【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

はじめまして。

僕は去年一級を取ったばかりのものです。

先日、働いて10ヶ月目となる事務所の所長に、
「管理建築士になってくれないか」と頼まれました。

今まで管理建築士だった所員が体調を崩し、
働けなくなったため、 僕がその代わりにという話です。

今の事務所(所長あわせ4人)では僕しか一級を持っていません。
僕が引き受けなければ、

 1) 誰か新しい人を採用する
 2) 二級建築士事務所登録をしなければならなくなり、今までたまに受けてきた、
    ある程度の規模の建物の設計を請け負えなくなってしまう

のどちらかになってしまいます。
新しい人を探すのにも時間がかかると思うので、
受けなければいけない状況にあります。


自分が担当する以外の物件の管理をしなければ
いけないのですが、将来のための経験だと思い、
引き受けるつもりでいます。

違法な建物を設計しているわけではないし、
過去にもそのような事はありませんでした。
まじめな所長さんなので、そこには不安を感じてません。

万が一のこともあるとは思うので、覚悟はしておかないといけないですが。

手当てとして2万/月つけてくれるのですが、
この額は妥当でしょうか?

年に12棟くらいのペースで設計管理をしている事務所なので、
僕が担う任務は結構なものだと思います。

法改正に伴い、管理建築士への規定がますます厳しくなっていくと思うので、
上記の手当ては少ないと思うのですが…。

周りに、同じ境遇の友達がいなく、
誰にも聞けませんでした。

長文すみません。
先輩方の意見を聞かせてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私のところでは、建築設計事務所の登録はしていますが、建設コンサルタントがメインなので、建築設計は重要視されていないので、建築士には手当は付きません。

ただし、管理建築士については、1万円つきます。
以前大手にいたときは、就業規則で各種資格手当が決められていましたが、管理建築士手当は就業規則にはなかったですね。

管理建築士は開設者が兼ねていることが多いのであまりヒットしませんでしたが、検索したら、求人情報が載っていました。

http://ef-architects.com/recruitdoc/06-2.xls
この求人は管理建築士手当が2万円となっています。

たしかに重い責任がかかるものですが、資格手当に関する考えというのは企業によってかなり異なるので、妥当かどうかはわかりません。

ところで、1人かけたのだから、増員しなくて、仕事は大丈夫なのでしょうか?

転職情報などを見ていると、建築士の有資格者はあまり気味です。
    • good
    • 0

管理建築士です。



2万もいただけるのはうらやましいです。
私は雇われ管理建築士ですがうちは管理建築士手当てなどは出ません。
個人的には妥当だと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんの資格手当て教えてください。

現在の二級建築士の手当てが2,000円しかありません。現在の法律で請負契約に建築士が必要になり、役割が重要になり、負担も増えたと思うのですが、安すぎると思います。
会社に言うと、妥当という解答しかかえってきません。
皆様の会社はどうでしょうか?
ちなみに、私の会社は、九州を中心にやっている500人規模の注文住宅の会社です。

Aベストアンサー

知人が全国展開している住宅メーカーに
勤めており以前聞いた事ありましたが、
二級建築士で5,000円~8,000円
一級建築士で10,000円~13,000円
管理建築士ですと上記+10,000円
という事でした。
(役職に応じてちがうそうです)
あとは、500人くらいとのことですが
そのうち設計に従事する方と
そのうち建築士有資格者数がどのくらい
いるかにもよりますよね。

当然、会社によって規模や経営方針など
またこういった不況下のこと踏まえて
それぞれ経営状況が違いますので
一概には否定できません。

貴方様が少ないと思っているのであれば
ダメもとでもどんどん言った方がよいと思いますよ。
但し、自分が経営者だったらどういう回答をするか
どういう内容の嘆願書がよいのか相手(経営者)の立場になって
みるべきだと思います。
もっと事前の情報を仕入れる事と
同じ境遇の仲間を作るべきだと思います。
がんばってください。

Q管理建築士の専任とは?

管理建築士は、いわゆる「専任」ですが、どこまで制限されているのでしょう?行政にきいても相手が悪かったのか、「場合による。」との回答しか得られません。それぞれのケース、どうなると考えますか?

ケース1 管理建築士が他の設計事務所で、設計を行い給与所得者として働く。→×でしょう
ケース2 管理建築士が他の設計事務所で、資格なくできる業務(例えば図面のトレース)を行い、給与所得者として働く。→○と思います
ケース3 管理建築士が他の設計事務所で、設計業務委託を受けて働き報酬をもらう。→○と思います
ケース4 管理建築士がコンビニ店長となり、給与なり報酬をもらう。→○と思います
ケース5 管理建築士が新聞配達のバイトをして報酬をもらう。→○と思います。
ケース6 管理建築士が、ネットショップを開き報酬をもらう。→○と思います。
ケース7 管理建築士が帰宅後自宅でデイトレーダーとして収入を得る。→○と思います。

要約すると、建築士でなければしてはいけない業務を、他の事務所で「委託契約を交わさず」行う場合は×。だれでもできる仕事を行う場合は、○。ということなのですが、解釈はどうなるのでしょうか。

管理建築士は、いわゆる「専任」ですが、どこまで制限されているのでしょう?行政にきいても相手が悪かったのか、「場合による。」との回答しか得られません。それぞれのケース、どうなると考えますか?

ケース1 管理建築士が他の設計事務所で、設計を行い給与所得者として働く。→×でしょう
ケース2 管理建築士が他の設計事務所で、資格なくできる業務(例えば図面のトレース)を行い、給与所得者として働く。→○と思います
ケース3 管理建築士が他の設計事務所で、設計業務委託を受けて働き報酬をもら...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。

>請負でやるなら別」ということは、コンビニオーナーと店長の職に関する「委託契約」を結び、行うことは○。と考えるということでしょうか。

建築設計事務所としての本来の業務以外の請負内容では×だと思います。もっぱら建築設計などに携わらねければなりませんので。


>個人事業主の建築士は、仕事が暇でもバイトもできない。ということになりますが、士法上はそのようなリスクを背負わせるのですか。

そうです。日本の法律上の原則では建築設計をすることは原則として禁止されており、それを特別許可されたのが建築士・建築設計事務所です。
国民の安全性確保、公共の福祉などの点から管理建築士は重責を負わされていますので、安易に兼業することを禁止しています。

>大げさな話、憲法22条の「職業選択の自由」に抵触し、争いが起こるような気がしますけど。

建築士法自体職業選択の自由を制限しています。何しろ建築士を持っていないと設計をすることはできませんので。他にも弁護士、医師など公共性と専門性を求められる職業は資格という制限がついています。運送業でさえ自動車運転免許が必要という制限が付いていますので、誰でも自由に職につけられるわけではありません。
同様に建築基準法は集団規定などにより個人の土地利用権利を制限しています。

一般に、個人の権利は公共の福祉により制限されており、それは認められています。

#3です。

>請負でやるなら別」ということは、コンビニオーナーと店長の職に関する「委託契約」を結び、行うことは○。と考えるということでしょうか。

建築設計事務所としての本来の業務以外の請負内容では×だと思います。もっぱら建築設計などに携わらねければなりませんので。


>個人事業主の建築士は、仕事が暇でもバイトもできない。ということになりますが、士法上はそのようなリスクを背負わせるのですか。

そうです。日本の法律上の原則では建築設計をすることは原則として禁止されており...続きを読む

Q管理建築士の受講要件について

管理建築士の受講要件についてお聞きしたいのです。

今年の1級建築士の受験で学科が概ね合格しています。

今後 例えば1級建築士の資格が合格したとして(不合格でも…)、資格取得後にデザイン事務所を
立ち上げた場合に、他の1級建築士事務所から外注(or出向?)で設計業務を3年間
行った場合に、管理建築士の受講要件を満たすことは可能でしょうか?

あくまで設計事務所で雇用されていて
所属建築士としての登録が必要なのでしょうか?

また、外注先(出向先?)の管理建築士からの
証明があれば可能なのでしょうか?

