いつでも医師に相談、gooドクター

歴史って結局大昔の人が書いた字や絵、化石や言い伝え、埋まってた物から予想して導き出した仮説でしかないですよね?
たとえば、西郷隆盛が生まれたのが1827年。1877年に死んだらしいのでたった130年前の事。それなのに似顔絵が別人を参考にして描かれた物だったそうではないですか。
たかが百数十年前の事ですらあやふやなのですから、それを考えると江戸時代以前のことなんてもう空想の世界のお話ですよね。
極端な話ですと、織田信長が実在しない可能性もありえますよね。

恐竜が居たのではないか?と言うのや、縄文土器、竪穴式住居等は彫ったら石になって出てきた物ですからある程度信憑性がありますが、書物を信じる信憑性というのはどうなんでしょうか?(誰かが作った物語の可能性も)

科学や物理と言うのが教科書に載るのはかなり研究され信憑性が高くなったものばかりだと思います。故に教科書が覆る事はまず無いと思います。逆に言うと研究中のものや、覆る可能性のある物は教科書に適して居ないと思います。
しかし、歴史の教科書と言うのはちょくちょく覆ってますよね?

なぜそんな信憑性の無いものを義務教育で習うのでしょうか?そんなにちょくちょく変わるもので、誰かの空想かもしれないものを義務教育で何年も習う必要性って何なんでしょうか?
しかも、年号丸暗記や人名丸暗記、出来事丸暗記で、試験が終わればほとんど覚えてないのではないでしょうか?

歴史の重要性を教えてください。

gooドクター

A 回答 (20件中1~10件)

歴史とは、国家や民族の物語です。

年号を憶えるのが歴史の勉強ではありません。
歴史は繰り返します。過去を学ぶことは、未来を知ることです。所謂ところの「温故知新」です。歴史から学ばないものは、同じ過ちを繰り返します。
しかし、歴史は勝者によって作られます。敗者は悪者にされたり、歴史から抹殺されたりします。現政権の正当化や国家や民族の自負心に使われます。従って、教科書の歴史が正しいとは限りません。偽りの歴史からは何の教訓も得られません。自分のついた嘘に騙されて被害を被るのは自分自身です。
人間は100%本当のことは言いません。特に当事者は、自分に都合が良いように脚色した
歴史研究は、犯罪捜査に似ています。偽りの歴史は矛盾や謎ばかりで辻褄が合いません。例えば、日本の古代史等も物語が無い意味不明の歴史ですが、これは嘘があるからです。今の日本古代史は天皇家一元説・皇国史観に基づくものです。九州王朝を想定すれば、矛盾は無くなり十分納得の行く物語が生まれますから、九州王朝はあったのでしょう。戦前に九州王朝の滅亡の歴史が分かっていれば、日本が大陸で戦争することは無かったでしょう。
今は第2次大戦は勝った連合国側のアメリカなどが正義となっていますが、100年後は変わっているでしょう。戦争に悪も正義もありません。ナチが行なったといわれるホロコーストなども漫画のような話です。事実ではないでしょう。
よく失敗しても原因を考えず、言い訳を考えたり人のせいばかりする人がいますが、国家も同じです。中共・韓国などは特に歴史を歪曲して自己正当化しています。謝罪や賠償を要求してきていますが、正しい歴史を知らないと、簡単に騙されてしまいます。歴史を勉強していれば直ぐに矛盾に気付いて騙されません。日本人が歴史を知らないと国家が滅ぶことも考えられます。
人類の歴史は闘争の歴史・戦争の歴史です。そして勝ち残るためには歴史の知識が必要です。
    • good
    • 10

> 年号丸暗記や人名丸暗記、出来事丸暗記



それはあなたがそうしているというだけです。
丸暗記に走る人ほど理社は苦手なものです。
得意な人は、まず大雑把なことから押さえますので、試験が終わっても細かい年号以外は殆ど覚えているのです。
そうでないと(あなたの仮説通りなら)、例えば高校入試を受ける直前に、中学の社会全部を暗記し直さなくてはなりません。

