとかって、500を超え...続きを読む

Aベストアンサー

はっきり言って、会社によってバラバラです。
1.国鉄(昭和53年10月まで)
昭和30年代ぐらいまではそれぞれの優等列車ごとに列車名が付いており、番号で区別する考え方そのものがありませんでした。
ところが、コンピューターで指定券を発行するようになったために列車名を整理する必要が生じ、同じ区間を走る列車には「第一こだま」「第二こだま」というふうに数字を振るようになりました。そして昭和39年10月の新幹線開業に伴って複数本走る列車には、一部を除いて「○○号」と数字をつけるようになりました。
新幹線は列車番号をそのまま号数に振ったために下りが奇数、上りが偶数になったのに対し、在来線が当時上りと下りで同じ番号を振っていたのは、一往復の列車でそれぞれの列車名がつけられていた名残といえます。
2.国鉄(昭和53年10月から)
1.のとおり昔は新幹線と在来線で号数の振り方が異なっていたのですが、混乱を招くということと、コンピュータの処理能力の向上によって大きな番号でも処理できるようになったことから、在来線でも新幹線と同じルールを採用するようになりました。当時は51号以上が臨時列車で、数はあまり多くありませんでした。ただ、昭和60年以降から急行列車の格上げが相次いだために、同列車で50本以上の設定がある特急が出現し(「ひたち」とか「有明」とか)、臨時列車は81号からに振り直されました。「踊り子」のように季節波動が大きい列車では、季節列車(運転日があらかじめ決まっているもの)について70台の番号を振るものもありました。
3.JR以後
基本は2.と同じですので、各社の現状と例外について示しておきます。
○JR北海道
「スーパー」タイプと標準タイプは通算で番号を振る。夜行は「オホーツク」以外は別愛称。
○JR東日本
新幹線は1~299が東北、うち100台は山形直通、200台は各駅停車タイプにふる。300~499は上越、500~699が北陸だが、速達型にはそれぞれに1~、上越の臨時には一部2桁のものがある。
在来線は一般に「スーパー」タイプに1号から、標準タイプに101号から番号を振るが、房総特急は「ビュー」タイプも標準タイプも通算。「あずさ」は標準タイプのものに51号から番号を振る。「かいじ」が101号からになる。「はくたか」はJR西日本に倣う。
※例外:「白鳥」「つがる」は接続する「はやて」の番号に揃える。臨時も「はやて」に合わせているので番号がべらぼうに大きくなることもある。接続する「はやて」がないものは40台を振るのが基本。
○JR東海
新幹線は1~が博多直通の「のぞみ」(一部例外あり)、41~が東京-新大阪間の「のぞみ」、101~が山陽直通の「ひかり」、201~が東京-新大阪間の「ひかり」(301~は同区間の臨時)。351~が山陽「ひかり」(レールスターはここ)、401~が東海「こだま」で491~が新大阪を直通する「こだま」、500台が山陽「のぞみ」と臨時の「ひかり」。600台が山陽「こだま」となり、東海道・山陽新幹線上には同じ番号のものは1つもありません。10月の品川駅開業時にはこの原則も大きく変わることでしょう。
在来線は国鉄時代とほぼ同様で、「ワイドビュー」の有無は関係なし。大阪発着「ひだ」は併結相手に+20したものが号数となる。
○JR西日本
原則は「スーパー」タイプも標準タイプも通算で号数を振る。「文殊」は1往復だが号数が付いている。
○JR四国
国鉄時代と同様。併結列車が多いが、あくまでも同愛称で通算するため、号数が揃うことは少ない。
○JR九州
一時期JR東日本タイプになったこともあるが、現在は列車名ごとに1から号数を振るようになる。例外は「ハウステンボス」で、これは併結する「みどり」に号数を揃えている。「かいおう」は1往復だが号数が付いている。九州新幹線開業後はどうなるか未定。

長くなりましたが、だいたいこんなところです。

はっきり言って、会社によってバラバラです。
1.国鉄(昭和53年10月まで)
昭和30年代ぐらいまではそれぞれの優等列車ごとに列車名が付いており、番号で区別する考え方そのものがありませんでした。
ところが、コンピューターで指定券を発行するようになったために列車名を整理する必要が生じ、同じ区間を走る列車には「第一こだま」「第二こだま」というふうに数字を振るようになりました。そして昭和39年10月の新幹線開業に伴って複数本走る列車には、一部を除いて「○○号」と数字をつけるようになりました。
...続きを読む

Q「はつかり」青森→盛岡の車窓

はつかりの指定席で昼間、青森→盛岡間の指定席をとります。
どちら(西側OR東側)がA席、D席かは自分で調べます。
車窓の良いのはどちらでしょうか?盛岡に向かい左、または右でしょうか?

Aベストアンサー

この区間は何度となく乗っていますが、私なら盛岡に向かって左側(mannoharaさんのおっしゃる東側)を勧めます。
列車が青森市内を抜けると、野内辺りからは左手に海が見えるようになります。一方、右手は山が迫っていますのであまり景色は良くありません。その後野辺地から八戸までは大差なしです。鉄道記念物の野辺地防風林や、廃止された南部縦貫鉄道の線路(の跡)は進行左手ですが、ほんのわずかの間ですから気にしなくて良いでしょう。
八戸からは馬淵(まべち)川と沿って線路は伸びています。最初はのどかに田圃が広がる風景ですが、だんだんと三戸辺りからは森や渓谷を縫って走るようになります。線路は基本的に馬淵川の西側を走りますから、これも景色が良いのは川の見える進行左手です。一戸から先は場所によって右が良かったり左が良かったりしますが、私はこの区間もどちらかといえば左(東側)が好みです。ただし、岩手山が間近に見えるのは右手ですので、席が空いていたなら盛岡まで最後の20分くらいは右手に座っても良いかも知れませんね。

ではどうぞ、よいご旅行を。

Q新幹線と特急の併用のばあいの特急料金

こんど東京から新幹線で長野に行き、そのあと、直江津へ、普通でいって、直江津から、特急に乗って、金沢
まで行くつもりです。このとき、直江津から金沢
までの特急自由席券は、半額になるのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが、その場合は半額にはなりません。

長岡から金沢ゆきに乗れば半額になるんですけどね。
あと、長野で特急に乗り換えても半額になるんですが残念ながら長野から直江津方面には特急はないんですよね。。。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報