質問です。決算書などに出てくる一株当たり利益、EPSって、利益を発行株式数で割ったものと理解していますが、この基準となる発行株数って何時の時点での株数なのか、または、年度途中で株数に変化が会った場合などは何か計算式があるのでしょうか?どなたか教えてくださいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1の回答を行った者です。



期中平均発行済株式数に関してはNo.1に記載したサイト管理者に質問してみました。この結果、期間加重平均で計算していることを確信いたしました。また、何故この数値を利用するかは、CBやWBを中心として毎月末の発行済株式数が変化しているにも関わらず、期末の株式数のみでEPSを計算することは厳密性に欠ける為ということも合わせて回答されました。

期末時点の株式数で計算することもそれを基準に配当していることから満更的外れではないと思いますが、期間加重平均で行うことが一般的なようです。

ご報告まで
    • good
    • 0

http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_0/eps.html

こちらに記載されているように決算におけるEPSの計算は期中平均発行済株式数を使用します(公開時は公開時点の株式数を使用することが一般的)。

期中平均発行済株式数の計算は時間荷重平均(期中の株式数を期間案分する方法)で計算することが多いと思います。
但し、単純に期初と期末の平均という場合もあったと思います(私が受けた試験ではこの方法を使うようにという指示がありました)。また、希薄化要因を考慮する場合もあります。何れの場合もPLの注記に記載されていると思います。

最近の財務会計に詳しくなく自信がありませんので、ご注意ください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qご注文の方を繰り返します・・・

ご注文を繰り返します、ではなくて、ご注文の方を繰り返します、という言い方・・・
皆さん、聞いたことがありませんか?
この言い方って、どんな印象を持ちますか?
この「方」って何?と思ってしまいます。

Aベストアンサー

はーい、よく耳にしますよー。ファミレスに限らず、最近は割りとまともそーなレストランでも、けっこーへーきで使ってたりしますねー。

どんな印象か?といわれると、んー、「バイトだなー」って感じですねー。正社員でその仕事に誇りを持ってる人、とゆー感じはしないですねー。「こうしろといわれたからしてますがなにか?」ぐらいの感じなのかなー、と。バイトの子に、それ以上を望むのは無理かー、と。

ただ、割とこの種のことには寛大なんですねー。あきらめ、ともちょっと違うかー。「お前が日本語変だからだろ」とかゆー突っ込みは、ちょっとあっちに置いといてー。

たとえば「こちらきつねうどんになります」ってゆー日本語ありますねー。あれも気持ち悪いなー、いーかげんにせーよ、と思ってたんですが、「問題な日本語」って本を読んでたら、あれは「(あなたの想像とは違うかも知れませんが、こちらが)きつねうどんになります」とゆーニュアンスをこめた表現ではないか、という指摘がされていて、なるほどー!と思ったんですよー。

つまりですねー、どんなへんてこりんな日本語であれ、それはおそらく「そうなるべくしてそうなった」とゆー理由があるはずなんですねー。それがろくでもない理由かどうかはともかく、おそらく「こういう理由でこういう表現が生まれたのか」ということがあったはずなんですよー。

そー考えると、案外とどんなにへんてこりんと感じる日本語でも、突き詰めれば「なるほど、そーゆーことかー!」とゆー新たな発見があるのかもなー、と思ったんですねー。なので、へんてこりんな日本語も、頭から「変!却下!以上」としないで、「これはなんでそーなったんだろー」と思うよーになってしまいましたー。そーすると、あんまり気にならないんですねー。意外と「あれ?こっちのほーが、表現としては便利かも?」と思うこともあったりしてねー。意外と「変な日本語」って、今の時代に便利にできてるのかもー? だからそーゆーのが生まれたんでしょーねー。

はーい、よく耳にしますよー。ファミレスに限らず、最近は割りとまともそーなレストランでも、けっこーへーきで使ってたりしますねー。

どんな印象か?といわれると、んー、「バイトだなー」って感じですねー。正社員でその仕事に誇りを持ってる人、とゆー感じはしないですねー。「こうしろといわれたからしてますがなにか?」ぐらいの感じなのかなー、と。バイトの子に、それ以上を望むのは無理かー、と。

ただ、割とこの種のことには寛大なんですねー。あきらめ、ともちょっと違うかー。「お前が日本語変...続きを読む

Q配当可能利益の範囲内であれば、発行してる自社の株式すべての株数を買い入れすることが出来るのですか?

自己株式の買い入れを決議する際に、買い入れする自社株の総数を決定しますが、配当可能利益の範囲内であれば、「発行してる自社の株式すべての株数を買い入れする」と決めることが出来るのですか?
また、会社が、発行している(役員以外の株保有者から)自社株を買い入れ、 それを消却し、結果的に役員(代表取締役)のみが自社株を保有することは可能ですか?

Aベストアンサー

自信なしですが、全株を金庫株で取得してはいけないとは商法上記載されていないと思います。
ただ、全株を金庫株ということは、その時点で議決権を有する株主が不在となりますので、その
後の増資なども困難となることから、理論上あり得ないと考えます。
また、自己資本>配当可能利益ですので、全株を取得した時点でどの株主にも帰属しない資本が
残ることになります。この点で株主→会社への受贈益課税が発生すると考えます(自信なし)。

後段の部分については、可能でしょう。
但し、取得割合によっては極端に財務内容が悪化するため、その後の企業運営に支障をきたす
可能性があります。

最後に、いろいろなカテでご質問されているようですが、もう少し全体像を明確にされた方が
有効な回答が得られると思います。
また、前のカテと重複するような質問の場合は一回締め切ってから、次の質問をするようにしてください。

Qアニメご注文はうさぎですかは2期までですか?それともまだ、ありますか?

アニメご注文はうさぎですかは2期までですか?それともまだ、ありますか?

Aベストアンサー

うわさでは・・・
ご注文はうさぎですか?3期製作決定!
2017年秋より放送開始予定

だそうです。

Q未公開株の発行株数

未公開株の売り込み勧誘が盛んにあります。その一つに1株30万円として株数を申込むよう用紙が同封されており、会社の業務内容、代表者、売上高、利益、取引銀行名などは掲載がありますが、既発行株数の説明がありません。
会社規模から考えて,募集口数は多くないだろうに(募集株数の説明も無い)、何故私のところへ?と訝ります。皆さん如何思いますか?

Aベストアンサー

 最近アース製薬の事件が報道で取り上げられていますので参考になさってはいかがでしょうか。

 この場合、確かに上場して本当に株式を入手した人もいるようです。但し、本来の公開価格の何十倍もふっかけられ、実際には公開価格より何十%しか騰がらなかったため、結局は大損だったようです。
 この場合には詐欺とも言えないでしょうし。

Q消費税代金引換でのご注文が3月で到着が4月1日以降

消費税増税の件で教えて下さい。
代金引換でのご注文が3月で到着が4月1日以降の場合は何パーセントでしょうか
注文は3月で支払うのが4月になるのですが‥‥
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

売買契約が成立した時点での税率になりますので、5%とするのが基本です。

ただ、具体的な取扱いは業者により異なり、注文受付時点を以て売買成立とする事業者と、宅配業者引き渡し時点を以て売買成立とする事業者があります。これにより扱いも変わってきます。

中には、発送にかかる日数を見込んで27日頃で切ってしまい、以降の受付を8%で扱う例もあります。

このため、質問者のケースがどうなるかは、あらかじめ販売事業者のホームページ等で確認するひつようがあります。

Q一株あたりの利益(EPS)はどこへ行くの?

一株あたりの利益(EPS)はどこへ行くのでしょうか。
一株あたりの純資産(BSP)へ行くと思いますが、四季報を見ても実際は行っていませんよね。

例えば、A社の昨年のBPSは300円としましょう。
そして、今年のEPSは15円と確定したとしましょう。
そしたら、今年のBPSは315円となるはずです。

しかし、四季報では全然違った数字で表記されます。
本当はBPS315円と表記されるのですが、298円とか280円とか表示されますね。
そして、株価純資産倍率(PBR)が1と割ってしまいます。
何故でしょうか。

また、BPSが300円として、EPSが30円、50円、80円となった場合、株価はどのように影響されますでしょうか。
やはり、PBRが 『必然的』 に2倍、3倍と騰がってくるのでしょうか。

あと、EPS15円としますが、その15円はどこへ行くのでしょうか。
企業自身が自分で儲けた利益を自分の株価に15円分充てなければいけないでしょうか。

Aベストアンサー

>例えば、A社の昨年のBPSは300円としましょう。
>そして、今年のEPSは15円と確定したとしましょう。
>そしたら、今年のBPSは315円となるはずです。
いつそんなこと決まったの?それでは、利益を配当もしないで内部留保するだけでしょ?

EPSの使い方は、例えば、当期純利益10億円のA社と100億円のB社があったとして、B社の株式数がA社の10倍なら1株あたり利益は同額であることがわかります。そんなものです。

PBRも一定の計算法で会社を比較しようというものです。

純利益から配当したり、役員賞与を出したりします。また、資産が増えるということは内部留保しているだけで、会社の発展性を疑ってしまいますが、どんなものでしょうね。

利益を出している会社の株は、基本的には上がるのですが、前期、前前期から比較して伸びているのか、そのほうが株価に与える影響は大きいと思います。

Q居酒屋で働いてるのですが、最近飲み放題を導入して何名様かご注文いただき粗利率が、大体65~75%ぐら

居酒屋で働いてるのですが、最近飲み放題を導入して何名様かご注文いただき粗利率が、大体65~75%ぐらいです。この数値って少ないですか?そんなものなんでしょうか?
ぜひ飲食店の経営者さまや従業員さん、経営コンサルの立場からご意見お聞かせ下さい。
ルールと致しましては、90分で1680円(税込)。
30分前にラストオーダー。
延長料金は1時間550円
2名様からご注文OKです。
少人数で来店される方が多いので、2か3人が平均人数です。

Aベストアンサー

原価率30%以下なら望ましい経営が成り立つのが、大体の飲食業。
粗利率70%以上

65~75%の粗利率なら望ましい。

人件費が大きな割合を占める業種(IT、派遣業)なんかでは、粗利率20%以上でも難しい。

Q「発行済株式数」と「上場株式数」の違いは?

お世話になります。

「発行済株式数」と「上場株式数」とは、同じものでしょうか? それとも別のものでしょうか?

ヤフーファイナンスの銘柄情報では「発行済株式数」とあり、私の使うEトレード証券HPのハイパーEトレードの銘柄情報では「上場株式数」とあります。

たとえば、1840土屋ホームを例にとると、ヤフーファイナンスの「発行済株式数」では「24,655,118株」とあり、ハイパーEトレードの「上場株式数」では「157792百株」とあります。

かたや2460万株、かたや1570万株で、かなりの差があります。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>ハイパーEトレードの「上場株式数」では「157792百株」とあります。

これが間違えているとしか思えません。
この会社の発行済み株式数はヤフーファイナンスのデータで、ここ数年変わっていません。

あとひとつの可能性は、株主資本と読み違っているのかもしれないということです。株主資本の単位は百万円ですが、「157792百株」この数字に近いです。

もう一度、ご確認下さい。

Q普通、一ご注文につき送料・代引き手数料として・・・といと??

●一ご注文につき送料・代引き手数料として全国一律735円を頂戴いたします。

・・・というと、1回の注文でいくつ買っても735円?
それとも、買った商品の数につき735円がかかるということですか??
例えば2つ買ったら735円×2・・・?

いまいち読解できません。
よろしくお願い致します。
ちなみに自分は後者と思ったのですが・・・・><

Aベストアンサー

この場合は前者でしょう。
「一ご注文」というのは「1回のご注文」という意味で、
一回の注文の中には5つの商品があってもよく、
hana0521さんが考えた後者の場合には
「一商品につき」というふうにかかれると思います。

いくつか欲しい商品があるのなら、一度に頼んでしまえば
送料は735円で済む、ということになると思います。

いいお買い物を!

Q発行株数と株価

発行株数と株価は、新規上場する前に、誰が何を根拠に決めているのでしょうか?

もう1つ質問なのですが、
その後、需給関係で株価が動くと思うのですが、買いが多くなり、株価が上がると、その会社にどんなメリットがあるのでしょうか?

逆に買い手がなくなり、極端な話、株価1円になったとしたらその会社はどうなりますか?

とんちかんな質問かもしれませんが、根本的な事が分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 発行株数は、会社のしかるべき部署で検討され、取締役会・株主総会等にて
機関決定がされる。ということだと思います。
 株価は、企業のEPS(一株あたり利益)等の指標をベースに、
市場の需給関係により、EPS*X倍・・・といった形で、その時々決まっていくのでしょう。
 まあ、当初の発行条件は、やはり会社で決めることになりますが、発行株数に対する申し込みが充足される程度で、なるべく高めに・・というのが企業の望む姿になりましょうか。
 株価の上昇は、資本市場から効率よく資金調達できるというメリットのほか、買収対策として(経営者が内部の資産を有効に運用していることを示す)の効果も期待できます。
 株価1円ともなれば、資金調達の効率が著しく下がるだけでなく、企業の信用などにも影を落とすことになると思います。 企業の本質的な価値より、値動きの荒さで買われるような株になっていくのでしょう。
 そうした会社にはブラックストックがつきまとい、企業の本質的価値をしゃぶり尽くして捨てられる・・・みたいな話はよく聞きます。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報