仰るとおり織田信長などいなくたって構いません。
でも、歴史の流れはまぁあんな感じだったのですよ。
重箱の隅にだけ注目して年号だ事実と違うだと言ってみても無意味なのです。
歴史で学ぶべき事は、もっと大まかな流れなのです。
良くできた問題は丸暗記では解けないでしょうね。
嘘だと思うなら、年号表を見て良いから良問を解いてみてください。

大まかな流れと言えば、
そこ力も付けてきたあそこやそこの国が、しきりにどこかの国を悪者にして不満のはけ口にしようとしています。
こういう右傾化は相手の国の右傾化を呼ぶのですよ。
その相手の国も、歴史をきちんと学んでいない人が多くて、他国の右傾化に対して自分が右傾化してしまっています。
歴史を勉強していないから気が付かないのです。(丸暗記はしたかも知れないけど)
こういう事実があるからあっちの主張は間違いだ、等と10ある事実のうちのいくつかがそうであったというだけで10全部がそうであるかのように言うあっちの国の人もこっちの国の人も両方重箱の隅しか見えないおバカさんなのですよ。
そうそう、あっちの国の人が、教科書で習ったからあれはうちの領土だ、なんて言っていますが、あなたの態度の一部は見習って欲しい物ですね。

それと、
信憑性というのなら、理科の方がずっと怪しいですね。冥王星が惑星でなくなったばかりでしょう。
信憑性は高くはないですよ。というか、嘘だと判っていることもいっぱい載っていたりします。でも、大まかには良いかぁというだけのこと。
数学も判らない。
国語は文学教育と国語教育を混同して奇妙奇天烈なことをやっています、英語も国語も教え方はまず間違いですよ。
体育の指導なんてなってはいないし、音楽もそう。たぶん美術も技術も家庭科もそうでしょう。
    • good
    • 5

16です。


そもそも歴史が面白いなんていう感覚は、マニアックです。ロックが好きでもない人にいくらこれはいいといって聴かしてもだめだし、聴かされるほうもたまらない。だから、教育ではつまらないことやってるんでしょう。

ところが、マニアックに分け入ると、歴史とはすなわち生物学地学的要素を多分に含んでいるんですよ。たとえば、疫病の流行が国家の存亡にかかわったとか、天変地異が政治を変えたとか、いろいろあるわけです。

そういう、人間の営みというものを広い視点で捉えることができるのが、歴史の重要性だと思いますよ。これは人間学といってもいいです。
    • good
    • 1

#6さんに対する、質問者さんの返答


>何故当たり前のように歴史を義務教育で勉強することになっているのかが不思議なんです。

が質問者さんの本質的な質問だとすると、まず歴史を勉強させることが国にとって有益であるということでしょうね。近代国民国家の成立にあたり国語と歴史はは非常に重要な教科でした。言葉を共有し、過去を共有することで国民のアイデンティティ・愛国心を育てようということです。

現代の日本ではピンとこないかもしれませんが、中国・韓国を例に取ると分かりやすいかもしれません。彼らの歴史があっているのかは知りません。ただ「ご先祖様は日本に酷い目に遭わされた。日本人はなんて悪いんだ。」と教えます。そうすることで多少政府に不利な情報があったとしても、話をそらすことで国体が維持できますね。

では、現代日本では「そんなたいそうな意味が強化としての歴史にはないんだから一掃のことやめてしまえば?」と思われるかもしれません。
しかしそうはいきません。他の国は歴史を教えていますし、自国の歴史や文化を話すことは一種の自己紹介みたいなものですから。それゆえ仮に簡単な自国の文化・歴史を紹介できないようでは、相手に信頼されません。

それにしても、暗記することが細かすぎないか?確かにそうかもしれません。しかし残念ながらこれは社会科の教師の力量不足と言うしかないでしょう。
テストは覚えれば点数が取れるので、歴史=暗記という図式が生まれるのでしょう。#14さんが仰ってますが

>歴史も英語も暗記するのは「手段」であって「目的」ではないんですよ

まさにその通りだと思います。用語・年号を覚えてどうするか?それらを論理的にくっつけていく作業をしなければいけません。
例えば小中レベルなら、「豊臣秀吉の死後、徳川家康と石田光成が関が原で戦い、勝った徳川家康は征夷大将軍になり江戸幕府を開きました」、高校レベルなら、「何故、家康、光成が戦うことになったか」とか「何故、家康が勝った」などの理由もくっついてきますね。つまり、歴史は論理的思考を養うものであるといえます。それは理数系の数字や記号を用いたものではなく、言葉を組み立てて証明していくものであるといえます。

そう考えると国語で考える論理よりもずっと易しいかもしれません。そして論理的に説明するには、判断材料は多ければ多いほどいいですしね。

日本人は議論が苦手と言われます。性格的なこともありますし、議論する場が学生時に少ないのも原因ですが、言葉を使って論理的に説明する練習が不足しているのも原因として挙げられています。社会科教師には暗記力を問うだけでなく、論述問題も試験でもっと出す必要があるのでしょうが・・・採点がめんどくさいんでしょうね。


長くなりましたがもう少し続けます。
多くの人は好きになったら、そのものことがもっと知りたくなるのではないでしょうか?例えば、「とあるバンドが好きになりました。そしたら、昔にだした曲が知りたい。インディーズ時代に出した曲が知りたい。」または「あるスポーツチームのファンになりました。だから過去の戦績とか、所属選手も知りたいです。」こういうのも過去を知ると言うことでは歴史に変わりありませんね。

我々が身構える歴史と言うのも、これと本質は変わりません。ただ興味の対象が広まっただけです。「我々が生活を営んでいる社会が知りたい。」という興味です。歴史とは本来ここからスタートしています。そして教科として歴史が消えても歴史学や歴史家が消えることはないでしょうね。

質問者さんが指摘されているように、歴史学は不安定な学問です。次から次へと発見のたびに塗り替えられていきます。しかし、理数系のように新しいものを発見するよりは、過去に埋もれていたものを再発見する方がより簡単なのではないでしょうか?

また歴史学はいかに歴史と言う手段を用いて、相手を納得させられるかと言う学問でもあります。そういった意味では論理学・修辞学とも言えますね。多くの人が納得できればそれが定説となります。が小さな発見で多くの人を納得させられるだけの、歴史が書ければ定説が180℃変わります。

しかし、共通認識(前提条件)は疑うのはあまりに無意味なことです。数学で1+1=2であるように(証明できるらしいですが・・・)、ナポレオンがいたと言うことを疑うのは、あまり頭のいいことではないということです。多くの史料にナポレオンの存在が記されていますが、存在を否定してしまっては史料も否定してしまうことですから。

歴史学で用いる史料は過去に存在した全てのものが対象になります。日記、手紙、出納帳や目録はもちろん、絵画、小説、家具等も重要な史料です。さらに言うなら『ドラえもん』すら昭和40年代の社会状況を知る上での史料となるのです。それらを科学的に(論理的に)考察し、過去を再構築するのが歴史家の役目であります。

歴史家ほどでないにせよ、過去のものを用いて科学する。それが歴史と言う教科が、現在求めているものなのではないでしょうか?
    • good
    • 4

はっきりいって、無意味だと思います。

いえ、それに近いといえるでしょう。

初等中等教育で、絶対に必要なのは、国語算数数学です。これを怠れば、国が滅びます。文字情報と数情報を処理できないのですから。

ところが後の科目は、重要性から見て、まったくこの2科目には及びませんし、不要とさえ言ってもいいでしょう。ほとんど趣味のようなものです。ですので、歴史は他の教科と同様の、教師を擁護するためのものなのです。

しかし、趣味に徹すると、これは面白いし、人間をもっとも豊かにするものである。世界全体像と古今の関係が現在と結びついて理解できるのです。ほんとの教養人には絶対必要です。
    • good
    • 6

ピラミッドの建技術は、最新の建設技術の基礎です。



律令政治が無ければ今の政府や内閣は存在出来ません。
政治も、過去を大いに教訓にしています。

ヒトラーを歴史で勉強し、
これを教訓としなければ、
今なお軍事ナショナリズムが台頭し、
世界は滅んでいます。

科学や物理も、歴史があります。
1人が築き上げた理論ではありません。

数学にしろ、ピタゴラスの時代から伝承され、進化しているのです。

ニュートンが物理理論を作り、これを参考にケプラーが軌道理論を構築します。

貴方が今使っているパソコンも、
何万個ものリレーを電気で、
「オン」「オフ」させて足し算をさせたのが最初です。

全てが、昔の人の努力や文書の伝達でもって
現代の文化、技術が存在出来ると言う事です。

5年前のパソコンより今のパソコンは進化しています。

>歴史の重要性を教えてください。
我々は、これらを勉強し、更に前に進むと言う義務があります。
過去に(歴史に)こだわる必要はありません。

勉強家のようですから、
どんどん勉強し、前に進んで下さい。^^
これも、人類としての義務です。
    • good
    • 1

私はちょっと違う方面からアプローチしたいと思います。



様々な資料が残っている織田信長に比べて、質問者さんのひいおじいさんとかひいひいおばあさんなんていうのはその実在を示す証拠はほとんど残ってないと思います。ですので、質問者さんのひいひいおばあさんは実在しなかった可能性もあると・・・んなバカなことはないですよね。さかのぼれば、必ず歴史は存在するわけです。そうじゃなきゃ私たちは存在しないのですから。

また歴史というのは社会歴史だけではありません。数学には数学の歴史があります。例えば、ニュートン力学はほぼ「絶対正しい」と証明されています。しかし、織田信長の存在を疑問視する視点からすると、ニュートンなる人物の実在も疑わねばならず、当然、彼の理論も疑問の対象です。でも、そんなことをいちいちやってたら学問はちっとも進まないですよね。「ニュートン力学は正しい」という過去の論文を信用しないことには理論が前に進みません。
また、質問者さんは「地球が太陽の周りを回っている」と信じていると思いますが、それはなぜかというと、学校で習ったからですよね。でも、本当にそうかどうか検証したことはありますか。ないですよね。でも「頭のいい人たちが議論してそれが正しいってなったんだからそうなんだろう」って信じないと学問そのものが成り立たないんです。

また、「歴史は過去のことだからどうでもいいじゃないか」と解釈できるような発言をされていますが、そんな質問者さんでも、もし「広島の原爆ドームを壊して立派な商業ビルを作る」ってなったらたぶん反対しますよね。
もしJALの若い社員が「日航機事故なんて20年前のことで俺が入社する前のことだから知ったことではない」と言ったらふざけるな、って思いますよね。JR西日本の社長が「福知山線の事故はもう過去のこと。嘆いたところで死んだ人が帰ってくるわけじゃないんだから、早く忘れましょう」なんて言ったら怒りますよね。

確かに歴史を単なる暗記教科にしてしまった罪は大きいと思います。でも、表面上のことに囚われて本質までも否定してしまってはいけないと思います。歴史が重要なのは「知識を次世代に伝えるため」なんです。
また、教科書が覆る可能性があるのは社会科に限った話ではありません。理科だって覆ってしまう可能性は充分あります。例えば、飛行機が飛ぶのは揚力が発生するからだということになっていますが、揚力が生まれるメカニズムについては実はよくわからないところがあるんです。だから、ひょっとすると「揚力で飛行機が飛ぶのはウソでした」ってことになるかもしれません。もしかしたら、「死後の世界があることが科学的に証明されました」ってなってしまうかもしれません。乱暴なことをいえば、「絶対正しい」と言い切れるのは数学と物理学くらいで、あとは全部「仮説」にすぎないといってもいいくらいです。
ちなみに、質問者さんが「苦手」といった英語も暗記教科ではありません。本来は外国人とのコミュニケーションをとるためのツールです。単語や文法を暗記するのは算数を円滑に学習するために九九を暗記するようなものです。歴史も英語も暗記するのは「手段」であって「目的」ではないんですよ。
    • good
    • 2

 回答を書くのをものすごく躊躇させる、大変奥の深い質問なのですが、歴史学徒として、これを見た以上は無視するのもどうかな、と思って回答します。



1 自分がこの世に生きている意味を知る。生きていく上での指針になる。
 意識していようがいまいが(哲学や心理学には疎いですが、ユングの言う「集合的無意識」が関係するかな?)、自分がこの世で行動していることは、歴史に大きく影響を受けています。また、社会の成り立ちというか、今の世の中の仕組みは、歴史によって形成されたものです。誰もが歴史を引きずって生きているのです。この世における、自分の位置を知り、この世を生き抜くためには歴史の知識は不可欠です。それがなければ、羅針盤なくして航海に出るようなものです。

2 1と関係しますが、歴史に学ぶべき点は数知れずある。教訓が多い。
 人間の行いは、同じようなことの繰り返しと言えます。歴史を学び、過去の事例を知れば、現代人がどのような行動をすべきであるかを知ることができます。歴史を現代に生かすことこそ、歴史を学ぶ最大の意義でしょう。

3 国際化した社会だからこそ。
 自国の歴史をろくに知らない者は、外国人に軽く見られます。また、自分が関係する国の歴史を知らなければ、その国の人々に対する誤った判断をしかねません。

4 面白い。
 歴史を学べば学ぶほど、面白くなります。別に歴史に限ったことではなく、どの学問でもそうであり、勉強をすることは、人生の楽しみを増すことであり、勉強しないことは、せっかくの面白いことを知らずに、つまらない人生を送ることを意味します。
    • good
    • 1

こんにちは。




私も日本史や世界史を勉強した身として、興味深い話題でしたので参加。

こんなことを言うと歴史好きな方々から反発があるかもしれませんが、西郷隆盛がマッチョ体型だろうとガリガリのヤセ体型だろうと、聖徳太子が実在しても実在しなくても、モーセが海を割ったか割らないかなど、正直申し上げて、義務教育あたりではたいした問題ではない、と考えています。

なぜ小学校~高校でわざわざ歴史を教えるのか。

私個人の意見としては、
  歴史の授業とは、
  「正しい」歴史用語や出来事を覚えることではなく、
  歴史資料(書物や物品や遺跡)とそこから得られる情報を題材に
  社会システムについて考える力/ものの見方を身につけること
だと考えています。

たとえば倭国の王が中国隋王朝の皇帝に「日出(い)づる処(ところ)の天子、書を日没する処(ところ)の天子に致す」というメッセージを送ったところ「皇帝が無礼だと怒った」という記述があります。

しかし歴史を教える側としては、別にそういう資料情報を覚えさせたいわけではなく、こういう資料と、さらに他の資料を合わせて、当時の東アジアの外交関係という社会システムについて考えてみる、ひいては、現代の世界情勢など他の社会のシステム(政治、外交、文化、経済など)について考える力を身につけさせたいのだと思っています。

そう考えると、上のメッセージを送った「倭国の王」なる人物が、聖徳太子でも厩戸王子でも推古天皇でも蘇我馬子でも、あるいは朝廷とは関係ない九州の王だとしても、教育としてはさほど問題でもない(歴史学上では問題でしょうし、議論で盛り上がる話題ではあるでしょうけど)。

上の例の元ネタ。
    ↓
質問:隋はなぜ、聖徳太子の文面を容認したのですか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1571953


他にも、708年に和同開珎が作られたという記述および現物からは、どうして貨幣を導入する必要があったのか、また貨幣の導入による政治や社会や経済への影響などを考えることにつながりますし、1871年地租改正という資料と記述からは、当時の社会経済構造や、政策が社会経済に与えた影響と変化について考えることにつながります。

まったくデタラメな資料ではダメでしょうけど、「完全に正しい」歴史ではなくても現時点で有力だと思われる知見と資料を用いて教育をすれば、比較的妥当な「社会システムについて考える思考の枠組み」が作られるのではないでしょうか。


「歴史の授業の目的は、歴史や社会システムについて考える力/ものの見方を身につけること」という意見は、大学入試の問題をみてみますと納得できるかもしれません。東大・京大・一橋・筑波あたりの歴史の問題からは、

「細かい知識は暗記しなくていい、解答に必要な単語は与えるから、最低限の知識と資料から読み取れることを使って自分の頭で考えて解答してください(考える力やものの見方が身についているなら高得点できます)」

という意図が読み取れます。


事実は変化し得るものであるから、詳細に覚える必要は無い。それよりも考える力やものの見方が身についていることが重要なんだ、そんなメッセージなのかな、と想像していたり。

後世の研究によって歴史の年代や事実が変わった場合でも、その人が身につけた思考の枠組み自体にはそれほど影響はしないでしょうし、歴史そのものに対しても、自分で修正して歴史をとらえ直すことが可能になるのではないでしょうか。

社会→理科、社会システム→自然システムに変えれば、
理科科目(物理/化学/生物/地学)にも同じことが言えて、

社会でも理科でも、地理データや歴史資料、自然現象の観察データや理論的仮説などをもとに、社会システム/自然システムに対して論理的に考えることができる力を身につける、という点で、教育目的はさほど変わらないのではないかと思いますね。



ただ、歴史を題材に物事を考えるには必要最低限の知識はやっぱり必要であり、物理や数学で公式をいくつか身につけさせるのと同様に、義務教育までに、ある程度の歴史用語やその内容を覚えさせ身につけさせているのでしょう。

しかし結果として

「歴史の教育は年号丸暗記や人名丸暗記、出来事丸暗記で、
 試験が終わればほとんど覚えてないのではないでしょうか?」

と思い込んで過ごしていく人が多くなってしまっているのは、そして、授業やテストで歴史単語を覚えるというレベルで歴史の教育が止まってしまっているのは、

・(特に高校の)教科書に書かれている「身につけるべき」項目が多すぎるのか
・教えている先生に力が無い(あるいは歴史は暗記だと勘違いしている)のか
・上の学校での歴史教育にそなえて、生徒に基礎知識を叩き込むのが主目的なのか
・教わるほうがダメ過ぎて、基礎知識を身につけるレベルが限界だったのか

どれが原因なのかはわかりません。


少なくとも、「歴史=暗記もの」だと勘違いしている人や、ただの「歴史ネタ好き」の人は、歴史教師には向いていないと思っています。前者の先生の歴史の授業を受けても面白くないでしょうし、後者の先生の授業は面白いかもしれませんが全く役に立たないでしょうね……。
    • good
    • 3

歴史は勝者のものです。

聖書がかかれたのも1300年ころ、忘れましたがある国の王がつくったものと聞いています。その時代の支配者にとって都合の良いようにつくられたものです。モーゼが杖を振り上げたら海が割れたというのも、干潮と満潮の関係で、干潮のときに海を渡って、追いかけてきた軍隊は、満潮になるときに渡ろうとして渡れなかっただけと聞いています。アメリカは本当は月へは行っていないとも言います。国の政策として、いつも策略を練っているのです。支配者はいつも国民をどう操作するかを考えながら行動します。人類は傲慢です。歴史は勝者がつくるものと思っていれば、悩むことはないのです。歴史はあなたが必要な人生をおくっていれば大切ですし、私のように自然体で生きている者からみると生きる上で何の関係もありません。政治化のやることを見てごらんなさい。一体どこに真実があると言うのでしょうか?
国の都合で政策を決めたり変更したり、総理大臣が変わったら「恒久減税」などどこかへ吹き飛んでしまいました。あなた自身があなたの人生を満足して生きればそれで良いのです。私たちはこんな話をしていられますが、今イラクでは・・アフガニスタンでは・・レバノンでは・・とんでもないことになっています。イスラエルというユダヤ人の国を無理やりつくったことで戦争ばかりです。イスラエルという国をつくるためにドイツにユダヤ人抹殺を吹き込んだのはユダヤ人です。600万人ユダヤ人大虐殺も真実ではないし、誇張されています。悲劇の民に国を与えるのは誰でもすることです。それを仕掛けたのはユダヤ人です。世の中はおかしいのです。今回の人類は失敗作です。もしかするとイスラエルという国は地上から消えて無くなるかもしれません。第三次世界大戦。いずれイランの核が使われるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

歴史の教科書による情報操作もありえるでしょうね。
今中国?韓国?が教科書訂正しろって言ってきてるぐらいですし、竹島が本当はどちらの領土かなんて、どっちがうそついてるのか判断するための情報すら怪しいですからね。

ただ、情報操作のための教科としたら変更が少な過ぎかな?とは思います。

お礼日時:2006/08/21 11:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング