プロが教えるわが家の防犯対策術!

NICとNOCの関連性がわかりません。
理解できるサイトなどを知っていたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もう一度来ました・・・とんでもないおまけがついてきたものですね。

誰もわかるものがいない状態での導入なのでしょうか?
実際にはもう利用していない方法ですので、かなり自己流の解釈が入っているかと思いますのでご参考程度に。

診断まで過程については特に問題は無いのでしょうか。
NOC-NICでの講演などされている黒田裕子氏の提唱の診断までの過程は、少し異なっている部分もあり説明はしにくいです。
診断までの過程が変更されているのであれば、黒田裕子氏の診断に関する著書をお求めになるのも良いかと思います。(かなり前に受講したので新しい本も出ています)
どこかの病院の例を元に実際に電子カルテで情報収集から計画立案までの画面を見せながらの本も出ていたと思います。

NANDAに関しては省きますが、
NANDAの場合カルペニートをご利用になっているのであれば、慣れるまではおやめになった方がよいです。合わないそうです(黒田氏が講演より)


診断までが行える状態であるのであれば
診断にをもとにNOCを考えます。
他の場合は「期待される結果」にあたる部分ですね。
NOCは看護ケアを評価するための指標・評価もかねています。
NOCの中に指標として複数の項目がありますが、さらにその中からどれが評価していくのが良いかを選びます。全部である必要はありません。どれが対象となる方の状態を評価するのに最も良いかですね。


次に看護介入・ケアプランを決めます。これがNICになります。NICからは複数のいろんなところから行動は選べます。これも選んだNICの中の項目全部ではなくて必要と考えられるものを選びます。

以後定期的にNOCで評価をしていきます。改善しないときは看護介入を見直すこともありますし、継続していくこともあります。それでもさらに改善しないときなどは根本的にNOCや診断そのものも見直すことも必要っていうのは、今までの看護過程と同じかと思います。
新しい情報が入り診断そのものが変わる場合なども同じですね。

診断とNOC-NICを考えるときにリンケージ本は参考になります。それぞれ提案・推奨と云う名前でよく考えられるものが記載されていますから。(枠に当てはめすぎる必要性は無いですけど参考になります)
一冊お買い求めになるなら、リンケージ本が良いかと思います

後は電子カルテシステムの慣れ度にもよります。
画面を見ながら考えるというのが難しいとき。NOC・NICそれぞれの全項目が記載された本が出ています。両方買うと1-2万かかる上、画面で見れる人には無用の長物ですし、慣れたらいりません。利用頻度も低いかと思います。
ただ、初期の段階では紙に記載されているものをゆっくり見られるという点では、考えやすくとっつきやすくなるかと思います。(NOCはどれを選んだら良いかを考えるとき、NICは項目があまりに多いので画面で見れない方が多いときなど)。本屋で見てから決めるのが良いかとは思います。簡単な例題は載っています・・・転記は出来ないから・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすく長文のアドバイス本当にありがとうございます。おっしゃるとおり、画面での項目が多いためにてんやわんやしているんだと思います。また表現の難しさもあります。これは慣れなんでしょうが・・・
画面に慣れていないせいもあるのか、NICの選び方で戸惑っているため当然NOCでの展開も戸惑ってしまいます。今までは病院独自の看護計画であり、問題立案を開くと、目標・問題点・観察項目が一面に並んで記載されていたためすべてが一目瞭然でした。

何度か電子カルテを開いているうちに、問題・立案はそれとなくわかっても、観察項目がないためにどこをどのように見ていけばいいのかがわからない状態です。

今までKOMIチャートを使用しておりまして、職場を変わった現病院では、問題定義型という看護過程にも慣れていないのも原因の一つであると思います。

とにかくまずは電子カルテに慣れるように頑張ります。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/13 03:25

かなり前に少しだけかじったことがありますが



サイトは知りませんが・・・
学生さんなのでしょうか?
看護計画の基本的な考え方の部分ですので、正直このようなところでお尋ねになるより、ご自身の立案した計画を指導者に相談しながら学んでいった方が後々のためです。
NIC-NOCでよく講演している黒○氏。学生さん向けのMOOK本をエキスパートナースから出していたと思います。NOC・NICとはかかず日本語表記にしていますが、関連性などは同じ考えです。

すでに臨床に出ている看護師さんなら
難しく考える必要性は無く、今まで目標とか期待される結果とかケアプランとかいろんな言い方をしながら自分の言葉で組み立てていたものが、すでに系統立てられたものから選択する必要がある状態になっただけです。
看護成果分類(NOC)が期待される結果ですね。またそれを評価するためのものです。
看護介入分類(NIC)がケアプランですね。
お互いの関連はNOC-NICを使わない場合と同じでしょう。途中で評価してプランを変更して・・・

対象となる方個々異なるものですが、どれとどれがと云う参考にはNANDA=NOC=NICリンケージという本も出ていますからそれらをお買いになることをお勧めします。
↓は昔のです。上手く表示しないかも。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/Nowral/46_Kango/NNN/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は経験者の看護師ですが、最近になって電子カルテと共にNANDA看護診断を導入されました。職員のほとんども理解出来ておらず、周りもパニック状態です。本を購入するにあたってもどれがいいのかさっぱりわかりませんでした。様々な助言を頂き感謝しております。お勧めの書籍を一度読んでみます。
また参考サイトも役に立ちました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2006/08/12 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q看護診断、看護過程について教えてください

初歩的な質問ですが……。
「看護診断」とは、医学を用いないで看護学独自に対象者を診断するツール、というふうに理解しているのですが、これでいいのでしょうか。また、すべての看護診断はNANDAに基づいているのでしょうか。この系統以外の看護診断もありますか。そして、厚生労働省看護課や看護協会が使用している看護診断は何でしょう。看護教育ではこれを使いなさい、国家試験にはこれで出しますよ、という基準になるものはあるのでしょうか。
 看護過程についても同様の疑問があります。オレム、ヘンダーソン、ロイ、ゴードンそれぞれの理論に基づいた看護過程がありますが、他にはどのような看護過程がありますか。主流なのはどれでしょうか。また、同じく厚生労働省や看護協会が使用しているものは? 国試で使われているものはどのようなものでしょうか。
 

Aベストアンサー

看護師です。部分的ですが、困ってらっしゃるようなので。

1 NANDA以外の看護診断もあります。看護学概論等の教科書に
出ていました。
2 看護診断、看護過程ともに、役所や協会で推奨のものはありません。
各病院の看護部が各自採用&アレンジしています。
3 国試も同様です。私は2001受験者ですが、変更がなければ、
著書名と著者名しか出ませんよ(がっかりしちゃうけど)。

4 (つけたし)冒頭の看護診断の理解ですが。時間ができたら、
なぜ分類や名づけが必要なのか、医学看護に限らず考えてみることを
お勧めします。

Q看護過程・看護診断について、教えてください

看護過程を考えるには、看護診断有りきといわれる(上司に)のですが、職場自体、過去に看護過程の考え方を何度も変更し、最近はNANDAの看護診断を使用しています。しかし看護診断を解説している書は色々とあり、解釈も微妙に違ってきます。勉強をしていても、何が正しいのか、わからなくなってきます。私の病院でも、そんなに看護診断に精通している人もなくっていうか、いないような・・自分が立案した看護診断自体正しいのかって思うのです。NANDA自体アメリカに日本の偉い先生が学んできた受け売りでしょ・・世界的に認められているのは解りますが・・そこに日本の国民性はあるのかな・・・とか。そもそも看護協会は何をもって、看護過程を考えさせようとしているのか?看護過程って看護の基本ですよね、なのに、協会の見解もよくわからない・・・看護協会って看護師の中心ではないのですか?私たちが揺るがないように、基礎を作る気はあるのでしょうか???医療の場でDPCが始まり、看護における、看護必要度も診療報酬の加算評価をって考えているみたいですが、看護過程の基礎すら、病院によって違い、こんな状態で、そんな診療報酬の改定がされても、結局忙しいから加算という結果(ハイケアユニットの重症加算)になってしっかり評価もしてもらえないでしょ・・ましてや、学生や新人教育すら、自身がもてません・・・色々の???が有るので支離滅裂になってしまいましたが、部分的にでもいいので、どなたか私の?を減らしてください

看護過程を考えるには、看護診断有りきといわれる(上司に)のですが、職場自体、過去に看護過程の考え方を何度も変更し、最近はNANDAの看護診断を使用しています。しかし看護診断を解説している書は色々とあり、解釈も微妙に違ってきます。勉強をしていても、何が正しいのか、わからなくなってきます。私の病院でも、そんなに看護診断に精通している人もなくっていうか、いないような・・自分が立案した看護診断自体正しいのかって思うのです。NANDA自体アメリカに日本の偉い先生が学んできた受け売りでしょ・・...続きを読む

Aベストアンサー

現場の悩みはいつも深刻で、かつ、次なるステップのヒントですね。看護職ではないのですが一言。看護診断は、我々医師の診断のように、検査結果や診断基準により確定されるものではないのでしょう。それゆえ未だ学問体系としても模索状態なのが現状ではないのでしょうか?しかも、模索する努力を、個々の患者さん、個々のケースごとに深め実践していくということが求められるのだろうと想像します。医療の世界は、現状では様々な制約が強められ、トップダウンで標準化、パス化、基準化が進められようとしています。看護職は、日本ではそうした病院の方針に最も左右され、現場は右往左往される職種であるのも事実でしょう。しかし、大きな視点にたてば、日本の看護が歴史的に変化の兆しを見せてきているのは、まさにここ数年なのではないでしょうか?私はそう思っています。看護協会(医師会も同じ)に期待をかけるのは楽観的過ぎますが、医療の公開がこれほど進みつつある状況は初めてでしょう。若い世代は、こうした状況を水として泳ぎ始めます。私たちの世代は、これからの世代が突き抜けていく新しい時代、新しい価値観、新しい方法論などの土台となる、今日までの到達点と宿題を、情熱を持って伝えていくことだと思います。あなたのその憤り、苛立ちを、若い世代と(できれば理解ある上司とも)共有することが大切だと思います。やってられない、とあなたが思い続けている医療の現場でも、患者さんは自分の命を託し、信頼を探し、安心を求めているのです。私も一人の医療人として、様々な矛盾を感じ、憤りも感じますが、新しい若い世代の胎動を、もっと感じることではないでしょうか?実感しにくい現実もあるとは思いますが。

現場の悩みはいつも深刻で、かつ、次なるステップのヒントですね。看護職ではないのですが一言。看護診断は、我々医師の診断のように、検査結果や診断基準により確定されるものではないのでしょう。それゆえ未だ学問体系としても模索状態なのが現状ではないのでしょうか?しかも、模索する努力を、個々の患者さん、個々のケースごとに深め実践していくということが求められるのだろうと想像します。医療の世界は、現状では様々な制約が強められ、トップダウンで標準化、パス化、基準化が進められようとしています...続きを読む

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html

Qマジョリーゴードンについて

 とっても 恥ずかしいのですが、「ゴードン」のことについて知りたいのです。
本を探して見ようと思いましたが なかなか 探すことも出来なくて
もし この方の理論を知っていたら 少しでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

この本でしょうか。

在庫は不明なようです。

ゴードン博士のよくわかる機能的健康パターン 看護に役立つアセ
マージョリー・ゴードン/著 佐藤重美/著 照林社
ISBNコード 4-7965-2025-2 2190円

参考URL:http://www1.honyasan.co.jp/index1.cfm

Q浣腸について教えて下さい。

浣腸(グリセリン浣腸など)をする時に、血圧を測定するのはなぜですか?

Aベストアンサー

直腸の拡張および排便に伴う収縮に際して副交感神経系統の過大な刺激(自律神経過反射、一般に直腸反射という)が起こり急激な血圧低下が引き起こされることがあるためです。

薬剤的にはグリセリンは電解質の変化を引き起こしにくいものであり「真水」などと比べればこういった吸収による弊害は少なくより安全なんですが、便秘を解除するという事柄と上記は同居を避けられないものであるために必ず注意が必要になります。当然、自律神経系統の統制が取れていないもの(脊髄疾患のあるもの)や例えば老人などのほうがリスクが高くなります。

Q相関係数についてくるP値とは何ですか?

相関係数についてくるP値の意味がわかりません。

r=0.90 (P<0.001)

P=0.05で相関がない

という表現は何を意味しているのでしょうか?
またMS Excelを使ってのP値の計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場合はp=0.1%でもいいと思いますが)
相関係数においても相関の有無を結論つけるにはそのrが偶然出る確率を出すか、5%の確率ならrがどれぐらいの値が出るかを知っておく必要が有ります。

>r=0.90 (P<0.001)

相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下だと言ってます。

>P=0.05で相関がない

相関がないと結論。(間違っている確率は5%以下)だと言ってます。

エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。xデータがA1からA10に、yデータがB1からB10に入っているとして

r=CORREL(A1:A10,B1:B10)

次にそのr値をt値に変換します。

t=r*(n-2)^0.5/(1-r^2)^0.5

ここでnは組みデータの数です。((x1,y1),(x2,y2),・・・(xn,yn))
最後に関数TDISTで確率に変換します。両側です。

p=TDIST(t値,n-2,2)

もっと簡単な方法があるかも知れませんが、私ならこう計算します。(アドインの分析ツールを使う以外は)

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場...続きを読む

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

QSHELL分析について

看護師です。病棟スタッフ間での勉強会で、看護上のクレームに対する分析を行う上で、SHELL分析を行う予定です。そこでお尋ねなのですが、SHELL分析について参考となるサイトをご存知ありませんか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

少し探してみたらあったのでURLを貼っておきますね。上から6・7番目が該当しています。ただSHELLモデルについては医療過誤についての書籍や看護雑誌の医療過誤特集などに詳しく載っていて、病院の図書室などに置かれていることが多いですよ。
実際に病棟であったケースについてSHELLモデルを使うときにはそんなつもりがなくても当事者(原因になった事由を起こした看護師)の吊るし上げになりやすいのでものすごく気を使います…

参考URL:http://www.1ashiya.com/que/medical/medicaltop7-5.htm

Q看護診断について

私は、某病院に勤める看護師です。

当院では、NANDAの看護診断を取り入れることになり、実際に一部の患者さんを対象に適用が始まっています。

当院は、急性期病院であり、平均在院日数は12日を割ろうかという病院です。

ところで、基本的な質問で申し訳ないのですが、NANDAを使う意義、また、取り入れると、日々の患者さんとの接し方などはどのような変化をもたらすのでしょうか?

NANDAの採用に、決して反対ではなく、導入することによって、業務にどのような効果をもたらすのか、患者さんとの関わりにどのうような影響があるのか、疑問に思っています。どなたか、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

「補足」していただいたのですが、看護診断を用いることで記録が簡略化される云々というのは良く分かりません。
 
 看護診断というのは、看護を必要とする対象者の状況や介入すべきポイントを端的に示すことで、看護介入にあたっての看護職間や他職種との共通認識を持つためのラベル・表現方法に過ぎないと私は考えます。
 各自がばらばらな認識をもって介入するよりは、メリットがあると思います。(もちろん不十分な理解で導入してもあまりメリットがないかも・・・)
 患者に関する情報、アセスメントの内容、介入内容に関する記録が簡略化される必然性はありません。
 
 あと記録が簡略化されることで、仕事が早く終わるというのも・・・残業時間が長いとそのようにお考えになるのは十分に理解できまし、それも大切なことだと思いますが、もし看護診断の導入で記録の時間が短縮するのであれば、本質的にはその時間をベッドサイドで働く時間に充ててゆくべきものなのだと思います。


人気Q&Aランキング