小学3年の甥は生まれつき心臓病を持っています。
心臓の内側の筋肉が硬いという、全国的にも症例が少なく、
特効薬もありません。
普段の生活は、見たところそんな病気を持っているとは
思えないくらい元気に見えます。

最近主治医の先生から、新しい薬が出来たので、
ぜひ、試してほしい(データがほしい)との
お話があったそうです。
母親である姉は不安はあるものの、
もしかしたら効くかもしれない、という希望をもって
試してもいい、という気持ちはあるそうです。
しかし、義兄は
「表面的には今は元気なのに、なにも危険なことはしなくても・・・。」
と言っているとのこと。
両方の気持ちはとてもよくわかるし、何より甥本人の気持ちを考えると、
私には何も言えませんでした。
もちろん過去から今現在にいたるまで、
いろいろな薬がこうした人々の協力で作られてきたことを思うと、
簡単に断ってもいいのか、といこともあります。

最終的には彼ら親子で決める事なのですが、
私にとっても大事な身内の事なのです。
経験者のみなさんや、医療に携わっておられる方々の
ご意見をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

治験」に関するQ&A: 宮城での治験

最新 医学」に関するQ&A: 最新医学

辞書 医学」に関するQ&A: オンライン医学辞書

A 回答 (4件)

製薬企業に勤務するものです。

一応薬剤師ですが、医療の現場にいる者ではありません。
「経験者のみなさんや、医療に携わっておられる方々」の範疇に入らないと思いますので、無視していただいてもかまいません。

治験に応じるべきかどうか、は
1、その患者さんのその病気を薬で治療しない場合、予後はどうなるのか、
2、特効薬ではなくとも、その新薬と同種の薬剤、あるいは代替できる薬剤(すでに認可されているもの)があるのかどうか、
3、その新薬はどの程度の効果が期待できて、どの程度の副作用が考えられるのか?

等の状況がわからないので、ご質問を読んだだけでは誰にも判断できないと思います。

薬で治療しなくとも、(ある程度の不都合はあっても)大事に至らないことがわかっているなら、義兄さんの言う「なにも危険なことはしなくても・・・。」 という判断は正しいかもしれません。

しかし薬を使わなければ間違い無く悪い方向に進むことがわかっているのであって、他に有効な薬剤が無い場合には、その新薬に望みを託すしかないかもしれません。

患者さんに使われる治験薬は動物での薬効、毒性試験と健常人での代謝試験で「予想されるリスクよりも期待される利益の方が上回っている」ことが確認されている薬剤ですが、当然患者さんでの実績がありません。治験の結果、「期待したほど利益が大きくない」ことが確認されて開発中止になる薬剤も多々あります。

他に同種の認可された薬剤があるなら、そちらの方が人での実績が蓄積されていますし、思わぬ副作用が出る確率はぐっと低いと思います。

それから「いろいろな薬がこうした人々の協力で作られてきたことを思うと、簡単に断ってもいいのか」という点に関しては、第3者の利益のことを考えるよりも、目の前の甥の方の利益を最優先に考えてあげるべきだと思います。

まだ人が使った経験が少ない薬剤を使うのは本人にとって怖いものだと思います。リスクと利益を秤にかけて、リスクのほうが大きいようであれば遠慮無く断るべきだと思います。

このあたりの判断は実際に患者さんを見ていて、その病気について詳しく知っているお医者さんでないとむづかしいかもしれませんね。

主治医の先生が信用できるかどうか、信用できる先生なら遠慮せず少しでも疑問に感じることは聞いて良く説明してもらうことです。万一説明を渋るようであれば転院するほうが良いかもしれません・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくアドバイスをいただき、ありがとうございます。

>第3者の利益のことを考えるよりも、目の前の甥の方の・・・

まったくそのとおりだと思います。
見栄も外聞など気にすることなどないんですよね。
主治医の先生については姉たち夫婦も信頼しているし、
今回の件については詳細な説明もあり、
もちろん無理に、とはおっしゃているわけでもありません。

ただ、甥は障害者一級のいろんな特典、
といっていいのかわかりませんが、手当てを受けています。

そのため、このような時は協力しなければならない、
(お返しをしなければならない)と姉が思っているようなのです。
私はそんな必要はないと思いますが。

また、それだけではなく、お医者様からなおる見込みはない、
心臓移植しかない、といわれているので、
姉は少しでも希望があるなら試してみたいというのです。

いづれにしても難しい問題で、
私としては言葉もありません。

お礼日時:2002/03/11 00:51

まず、この治験には大きな問題が潜みます。


治験とは、あくまで実験に過ぎないためにどのような副作用が起きるのか想定できないということとがあります。つまり、この副作用が、可逆性つまり、投与を中止すれば元に戻るのか、そうでない非可逆性の場合があるということです。
さて、この治療を紹介してくれた医師が持っている情報を提供してもらい、なおかつ、その製薬会社に問い合わせてみるのも一つだと思います。しかし、一般の方では情報をもらえるのかどうか不明ですので、治験を取り扱うには薬剤部も関与しているでしょうから、治験を担当している薬剤師からも薬の情報を受けられたらいかがでしょうか?
全ての情報(治療方法、薬のもつ危険性)を治療の側面から医師に、薬の危険性を薬剤師からうけて、そのうえで、セカンドオピニオンを申し出てみてはいかがでしょうか?
それと、時期がくれば改善する疾患なのか、治療が必要とされるのかという問題もあります。つまり、症例が少ないというのは治療法も確立していないということなのですから
正しい病気の理解が正しい治療の第一歩ということになります。
まず、急を要する疾患でなければ、その病気を理解して、余裕を持って情報を収集されてはいかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今のところは、健康な人に近い生活は送れていますので、
yakooさんのおっしゃるとおり、結論を急がずに考えてみるよう
姉に話してみようと思います。

皆さん貴重なアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 22:39

私の場合には心臓病ではありません。

癌です。当時普通の医者ならば.何もしないで彫っておく(3ヶ月後に死ぬのを待つ)のですが.何を間違えたか.切ってしまいました。その時にあるとあらゆる新薬を使いました。結果的に回復し.その病院の医師がマスコミに登場すると私の親の話がでます。
子供の場合には.同時期通院していた10名中1名が現在でも生存.私の子供を含めて残りが死亡。

医師のお名前はご存知でしょう。以下のサイト(米国医学図書館)で検索するとどのような研究をしていた刀のか.が見当つきます。するとどのような研究方針か理解できるでしょう。また.新薬の名称がわかれば.動物実験結果を入手することも可能です。つまり.どのような毒性があるのかも見当つきます。

これから.生きている限りは心臓病と付き合わなければなりません。医学に関する最新の話題を知っていても良いのではありませんか。
オンライン英和辞書としては
http://www.so-net.ne.jp/medipro/isyk/saishin.htm
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/index-J.html
等がありますが.CD-ROMとしても販売されています。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/isyk/electro/204 …
http://www.nichigai.co.jp/translator/preface/cd_ …
お子さんのために.最新の話題に触れてみてはいかがでしょうか。医学は行っても消して難しい内容ではありませんから。

参考URL:http://www3.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医学というと一般の私たちには難しいもの、というイメージがありますが、
おっしゃるとおり少しでも知識を求めるのは大事な事だと思います。
いろんな角度から考える事も必要ですね。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 22:56

以前のぞいた、治験について詳しく説明してあるページです。



治験ネット: http://www.chiken-net.com/

何かの参考になればと思います。お子さんの健康をお祈りします。

参考URL:http://www.chiken-net.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q治験のバイトの5泊6日の意味

治験のバイトをやってみようと思うのですが
5泊6日と記載されてあります。

これは5日間は家に帰れない事を表しているのでしょうか?
私としては電車賃が馬鹿にならないので5日間も病院に居れれば満足なんですが・・・。
状況によりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。医師です。
しかし、治験バイトの経験はありません。

治験のアルバイトでは5泊6日の間は帰れません。
その理由は施設外で規定以外のもの(例えば他の薬など)を口にするのを防ぐためです。そのため、食事、水分も指定のもののみとなります。

また、治験の期間中には血液検査(血液中の薬物濃度の経時変化をみる)、尿と便検査(代謝経路をみる)をします。

運動は対象薬によって異なるとは思いますが、原則できないケースが多いと思います。

No.2の方が回答されているように、条件(報酬、個室or大部屋、食事・水分の制限、運動の制限、入浴・シャワーの制限くらいでしょうか?)を細かく確認してからの方がいいと思いますよ。

Qガンの特効薬は、「あってはならない」と言われますが

ガンの特効薬は、「あってはならない」と言われますが、なぜあってはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

お答えしやすい質問のされ方ではなかったように感じました。
短い設問から察したことを短く書かせていただきます。

がんの治療法は、「薬」と「治療器」のどちらも過去、すでに開発されていたと言えますが、普及は阻まれてしまいました。当然、世界を動かす資本家が儲からなくなるからでしょう。

西洋医学(現代医学)の発祥地ドイツでは、まったく別の治療法が徐々に普及しつつあります。病名がつかなければ治療法も見つけられない、症状を抑えつけるばかりの対症療法では、当然の動きでしょう。

薬剤は、本来、毒物ですね。がん治療用の多くが劇物です。体内に摂り入れれば、防御機能が働き、排除しようとする。そのために、エネルギーを必要とし体力消耗を引き起こす。強い副作用による死へのカウントダウンもありましょう。

「薬で治す」は、一種の洗脳された行為です。臓器欠損(後遺障害)が起きやすい「手術」もしかり。医者が障害者を生み出してはまずいでしょう。

「早期発見、早期治療」も洗脳ですよ。ご存知だと思いますが。

ともかくも、治療機関は『治療方針』で選びましょう。苦しまないためにも。
 

お答えしやすい質問のされ方ではなかったように感じました。
短い設問から察したことを短く書かせていただきます。

がんの治療法は、「薬」と「治療器」のどちらも過去、すでに開発されていたと言えますが、普及は阻まれてしまいました。当然、世界を動かす資本家が儲からなくなるからでしょう。

西洋医学(現代医学)の発祥地ドイツでは、まったく別の治療法が徐々に普及しつつあります。病名がつかなければ治療法も見つけられない、症状を抑えつけるばかりの対症療法では、当然の動きでしょう。

薬剤は、本来...続きを読む

Q治験と臨床試験の英語表現

治験と臨床試験は明らかに意味が違うのですが、英語表現ではどちらも「clinical trial」で表現されています。混同は起きないのでしょうか?厳密にはどう表現を変えて意味の違いを出せばいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨床試験は clininical study 治験は clinical trial です。リンクの福井大学医学部付属病院のpdfファイルが違いをわかりやすく説明しています。

http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/09okusuri/chise/chise_img/nws_16-12.pdf

QAED 正常動作中の心臓に心臓マッサージすると?

AEDの使用法で心臓マッサージがありました。ちょと不安に思ったのですが、倒れて意識のなくなったとはいえ、正常な動きをしている心臓へ”胸を押す心臓マッサージ”をした場合、どうなっちゃうのでしょうか?数回程度なら問題ないとか、全く問題ないとか、問題ありとかどうなのでしょうか?それと”みぞおち”を強くぶつけた時に息ができなくなる時がありますが、心臓ダメージはないのでしょうか?詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

AEDを使用することと心臓マッサージをすることとは別ものです。

AEDとは、
意識や呼吸の無い人に装着し、その人が心停止していれば電気ショックで
心臓の動きを正常に戻そうとしてくれる機器です。

心臓マッサージは、心停止している人の身体の外側から手で心臓を押してやる行為です。
これによって止まっている心臓の中に溜まっている血液を全身に押し出してやることが
できるのです。AEDをまだ装着していないうちから始めます。

心臓が正常に動いている人に心臓マッサージをした場合のデメリットには、肋骨骨折や
内臓損傷が挙げられます(結構な力で圧迫するのでしばしば起こります)。
しかし、これらを考慮しても心停止している人に心臓マッサージを開始しなかったり、
開始が遅れることによって救命率が低下したり、後遺症を残す危険性が上昇するという
デメリットのほうがはるかに大きいです。
そのため、意識がなく、呼吸をしておらず、頚動脈触知できない人(一般の方は
脈の有無は判定不要)を発見したら、これらの判定に多少自信がもてなくても
躊躇わずに心臓マッサージを開始することになっています。

みぞおちをぶつけることと心臓の動きとに関連性はありません。
横隔膜を支配している神経がぶつけたり殴られたりしてダメージを受けることによって、
横隔膜の動きを止めてしまい、その結果として呼吸が瞬間的にできなくなるためです。

参考まで。

AEDを使用することと心臓マッサージをすることとは別ものです。

AEDとは、
意識や呼吸の無い人に装着し、その人が心停止していれば電気ショックで
心臓の動きを正常に戻そうとしてくれる機器です。

心臓マッサージは、心停止している人の身体の外側から手で心臓を押してやる行為です。
これによって止まっている心臓の中に溜まっている血液を全身に押し出してやることが
できるのです。AEDをまだ装着していないうちから始めます。

心臓が正常に動いている人に心臓マッサージをした場合のデメリットには、肋骨骨...続きを読む

Q治験に参加したことのある人教えてください。

治験に参加したことのある人、次のようなことについて教えてください。
1.不安はなかったですか。
2.治験者を送り出す側(何というんだろう) 、治験をする病院の対応はどうでしたか。
3.気分がわるくなったり、体の具合がおかしくなったりしたことはないですか。
4.何らかのトラブルのようなことはありませんでしたか。
5.その他治験を受けた感想などでもかまいません。

Aベストアンサー

1.そりゃ知らない人にとっては不安は有るのが当然でしょう.
安全性については,事前に丁寧に説明があり,不安なら何時でも止められます.
2.治験ボランティアに対し丁寧で親切な対応してくれますよ.先方にとってはお客様です.
3.具合が悪くなれば,訴えればいいんです.些細な事もいいんです.それが治験です.
4.先ず,トラブルは無いです.あったら大変です.
5.それなりの高額な謝礼が貰えますから嬉しいもんです.

  http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2003-46,SNYA:en&q=%e6%b2%bb%e9%a8%93

Q心臓病ではないのですが心臓が締め付けられるような・・

42歳♂です。昨日、心臓病の専門病院で検査をしましたが特別異常はないと診断されました(ホッとしましたが・・) しかしやっぱりまだ痛苦しい症状があります。なんだか不安です。何方かご助言頂けますか?

Aベストアンサー

心臓のあたりが締め付けられるように痛い。
しかし検査では異常なし。

…でしょうか?
私と同じかも知れません。

もしそうなら逆流性食道炎が考えられます。
胃の上の部分(つまり入り口)が緩くなって
胃液が食道に逆流することにより起こるそうです。

発症した時は水を飲むと胃液が洗い流されて痛みは治まるようです。

薬としては、偶然ですが狭心症の発作止めであるニトログリセリンが効くようです。

とにかく水を試してみては如何ですか?

Q治験について

今治験についてもし応募できるのであれば是非一度参加してみたいとおもっています そこで治験について応募出来るサイトなどがあれば教えて頂けたらとおもいます また何故治験の協力費用というのは一日につき2万や3万といった高額なのでしょうか?

Aベストアンサー

未だ試験段階の薬を投与するのですから,高くて当然です.メーカーは業者にはもっと払っていますが,被検者にはそのほんの一部なのです.

 http://www.vob.jp/
 http://generic-med.jugem.jp/
 http://www.vob.jp/faq.html#29
 http://www.chikenlab.jp/?gclid=CJ6X_oOAx4oCFSLiYAodKyepcg
 http://www.clinical-t.com/
 http://www.kenkounavi.net/site/hikensha.htm
 http://www.h4.dion.ne.jp/~okane/tikenmonitor.html
 http://www.chikennavi.net/phase1/index.htm
治験募集で検索すれば幾らでも出てきます.

Q子どもが心臓発作(心臓震盪)になる可能性

子どもが心臓発作(心臓震盪)になった場合、自動体外式除細動器(AED)が有効だと言われますが、

遊びやスポーツでよく動き回る子どもが心臓発作(心臓震盪)になる可能性って、どのくらいなのでしょうか?
イメージが沸きません。

高齢者やそれより若い大人と比べても子どもの方が日頃、動き回るから可能性が大きいのでしょうか?

胸の肉が薄いから胸部への衝撃は危険と言うことでしょうか。
それとも、かなり稀な例ということでしょうか。

Aベストアンサー

おはようございます、素人です。

http://resocia.jp/cus/mailmagazine/useful/vol11.shtml

>心臓突然死は年間約5万人といわれ、その中で特に多いのが急性心筋
>梗塞です。

子供の運動中の心臓死はここに該当すると思いますが。。
心臓死の総数(1日100人)>心臓突然死(1年5万人)、になるはず
なんですが、年5万ってことは1日136人。。なんかこれおかしい気が。

そしてそんな記事をもちこむ私。


http://www.nms.co.jp/QQ/AMI.html
>急性心筋梗塞(Acute Myocardial Infarction)の死亡率は20%弱で
>あるが、死亡例の約半数は発症数時間以内に集中しており、そのほとん
>どが重症不整脈によるものである

こっちの記事も考えると、子供の運動中の心臓死は不整脈ではないと思
うのです。で考えると「総数-ほとんど」がその可能性のある数字にな
ると思うのです。

つまり、大したことないのでは(1日100人で交通事故死の5倍なので、
1日136人としてこれから「ほとんど」を引いた数字が、可能性のある総
数だと思うので、ほとんどが8割と仮定すると1日27人くらい。最大で
交通事故死と同じか少し高いレベル?)と個人的には推測します。

おはようございます、素人です。

http://resocia.jp/cus/mailmagazine/useful/vol11.shtml

>心臓突然死は年間約5万人といわれ、その中で特に多いのが急性心筋
>梗塞です。

子供の運動中の心臓死はここに該当すると思いますが。。
心臓死の総数(1日100人)>心臓突然死(1年5万人)、になるはず
なんですが、年5万ってことは1日136人。。なんかこれおかしい気が。

そしてそんな記事をもちこむ私。


http://www.nms.co.jp/QQ/AMI.html
>急性心筋梗塞(Acute Myocardial Infarction)の死亡率は20%弱で...続きを読む

Q薬の治験について

最近新聞に時々治験の募集広告が載っています。そこで質問があります。
1.治験の募集広告は、以前は無かったと思うのですが、薬事法?が変わったのでしょうか。(私の勘違い?)
2.治験は人体実験ではないのでしょうか。
3.治験は薬として、一般の患者に使われるまでの過程の、どの位置で行われるのでしょうか。それとも承認されてから行うもの?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

昔、治験担当者(開発といいます)でしたので、わかる範囲で回答します。

1.治験は厚生労働省令の「GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)」によって基準が定められています。
昔は、その病気の専門医に依頼を行い、患者さんの選定などは医師に任せきりになっていましたが、広く募集できるように変わってきているようです。
※この件の現在の情報はよく知りません。すみません。

2.見方によれば人体実験と言うことになりますね。

3.薬ができるまでの課程は次にようになっています。

・研究所において、化学合成などにより「薬」として使えそうな物質を作成し、その「効力」や「安全性」について動物実験を行います。
マウスなどを使い人工的に病気の症状を発生させた状態での実験や、高濃度・長期間などの投与方を使い、効果が現れる血中濃度や安全性が認められる血中濃度などが見積もられます。
もちろんこの段階で効果のない(少ない)ものや安全性に問題があるものは脱落します。

・動物実験において効力・安全性が認められた「もの」であっても人間で同じように働くとは限りませんので、実際に人間で試験を行う段階に移ります。

・第一相試験:
健康体の成人に対し「物質」を投与し、物質がどのように取り込まれ、どのように排出されるかを「血中濃度」や「尿中濃度」などで検査し、副作用などの問題がないかを検証します。
この血中濃度の推移は、「効果」が見込まれる「時間」の目安をつけ、実際の投与方法の参考となります。
8時間ほどしかもたないものは一日3回投与、12時間もつものは一日2回投与などですね。

・前期第2相試験:
1相試験で安全性が認められた「もの」は、少数の患者さんに実際に服用してもらい、その「効果」について検証を行います。
このときは、特にその病気に詳しい数名の専門医に依頼し、医師による患者さんへの投与が行われ、投与期間中の症状の変化や副作用と思われる症状も含め状態の詳細な記録を行います。

・後期第2相試験
効果が認められた「もの」については、実際の用法用量を見積もる段階へと進みます。
患者さんの人数を増やし、患者さんごとに数種類の投与量を設定し、効果の度合いや副作用の度合いなどを検証して適正な投与量を設定することとなります。

・第3相試験
最後の段階は、「本当に効果があるのか」をもう一度検証することです。
既存の類似薬を対照薬として設定し、開発中のものと効果比較を行います。
このとき投与する医師も、投与される患者さんもどちらの薬を投与されているかわからないようにして実施し、効果判定をまず行います。
その後にどの患者さんにどちらの薬が投与されていたのかの「割付表」が開封されて、それぞれの薬ごとに評価をまとめます。
この評価を比較し、十分な有効性が認められた場合には「薬」としての承認申請を行えるようになります。

・承認申請は、ここまでのすべての実験結果や参考文献などをすべてまとめて「厚生労働省」へと「承認申請」を行い、「承認」された後に、初めて「薬」として発売できるようになるわけです。


通常「治験」とは「第1相試験から第3相試験」までをいいます。
すべての段階で「医師」の立ち会い(というよりも医師による実施)が行われ、投与される患者さんへも「効果や副作用も含めての情報の提示」および「文書による参加了承」が行われて初めて実施されます。
一旦了承した参加を取りやめることも自由意志でできますし、これによる不利益はありません。

大昔は「人体実験」というようなこともあったのかもしれませんが、今ではそういうことはないということですよ。

参考URL:http://www.chiken-net.com/

昔、治験担当者(開発といいます)でしたので、わかる範囲で回答します。

1.治験は厚生労働省令の「GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)」によって基準が定められています。
昔は、その病気の専門医に依頼を行い、患者さんの選定などは医師に任せきりになっていましたが、広く募集できるように変わってきているようです。
※この件の現在の情報はよく知りません。すみません。

2.見方によれば人体実験と言うことになりますね。

3.薬ができるまでの課程は次にようになっています。

・研究所にお...続きを読む

Qよくこのまま心臓移植しなければ余命半年といわれアメリカへ渡航し心臓移植

よくこのまま心臓移植しなければ余命半年といわれアメリカへ渡航し心臓移植するために1億円必要で募金活動しているというニュースを見ますが仮に心臓移植が成功したとしてもどれくらい生きられるものなのでしょうか?医学が進歩しているとはいえよくて10年てとこでしょうか?。

Aベストアンサー

個人差があるので どれくらい生きられるという保証はないと思いますが、
世界中での追跡調査による統計から移植後の生存率は
1年目で79%、3年目で71%、5年目で63%、10年目で45% と聞きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報