不動産鑑定士、公認会計士、司法書士、税理士のいずれかの資格を目指したいのですが、迷っています。それと裏腹に他の道も考えています。
高収入で安定していて、就職に有利で、即戦力になるような資格が取りたいです。

いまのところ不動産鑑定士が第一希望です。
不動産鑑定士で色々な本とか、ネットとかで調べてみると、
平均年収(不動産鑑定士補含む)が1300万円とかいてあって
公認会計士や弁護士の平均年収よりも高いのですが。
けれど調べていくと、とても高収入を目指せる資格とかそういうのもあれば、
年収が低いとか、食っていけないとか、難しい割りにあまりとっても意味ない資格とか書いてあるのも見ます。
一見矛盾しているように見えるのですが、本当のところどうなんでしょうか?

また、何の資格をとるにせよ、独立開業する気はないのですが、
銀行など、一般企業につとめるよりも、
鑑定事務所に勤めたほうがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

独立開業するつもりがないのであれば、就職先の業務に直接関連した資格を取得されることをおすすめします。

業務に関連のない資格を取得しても、結果的に死蔵することとなってしまい、無意味です。どのような資格であれ、資格取得後、たゆまぬ実践と不断の研鑽を積まないと、これを活かすことはできません。
また、税理士事務所・鑑定事務所は一般に薄給です。独立開業のための丁稚奉公ですから、当然ですよね。
また、平均年収の統計的意味をよくお考え下さいね。鑑定士の年収として1300万円が保証されるのであれば、この世にサラリーマン鑑定士はほとんどいなくなることでしょう。高収入を得ている資格人は、専門的知識に優れているだけでなく、人並みはずれた人脈を持ち、血のにじむような営業努力をしています。
ちなみに、私の周囲にも、不動産鑑定士や税理士の資格を持ったサラリーマンが何人もいますが、資格があるからといって、彼らは、決して優遇されていません。究極の視点からすれば、企業にとっては、資格の有無は参考に過ぎず、どれだけ成果が上がり、どれだけ企業貢献できるかが問題となるのです。
結論からいえば、取得するだけで、高収入で、安定していて、即戦力になるようなおいしい資格はありません。それを目指すのなら、大きなリスク承知で、独立開業して、外交と営業に血道をあげてみるしかありません。それが成功したとき、初めて高収入が約束さます。ただし、その努力は、終生、続けなければなりません。
    • good
    • 0

就職を目指すなら、監査法人を狙える公認会計士か、経理部門に有利な税理士が良いのではないでしょうか。




高収入を目指すのならば、どの資格でも良いので、独立して頑張られると良いと思います。
(難易度の高い試験に合格しても、就職すると、あまり高収入は期待できないでしょう・・・)
 ↑
ハイリスクハイリターンですが・・・
    • good
    • 0

財)日本不動産研究所に勤める不動産鑑定士も多いです。

不動産鑑定士は、このような政府レベルの仕事ができるとき満足がいくでしょう。個人で開業しても、得意先がとれなければ、収入は得られません。

参考URL:http://www.reinet.or.jp/indexb2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二級建築士と不動産鑑定士

不動産鑑定士は土地はもちろん、建築の知識が必要と聞いています。
しかし、現実には建物の鑑定が苦手な不動産鑑定士が多いみたいです。

そこで質問ですが、二級建築士が不動産鑑定士の資格を持てば建物の評価(住宅などの建築物)をする場合、十分に対応出来ると言えますか?

Aベストアンサー

 kanseiと申します。不動産鑑定士です。
 ご記述の通り、不動産鑑定士には建物の知識が必要です。ですので、二級建築士の資格をお取りになられることは、非常に有意義なことであると考えます。しかし、不動産鑑定士に求められる建物の知識の範囲と二級建築士に求められる建物の知識の範囲は異なりますので、「十分対応できる」とは言えません。なぜなら、不動産鑑定士が「評価」のための知識を必要としているのに対して、二級建築士は「建築」のための知識を必要とするものであるからです。「評価」のための知識とは、再調達のコストの把握、減価部分の把握、改修費の把握、取壊費用の把握及びこれらを必要とする背景の把握のために必要な知識であり、「建築」のためのそれとは異なるのです。

Q司法書士、公認会計士、税理士、不動産鑑定士、どの順番で難易度が高いですか

どれも難関といわれている資格で比べるモノではないというのは理解していますが、あえていうならどの順番で難しいでしょうか?公認会計士試験と不動産鑑定士は文系の3大国家資格となっていますが、司法書士も合格率3%をきっており、税理士試験も難しいと聞きます。私的に何も根拠はないですが、難しい順番は、公認会計士>税理士>不動産鑑定士>司法書士と思っているのですが、実際はどうでしょうか?

Aベストアンサー

このうち2つの資格を持っています。自分の経験では

公認会計士>不動産鑑定士>>税理士>司法書士ですね。

前2つは試験制度が似てますが、試験の範囲と深さで公認会計士の方が上です。しかし、前2つは最初から受験者のレベルが高いですし、試験が複数回あります。つまり、そもそもレベルの高い受験者が1つ目の試験に合格し、その合格した人達だけで次の試験があって・・・というように、難関となっています。

税理士もとても難しいんですけど、1科目ずつ取っていけば良いので前2つと比べれば気分的に全然楽です。時間と根気があれば何とかなります。それと、税務署に一定期間勤めていると自動的に税理士の資格をもらえるっていうのがですねぇ・・・。

司法書士も最近はとても難しいんですけど、他の3つと比べるとどうしても。
暗記が得意な人、計算が得意な人によって難易度は異なりますので、参考程度に。

Q不動産鑑定士と建築士

不動産鑑定士が建築士を必要とするのは何故でしょうか?
インターネットで不動産鑑定士についての情報について調べていたところ、不動産鑑定士には建築士の知識が必要云々…書かれていたので気になりました。


…教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

kanseiと申します。不動産鑑定士、マンション管理士、宅建主任者、管理業務主任者の資格者です。
 「不動産鑑定士が建築士を必要とする」という表現は正確には間違っています。「鑑定評価をする上で、建築士の知識が有用である」ということです。ご存知の通り、不動産鑑定士は土地だけではなく、建物の評価も行います。この場合、建物に関する知識は極めて有用なものとなります。(具体例をあげると、再調達原価の把握、改装費・修繕費の算出、土地残余法適用時の建物の想定、経済的残存耐用年数の把握等の様々なところで有用です)
 もちろん、建築士の資格を有しているような優秀な方々が鑑定業界に来られた場合、歓迎されることは間違いありませんが・・・。

Q不動産鑑定士と司法書士と公認会計士

現在23歳の者です。
高校・専門学校で会計の勉強をして日商簿記1級と1級建設業事務士を取得しました。専門学校卒業後、中小企業で経理をしていたのですが、不動産業界に興味がわき宅建を取得後、2年間経理の仕事をした会社をやめました。現在は夜間大学で法律(民法・会社法専攻)を学びながら不動産賃貸営業をしております。
そこで今度は不動産鑑定士と司法書士と公認会計士に興味があるのですが、私が今まで経験してきた事からするとどれが一番合格にしやすいですか?できれば全てに挑戦してみたいので、取得しやすい順番も助言頂けたらと思っております。
実際に全てに挑戦してみた方(どれか一つでも結構です)が居りましたら何アドバイスを頂戴したいと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まあ、経歴的には会計士が一番、ふさわしい気がします。企業で経理
経験もあるので。まあ、本当は税理士の方が簿記1級所持者なので有
利だと思いますが。因みに「会計士」と「鑑定士」は共通する試験科
目が多く、民法、経済学、会計学については、会計士2次に受かって
いると鑑定士を受験するとき、一部ですが受験免除申請ができます。
その観点からも「会計士⇒鑑定士」ルートだと相乗効果、効率性が高
いです。しかし、司法書士も・・となるとかなりキツイですよ。前2
つも「3大国家資格の2つを占める超難関」ですが、司法書士も新司
法試験並みの難易度であり、筆記(マークシート)、書式(不動産登
記、商業登記の1問ずつ、実務形式で作成する)、口述試験の3段構
えで長期戦を強いられます。しかも相対判定で、2%台に合格率が推
移するようになっていて、運も要求されます。しかも、どの段階でス
ベっても、翌年は筆記からやり直しです。(会計士は2年間は合格し
た科目が免除になる)それよりは、上に合格したあと、気力があれば
ロースクールに入学して、新司法試験を受けた方がいいかもしれませ
ん。そうすれば夢の「3大資格保持者」にもなれますしねぇ。でも、
正直にいえば、非現実的です。会社勤めでは、まず不可能でしょう。

まあ、経歴的には会計士が一番、ふさわしい気がします。企業で経理
経験もあるので。まあ、本当は税理士の方が簿記1級所持者なので有
利だと思いますが。因みに「会計士」と「鑑定士」は共通する試験科
目が多く、民法、経済学、会計学については、会計士2次に受かって
いると鑑定士を受験するとき、一部ですが受験免除申請ができます。
その観点からも「会計士⇒鑑定士」ルートだと相乗効果、効率性が高
いです。しかし、司法書士も・・となるとかなりキツイですよ。前2
つも「3大国家資格の2つを占め...続きを読む

Q不動産鑑定士に興味があるのですが・・・

不動産鑑定士に興味がある高校生です。

私は将来、資格を取って独立開業する仕事を考えており、不動産鑑定士が一つの候補となっています。

しかしながら、私の両親はそんな仕事はつまらないからやめておけと言います。

私は、仕事におもしろさを求めてるわけではないので、あまり気にしてはいないのですが、自分にその仕事が向いているのか疑問に思っています。

不動産鑑定士に関する本はいくつか読んだことはありますが、どれも高校生が理解できるものではないので、あまりよく分かりませんでした。

不動産鑑定士はどのような方に適正があるのでしょうか?

不動産鑑定士の方、あるいは経験者の方に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

不動産鑑定士です

適正というと、不動産は鑑定評価書を書く事務系の部分と、実際に不動産を見に行く肉体労働系の部分を持っております。
仕事の手順に沿って説明しますと
(1)現地調査:所有者と一緒に不動産を確認したり、場合によっては金融機関からの依頼で所有者に内緒で不動産を確認しなければなりません。雨の日も猛暑の日もです。
ただ漫然と見るのではなく、問題点がないか注視することが必要ですので、大変神経を使います。
不動産も街中のビルだけではありません。広大な工場であったり、山林であったり、場合によっては海岸線であったりします。想像してみてください、台風の時や真夏のクソ暑い日に海岸線であったり、雪が降り始めた山林だったりと、体力が必要な場合もあります

(2)役所調査:役所、法務局、場合によっては県庁などにも赴いて法的規制について調査します。役所によってはダメ担当者だったりして上手く資料が貰えない時もあります。特に最近は個人情報保護法を盾にとって、かなり強行に情報を開示してくれないダメ担当者もいますの、ここは人間力が試されます。

(3)評価書作成:集めた情報をもって作成します。ここで評価書を上手に書けるかが、力量を問われます。依頼者は一般の方なども多いため、難しい専門用語ならべても分りませんんので、簡潔でいて論理的でなければ、不動産鑑定をする意味がありません。中には不動産鑑定士の判子(お墨付き)さえあればいいと言う方も少なくありませんが、それでは評価書を書く意味がありませんよね。

とまあこんな感じです。
適正としては

・不動産からみなので、色々な法律を覚えなければなりませんし、専門職なので同じ仕事の連続です。粘り強く飽きっぽくない人に向いてるかもしれません。この辺がお父さんが面白くない仕事って言ってるのかもしれませんね。
・業界自体がやや古い体質で、個人営業のおじいちゃんが多いので、その辺に耐えられる人

ってこんな感じですかね?会社も個人から大手まで沢山あるので、適正はやり始めてみないとなんとも分りかねますが・・・・・
それより業界内では仕事が減ってどこも厳しいみたいです

不動産鑑定士です

適正というと、不動産は鑑定評価書を書く事務系の部分と、実際に不動産を見に行く肉体労働系の部分を持っております。
仕事の手順に沿って説明しますと
(1)現地調査:所有者と一緒に不動産を確認したり、場合によっては金融機関からの依頼で所有者に内緒で不動産を確認しなければなりません。雨の日も猛暑の日もです。
ただ漫然と見るのではなく、問題点がないか注視することが必要ですので、大変神経を使います。
不動産も街中のビルだけではありません。広大な工場であったり、山林であったり...続きを読む

Q不動産鑑定士なる資格は、どれほど有望な、魅力的な資格なのでしょうか?

不動産鑑定士なる資格は、どれほど有望な、魅力的な資格なのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産鑑定士以外の士業の方との人脈は持っていますが、不動産鑑定士の人脈は持っていません。
私自身、税理士兼社会保険労務士事務所で補助者としての勤務経験のあるサービス業の法人経営者ですが、不動産鑑定士が必要な状況は経験がありませんね。

不動産鑑定士を利用するのは、ある程度規模の大きい会社や不動産関係の会社、あとは自治体でしょうね。

私の知る限りでは、他の士業より開業者が少ないように思えます。難関資格で業界は狭いと思います。
開業を目指すのであれば、ある程度濃い人脈などが必要かもしれませんし、開業当初のことを考えれば、他の資格を併用した兼業事務所などが良いかもしれませんね。

公認会計士などは、不動産鑑定士の一部免除があるためか、兼業者を見かけたことがあります。企業のコンサルなどを行いつつ、不動産鑑定も活用できるのでしょうね。

Q不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いと言う意見を聞くのですが・・・?

不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いという意見を聞いた事があるのですが、実際はどうなのでしょうか?

予備校のサイトを見ますと、確かに司法試験、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、税理士等は難易度が高い試験だと紹介されていますが、
不動産鑑定士と司法書士ではどちらが難易度が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

資格試験の神様とかいう少し前の本でも
文科系3大難関資格と言えば、旧司法試験、公認会計士試験、
そして不動産鑑定士試験ですから・・・
鑑定士は3次とかまであったのでは?
今年の司法書士試験1次午前部択一の問題も、少しばかり
易しかった模様ですよ。
鑑定士は信託銀行の精鋭部隊とか、専門の人が受ける(受けさされる)
ようですよ。

Q不動産鑑定士と土地家屋調査士の資格取得

不動産鑑定士と土地家屋調査士の資格に興味を持っています。
(1)一生それなりに安定した収入が見込め、資格の取りやすさも考えるとどちらがおすすめでしょうか?
(2)それぞれの平均的な合格までの総学習時間もご存知でしたらお答えください。

Aベストアンサー

難易度から言うと、不動産鑑定士の方が上です。
初学者であれば、普通は2~3年コースになるのではないでしょうか。

鑑定士のいいところとして開業している先生から聞いた話ですが、
私の県では公共の鑑定の仕事を協会が一括受注し、管轄内の鑑定士に公平配分しているそうです。
ですのでその先生は、人口比率や有資格者数を調べて、密度の少ないところで開業したと。
私も別の国家資格を持っていますが、普通は資格を取って開業しただけでは飯は食えず、
地道な営業活動をしなければなりません。
それが鑑定士に関しては、開業初年度からある程度の仕事が回されてくるので
実務の経験を積みながら糊口を凌ぐこともできる。
これは、私から見れば本当にウラヤマシイ話です。
今から改めて受験したいとまでは考えませんが・・・。

Q不動産鑑定士になるには…?

 高卒の20歳です。通信の大学に通うつもりでしたが、不動産鑑定士という仕事にに興味を持ちました。自分なりに調べてみて通信の大学に通うよりも不動産鑑定士の専門的な勉強をした方が、よいのではないかと思うようになりました。タイトル通りですが、不動産鑑定士になるにはどのような勉強をすればよいのでしょうか?独学は難しいのでしょうか??

Aベストアンサー

 kanseiと申します。不動産鑑定士です。20歳という若さで不動産鑑定士に興味を持って頂けて嬉しく思います。不動産鑑定士の試験科目は鑑定評価理論、行政法規、民法、会計学、経済学の5科目から構成され、それぞれのレベルは非常に高いものと言われております。よって、基本的には独学では厳しいレベルであり、ほとんどの受験者は専門学校に通っているのが現状です。
 実際、不動産鑑定士の受験資格は特にないため、大学を卒業されていなくとも合格は可能です。しかし、資格を取得された後、就職される企業の採用基準が「大卒以上」という場合が多いため、大学へ進学された方がいいのではないかと思われます。
 参考になればと思い、厳しい意見を書かせて頂きましたが、是非とも不動産鑑定士になられ、不動産鑑定業界の発展にご協力していただければ有難く存じます。

Q不動産鑑定士・宅建など不動産関係の資格について

来年度の四月に就職が決まっています。
この残りの大学生活の間に何か資格を取ろうと思うのですが、不動産関係の資格で上記の資格の他に取っておいた方がよい資格などありますでしょうか?

費用・テストの時期などのタイムテーブル、独学可能な域かなど教えて下さい。

Aベストアンサー

お話を聞くところ、文系の方のようですので、建築士などは除外して、
不動産関連の文系国家資格は、
宅建・不動産鑑定士・マンション管理士の三つがあります。
不動産鑑定士は短答式試験と、論述式試験に分かれており、前者は5月前後が試験日受験料7000円台、後者は8月前後が試験日、受験料8000円台、平均学習時間は1700時間程度といわれています。
活躍の場は、開業の他に不動産証券化に係わる金融機関などが多いようです。
来年の4月に就職なさるようでしたら、
不動産鑑定士は少々敷居が高いように思われます。

一方宅建は10月前後が試験日で受験料は7000円台、平均学習時間は200時間程度といわれております。
宅建でしたら、今からですと、一日1.2時間程度の学習で独学も十分可能です。
これは、不動産業界の人であれば必須とも言える資格ですね。

マンション管理士は試験日は12月前後、平均学習時間は700-800時間。受験料は9000円前後といわれております。
こちらは現段階ではそれほど需要はないですが、今後マンションの老朽化などで需要が見込めることから、現在人気資格化しているようです。

参考URL:http://netnavigate.net/shikaku/fudousan.php

お話を聞くところ、文系の方のようですので、建築士などは除外して、
不動産関連の文系国家資格は、
宅建・不動産鑑定士・マンション管理士の三つがあります。
不動産鑑定士は短答式試験と、論述式試験に分かれており、前者は5月前後が試験日受験料7000円台、後者は8月前後が試験日、受験料8000円台、平均学習時間は1700時間程度といわれています。
活躍の場は、開業の他に不動産証券化に係わる金融機関などが多いようです。
来年の4月に就職なさるようでしたら、
不動産鑑定士は少々敷居が高いように思われ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報