私は手が荒れてて病院に行ったら主婦疾患だと言われました。
そして塗り薬をもらったのですが、
多分調べたらステロイド剤というものでした。
最近ちょっと騒がれてますよね?
そこであまりよくわからないのですが
ステロイド剤と非ステロイド剤の違いを教えてください。
効果が違うのですか?非ステロイド剤だと
安全なのですか?だれか知っていらっしゃる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここ2.3年ステロイドに関しての一般の方の関心が高まっています。

しかしとある番組でステロイドの副作用を取り上げたため、知識に乏しい民間の人々にステロイドは悪い薬でという印象を与えてしまったようです。
基本的にすべての薬と比較して、使用法を誤らなければ
おそらくステロイドはもっともすばらしい薬に属するでしょう。炎症の原因である物質を押さえるので手荒れとか
ぐらいならすぐ治るでしょうが、もっと重篤な病気でも
症状を改善する力を持っています。
一概にはいえませんが、非ステロイド薬は痛み止めには
かなり良いのですが、アレルギ-疾患(手荒れは洗剤による皮膚の障害)にはやや不向きです。
非ステロイドは原因を取り除くのではなく、症状を取り去るに過ぎません。
ただステロイドはやはり効果が高いぶん副作用も長期使用により出現します。
ステロイドは人間の体内で生産される物質なので外的に投与することはホルモンバランスに影響します。
ただ手荒れの塗り薬程度だと影響はありません。
これ以上は専門的になりあまり意味がないので割愛しますが医師も何も考えず出すわけではないのでむやみに心配することはありません。
中途半端な知識で誤解の無いように
素直に疑問を持たれたのは良いことだと思います。
    • good
    • 3

ステロイド剤は短期間で使用するには非常に優秀な薬ですが、症状や病気には長期投与が必要なものが多く、そのせいで副作用の方が注目されてくるのです。


参考URLに非常にわかりやすくかかれたサイトがありますので、そちらを参考にしてみて下さい。
非ステロイド剤はどちらかというと炎症を抑える薬です。
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/nonsteroid.htm

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/qa3/jun_1/stero …
    • good
    • 2

専門家じゃないので詳しくは述べられませんが、


ステロイド剤は確かにいろいろな副作用があって、使い方を慎重にしないといけないもののようです。

しかし、お医者が薬を出されて、塗る量や回数も指定されたことを守っていれば、そんなに心配されるようなことはないと思います。

おそらくすぐに効果があるでしょうから、症状がよくなったら塗るのをやめればいいと思います。

効果がないようなら、その旨、お医者様におっしゃれば違う薬を出してくれるでしょうし、副作用のこともそのときに聞かれてはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、自分で勝手に心配するより
お医者さんに聞いてみるのが一番ですね!!

さっそくのご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/11 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QムヒアルファEXのステロイドの強さは?

ムヒアルファEXのステロイドの強さはどのくらいでしょうか?
病院で処方されるステロイド剤の中では、どのランクに位置するでしょうか?

Aベストアンサー

III群ですから,丁度真ん中あたりです.

  http://www5a.biglobe.ne.jp/~c-smile/steroid_001.htm

Q甲状腺ホルモン剤のチラージンSには、ステロイド剤は含まれているのですか

甲状腺ホルモン剤のチラージンSには、ステロイド剤は含まれているのですか?

ムーンフェイスの症状が気になります。他にも野牛肩や中心性肥満といった症状があり、これらは薬の副作用であると知りました。長期間服用しているので、そういったことが心配です。

Aベストアンサー

ステロイドではありません。

一般的には野牛肩は中高年の太った方に多くみられそのほとんどが激しい肩こりを訴えられるようです。こういう方は元々体を動かすことも少なく血流を循環させる力がかなり弱くなっています。そのために血液のうっ帯がおきて循環系から体の組織へ体液が染み出てむくみが発生、全身にぶよぶよ感が出てきます。
野牛肩もその一つで、肩こりのツボを鍼で治療してると血流の回復によって染み出た体液が吸収され、その盛り上がったむくみが消失することがあります。それにともなって体重が減るというおまけつき。

質問者さんがどういう体質、体調の方なのか分かりませんが、参考になさって下さい。

Qステロイド(塗り薬)の強さの比較について

リンデロンローションとマイザーでは、マイザーの方が強いということは分かっています。

ではマイザーをパスタロンソフトで6倍に薄めたものと、リンデロンローションでは、どちらが強いですか?

さらにマイザーをパスタロンソフトで3倍に薄めたものとではどうですか?

私の持っている幼児雑誌の付録に付いていた本を見るとマイザーは5段階中の4(5が一番強いとして)になっており、リンデロンは3となっていますが、上記のようにマイザーを6倍、または3倍に薄めたものは、どのあたりに位置する強さと考えていいですか?

強さ2段階にはキンダベート、アルメタなどが載っています。
強さ1段階にはコルテス、オイラックスHが載っています。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている場合、「薄まってランクが下がる」のではなく、「より薄くぬれる」と解釈したほうがわかりやすいと思います。
同じ薬を一日一回塗る場合も、一日二回塗る場合も、体に吸収される量は違っても、薬自体のランクが変わるわけではないですよね。
それと同じです。

マイザーが同量の白色ワセリンと混合してある場合、混合された軟膏2gの中には、マイザー1g分が入っているわけですが、マイザー1gだけを伸ばして塗るよりも広い範囲に、しかも均一に伸ばすことができます。

パスタロンソフトの場合は、それ自体にも薬効がありますから、単純に薄めるだけとは違いますが、この場合は、薄く塗るために加え、同一部位に塗る場合、単剤二種の重ね塗りよりも、むらなく塗れるという利点も考えてのことかもしれません。

先生の診療方針は個々の先生によって違いますから、例えばマイザーをつかってて良くなった患者さんに対して、マイザーを二倍希釈にしてより薄く使う先生もいれば、ランクを下げた別種のステロイドに切り替える先生もいます。

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている...続きを読む

Qステロイド剤利用について

ここではアトピーなど相談される方が多いのですが、その時に、ステロイド剤を使わないほうがよい、と回答している人が多く感じました。そのようなステロイド剤反対派の人の意見を聞いてみたいです。

 どのような理由で反対しているのでしょうか。
 副作用が強いからですか?でも、アトピーなど皮膚疾患の場合、集中して短期間につけて、あとは保湿の維持療法を行うことだってできますよね。短期間の利用なら副作用はまず問題にならないはずです。痒くて掻きまくった後のほうがよっぽどひどい後になりますし。
 また、喘息の時、吸入ステロイドを使いますよね。局所的なものであれば副作用は少ないし、ほとんど出ない人が多いくらいです。
 それでも使わないのでしょうか。

 喘息を例にあげると、重症の喘息は経口ステロイドを使います。経口投与の場合、副作用はとても多いですよね。でも、喘息の場合、他の薬での治療には限界があります。β刺激薬などで気管支の収縮はよくなりますが、細胞が肥厚してしまい、気管が狭くなった場合は、ステロイド剤でしか治りません。ステロイド剤を使わないと、命の危険もあります。
 それでもやはり反対でしょうか。

 漢方や民間療法などで、体質改善がよいと、よく言われますが、それを治療と平行して行うのはよいことだと思うのですが、そればっかりに頼ることはできないでしょう。

 もちろんやたらとステロイド剤を使うのはよくないと思います。でも、頭ごなしに否定するのではなく、上手に使っていけば、とても優れた薬だと思うのです。
 私はある病気でステロイド剤を実際に使っていますが、このように思うのです。

 病院でもやはり、どうしても使用したくないと拒否をされる方もいますよね。どのような考えをお持ちなのか、聞いてみたいのです。

 また、ステロイド賛成派の人も意見をいろいろ聞かせてください。

 
 

ここではアトピーなど相談される方が多いのですが、その時に、ステロイド剤を使わないほうがよい、と回答している人が多く感じました。そのようなステロイド剤反対派の人の意見を聞いてみたいです。

 どのような理由で反対しているのでしょうか。
 副作用が強いからですか?でも、アトピーなど皮膚疾患の場合、集中して短期間につけて、あとは保湿の維持療法を行うことだってできますよね。短期間の利用なら副作用はまず問題にならないはずです。痒くて掻きまくった後のほうがよっぽどひどい後になりますし...続きを読む

Aベストアンサー

ステロイドですが、使用の仕方によっては劇的に症状が改善される場合もあり、使用方法を誤れば重篤な副作用が出る場合もあります。
一般の方の認識ではステロイドは怖いという方も多いのではないでしょうか。
私がステロイドを説明するときに例に出すのが「火」です。
「火」というのは料理したり、お湯を沸かしたり、エネルギーを作ったりととても便利なものです。
しかし、使い方を誤ると火事になり、人の命を奪う場合もあります。
だからといって火を恐れて使わない人はいるでしょうか?
そんな人はいません。動物くらいです。
なぜなら、私たちは火の正しい扱い方を知っていて、それを実行できるからです。
ステロイドを毛嫌いする方は正しい使い方を学ぼうとせずに批判だけしています。
その姿は、火を恐れ逃げていく動物と似ているように思うのは私だけでしょうか?
ステロイドは正しい使い方をすれば副作用はほとんど出ません。
誤った使い方をするので副作用が出るのです。
正しい容量、用法を専門医の指示の元で服用し、定期的に医師と相談するのが大事だと思います。

Qステロイド軟膏の違いについて

「陰嚢湿疹」向けのステロイド軟膏についてです。
アンテベート軟膏0.05%
デキサンVG軟膏0.12%
それぞれ、ステロイドの強さなど、違いはあるのでしょうか?
どなたか使ったことある方の体験談などお聞きしたいです。

Aベストアンサー

薬剤師です。デキサンVG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品で普通薬です。かたや、アンテベート軟膏は、劇薬で作用は強いです。強力です。強さは、上から、2番めです。リンデロンは、中位でよく使われますので、ひどいところは、アンテベート軟膏をスポット的に使用するといいでしょう!でも、どちらも、顔や皮膚の薄い脇の下や膝の裏や性器周辺などは使用しません!それは、他の部位よりも、吸収がよく副作用が出易いので、もっと弱い薬を通常使います!

Q腱鞘炎のステロイド剤注射について

3年ほど前から指が痛み、指に重いものをひっかけて持つ、
携帯やパソコンを操作する等の動作もつらくなったため、
整形外科にいき、先生の触診だけで、腱鞘炎と判断されました。

キーボードを叩くのもかなりつらい状況になってきたため、週末に注射を打とうかと悩んでいます。
そこで質問です。ステロイド剤を注射した場合に考えられる副作用とはどのようなものでしょうか?
また、ステロイド駐車しても痛みはしばらくしたら出てきちゃうものでしょうか。
とりあえず質問はそれだけですが想像がつきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ステロイドの薬によっても出かたが違うと思いますが、普通は副作用が出ない程度しか打てません。一回打つとおおよそ二週間はうてないです。

ですから重大なリスクの出る副作用についてはご心配要らないと思います。比較的高頻度で出現する副作用は色素脱失です。注射を打った部分の色素が抜けて白くなったり、ピンクがかったりします。ただこれは数ヶ月で徐々に元に戻りますし、もちろんならない人もいます。薬の種類で言えばケナコルトでおおくみます。デカドロンではほとんど見ません。

ステロイド関連でないですが、炎症部に直接針を刺すので針の痛みや痺れが残ることがあります。数日しても取れないようなら医師と相談してみてください。


>また、ステロイド駐車しても痛みはしばらくしたら出てきちゃうものでしょうか。

何でか分からないですがなりやすい人っているんですよね。ですからまた出る可能性はありますし、他の指が次々なる可能性もあります。体質抜きにしてなりやすい人を見ていると、力の弱い(華奢な)女性、繰り返しの動作や力仕事をする人に多く見られます。要するに体力が無いか、負担が大きいかです。このどちらとも解決する方法は、筋力アップを図り、ストレッチで腕に疲労を残さないことです。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

ステロイドの薬によっても出かたが違うと思いますが、普通は副作用が出ない程度しか打てません。一回打つとおおよそ二週間はうてないです。

ですから重大なリスクの出る副作用についてはご心配要らないと思います。比較的高頻度で出現する副作用は色素脱失です。注射を打った部分の色素が抜けて白くなったり、ピンクがかったりします。ただこれは数ヶ月で徐々に元に戻りますし、もちろんならない人もいます。薬の種類で言えばケナコルトでおおくみます。デカドロンではほとんど見ません。

ステロイド関連でない...続きを読む

Qカンジダとステロイド

オムツかぶれの為にキンダーベートなどを使う事があるのですがステロイドが入ってる為にカンジダになりやすいと聞きました。ステロイドの強さとカンジダになりやすさは関係あるのでしょうか?

強いステロイド=カンジダになりやすい という事なのでしょうか?
それとも強くても弱くてもステロイドはカンジダになりやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

専門の知識ではないので参考程度にしてください。
お子様は、カンジダの症状はありますか?無くて、おむつかぶれだかならカンジダの心配は今のところはしなくていいと思いますよ。
カンジダになってしまっているのなら、キンダーベートは良くないです。カンジダはステロイドではむしろこじれて全く治りません。市販の、ママが使うようなデリケアとかフェミニーナ軟膏をお子様のカンジダの部分に塗っても治りますよ。

Q腱鞘炎のステロイド剤注射について

2週間ほど前から右手の手首が痛み、ドアを開ける、蛇口をひねる、物を持ち上げる等の動作もつらくなったため、整形外科にいき、先生の触診だけで、右手首の親指側の腱鞘炎と判断されました。
湿布での長期の治療かステロイド剤の注射を勧められ、ただしステロイド剤を注射した場合、次の日に親指が使い物にならなくなる可能性がある、とのことで、仕事もあることですし、その時は湿布のみをもらって帰りました。
しかしやはり痛みは引かず、仕事で字を書いたり、キーボードを叩くのもかなりつらい状況になってきたため、週末に注射を打とうかと悩んでいます。
ステロイド剤というと、子供の頃、アトピーの治療薬として使っていましたが、やはり心配なのは副作用です。
そこで質問です。ステロイド剤を注射した場合に考えられる副作用とはどのようなものでしょうか?今まで咳止め飲んで全身に蕁麻疹がでたことがあるくらいで、薬による副作用というものであまり苦しんだことがないので想像がつきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ステロイドの副作用が問題になるのは、それを長期連用
した時の話です。

また、ステロイドを使わずに腱鞘炎を治せと言われれば、
ほとんどの整形医は「ならば手術を.....」と言うでしょうね。
シップや安静で効奏が期待できないのは、「腱鞘炎治療の第一選択は
ステロイド」が常識になっている事からも明らかです。

逆に言えば、患部の安静が図れない生活背景がある→患部を酷使
するという図式があるから腱鞘炎になるわけで、様子をみて慢性化
する(こうなるとステロイドも効きません)前にステロイドを使う
必要があるわけです。

それにしても「使い物にならなくなる」なんていう、誰が聞いても
二の足を踏むような説明はいただけませんね。

Qステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ラン

ステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ランクは下がる?

通っている皮膚科で強さ2群のステロイドを処方されているのですが、ヒルドイドと混ぜているのでマイルドになって実質3群の強い方だと説明されています。
この考え方は正しいのでしょうか。

ステロイド単体で使うと2群で、保湿剤などとmixして使えば3群?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そうならば、最強のステロイドが一種類あれば用は足りてしまうことにならないでしょうか。混ぜる薬剤の匙加減であらゆる強さに対応できることになります。

Q腱鞘炎でステロイド剤注射

副作用ありますか?

Aベストアンサー

打つ医師の手技の部分で神経を痛めない上手い人にかかること

一箇所2,3回が限度で打ち過ぎは腱自体がもろくなる

それでダメなら親指以外なら手の外科専門医で日帰りで手術できるのでかえって副作用の心配が無いケースもあります


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報