誰もがよくつかう「おつかれさま」。それって誰にでもつかいますか?
ちょっと聞いたんですけど、おつかれさまは目上の人にはつかわないそうなんです。もし、そういうことを聞いたことがある人、どうして目上の人につかわないか分かる方いらしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ねぎらう」の語源は「ねぐ」といって、この意味は相手によって変わります。

相手が自分より上位のものには「祈ぐ」、いのる・祈願するという意味(神社の弥宜さんはここから)になり、自分より下位のものには「労ぐ」、いたわる・ねぎらうという意味になります。

 従って、「ねぎらう」という言葉にはどうしても身分の上下が関係してくる事になり、人が「ねぐ」場合、相手は神か、そうでない場合は自分より身分が下ということになってしまいます。つまり、自分が相手のひと(神ではない)を「ねぎらう」場合、相手は自分より下であるという構図が出来てしまうわけです。

 ですから、「ねぎらう」という行為自体が目上の人に対しては不適当であり、いくら「ご苦労様」を使わず「お疲れ様でした」と言ったところで「ねぎらい」である以上、目上の人に対しては失礼にあたることになります。

 しかし、実際の社会生活では、上下関係を抜きにして相手の行為をいたわりたいという感情が生まれるのは当然で、また、人間関係を円滑にするには必要な行為にはちがいありません。そういったところから、目上の人へのいたわりの言葉として「お疲れ様でした」、同等か目下の人には「ご苦労様でした」といった使い分けが生じたのではないでしょうか。

 私個人の感覚では、たとえ目下の者の言葉であっても、「ご苦労をおかけしてありがとうございます」と感謝の表現が入っていれば「ご苦労」に対する抵抗感はあまり感じません。
 


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてごめんなさいm(__)m
「ねぎらう」の意味など、とてもよく分かりました。
上下関係なく、感謝やお礼の気持ちが伝わっていれば
「お疲れさまでした」でもOKなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/16 19:47

 


  言葉の使い方は微妙で、わたしはこう思っていても、そうでないというケースや指摘があります。難しいので、自信なしにします。
 
  「お疲れさま」は、目上の人には基本的に使わないはずです。これも「ご苦労様」と同じで、「ねぎらいの言葉」には違いないからです。
 
  使うと思えるのは、「お疲れさまです」とか「お疲れさまでした」など「です・でした」の丁寧表現を付けて使う場合だと思います。(逆に、目下の人に、「お疲れさまです・でした」というと、変な表現になるでしょう。
 
  (部長が外から帰って来て、自分の席などに行こうとしている途中、部下の社員と出会い、部下が、「あ、部長、お疲れさま」ということはあると思いますが、部長が席についた後、社員がやって来て、「部長、お疲れさま。ところでこの件ですが」と言って書類を出すのは、どうでしょうか。この場合、「部長、お疲れさまでした。ところでこの件ですが」が自然ではないでしょうか)。
 
  「よく来てくれた」というのも、こういう表現は目上の人(または、社会的関係が上の人。取引先の客など)には使わないはずです。しかし、同じような言い方で、「よく来てくださいました」なら、目上の人等に対し使います。どちらも、「来てくれた」ことを感謝し、ねぎらっていると云えますが、丁寧表現にするかしないかで、使えたり使えなかったりするように思えません。(「よく、おこしくださいました」の方が自然な風な気もします。「よく来て下さいました」は、対等の相手に対する言葉のような感じです)。
 
  「ご苦労様」の場合は確かに「お手数をおかけしました」などで、「ご苦労様」とは、目上の人には一般に、たとえ丁寧表現で、「ご苦労様でございます」などに変えても、言わないような気がします。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてごめんなさいm(__)m
ねぎらいの言葉であっても丁寧語を付けることによって
目上の人にも失礼なく使えるんですね。
分かりやすい例や、表現方法を変えるなど、とても勉強になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/16 19:56

#2の回答者です。

補足、というか説明が抜けていました。

2行目の「この表現」というのは「ご苦労さま」のことです。
    • good
    • 0

かつて人から聞いた話ですが・・・



この表現は、上位の人が下位の人に対して、「自分の下した命令」によって
働いたことに対するねぎらいの言葉である。封建時代などでは、下位の人が
上位の人に命令をすることはあり得ないため、目上の人に対して使用する
状況自体がありえなかった。その名残から「ご苦労さま」という表現は、
目上から目下へはOKだが、目下から目上に対してはNGである。

ただし状況によっては「自分の下した命令」というニュアンスを抜きにして、
目上の人に対しても純粋に苦労をねぎらう言葉をかけたい場合がある。
その場合に「お疲れさまでした(です)」という表現を使用する。
この場合でも「ご苦労さまでした(です)」という表現は使ってはいけない。
目下の人に対しては、「ご苦労さま」でも「お疲れさま」でも構わない。

私はこれで納得したのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてごめんなさいm(__)m

>目上の人に対しても純粋に苦労をねぎらう言葉をかけたい場合がある。
>その場合に「お疲れさまでした(です)」という表現を使用する。
「お疲れ様でした」にも苦労をねぎらう言葉は含まれているということですか?
苦労をねぎらうということ自体、目上の人に使わないような気がするんですけど…。
解釈が間違ってたらごめんなさい。

お礼日時:2002/03/16 20:02

 「おつかれさま」に似た言葉で「ご苦労様」があります。

目上の人には「ご苦労さま」は使いません。「お疲れさま」は使います。
 理由は目上の人が「苦労したでしょう」という表現はねぎらいの言葉として不適で(相手の能力を低く見るから?)、「疲れたでしょう」という表現を使います。逆に自分の後輩や部下に対しては「ご苦労さま」を使います。
 国語では教えてくれなかったような気がします。

この回答への補足

返事遅れてごめんなさいm(__)m
「ご苦労様さま」を目上の人につかうのは失礼なのは分かってたんですけど…。
「お疲れ様」はねぎらいの言葉でないんでしょうか?

補足日時:2002/03/16 19:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくわばらくわばらの由来

怖い時によく「くわばらくわばら」と言います。
この言葉の由来は、私の記憶では、雷のときに、遠くの桑畑(桑原)に落ち、近くに落ちるなよという願いでつぶやいた、なのですが、友人の説では、桑畑は雷が落ちにくいといわれており、ゆえにくわばらと唱えると言います。
 激しい議論の末、決着がつきませんでした。どちらが正しいのでしょうか?または違う説があるのでしょうか?教えてください。
 よく他人に不幸が訪れそうなときに、わが身に降りかかりませんようにとの意味で「くわばらくわばら」というのもまさに私の「遠くの桑原」説が正しいと思うのですが、いかがでしょうか?ちなみに私は桑畑のたくさんある地方の生まれです。

Aベストアンサー

もう一つ面白い説がありました。


 今から約450年前の1556年(弘治2年)のことです。あわて者でいたずら好きの雷の子が
いました。
 ある時、雷の子はあやまって欣勝寺の古井戸に落ちてしまいました。なんとかして外へ出ようと
しましたが、出ることができなかったので、雷の子は大声で「助けてくれー!」と叫びました。
 しかし、和尚さんはいたずらばかりする雷の子をこらしめようと、古井戸にふたをしました。す
ると、雷の子は和尚さんに「助けておくれ。桑原へは二度と雷を落とさない。」と言ったので、和
尚さんは雷の子を助けてあげました。
 雷の子は帰って親に、一部始終を話しました。
 雷の親は、和尚さんにたいへん感謝し、他の雷たちにも「これから欣勝寺や桑原には絶対に落と
してはならないぞ。」と戒めました。
 それからというもの、欣勝寺や桑原には雷が落ちたことがないといいます。
 以来、「くわばらくわばら」と唱えると雷は落ちないと、言い伝えられています。     

この中に出てくる桑原というのはそのお寺のある地名ですが

 当地の地名である“桑原”から由来
しているのではなく、「仏教用語」の
「クワンバラン」(インド、サンスク
リット語で、いやな事や、恐ろしい事
を避けるときに唱えるおまじない)が
いつの日か「くわばらくわばら‥」と
なり、「くわばらの欣勝寺」と呼ばれ
るようになったとのことです。   

と、補足されています。
一般的には先ほど回答した「菅原公」の説ですが。

参考URL:http://www.hyogokenshin.co.jp/discover/Sanda/Sanda2/

もう一つ面白い説がありました。


 今から約450年前の1556年(弘治2年)のことです。あわて者でいたずら好きの雷の子が
いました。
 ある時、雷の子はあやまって欣勝寺の古井戸に落ちてしまいました。なんとかして外へ出ようと
しましたが、出ることができなかったので、雷の子は大声で「助けてくれー!」と叫びました。
 しかし、和尚さんはいたずらばかりする雷の子をこらしめようと、古井戸にふたをしました。す
ると、雷の子は和尚さんに「助けておくれ。桑原へは二度と雷を落とさない。...続きを読む

Q仕事終了のあいさつ「おつかれさまでした」「ごくろうさまでした」どちら?

会社で上司あるいは同期の方が仕事を終えて帰るときのこちらの挨拶は
「おつかれさまでした」「ごくろうさまでした」
本当はどちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

お疲れさまがいいようです。
ご苦労様は目上のものが、目下に対して使うと何かに書いてありました。
しかし一番最初に入社した会社が、上司や同僚に対しても「ごくろうさま」を使う会社だったので、未だに一瞬なやんでしまいます(^^ゞ

Q自動車学校を「車学(しゃがく)」と呼ぶのは一般的?

自分が自動車学校に通っていたのも割と最近で
車を九州で、バイクを大阪で取りました。
その時はみんな普通に自動車学校と呼んでいたのですが
、最近東日本に引っ越すと周りの人がみんな自動車学校を
車学(しゃがく)と呼びます。
これは最近全国的に定着した呼び方なのでしょうか?
それともこの地域限定?
東日本、特に東京などではこういう呼び方をしている
のでしょうか?ご教授ください

Aベストアンサー

某サイトで自動車学校の呼び名のアンケートがありました。その結果をご紹介します。
方法は、「教習所」「自動車学校」「車校」「じしゃが」「自練」「その他」から選択、その他の場合はその呼び名を書く、と言うものです。

・全体では「教習所」が50%、「自動車学校」が15%、「車校」が10%
・新潟県では「その他」が30%でその大半が「車学」
・九州・中国では「自動車学校」、中部では「車校」、沖縄では「自練」が一位
だそうです。

私も「車学」や「自練」「じしゃが」と言う呼び名はこのアンケートではじめて知りました。

QNHKしゃばり場・ジェネジャン の様なテーマ討論できる場

NHKで放映中の「真剣10代しゃべり場」や、本日3/23オンエアーされていた日テレ「ジェネジャン」では、様々な価値観を持った異環境の人間同士が、一つのテーマに沿って討論する番組ですが、
一般人が参加できるこの様な場所を東京都23区内で探しています。

学生や社会人、果てはお年寄りや子供など違う世界観をもった人々が参加でき、
かつ信頼できるディスカッションの場などはあるのでしょうか。

インターネット等で探していますが、個人の小さなサークルの様な場は見つかったのですが、大きな組織でそのような場を展開していれば是非ご紹介下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ディベート甲子園は 甲子園から想像がつくように 学生(高校生)中心です。

年齢層が広くなればテーマ選定や知識量の違いがあり、討論が難しいと思われます。
また、全国展開となると 場所の移動もあり かなり困難となると思います。

ネット上で討論?できるものは ありますが、テキストベースであるため限界があると思われます。

まずは、区などの広報にでているような「小さな」団体からはじめるのがよろしいと思いますが・・。
===============
TV(しゃべりばも含めて)などのメディアでは、その出演者は フツーのシロートと考えて良いかは疑問があります。また、大きなメディアほど 時間や発言内容に制限が掛かってます。それ以前に討論者(出演者)は選別されているわけで・・・。
生の会話(討論)を 大切にしましょうね!

Q目上の人へのメールの送り方

お世話になった先生からのメールにお返事する時のマナー、書き方を教えてください。手紙の書き方と同じだと思うのですが、前略や拝啓などの出だし、最後の終わり方など教えてください。宜しくいお願いします。

Aベストアンサー

メールというのは、手紙を単にインターネットにのせたというのとはちょっと違うもののように思えます。
ふつうの電話での会話と手紙、はがきとの中間的な感じでしょうかねぇ。

目上の人にたいしてでも、たとえばディスプレイにフォントで表示される「拝啓」から書かれた文面は、受け取りようによっては、手書きの紙の手紙よりもっと堅苦しい印象を与えてしまうような気がします。

ということから、ぼくの提案としては、w-satoさんがその先生とお話しをされるときの、失礼のないしゃべり方をそのまま文面にするのが親しみも感じられ、いいのではないかと思います。

ま、ごくたとえばですけど、
「先生からメールをいただけるなどとは思ってもみなかったので、びっくりいたしました。とてもうれしく思いました。・・・とか、とか。
こまかくいえば、「などとは」は「なんて」でいいかもしれませんし、「いたしました」の謙譲はあえてはずして「しました」のほうがやわらかいかも。

このあたりは、w-satoさんとその先生との関係の距離、お互いの性別、それぞれのお歳、性格によるところで、ぼくがここであーせいこーせいでもないことですが。

メールというのは、手紙を単にインターネットにのせたというのとはちょっと違うもののように思えます。
ふつうの電話での会話と手紙、はがきとの中間的な感じでしょうかねぇ。

目上の人にたいしてでも、たとえばディスプレイにフォントで表示される「拝啓」から書かれた文面は、受け取りようによっては、手書きの紙の手紙よりもっと堅苦しい印象を与えてしまうような気がします。

ということから、ぼくの提案としては、w-satoさんがその先生とお話しをされるときの、失礼のないしゃべり方をそのまま文面に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報