いつも、お世話になります。
本日も、また初歩的なことだとは思いますが、よろしくお願い致します。

SunOS5.8の初期インストール状態から、
sunsiteから拾ったgccとmakeをpkgaddしました。
それから、curl、apacheをインストールしようと思いconfigureし、gmakeしたところ、両者とも同じような(下記)ところでerrorがでます。
どなたかご教授ください。

/usr/ccs/bin/as: "/var/tmp/cc4T0vmL.s", line 1038: error: unknown opcode ".subsecsion"
/usr/ccs/bin/as: "/var/tmp/cc4T0vmL.s", line 1038: error: statement syntax
/usr/ccs/bin/as: "/var/tmp/cc4T0vmL.s", line 1048: error: unknown opcode ".previous"
/usr/ccs/bin/as: "/var/tmp/cc4T0vmL.s", line 1048: error: statement syntax

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

gccが/usr/ccs/bin/asの知らないOP codeを吐いてるようにみえます。



同じところ(sunsite)から binutils (gas他)をダウンロード、
インストールすると改善されるかもしれません。

# それでだめなら、gccをソースからコンパイルし直すとか...(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ほかのgccをいれたらできました。

お礼日時:2002/03/12 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qnetstat、netstat -a のState

netstat オプションなしと、netstat -a の表示されるStateの種類の違いについて教えてください(Linux)

# netstat

# netstat -a

を実行したときに表示されるStateの種類の違いは、オプションなしは下記StateのLISTEN以外が表示対象で、-a オプション指定時は下記Stateの全てが表示対象である認識で間違っていないでしょうか。

State

ESTABLISHED
ソケットは確立した接続状態にある。
SYN_SENT
ソケットは接続を確立しようと試みている。
SYN_RECV
接続要求をネットワークから受信している。
FIN_WAIT1
ソケットはクローズされており、接続は切断中である。
FIN_WAIT2
接続はクローズされ、ソケットはリモート側からの切断を待っている。
TIME_WAIT
ソケットは、クローズ後にリモートからの切断が再送されるのを待っている。
CLOSED
ソケットは使用されていない。
CLOSE_WAIT
リモート側は既に切断され、ソケットがクローズされるのを待っている。
LAST_ACK
リモート側は既に切断され、ソケットもクローズされている。 確認 (acknowledgement) を待っている。
LISTEN
ソケットは接続待ち (listen) である。 このようなソケットは、 --listening (-l) または --all (-a) オプションを指定しない限り、出力には含まれない。
CLOSING
両方のソケットが切断されているが、まだ全てのデータが送られていない。
UNKNOWN
ソケットの状態は不明である。

netstat オプションなしと、netstat -a の表示されるStateの種類の違いについて教えてください(Linux)

# netstat

# netstat -a

を実行したときに表示されるStateの種類の違いは、オプションなしは下記StateのLISTEN以外が表示対象で、-a オプション指定時は下記Stateの全てが表示対象である認識で間違っていないでしょうか。

State

ESTABLISHED
ソケットは確立した接続状態にある。
SYN_SENT
ソケットは接続を確立しようと試みている。
SYN_RECV
接続要求をネットワークから受信している。
FIN_...続きを読む

Aベストアンサー

>オプションなしは下記StateのLISTEN以外が表示対象で、
>-a オプション指定時は下記Stateの全てが表示対象である認識で間違っていないでしょうか。

TCPについては、その認識で正しいです。

指摘の必要もないとは思いますが、
当然、TCP以外のプロトコルでは異なります。

Q/var/spool を/homeに移動できる?

お世話になります。

TurboLinux7.0でサーバー管理(Web・メール・DNS)を行っているのですが
急にメール送信が出来なくなったため調べてみたところ
/varの要領が100%になっており、さらに調べたところ
/var/spool/qmailscan/quarantine/new/
の下に「サーバー名+数字(タイムスタンプ?)」というファイルが
大量に生成されていたために/varが100%になったみたいです。
これはQmailscanの結果見つかったウイルスメールということで
とりあえず削除することで状態は回復したのですが
この先今回のように大量にウイルスメールを関知したときに
また同じような現象が起こっては困るということで

/var/spoolを/home/spoolに移動することを検討しています。
/varに別のディスクをマウントしてやれば済む話ですが
予算の関係上なるべくやりたくないようです(^^;
ということで教えていただきたいのですが
/var/spoolを/home/spoolへ移動するという作業は可能でしょうか。
可能な場合はどのような手順で移動すれば良いかご教授いただければと思います。

以上、よろしくお願い致します。

お世話になります。

TurboLinux7.0でサーバー管理(Web・メール・DNS)を行っているのですが
急にメール送信が出来なくなったため調べてみたところ
/varの要領が100%になっており、さらに調べたところ
/var/spool/qmailscan/quarantine/new/
の下に「サーバー名+数字(タイムスタンプ?)」というファイルが
大量に生成されていたために/varが100%になったみたいです。
これはQmailscanの結果見つかったウイルスメールということで
とりあえず削除することで状態は回復したのですが
この先今回のように大...続きを読む

Aベストアンサー

mkdir /home/spool
cp -a /var/spool/* /home/spool
rm -rf /var/spool
ln -s /home/spool /var/spool

とかでいいのでは?

QオプションなしnetstatのStateについて

netstat オプションなしと、netstat -a の表示されるStateの種類の違いについて教えてください。

# netstat

# netstat -a

を実行したときに表示されるStateの種類の違いは、オプションなしは下記StateのLISTEN以外が表示対象で、-a オプション指定時は下記Stateの全てが表示対象である認識でいます。

では、netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを裏付けるには、ソースを追うしかないでしょうか?

netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを裏付ける方法について教えてください。


State

ESTABLISHED
ソケットは確立した接続状態にある。
SYN_SENT
ソケットは接続を確立しようと試みている。
SYN_RECV
接続要求をネットワークから受信している。
FIN_WAIT1
ソケットはクローズされており、接続は切断中である。
FIN_WAIT2
接続はクローズされ、ソケットはリモート側からの切断を待っている。
TIME_WAIT
ソケットは、クローズ後にリモートからの切断が再送されるのを待っている。
CLOSED
ソケットは使用されていない。
CLOSE_WAIT
リモート側は既に切断され、ソケットがクローズされるのを待っている。
LAST_ACK
リモート側は既に切断され、ソケットもクローズされている。 確認 (acknowledgement) を待っている。
LISTEN
ソケットは接続待ち (listen) である。 このようなソケットは、 --listening (-l) または --all (-a) オプションを指定しない限り、出力には含まれない。
CLOSING
両方のソケットが切断されているが、まだ全てのデータが送られていない。
UNKNOWN
ソケットの状態は不明である。

netstat オプションなしと、netstat -a の表示されるStateの種類の違いについて教えてください。

# netstat

# netstat -a

を実行したときに表示されるStateの種類の違いは、オプションなしは下記StateのLISTEN以外が表示対象で、-a オプション指定時は下記Stateの全てが表示対象である認識でいます。

では、netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを裏付けるには、ソースを追うしかないでしょうか?

netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを裏付け...続きを読む

Aベストアンサー

>netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを
>裏付ける方法について教えてください。
100%の裏付けをとるには、確かにソースコード解読しかないと思います。

しかし、通常は、netstatのmanページの記述で十分な裏付けかと。


ここは憶測の話(間違っていたらゴメンナサイ)になりますが、
sinrin2011 さんが以下の話を知らないため、
netstat manページの重要な記述を読み落としているように思います。

------------------------------
UNIXでは、socket通信という概念があります。
socket通信とは、通信にソケットというものを利用するのですが、
これには以下の2種類があります。というか2種類しかありません。
 ・アクティブソケット(図中のactive)
 ・パッシブソケット(図中のpassive)

http://www.lincoln.edu/math/rmyrick/ComputerNetworks/InetReference/20.htm

TCPのSTATEで分類すると…
 ・アクティブソケットは、いろいろなSTATE(LISTEN以外)をとる
 ・パッシブソケットは、LISTEN状態しかとらない
となります。
--------------------------------

以上を踏まえた上で、 netstat のmanページを参照すると、
  >デフォルトでは、 netstat はオープンされているソケットの一覧を表示する。
>アドレスファミリーが指定されていなければ、
>設定されている全てのアドレスファミリーに関して、
>アクティブなソケットが表示される。
という記述を見つけることができます。

これをちょっといいかえると
 『netstatは、デフォルトではアクティブソケットを表示する』
となります。

しかし、世の中には、
「アクティブソケット」と「パッシブソケット」の2種類しかありません。

つまり、
 『netstatは、デフォルトではパッシブソケットを表示しない』
となるわけです。


アクティブソケットを表示する⇒いろいろなSTATE(LISTEN以外)を表示する
パッシブソケットを表示しない⇒LISTEN状態を表示しない

ともなるわけで、
「netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であること」
の十分な裏付けになると思います。


最後に、蛇足ですが、
socket通信の概念は、一般的なコンピュータ通信を仕組みを理解する上で
非常に有用です。ぜひ覚えておいてほしい知識です。

>netstat オプションなしで実行した場合、LISTEN以外が表示であることを
>裏付ける方法について教えてください。
100%の裏付けをとるには、確かにソースコード解読しかないと思います。

しかし、通常は、netstatのmanページの記述で十分な裏付けかと。


ここは憶測の話(間違っていたらゴメンナサイ)になりますが、
sinrin2011 さんが以下の話を知らないため、
netstat manページの重要な記述を読み落としているように思います。

------------------------------
UNIXでは、socket通信という概念があります。...続きを読む

Q" /var/log/messages "の中は何を拾って来てるのですか?

初心者Addministratorです。
教えてください。お願いします。

○Domain nameまたは、WWWを付けるとURLになる、この大量の文字列はなんでPicupといいますか、logとして残されるのでしょうか?基準はなんですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「この大量の文字列」と言われても、見えないものを教えるのは無
理です。wwwをつけるとURLになるというのも、wwwがないとURLじゃ
ないというわけでもないですし。

/var/log/messages には、そのファイル名のとおり、メッセージが
記録されているわけですから、単にドメイン名があってこりゃ何で
すかというんじゃなくて、そのメッセージに何と書いてあるかが重
要です。それを掲載してください。

で、一般論として、messages には syslogd が書き込みます。
syslogd は各種のデーモンプロセスからの syslog 要求を受けとっ
て、それを記録していきます。だから、何が記録されるかは、どん
なデーモンが動いているか、またそのデーモンがどんな基準で
syslog 要求しているかしだいです。

だから、メッセージ全体を読まないと、無意味なんです。

ところで、過去の解決した質問をちゃんとしめきっていますか?

QUSBのUnknown Debiceマークが消えない

USBのUnknown Debiceマークが消えない
操作ミスか何かでUSBに不具合が起こったらしく、デバイスマネージャーを開くと ユニバーサルシリアルバスコントローラーの中に 黄色の△!Unknown Device が現れています。これを右クリック~削除しても再起動したらまた現れています。黄色の△!Unknown Device を開いて全般タブを見ると、"問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)"と表示されています。
しかし USBに接続した周辺機器はいずれも支障なく動作しております。
このUnknown Debiceマークを削除する方法をお教えください。

Aベストアンサー

PCの情報が(型番、マザーボード、装着デバイスと型番、など)何も解りませんので、なんとも言えません。
次のチェックが必要だと思います。
1.全てのUSBデバイスを外してPC起動してもUnknown Deviceが出ますか。
2.マザーボードのBIOSやチップセットのドライバーは最新状態(Win7対応)ですか。

Qpostfix どういう場合に/var/spool/postfix/deferredに未送信メールがたまるのでしょうか。

RHL9.0,postfixを使用しています。/etc/postfix/aliasesをつかってメーリングリストによるメール転送を行っています。しかし、添付ファイル付きのメールをこのメーリングリスト宛に送ると/var/spool/postfix/deferredディレクトリに同じメールがのこり、1時間ごとに同じメールの送信が繰り返されます。また、一部の人にはこのメールが届きません。ログを見ても何か失敗したと言うような記述がみあたりません。

Aベストアンサー

メールスプールに溜まる主な原因は
メールが正常に送信先に転送されない事に起因します。
(ユーザーがいない、ユーザーが受け取り拒否などではなく、送信先メールサーバーが停止しているなど
根本的に問題がある場合)

意図的に設定しない限りメール動作のログは、残っているはずです。ログを良く吟味して確認してください。

Qstatusとstateの違いがいまいちよくわかりません

英語の質問ですので、プログラミングの経験とか全く関係ないく、state及びstatusについての質問です。

しかしながら一応背景を申しますと、プログラミングをしておりまして、表示、非表示、保留(suspended)の状態を格納する変数の名前をstateにしようかstatusにしようかで迷ってるんです。。

goo辞典などで調べてもどちらも「状態」ですし。

statusをwikipediaで調べたら、次のようになってました。
status = state, condition or situation

stateをwikipediaで調べたら、何だかUnited Statesのstateが書かれているみたいでした。(長ったらしくて読んでませんが・・)
http://en.wikipedia.org/wiki/State
ここを見る限り、
stateとは、政治的、社会的な状態のことを意味し、
statusとは、その他の状態的なことを意味するのでしょうか。

まあり英文法について詳しくないのですが、
numberとnumerousの違いのようなものでしょうか?
つまり「数」と「数の」のように、「状態」と「状態の」のような。

(辞書ではどちらも「状態」であり「状態の」といった事は書かれてませんが・・。)

英語の質問ですので、プログラミングの経験とか全く関係ないく、state及びstatusについての質問です。

しかしながら一応背景を申しますと、プログラミングをしておりまして、表示、非表示、保留(suspended)の状態を格納する変数の名前をstateにしようかstatusにしようかで迷ってるんです。。

goo辞典などで調べてもどちらも「状態」ですし。

statusをwikipediaで調べたら、次のようになってました。
status = state, condition or situation

stateをwikipediaで調べたら、何だかUnited Statesのstate...続きを読む

Aベストアンサー

status の方が良さそうですね.理由は英語本来の意味からということではありません.
また,絶対ということでもありません.
こういうのはプログラマーに任されていますから.
以下は,こだわるなら,ということでの解答です.

