【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

土方さんの有名な辞世の歌

よしや身は 蝦夷の島根に朽ちぬとも 魂は吾妻の君や守らむ
たとひ身は 蝦夷の島根(島辺)に朽ちるとも 魂は東の君や守らむ

この歌の意味が知りたいのですが、誰か教えてください。
吾妻の君・東の君は具体的に誰をさすのでしょうか。蝦夷の島根(島辺)って何でしょうか。
また、二つ載せましたが、どちらか間違いなのでしょうか。それとも両方あるんですか??
あと、二つ目の歌は「島根」「島辺」どっちですか??教えてください。

gooドクター

A 回答 (2件)

意味は、「もし(たとえ)、この身は蝦夷の島で朽ち果てたとしても(ようとも)、魂は東国の君<主君あるいは妻・愛人>を守ろう」


でよろしいかと。

歌については諸説ありまして、どちらが正しいか決められない、とするのがよいでしょうか。吉田松陰の「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留めおかまし大和魂」に影響されているとの説が有力ですが、より似ている方が間違い、と考えることもできますので。
なお土方の自作ではない、とする説もあります。

また、土方の死体に、以下の歌を書いた短冊があったとする話も。
たたかれて 音のひびきし 薺(なずな)かな
これも、土方の自作ではないとする説が・・・やはりわかりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですか!!なんか知らないことばっかりで、驚きました。
この歌については謎が多いようですね。その中でのご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/11 10:44

あんまり自信がないんですが。


東の君は徳川慶喜のことではないでしょうか?
蝦夷の島根というのは土方が戦死した函館の五稜郭でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!そういうことかもしれないですね。
徳川慶喜だと納得いきますね。簡潔なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/11 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング