ブラキカムマウブディライトを育てるために必要なことを教えてください。
苗の植え替え方法や、肥料をやる時期なども教えてほしいそうです。

A 回答 (1件)

参考URLを紹介しておきます。


「ブラキカム」で検索してみてくださいね。
マウブディライトにこだわらずに
「ブラキカム」や「ヒメコスモス」で検索すれば
他のサイトもみつかると思います。

マウブディライトは宿根草ですね。
耐寒性もあり、関東では戸外でも冬越しできました。
最近また花をつけ始めています。
耐暑性もあるようです。
春か秋に挿し木で増やせるようです。
春先にアブラムシがつくことがあるそうです。

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました・・・
参考になりました☆ありがとうございます!

お礼日時:2002/03/23 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宿根草と多年草の違いを教えてください

宿根草と多年草の違いを教えてください

宿根草というのは、球根ですか?
多年草は、種ですか?

Aベストアンサー

簡単に言うと冬に枯れる物を宿根草、冬でも葉が残っている物が多年草です。

多年草のマーガレットなどは枯れた花(種)からも発芽します。
で、本体も残っているわけだからジャンジャン増えます。

一般に売られている花のなかでも日本の気候(冬)に耐えられなく枯れてしまうものがあり、そういう物は多年草であっても一年草として売られていることがあります。

ごくまれに種がない花もありますがたいていの花は種から増えることが出来ます。
家庭で増やそうとするのは困難な場合がありますが…。
バラなんかは種から増やそうとするとかなり難しいですね~。
発芽率が低い程度なら蒔きまくれば芽がでますが…マリーゴールドも発芽率が低い花の一つです。

Q冬に購入したポット苗の植え替えは必要?

ガーデニング初心者です。
始めるには時期が悪いとは思うんですが、ガーデニング熱が燃え上がってしまい、先日ローズマリーとアイビーのポット苗を購入しました。
ガーデニングの本によるとポット苗は植え替えをしたほうがいいということなんですが、こんな寒い時期でもやったほうがいいんでしょうか。
根を見てみると、ちょっととぐろを巻いてる感じです。
購入して今日で1週間くらいたちますが、今のところ元気なようです。

Aベストアンサー

まず貴方が居住している環境が どのようなのかわからないので やって良い・悪いの判断がつきません
あなたのお部屋は常時春のような(15~25)温度なら やっても良いと思いますが
朝方が 10℃以下  になるのなら やらないほうが良いと思います


ローズマリーですが 品種により耐寒性が少し異なるようです
http://community.bloom-s.co.jp/blog/data/187/187_42.html


植え替えは 八重桜が咲きはじめる頃 おこないます
この頃になれば 気候も安定してきます

鉢底の長い根は 切ります
周辺もわずかに崩し 新しい用土に馴染みやすくします

植え替え後は いきなり日当たりに出すのではなく リハビリ期間を設けます
最初は半日陰であまり風通しの良くない場所   又は  透明なビニール袋に入れて密閉し半日陰に置く
何日かすると根が伸びてきますので 徐々に通常の環境に移行


今は 空気が乾燥しています  暖房をするとさらに乾燥します
根はいじらないほうがいいです
それでなくても 生産者の最適な環境から 流通の余り良くない環境をへて 貴方のところに着たので かなり環境ストレスが掛っていると思われます
さらなる植え替えストレスは・・・・・・・・・・

まず貴方が居住している環境が どのようなのかわからないので やって良い・悪いの判断がつきません
あなたのお部屋は常時春のような(15~25)温度なら やっても良いと思いますが
朝方が 10℃以下  になるのなら やらないほうが良いと思います


ローズマリーですが 品種により耐寒性が少し異なるようです
http://community.bloom-s.co.jp/blog/data/187/187_42.html


植え替えは 八重桜が咲きはじめる頃 おこないます
この頃になれば 気候も安定してきます

鉢底の長い根は 切りま...続きを読む

Q宿根草の冬期に…

ガーデニング1年目です。
初歩的な質問でごめんなさい。

宿根草の冬期には地上部が枯れますよね?
宿根草を植えた場合、冬期にはその部分に土しか見えないということですよね?
でも、根っこはあるわけなので、その部分に他の植物を植えるわけにもいきませんよね?
その部分は穴が開いたように寂しくなってしまうのでしょうか?
周りに植えた他の植物で覆うようにカバーするものなのでしょうか?

