子供は相続放棄しました
早速、裁判所に行って手続きしました
そのあと、又問題発生です
父の借入金の保証人が数人いることがわかりました
保証人は子供が相続放棄した場合でも、そうでない場合でも
支払い義務は残るんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1の補足についてです。



>保証人は拒否できないのですか?
残念ながら、保証人は拒否できないのです。

>保証人が相続人に支払いを要求してきたらどうなりますか?

相続人は、相続放棄により債務を相続していませんから、請求があっても支払を拒否できます。

>それと、死んだ父が保証人になっていた子供と第三者の債務はどうなるんでしょうか? 

保証人であるお父さんは亡くなっていますから、保証責任はなくなっていますが、債務者(子供と第三者)と債権者の契約自体は残っていますから、債務については支払う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
わかりやすく説明されて、よかったです

お礼日時:2002/03/13 16:39

保証人は拒否できないのですか?>


 拒否できません。
保証人が相続人に支払いを要求してきたらどうなりますか? >
 法律上、相続放棄をした子供は被相続人(父)の債務に支払い義務はありませんので、拒否できます。
死んだ父が保証人になっていた子供と第三者の債務はどうなるんでしょうか?>
 保証契約は保証人と債権者(第三者)との間の契約ですので、子供(債務者)と第三者の間の債権債務関係は直接には関係ありません。しかし、元の契約に保証人が欠けた場合の補充義務がある場合には、それに従がいます。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2hasans …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
いろんな人の回答を参考にさせてもらいました

お礼日時:2002/03/13 16:41

先の質問の回答が遅れて済みませんでした。


今見たら、既に締めきられていました。

保証人と、相続人の相続放棄とは関係ありません。

保証人は、債務者が死亡してもその保証債務を履行する責任がありますから、支払義務は残ります。

この回答への補足

ありがとうございます
とても、よくご存じなので助かります
前の質問の続きですが
保証人は拒否できないのですか?
保証人が相続人に支払いを要求してきたらどうなりますか?

それと、死んだ父が保証人になっていた子供と第三者の債務はどうなるんでしょうか? 

補足日時:2002/03/10 23:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
保証人には決してなるものではないと実感しました
とても勉強になりました

お礼日時:2002/03/13 16:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行から借入した際の借入保証料の処理について

こんにちは。会社の経理処理について教えて下さい。
銀行から2年前に借入をして5年償却として繰延保証料という科目を計上して毎年決算時に償却していたのですが、先月借入金を期日前に全額返済したので保証料の一部が戻って来ました。
この際の処理としまして
1.戻ってきた保証料は雑収入処理をして計上してある繰延保証料は5年償却のまま毎年均等に償却していく。
2.計上している繰延保証料と相殺して差額を繰延保証料償却として計上する。
3.その他
と、考えているのですが間違っていたらと心配です。
正しい会計処理を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なんか繰延資産と混同しているように感じますが・・・
借入の保証料は借入金利息に準じたものとして扱うので
理論上、保証期間(通常借入期間となる)に渡って期間配分して
1年内に属する部分は「前払費用」、1年を超える機関に対応する部分は「長期前払費用」にすべきなんですが。
期日前返済による戻りは前払いしていた物の返金、
当然「前払費用」「長期前払費用」の戻り
しいて言えば2.の方でしょうか・・・・・・・・

Q銀行借入金の保証料を経費にする場合の記載

こんにちは。自営業での借入金の保証料を経費にできるとの事で教えて下さい。
検索すると「前払経費・長期前払経費」にするとありますが、
恥ずかしながら全くわかりません…
分かりやすく教えて頂けたらありがたいです。

借入金額 ¥8500000
保証料 ¥677040
H20・初回(25%)¥169260
H21・1年後(20%)¥135408
H22・2年後(20%)¥135408
H23・3年後(15%)¥101556
・・・・と1年に1回、7年で支払います。

20年12月19日に銀行より¥8302593入金されました。
(初回の保証料は引かれてます。)

H21に支払った¥135408を保証料として支払利息に記帳する
のは間違いですか?

お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

支払った額には前払部分が含まれているので、そのままを必要経費にはできません。

保証料の総額を、返済期間で按分します。例えば返済期間7年とした場合

677,040×12÷(12×7)=96,720・・・H21年は96,720円を必要経費とすることができます。

なお、按分方法は、他に借入残高にスライドさせる方法もありますが、計算がややこしいので上記の計算の方が手っ取り早いと思います。

Q個人事業で、保証金の放棄の場合の勘定科目は?

個人でテナントで飲食店を経営していました。
売り上げも悪く、閉店・廃業をしました。
その際、家主との契約で「契約期間内での撤退の場合には保証金は変換しない」
とあります。それ自体はもうあきらめて問題ないのですが、
保証金を放棄する、ということの仕分けがわかりません。

もう一つですが、60万円程度の備品を知人に15万円で売却しました。
売却損ということはわかりましたが、、できればくわしい説明がほしいです。

簡単な問題かもしれませんが、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

保証金のほうは、今まで資産計上しとったかどうか次第や。

資産計上しとったのなら、それを貸方にもっていって、「雑損失/保証金」みたいな仕訳にしとけばええよ。個人で今回限りの話やもの、雑損失で十分や。資産計上せえへんかったのなら、今回は仕訳なしやね。

備品のほうは、個人なら減価償却しとったと思うわ。減価償却後の金額と売却額15万円とを比べて、売却額のが低かったなら差額を売却損、高かったなら差額を売却益で計上する。60万円程度いうんが減価償却後の金額なら、売却損やね。

仕訳は、現金払いなら
現金15万円/備品xx円
売却損xx円
みたいな感じや。

Q銀行借入で保証協会への保証料は経費になるのですか

銀行での仕事上の借入金で保証協会に払っている保証料は、経費になるのでしょうか?

当方、
4200万円を15年借入で保証料は270万円。
この270万円を8年に分割して支払います。
(1・2年目は総額の20%、3・4年目15%、5・6年目10%
 7・8年目5%)

この場合、保証料は毎年どの様に計上していくのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

毎年、年初に支払うものと仮定します。

1年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

1年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000

2年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

2年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572

3年目支払:
〔借方〕長期前払費用405,000/〔貸方〕当座預金405,000

3年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572
〔借方〕信用保証料31,154/〔貸方〕長期前払費用31,154

以下、同じ

なお信用保証料は営業外費用の区分に計上します。

Q代襲相続があった場合、相続税の法定相続人の人数について教えてください。

代襲相続があった場合、相続税の法定相続人の人数について教えてください。

祖父、祖母、父(死亡)、母、子3人 という家族の場合、

祖父に相続が発生すると、相続人のうち、父は死亡しているため、

代襲相続となり、子3人が代襲相続人となると思いますが、

この場合、代襲相続する法定相続人が、父(1人)から子(3人)になることで、

相続税の基礎控除額が 1000万円×2人分 増加することになるのでしょうか?

それとも、1人のまま変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

>相続税の基礎控除額が 1000万円×2人分 増加することになる…

そうです。
代襲相続というのはあくまでも通称であって、子が欠けている場合の孫は、正統な第一順位の法定相続人です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4132.htm

仮に、第二順位や第三順位の人が相続する場合でも、基礎控除の額を制限する規定はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報