英語の本来の意味を追求されるのも良いのですが,お仕事の問題ならもっと現実的に考えましょう.英語を専門的に研究されるおつもりではありませんよね.

当業界ではどのような wording を定義しているかを調べそれにならう方が,技術的な整合性のためには有効です.

例えば,当業界でオートマトンの説明に使う「状態遷移」という用語があります.この場合の元の英語は,state transition です.国や州などとは全く無関係です.state と status を比べると,日本語では両方ともに「状態」と言えますが,state の方が広い概念です.state はある特定の時点での物理的な有様を status よりも上位概念で捉えます.status は具体的な個別の状況,たとえば,あるモジュールの戻り値で示される状況などです.

当業界(米国発の英語になります)では,英語の本来の意味がどうあれ,ある技術的な用語を定義するために,英語の微妙な違いを利用し,時には無理を承知で単語を使い分けます.たとえば,オブジェクトというと,英語の object の意味を調べても徒労に終わります.

status の方が良さそうですね.理由は英語本来の意味からということではありません.
また,絶対ということでもありません.
こういうのはプログラマーに任されていますから.
以下は,こだわるなら,ということでの解答です.

英語の本来の意味を追求されるのも良いのですが,お仕事の問題ならもっと現実的に考えましょう.英語を専門的に研究されるおつもりではありませんよね.

当業界ではどのような wording を定義しているかを調べそれにならう方が,技術的な整合性のためには有効です.

例えば...続きを読む

Q/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

Mac OS 10.5を使用している者です。
ターミナルで作業中に操作を誤り、/usr/lib にあるファイルの一部を削除してしまいました。
lsなどいくつかのコマンドでエラーが出るようになり、ターミナルもじきに落ちてしまったため、再起動を試みたところ、以降まったく立ち上がらなくなってしましました。
何か対応策をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか?
まったく恥ずかしい質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バックアップがあれば、 インストールディスク等から起動 → ファイルを復元で回復するかもしれません。
だめなら、再インストールでしょうね。

Q/var/run/sudo/root/unknown

/var/run/sudo/rootディレクトリ直下にunknownという名前のファイルがあるのですが、ダブルクリックをしても、
「"/var/run/sudo/root/unknown"を表示できませんでした」
とポップアップ画面が現われるだけで中身を確認することができません。

削除しても問題ないでしょうか?
また、一般的に、/var/run/sudo/rootディレクトリの下には、どのような役割のファイルが配置されるものなのでしょうか?

※このunknownファイルのプロパティを確認したところ、サイズは51バイトで、MIME型は、application/octet-streamと表示されていました。
※OSは、Fedora7を使用しています。

Aベストアンサー

> unknownという名前のファイルがあるのですが、
> ダブルクリックをしても、
> 「"/var/run/sudo/root/unknown"を表示できませんでした」
windowsのように、Linuxは「あなた任せ」では何もできないです。

viエディタで見るとか、
geditで見るとか、
最悪、
hexdumpで見るとか
してください。

Qrestore b: a: /s /pができません。

FDがA,固定 DISKがBとして
restore b: A: /s /pをしたいのですが、
肝心の固定ディスクがフォーマットされてしまっています。この状態で以上のコマンドを実行する方法はあるでしょうか?
ちなみにMS-DOS3.3DのFDは持っているんですがメニュー画面を立ち上げても、インストールする方法がわかりません。やっぱり固定ディスクにMS-DOSをインストールしないと固定ディスクにFDのファイルをリストアすることは出来なのでしょうか?よろしくお願いします。ちなみにマシンはPC9801NS/Aです。

Aベストアンサー

状況がよく解りませんが、

> restore b: A: /s /pをしたいのですが、
固定ディスクb:に有るバックアップファイルをフロッピーディスクa:に復元しなさいと言う意味ですよね。

HDDはフォーマットされているのでしたらバックアップファイルは無いので無理でしょう。
と、ここまで書いて来て下の文面を読んで行くと、
> 固定ディスクにFDのファイルをリストア
と有るので、FD起動した場合、
restore A: b: /s /p
で行けるのでは?
ただ、FDの起動ディスクとバックアップファイルを納めたFDとは違うと思うのでrestoreコマンドの動きがどの様に動くかちょっと失念しているので一度試してみて下さい。

これとは別に、今後HDDから起動させたいのであれはリストア前に、HDDへMD-DOSのOSをインストールする必要は有ります。FDからの起動限定であれはその必要は有りませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報