その他、一人で会社を立ち上げた場合に
業務経験の条件を満たす方法をご存じの方
教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

雇用形態についての規定はないはずです。派遣でもアルバイトでもいいです。

>雇用ではなく(自分の事務所からの派遣等?)で設計業務を行った場合に管理建築士の取得条件の設計業務を満たせないかと考えております。

こういうケースは派遣先、出向先の所属建築士ということになります。管理建築士による所属建築士の届出が必要です。(たいした届出ではありません。)
所属建築士でなくてもできる業務は設計補助までで、設計補助は管理建築士に必要な実務経験として見なされません。


その他、特殊なケースは建築技術教育普及センターなんかに問い合わせてみるのが確実ですね。
http://www.jaeic.or.jp/

Q建設業と1級建築士事務所の建築士の兼務

建設業の許可を受けているあるA建設で「監理」技術者として勤務している1級建築士がBさんしかいない場合、同じA建設でBさんを「管理」建築士として新たに1級建築士事務所として登録することはできるのでしょうか。建築士法には1級建築士の管理建築士は専任の者、とあるのですが、同じ会社の場合で業務の内容によって設計業務と施工業務がある場合はどうなるのでしょうか。1人の建築士はどちらかにしか登録、業務はできないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

私は両方兼務しています。
ちなみに両方とも同一の事務所で私自身は現場には出ません。現場事務所に常駐するような方だと「設計事務所」と「現場事務所」の2ヶ所が勤務先となるためこの場合は難しいでしょう。

Q管理建築士になるには

昨年1級建築士の資格をとりました。
1級建築士事務所を開設したいと思っています。
そのために、管理設計士の資格を取りたいのですが、管理設計士になるための実務経験は1級建築士事務所でも2級建築士事務所でもいいのでしょうか?

現在1級建築士事務所で設計業務をしていますが、転職をしようかと考えていまして、転職先が2級建築士事務所なので、不安になり質問させていただいております。ゴールデンウィーク中で聞くことができないのでどなたかわかる方、教えて頂ければ幸いです。

管理設計士になるには建築士事務所で3年の実務経験が必要だとホームページに書いてありますが、1級建築士事務所でも2級建築士事務所でもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

所定の実務経験があれば
所属が1級でも2級の事務所でも可能です
務めていた設計事務所の
建築士の方に質問者さんの経歴が間違いないよ
という署名を求められます
申請後に講習会(考査あり)
で修了書が出て終わりです
これは一回受ければ終わりです
建築士講習は別に有ります
総合資格学院でも講習やってますね

Q友人の2級建築士が名義貸しを頼まれ悩んでます。

私の友人に2級建築士を取得しながら、全然関係のない会社で働いてる者がいます。昔通ってた資格学校の友人より、2級建築士でOKなので名義を貸してくれる人を探している、月8万円報酬でと言われ、低賃金の彼はとっても受けるかどうか、迷ってるようです。どなたか専門家の方、メリット&デメリット両方の面からアドバイスお願いします。法にギリ触れるかもという点は彼も充分承知の上でのお話ですので、それ以外の点でのアドバイスお待ちしております!

Aベストアンサー

長文になります。
偽装問題発覚の話題の渦中、お友達もお金のためにとよくそんな人でなしな話を検討する気になりますね。
NO.1さんが仰るように、法にギリ触れるのではなく、名義貸しは完全な犯罪ですよ。お金で犯罪を引き受けた元建築士と同じですね。

犯罪の話を持ちかけてくる人が、まともな仕事をすると思いますか?依頼してきた人は差し詰め、既に自分の免許を剥奪されて今後仕事が出来なくなった人か、犯罪は他の人に責任転嫁しようという企みかもしれません。絶対に迷惑を掛けないからと言って人に何か借りて迷惑を掛けなかった人など、希少価値ですよ。

月8万円報酬の話も、後に言いがかりをつけて払わなくなったりする事も想定しないといけませんよ。一時だけ通れば、後は揉めて支払わなくてもいい話にしてしまえることです。一度通してしまうと、依頼して来た人がする行為の全責任が資格を貸した人にかぶさってくるんですよ。常識的に考えて、1物件8万円でも建築士責任は負えません。

お友達も、2級を持っているとはいえ、建築士法を理解していないのではないのですか?軽く受け止めすぎです。
もし管理建築士としての資格者の名義が欲しいのなら、法定講習を受講するので、その辺の所を懇々と講義を受けます。法に関することだけでなく、経営のお金に関することも責任を負うことになります。登録する時には実印で誓約書を書いて提出しますから、名義を貸して欲しい人から、勤務実態がなくても良いといわれても、責任を持つ事に実印を押すのだから、行為をしないといけません。何かあった時にはそこをつつかれます。それで8万円では割に合いません。月収を貰ってちゃんと管理する話に持ち込むべきです。

くどくなりますが、
免許剥奪だけで終わる話ではなく、人の生命や財産を守ることを第一の目的に掲げている建築士法に則った資格です。お友達は被害者の命をも危ぶまれることに印鑑をつくのでしょうか?そんな人、友達ですか?
名義しか要らないと言われたのなら、そういう内容もチェックさせてもらえないと言うことですよ。名義を貸すなら、名義に付いている責任行為をもセットにすべきです。
月にたった8万円でそんな責任を被せられて一生を台無しにするより、真っ当な仕事をして、その10倍の報酬を稼ぐことに精進努力した方が、その「お友達のため」ではなく、「世間のため」です。
国家資格を取得した者の最低限の勤めです。本人だけの問題なら逮捕され様がひどい目に遭おうが放って置けばいいですが、犯罪を犯す人は慢性的に被害者を生んでいきます。被害者を作らないために建築士が要るのだと言う事をお忘れなく。

長文になります。
偽装問題発覚の話題の渦中、お友達もお金のためにとよくそんな人でなしな話を検討する気になりますね。
NO.1さんが仰るように、法にギリ触れるのではなく、名義貸しは完全な犯罪ですよ。お金で犯罪を引き受けた元建築士と同じですね。

犯罪の話を持ちかけてくる人が、まともな仕事をすると思いますか?依頼してきた人は差し詰め、既に自分の免許を剥奪されて今後仕事が出来なくなった人か、犯罪は他の人に責任転嫁しようという企みかもしれません。絶対に迷惑を掛けないからと言って人に...続きを読む

Q管理建築士の副業

管理建築士の副業
管理建築士は「専任」でなければならないということですが、副業は一切ダメということでしょうか?
例えば自分の設計事務所以外で建築設計業務をしたりするのはダメなのは解るのですが、設計業務以外のアルバイトをしたりもダメですか?
また、法人の管理建築士になった場合は、その会社の正社員じゃないとダメですか?会社役員とかでも良いのでしょうか?
会社役員の場合は他の会社の役員になったらダメですか?

Aベストアンサー

法人の管理建築士になった場合について
法人で事務所登録する際に添付書類の一つとして管理建築士の健康保険証の写し等の本人の所在が分かる書類を添付する事に成っています。
また、会社登記簿謄本、定款の写し、会社役員名簿一覧も添付書類の一つとなっています。
他の会社役員が自会社の管理建築士とする場合は、両会社の代表取締役の委任状が必要となります。

isf さんが他の会社の役員に成る場合は、現在登録している設計事務所運営に支障が出なければ問題無いでしょう。
とどめのつまりは、学校関係の特別講師として行く程度であれば問題無いと言う事です。

ご参考まで

Q実務経験の無い建築士事務所の管理建築士講習

管理建築士講習についての質問です。
当方、個人で工務店を経営し、19年の一級建築士試験に合格しすぐに一級建築士事務所の登録を行なったのですが、建築士事務所でなければ出来ないような職歴がまったく無く、今後もする予定もないのですが、その様な場合建築士事務所の登録を抹消されるのでしょうか?また、みなし講習とは私の場合いつ受ければいいのでしょうか?又、受けられないのでしょうか?
ちなみに2級は7年前に合格しています。(建築士事務所登録はしていません。)
ただ単に客観的に建築士事務所登録をしていた方が客受けがよく営業的に有利だとただそれだけの理由です。又、依頼があればやりたいとも思っています。

JAEICのサイトをみてもいまいちピンと来なかったもので・・・・

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
管理建築士みなし講習の受験資格は、過去3年以上の実務経験が必要です。
貴方の場合は、二級建築士の資格を得てから現在に至るまでの期間に実務経験があれば良い事となります。
現在設計事務所の管理建築士をしている方については、今回の講習を含め3年以内に講習を受けると良い事となっています。
何年後かは分かりませんが、現在お持ちの一級建築士事務所登録の更新時に管理建築士の資格証が必要となります。
この時点で管理建築士の資格が無いと一級建築士事務所登録の更新が出来なくなります。
JAEICのサイトのQ&Aに受験資格などが書いていますので見て下さい。
今年がダメでしたら、来年受けるようにして下さい。
せっかく手にしている資格ですから、手に負えない物件以外はご自分で設計・監理しましょう。
工務店経営でしたら、基本設計と工事監理の受験資格があるのではないですか?
まずは箇条書きして実務経験年数を計算して下さい。
管理建築士講習の受講は、来年でも出来ますから。
ご参考まで

Q一級建築士の名義を貸すとは?

知人が、
「一級建築士を貸してくれないか?」
と頼まれたそうです。

言い方がおかしいかもしれませんが、
その人は、建設会社(規模は不明・・・)を設立しようとしていて、
一級建築士の資格の人が必要だそうです。
知人が会社に勤務していることにしたい
(一級建築士が勤務しているようにしたい)
とのことなのですが、
これは、俗に言う、「名義貸し」ですか?
ちなみに、当事者の私の知人は、今は建築関係の仕事ではないので、
一級建築士は使っていません。

名義貸しは、姉歯事件の時だったか、いろいろ言われていたと思うのですが、(あまり覚えていませんが)
名義貸しは、違法行為ですか?

頼まれた私の知人は、まだ電話でしか話を聞いていないので、
これから直接会って話を聞くらしいのですが、
もし、違法なら「違法だからやめたほうがいい」と、伝えたいと思っています。

素人ですが、ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

よく不動産屋なんかにもありますね。

不動産屋さんには宅建主任者を5人につき1人の割合で置かなければいけない事になってます。
しかし、資格を持ってる人がやめたりすると業務に支障が出ます。
そのため資格を使ってない人に頼んで所属している形にするのです。
もちろん、一時的なものですから勤務実態はありません。
中には週に1~2度、顔を出させる場合もあるみたいですが。
これが名義貸しの一例です。
もちろん、報酬は発生します。
私も以前に名義貸しを頼まれましたが断りました。

一級建築士の事も同じで、名義があれば仕事が増えたり、仕事がやりやすくなるから頼むのでしょう。
もちろん、これは違法行為です。
貸してくれと頼む方はいい条件を並べますが、これが周囲に知れたら大変ですよ。  特に同業者は許さないでしょう。
資格を取り上げられるだけならまだいいのですが、へたをすれば刑務所行きですよ。

名義貸しが合法なら、いろんな資格を過去に取得した私は今頃、大金持ちですよ。

Q建築士定期講習および管理建築士講習

 初歩的質問です。

 建築士法には、双方とも「講習を受けなければならない」とありますが、「修了考査に合格しなければならない」という文言がありません。
 建築士法施行規則の中には、事務所登録の際に管理建築士の講習修了証が必要な旨が書かれていますが、所属建築士の場合は業務報告書に「講習を受けた年月日」が必要なだけのようです。

 建築士講習の修了考査に不合格であっても、建築士の免許自体は今のところ取り消されないようですし、極端なことを言えば、考査にずっと不合格でも、講習を受け続けていれば良いということでしょうか?

 また、定期講習の際に修了考査がある、ということはどこに明文化されているのでしょうか。
 根拠になる法令など、お教えください。

Aベストアンサー

管理建築士は
http://www.jaeic.or.jp/syourei_h20-37_kk.pdf

建築士の定期講習は
http://www.jaeic.or.jp/syourei_h20-37_teiki.pdf

どちらも「講習は講義及び修了考査により行い」としっかりでてます。


人気Q&Aランキング