最近、冬~早春のガーデニング計画を練り始めました。
現在、花壇に宿根バーベナを植えているので、その部分をどうしたらいいのだろう…と悩んでいます。

ガーデニング1年目ということもあり、バーベナの周りにはまだスペースが開いているので、
冬期をカバーできるようなものを植えたいなーと思っています。
花壇に少し高さがあるので、バーベナのように花が咲いて垂れ下がるタイプのものが好みですが、
何か良い意見、経験談等がございましたら、お教え下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
「宿根草」はおっしゃるように冬季に地上部が枯れてなくなり地中の根と株で越冬するものです。
こうした翌年以降も株が残り育つ草本を多年生植物=多年草と呼びます。
多年草の中には宿根草のように地上部が枯れない常緑のものもあります。
ご相談の宿根バーベナは微妙な領域になるのですが、一般的な平暖地では枯れてなくならない常緑多年草になります。(一部枯れてしまう部分もできますが)
冬場は寒さの性で赤茶っぽい色になります。日当たりの良い温度の上がりやすい場所では冬場にもちらほら咲いたりします。
ただ、春から秋にかけてのように次々咲いてきれいに鑑賞できる状態とは程遠いものです。

さて、結論ですが、今から周りの空きスペースに植えてどんどん成長し、バーベナのスペースを覆いつくして鑑賞出来るなどという都合の良い植物はありません。寒さに向かって植物の成長はどんどん遅くなりますので。
また、春先になってからあまりたくさんバーベナの上に物が植わっていると春からのバーベナの成長に悪影響が有る可能性もあります。

晩秋から春先までずっとと言うわけには行きませんが、ムスカリなどの小球根をいくつかの塊にして植えつけておけば、春先に花を楽しむことはできます。夏前には葉もなくなりますのでバーベナの邪魔にはなりにくいですし、一度植えておけば毎年咲きます。

そのほか空きスペースには同じ這い性の植物として芝桜や松葉菊などもいいと思います。ただしこれらは普通春先から苗が出回りますので、今植えつけるのは無理だと思います。

こんにちは
「宿根草」はおっしゃるように冬季に地上部が枯れてなくなり地中の根と株で越冬するものです。
こうした翌年以降も株が残り育つ草本を多年生植物=多年草と呼びます。
多年草の中には宿根草のように地上部が枯れない常緑のものもあります。
ご相談の宿根バーベナは微妙な領域になるのですが、一般的な平暖地では枯れてなくならない常緑多年草になります。(一部枯れてしまう部分もできますが)
冬場は寒さの性で赤茶っぽい色になります。日当たりの良い温度の上がりやすい場所では冬場にもちらほら咲い...続きを読む

Qバラの苗の育てかたについて伺います。6月中旬にアイスバーグの苗を買い、

バラの苗の育てかたについて伺います。6月中旬にアイスバーグの苗を買い、40センチ位の丈になりました。肥料もやって世話したお陰か蕾が沢山ついています。こんな小さな苗木に蕾が18個もついているのですが、大きく育てるためには蕾は切った方がいいのでしょうか?せっかくの蕾なので出来れば咲かせてやりたいのですが。もし摘み取った方がいいのであれば、どの程度でしょうか?全部摘み取るには忍びないのですが…よろしくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

アイスバーグもフロリバンダ(FL)とツル(CL)の2種類ありますが、四季咲き性の様ですから、多分フロリバンダの方でしょうか。
盛夏にできる蕾は全部摘み取りましょう。この時期に咲く花は、小さくみすぼらしいものです。
またバラは酷暑を苦手としますから、この時期に花を咲かせるのは、更に株に与えるダメージが大きくなります。株をあまり疲れさすと、黒点病なども発生しやすくなります。(盛夏は薬害が出易く、ダコニールやサプロールなどの薬剤散布もあまり適切ではありません)。
今はバラは酷暑に耐え、なんとか夏を乗り切ろうと必死です。とても花を咲かせる時期ではありません。
拙宅でも盛夏に出来る蕾は、小さいうちから全て摘み取っています。

これからの花は秋花を咲かす様にしましょう。夏剪定(秋剪定とも言う)を施し、同時に施肥します。
夏剪定の時期は地域性がありますが、寒い地域ほど早めに剪定します、8月の終わり頃でしょうか。
9月上旬あたりは一般的な標準地や温暖地ですが、暖地や昨年のように10月が暑ければ、9月中旬あたりでも良いのではないかと思います。(予測が少しばかり難しいのですが)。
剪定を施し施肥を行い、新芽がある程度伸びて花芽を付け、秋も深まって随分涼しくなった頃に花を咲かせるのが理想です。(朝晩は少し寒さを感じるぐらいの頃です)。
秋花は春の1番花ほど豪華絢爛ではないかも知れませんが、やはり大きな美しい花が咲きます。

http://www.i-rose.net/how_to_natusentei.html
これはハイブリッドティの場合ですが、フロリバンダも同じで構いません。株が2/3ぐらいの高さになるように、中剪定を施します。(あくまでもこれは目安です、バラは案外自由度があります)。
花が終わりに近づけば薄い液肥などをお礼肥に与えて、今年は終らすようにしましょう。

アイスバーグもフロリバンダ(FL)とツル(CL)の2種類ありますが、四季咲き性の様ですから、多分フロリバンダの方でしょうか。
盛夏にできる蕾は全部摘み取りましょう。この時期に咲く花は、小さくみすぼらしいものです。
またバラは酷暑を苦手としますから、この時期に花を咲かせるのは、更に株に与えるダメージが大きくなります。株をあまり疲れさすと、黒点病なども発生しやすくなります。(盛夏は薬害が出易く、ダコニールやサプロールなどの薬剤散布もあまり適切ではありません)。
今はバラは酷暑に耐え、なん...続きを読む

Qテイカカズラは本当に白い花が咲くのか

テイカカズラは本当に白い花が咲くのか
中部東海地方に住んでいるのですが、本を見るとテイカカズラは白い花が咲くはずなんですが
どこを探しても、秋に紅葉こそすれ、白い花が咲く品種がありません。
なぜでしょうか?
ちゃんと白い花を咲かせるものを手に入れる方法はありますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2です。
>花は咲かないって、観葉植物だって言うんですが

まず最初に、端的に言いますと、隠花植物やプランクトンで無い限り、花の咲かない植物はありません。
植物は花を咲かせて交配し種を作って子孫を作ります。
ただし、どのような環境でどのように育てても咲くというものでもありません。植物が開花するためにはそれぞれの植物で条件があります。
テイカカズラやゴシキカズラなどは、園芸店で売られている苗や若い鉢物などの段階ではまず花は咲きません。ある程度、樹が古くなって来ると毎年咲いたりもします。したがって、一般の花店や園芸店で売られている段階では花を観賞する植物としてではなく「観葉植物」というくくりで売られているということです。(あらゆる観葉植物も条件が合えば花は咲きます。ただし、観賞に適したものでないことが多いです)

テイカカズラやゴシキカズラを購入されて、今期よく育てればそのうち花も咲くでしょう。

Qわけぎの栽培方法 いちごのパックに入った、わけぎの苗を買って来て4月14 日にプランターに植え替えま

わけぎの栽培方法
いちごのパックに入った、わけぎの苗を買って来て4月14 日にプランターに植え替えました。植え替えた時よりは伸びたような気がするのですが(写真のよう) どのくらいになったら収穫出来ますか?
土は元肥入りのやつで土がかわいたら、ほぼ毎日水やりしています。収穫の仕方とか詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

見えてる処、根元から1センチ位上をきって たべる。
すると 切った処から また 出てくる。 もう 食べれますよ

Q去年知り合いの方から宿根草で可愛い花が咲くと聞いて頂いた苗なのですが、何の花なのかわからずにいます。

去年知り合いの方から宿根草で可愛い花が咲くと聞いて頂いた苗なのですが、何の花なのかわからずにいます。今はこのくらいまでに葉も茂ってきましたが
花の名前、どのくらいの背丈になる花か、ご存知の方いましたら教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

セイヨウノコギリソウだと思います

Q「全植物用」と書いてある液体肥料を注釈通りにきっちり量って薄めて、ベランダで育てている花や野菜にあげ

「全植物用」と書いてある液体肥料を注釈通りにきっちり量って薄めて、ベランダで育てている花や野菜にあげました。
朝にあげて夕方仕事から帰って花を見るとほとんどが枯れていました。
成分はチッソ、リン酸、カリ、その他ミネラル成分と書いてあります。
野菜類(ネギ、パセリ、オカワカメ)には変化がありませんでしたが、花類(黄花コスモス、インパチェンス、サザンクロス、マリーゴールド等)は真っ盛りだったのに、全滅しました。
全植物用と書いてあるのに何がいけなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

肥料焼けかもしれません。
追肥は、株から離れた所に(直接あたらないように)施しますが、
プランターの場合、説明書通りの濃度では、薄まる分がないので、
濃くなり過ぎるのではないでしょうか。
野菜は、葉の部分なので、割と強いです。
窒素が多いと、よく茂ります。
実をならせるのが目的の野菜には、最初に窒素を混ぜますが、
実がなり始めたら、窒素は控えるとかしています。(葉ばかり茂るのも、結実に悪いので)
全植物用だそうですが、
葉、根、実、花かによって、やるべき肥料と、控えた方がいい肥料があるようです。
ご参考までに。
https://horti.jp/945

Q宿根草と多年草とは

宿根草も多年草も、もとは種からできるということであってますか?
あと、宿根草は冬に地上部の緑の葉の部分がかれてしまって一見枯れたようにみえるが根は生きているので翌年また葉がでるというもの。
多年草は、冬になっても地上部の緑の葉はそのまま残り葉のまま越冬し翌年花を咲かす。という解釈であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

草花の分類は
次のようにしています。
<一年草と多年草という分類>
一年草(二年草):その年に花が咲いて、枯れてしまうもの。(その翌年に咲いて枯れる物)
多年草:毎年咲いて、枯れないもの。
 その中には地上部が枯れる物、枯れない物の2種類
 あります。 枯れる物を特別に宿根草と呼んでいますが、これは便宜上そう呼称しているだけです。

ですので
>多年草は、冬になっても地上部の緑の葉はそのまま残り葉のまま越冬し翌年花を咲 かす。という解釈であっていますでしょうか?
  ・・・は一部分、間違っています。
 多年草でも越冬しないものについては一年草扱いになっています。 大体は挿し木で増やせますので9月
頃にやって室内で管理すれば翌年も丈夫に咲きます。
 つまり地域差がありますので一概には文章どおりの解釈ではおさまりません。
 
例えば
クレマチスには
*地上部が全て枯れるタイプ(翌年芽を出す)
*落葉だけして、枝は生きている為その枝から
  芽を出すタイプ。
*常緑で枯れないタイプ。
  ですのでクレマチスは「多年草」としています。

 

草花の分類は
次のようにしています。
<一年草と多年草という分類>
一年草(二年草):その年に花が咲いて、枯れてしまうもの。(その翌年に咲いて枯れる物)
多年草:毎年咲いて、枯れないもの。
 その中には地上部が枯れる物、枯れない物の2種類
 あります。 枯れる物を特別に宿根草と呼んでいますが、これは便宜上そう呼称しているだけです。

ですので
>多年草は、冬になっても地上部の緑の葉はそのまま残り葉のまま越冬し翌年花を咲 かす。という解釈であっていますでしょうか?
  ・・・...続きを読む

Q「さつまいも」の苗の植え替えについて

5月の初旬頃、「さつまいも」(鳴門金時)の苗を植え、現在は根付いて、少し、つるが伸びはじめているものもあります。

当時は植える場所が無かったので、無理をして植えましたが、将来、つるがのびれば邪魔になりそうです。

最近、玉ねぎを収穫した後の場所が空きましたので、その場所に「移植」しょうかと考えていますが、やめた方がよいでしょうか。

「さつまいも」の苗の「移植」など行ったことがないので、お教え願います。

Aベストアンサー

根が増えてきている時期ですが、スコップで丸く根鉢を作って崩さないように掘り上げ、あらかじめ植え穴を掘ったところに移植すれば大丈夫です。乾いているときの方が根鉢は作りやすいですが、少々崩れても気にしないでやってください。

6月中旬ぐらいまでに挿し芽なり、移植すれば、霜が降りる手前までで十分大きくなります。強健な植物です。

我が家は先日、上手くいかなかったところに挿し芽して1週間後には根付いています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング