就業規則の不利益変更

就業規則の不利益変更について
賃金・休日等について就業規則上別に定める
となっている場合、別の定めが不利益に変わる場合
は、個別交渉・団体交渉は必要ないか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ご質問の内容に関し結論を出すには、ある程度確認させていただきたい事項がありますが、ここでは小生の判断する一般論及び過去の判例よりの考察をアドバイスとさせていただきます。



 まず、賃金や労働時間等労働条件の決まり方は、次の3つに分けられます。
(1)使用者と労働者との話し合いによる個別労働契約によって決まる場合
(2)使用者が制定する就業規則によって決まる場合
(3)使用者と労働組合との間の労働協約によって決まる場合

(1)の場合は契約自由の原則に則り法の定める水準以上の契約内容であれば、特に問題ありません。

(2)の場合は就業規則の制定権者は使用者であり、その就業規則を通じて「賃金減額」を行う場合、すなわち使用者の一方的な賃金の不利益変更が労働者に効力を及ぼすのかどうかが問題ですが、この問題については、過去の判例[最高裁大法廷の秋田バス事件(昭和43.12.25判決)]等により次の通り解されます。就業規則を制定・変更するのは使用者ですが、賃金等の労働者にとって重要な権利・労働条件に関して実質的な不利益を及ぼす変更(不利益変更)については、その不利益が労働者に受認させることを許容できるだけの、「高度の必要制に基づいた合理的な内容」でなければならないとしてます。そしてその高度の必要性はかなり厳格(会社側に厳しく)に解釈されています。
 因みに最高裁大法廷の秋田バス事件(昭和43.12.25判決)では、就業規則の変更によって「労働者の既得の権利を奪い、不利益な労働条件を課すること」は原則として許されないとし、労働条件の集合的処理、特にその統一的かつ画一的な決定を建て前とする就業規則の性質からいって「当該規則事項条項が合理的なものである限り」個々の労働者がこの変更に同意しなくても、変更後の就業規則の適用を拒否することは許されないと判示してます。したがって、就業規則変更による労働条件引き下げの効力については、その変更が「合理的」なものであるかどうかが決定要件であると解されます。
 さて、ここで言うところの「合理的」ですが、私見の例えを申しあげれば、ポジティブな施策に万策つき、やむを得ずネガティブな施策な面として、客観的にみて充分なる諸経費の削減をした・旅費規定に定めるところの日当の減額または廃止変更をした・早期退職優遇制度を導入した・賞与の支給基準を業績に応じ相応に見直した・一時帰休を行った等あらゆる施策を実施し、その上で会社経営の危機的状況を鑑み最終的に生活給である「賃金の減額」に手をつける場合を持って「合理性有り」と考えられると思います。 


(3)の場合は、労働組合があり、使用者とその労働組合との間で賃金減額の労働協約が締結されている場合は、その協約に拘束されます。個人の意志よりも協約の内容が優先されます。(労働協約の規範的効力)ただし、労働協約は原則として組合員にしか及びませんが、例外的に事業場の同種の労働者の4分の3以上が一つの協約を締結した場合は残りの4分の1の労働者も拘束されます。(協約の拡張適用)

まとめ(結論)としては次の通りでしょうか。

【1】労働協約がある場合(4分の3以上の労働者が加盟する労働組合との労働協約)賃金減額の労働協約を締結されていれば、その内容に従う他ありません。

【2】前記以外の場合は、賃金減額をしなければならないほどの「高度の必要制に基づいた合理的な内容」がその会社にあるかどうかで決まります。今回のご質問の場合では、会社の業績がどの程度悪いのか、労働者の不利益の程度(賃金カットの額とその期間)、充分労働者側と話し合いを行ったか等々が総合的に判断要件となるでしょう。

いずれにしても、就業規則の改定は、法律上法令に違反しない限りにおいて会社ができるわけですが、会社は従業員の協力がなければ、経営が順調にいくことは困難です。そこで、会社は従業員に対して会社の実情、就業規則改定の趣旨と改定の必要性を充分説明して、改定について理解、納得を得た上で実施する必要があります。現日本経済環境を鑑み、企業によっては従業員側も甘受しなければならない状況もあると考えられます。
    • good
    • 0

非常に難しい問題です。



就業規則というのは、会社が一方的に定めることができます。労基法第90条1項により、組合代表者(組合がない場合には過半数労働者の代表)の意見を聞くことになっていますが、仮に就業規則の改定に反対意見を書面として添付しても、就業規則の改定そのものは有効です。ここのところがよく勘違いされるのですが、就業規則というものは、あくまでも会社が定めるものなのです。組合員でない管理職などの労働条件変更は、実務的には、この手法が取られます。

ところが、問題をややこしくしているのが、労働組合があって労働協約をむすんでいる場合はどうなのか、と言う点と、会社が一方的に定める就業規則の改定において労働条件の不利益変更は無制限に認められるか、という点です。

まず、労働組合があって労働条件に関して労働協約を結んでいる場合ですが、これは、会社と労働組合が労働条件について合意している内容を変更するわけですから、変更にあたって、会社と労働組合が変更点について合意する必要があります。組合がある場合には、通常は、このプロセスを経て就業規則を改定します。したがって、両者が合意しているわけですから、不利益だからダメという問題は通常は発生しません。いやなら合意しなければいいんですから。

次に、労働協約の変更ではなくて会社が一方的に改定する場合、不利益変更は無制限に認められるかということについては、最高裁の判例もあるくらいに、判断が難しくなります。ようするに、その改定が「合理的」かどうかが、裁判になった時にはポイントとなります。合理的であれば、不利益変更であっても有効であると判断しています(逆に合理的でないとすると、無効ということになります)。
何が合理的かどうかは、きわめて難しく個別の判断となります。会社の状況や不利益の程度、代替措置の有無、従業員に対する説明等、といった点が判断材料となります。ありていに言えば、不利益の内容が、会社の経営状態や世間の動向などから言って、常識的であるかどうか、としか言えません。

なぜ、変更するのか、納得のいく説明を会社に求める、というのがとりあえずのスタートだと思います。それでも納得できない、というのであれば、労働基準監督署などに相談されるのがいいと思います。

くれぐれも申し上げたいのが、この時代、不利益変更は絶対ダメ、というのは、まず受け入れられないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私どもは労組はありますが、加入率2割程度。
労働者の代表者も選任されていない状況ですので、
非常に難しい問題となっております。
今後検討をしてみます。

お礼日時:2002/03/14 12:05

労基法第90条1項により、就業規則や、賃金・休日等について就業規則とは別に定める規定を改正する場合は、労働者の過半数で組織する組合がある場合はその組合の、組合が無い場合は過半数の労働者を代表するものの意見を聞かなければならない事となっていて、又、労基法第90条2項により、この改正した規則を労基署へ届け出る時には、前項の意見を記した書面を添付しなければならないことになっています。



この件に関連した解説が、参考urlにありますから、ご覧ください。

参考URL:http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/12-Q06B1.htm
    • good
    • 0

 労働基準法第90条には、「就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては、労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない。

」と規定されています。

 したがって、変更内容が不利益であっても、利益のないようであっても、使用者は労働者の意見を聴かなければなりませんので、組合がある場合には団体交渉での交渉事項となりますし、組合がない場合には労働者の過半数を代表する方と交渉をすることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
非常に助かりました。
労働基準法第90条を読んでみます。

お礼日時:2002/03/11 19:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年賀欠礼 会社用の文章例

年賀欠礼 会社用の文章例などあれば教えて下さい。

探しているのですが、みあたらなくて。。。

個人用なら分かるのですが、会社用(社長や会長)が亡くなった場合はどのような文章で出せばよろしいのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。一例を…
--------------------------------------------------------------
 弊社 、社長(会長)儀、社葬に際しましてはご多忙中にもかかわらず遠路わざわざご会葬いただき、ご厚情のほど誠に有難うございます。
 誠に勝手ではございますが、弊社におきましては喪に服したく、年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げたく存じます。
 本年中に弊社に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに、明年も変わらぬご交撰誼のほどお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------
 使える部分がありましたら使ってやってください。(作成の際は、「、」「。」は省いてください。)

Q就業規則の不利益変更に伴う訴訟とは

就業規則の不利益変更に伴う訴訟には、どのような事務作業が、訴える側・訴えられる側の双方にに生じるのか、教えてください。

やむを得ない理由があり、就業規則の不利益変更(給料の減額)について、労働者と根気よく話し合いを行ったのですが、過半数を代表する労働者からの同意は得られたものの、結果的に5名の労働者からなる労働組合とは同意に至りませんでした。それで、改正規則を施行したところ、その労働組合から「労働委員会に訴える!」ということになったのです。
(改正が有効か無効かの判断は、最終的に司法の判断であると認識していますが、労働委員会は行政機関ではないでしょうか。その辺のこともコメントいただければ幸いです。)

毎度労働組合から、切り札のように出される「訴訟」という言葉ですが、今回がはじめての給料減額となることもあり、本当に言葉とおりになりそうです。
実のところ、経営の立て直しを行わなければならない中で、訴訟に時間を取られるのはかなり不安です。だからと言って、給料を減額しなければ倒産といった事態にもなりかねず、困っています。
ご回答をよろしくお願いいたします。

就業規則の不利益変更に伴う訴訟には、どのような事務作業が、訴える側・訴えられる側の双方にに生じるのか、教えてください。

やむを得ない理由があり、就業規則の不利益変更(給料の減額)について、労働者と根気よく話し合いを行ったのですが、過半数を代表する労働者からの同意は得られたものの、結果的に5名の労働者からなる労働組合とは同意に至りませんでした。それで、改正規則を施行したところ、その労働組合から「労働委員会に訴える!」ということになったのです。
(改正が有効か無効かの判断は...続きを読む

Aベストアンサー

1 労働委員会は、使用者委員、労働者委員、公益委員会からなる組織で、労使紛争等の解決のため、斡旋、調停、仲裁を行います。これらが、不調に終わった場合に、裁判所への提訴が可能となります。労働委員会に持ち込まれた場合、事情説明を求められますから 多少の時間は取られるでしょうね。
2 一部の労働組合の反対ですが、就業規則の変更は、労働者の意見を聞くと書いてあるだけで、その意見に拘束されるわけではありません。労働者の過半数の賛同を得ていれば、なおさら問題はありません。ただし、この場合、使用者側とみなされる従業員=一定の管理職は除外されます。なお、労働組合としては、主張を認めさせるため、通常の賃金交渉などと同様に、ストライキをすることが出来ます。
 3 労働委員会や訴訟において、一方的な(過半数の了解を得ない)賃金カットの就業規則の変更が認められるかどうかは、そのことについて合理性があるかどうかによって判断されますが、会社の経営状況が苦しい(少なくても経常利益は連続赤字)、遊休資産の売却や取締役等の報酬カット等の経営努力をしていることなどは、合理性の理由とはなるでしょう。例えば、儲かっているのに給与引き下げしたり 労働者のみに負担を強いる場合は、合理性が認められない可能性があります。

 以上は あくまでも一般論に過ぎませんので、御社に当てはまるかどうかは、分かりません。

1 労働委員会は、使用者委員、労働者委員、公益委員会からなる組織で、労使紛争等の解決のため、斡旋、調停、仲裁を行います。これらが、不調に終わった場合に、裁判所への提訴が可能となります。労働委員会に持ち込まれた場合、事情説明を求められますから 多少の時間は取られるでしょうね。
2 一部の労働組合の反対ですが、就業規則の変更は、労働者の意見を聞くと書いてあるだけで、その意見に拘束されるわけではありません。労働者の過半数の賛同を得ていれば、なおさら問題はありません。ただし、この...続きを読む

Q会社での【部、課】は何といいますか?例、営業部、営業課

こんにちは、みなさん!!

会社で、部とか課ってありますが、これは英語では何と
いいますか?

調べると、department、division、sectionなどとあります。
どれが、正しいのですか?

例、営業部、営業課。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その企業の規模や組織構成によります。一概に課だからdivision
というふうには決められません。
>department、division、sectionなどとあります。
以下は一般例:
department
部門や事業部、大学の学部、官庁の省のようなカテゴリーで使います。
division
課、部、部門、事業部
section
部、課、係など一般のセクション

Q年間休日と就業規則について

私の働いている会社は、就業規則がありません。
そのため、年間休日も定まっておらず、お盆休みは愚か、有給休暇は0日です。
今現在で、月の休日は3.4日。(男性は2日)
計算してみると年間50日もらえるのかすら微妙です。

入社する時は、小さい会社なので就業規則をまだ作っていないとのことでしたが、休日は、土曜隔週と日曜祝祭日と聞いていました。
しかし、現状は土曜は全部出勤。日曜祝祭日もローテーションで毎月必ず出勤しなければなりません。


もともとは、今の社長と専務2人で始めた小さな会社だったのですが、
現在では社員50名ほどの会社に成長しました。
経営が順調で、軌道にのっているのは確かです。
女性も半数近くいるので、私と同じような不満を持っている者もいますが、社長のワンマン経営のため、目をつむって従っている状態です。

上司曰く、中小企業はそんなものだというのですが、
私はどうしても納得がいきません。
産休制度もないので、妊娠した女性は退職しました。
社長の前で、休みや有給の話をすると嫌な顔をされます。
有給有給言っている暇があるなら働け、と。
社長には何を言っても効く耳持たずです。

生理が止まったり、頭痛が続いたりしていて、
このままの状態では本当に体を壊してしまいそうです。
今も13連勤中。
疲れがピークに達しています。
何かできることはないのでしょうか…

舌足らずの文章ですみません。

私の働いている会社は、就業規則がありません。
そのため、年間休日も定まっておらず、お盆休みは愚か、有給休暇は0日です。
今現在で、月の休日は3.4日。(男性は2日)
計算してみると年間50日もらえるのかすら微妙です。

入社する時は、小さい会社なので就業規則をまだ作っていないとのことでしたが、休日は、土曜隔週と日曜祝祭日と聞いていました。
しかし、現状は土曜は全部出勤。日曜祝祭日もローテーションで毎月必ず出勤しなければなりません。


もともとは、今の社長と専務2人で始めた小...続きを読む

Aベストアンサー

まず社員50人で就業規則が無いのは違法です。
年休が無いのはもちろん違法です。
休日に関しては週1日が最低基準ですので、年間52週とすると微妙ですが、週休1日でも所定勤務時間が40時間を越えれば違法です。
中小企業の中でも比較的劣悪なほうだと思います。

それは分かっているけど、どうするかということですと、概ね以下の選択肢だと思います。
(1)このままガマンして働く。
(2)労基署に申し出る→是正されるかも知れない→会社からにらまれる
 (2)の1 それでもガマンして働く
 (2)の2 辞める(もしくはクビ)
(3)みんなで団結して戦う→是正してもらえなければみんなで(2)へ
(4)黙って辞める

結局、辞める覚悟で会社と戦うか、我慢するかのどちらかだと思いますが、それを決めるのはやっぱり質問者さん自身しかないと思います。
まぁ、こういう会社(社長)は例え労基署が入って見た目上は少しよくなったとしても、本質的には変わらない悪代官みたいなもんですので、これからもいろいろ出てくることは確かだと思います。
私なら(4)を選択します。

まず社員50人で就業規則が無いのは違法です。
年休が無いのはもちろん違法です。
休日に関しては週1日が最低基準ですので、年間52週とすると微妙ですが、週休1日でも所定勤務時間が40時間を越えれば違法です。
中小企業の中でも比較的劣悪なほうだと思います。

それは分かっているけど、どうするかということですと、概ね以下の選択肢だと思います。
(1)このままガマンして働く。
(2)労基署に申し出る→是正されるかも知れない→会社からにらまれる
 (2)の1 それでもガマンして働く
 (2)の2...続きを読む

Q会社定款にある事業目的の例

会社定款の中にある事業目的について調べています。
後、日本法令からでている本でも参考にしますが、先にどんなものがあるのか知りたいので事業目的例としてどんなものがあるか、できるだけたくさん教えてください。

Aベストアンサー

まず、本を買って読んで下さい。

会社目的はあまりにも数が多すぎますので、きりがありません。

あえて上げるのであれば、日本標準産業分類の「小分類」「細分類」当たりがほぼ使用できます。
http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/

Q就業規則における休日規定について

休日の決め方について、ご教示くさだいますようお願いいたします。

私が勤めております会社は、国から技術開発の助成金を受けております。
正確に言いますと、国から管理団体へお金が降り、その管理団体から委託という形で助成金を受けております。(この場合、正確には、助成金ではないと思いますが、質問には直接関係ありませんので、助成金とさせていただきます。)

このたび、管理団体へ監査が入るということで、管理団体が当社の就業規則の休日規定について、根拠を聞かれるかもしれないので、根拠を聞かせろと言ってきました。

そこで、質問なのですが、当社の休日の規定は下記のとおりになっております。
これを定めるにあたっては、特に問題と思うこともなく作成したのですが、休日規定を定める際に根拠って必要なのでしょうか?労基法には違反していないと思いますが、いかがでしょうか?
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。
※なお、当社、今のところ、パートタイマー等はおりません。
パートタイマー等を雇った場合は、別個にパートタイマー向けの就業規則を作成するつもりですので、「個別に定める」としております。

第18条(休日)
休日は、次のとおりとする。ただし、パートタイマー等に関しては個別に定める。
(1)日曜日(これを週1回の法定休日とする。)
(2)土曜日
(3)国民の祝日
(4)年末年始
(5)その他会社が指定する日

以上、私といたしましては、非常に理不尽な要求と感じておりますので、どうかご教示のほど、よろしくお願いいたします。

休日の決め方について、ご教示くさだいますようお願いいたします。

私が勤めております会社は、国から技術開発の助成金を受けております。
正確に言いますと、国から管理団体へお金が降り、その管理団体から委託という形で助成金を受けております。(この場合、正確には、助成金ではないと思いますが、質問には直接関係ありませんので、助成金とさせていただきます。)

このたび、管理団体へ監査が入るということで、管理団体が当社の就業規則の休日規定について、根拠を聞かれるかもしれないので、根拠を聞かせ...続きを読む

Aベストアンサー

どの会社も同様です。この通りで 別に問題はないと思われます。根拠を聞かれることもないでしょう。
ウチの会社は 年末年始は12月30日~1月3日と明記してあります。
なお、労基署からは 制定や変更に際し、従業員を代表する者の意見を聞いてますかとか、就業規則は従業員が常時見られるような状態になっていますかと 聞かれるかもしれませんが 助成金を出している団体等が そこまで聞くことはありえません。
ただし、助成金を出している団体よりも 貰っている会社・団体の規定が緩いと(例えば助成団体が隔週2日休みなのに 貰っている会社等が完全週休2日等) そんな余裕のある会社等に助成金を出す必要があるのか等の意見が出るかもしれません。

Q会社の【共有フォルダの整理】で良い方法はありますか?例【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

こんにちは、みなさん!!

【質問】
会社の業務で使う【共有フォルダの整理】に良い方法はありますか?例:【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

目的 :必要なファイルがすぐに見つかると、業務上効率が良いからです。

共有フォルダ:部署の共有フォルダ

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

部署の共有フォルダですが、差し支えなければ、共有フォルダの格納サイズ上限と利用ユーザのおおよその数を教えていただいても構いませんか。それによって、整理の方向性の見通しを立てられるのでは? と思ったからです。

例(1)定期的(例えば月毎に1つ)にファイル数が単調増加する。過去のファイルは蓄積目的で参照されることはほとんどない
例(2)利用ユーザの(ローカルディスク以外の)外部記憶装置
例(3)あるプロジェクトの開始から終了まで

ファイル毎にアクセスされる頻度やタイミング、ファイルの生存期間などの性格が例(1)~(3)によってずいぶん異なると思います。同時に無駄なファイルかどうかの判断基準なども異なると思います。

そのあたりを提示いただければ、より効果が期待できる提案を回答者はできるかもしれません。

Q就業規則の変更によって・・・

地方に住む27歳販売員です。大学卒業をして、ある小売業に就職しました。就職の際には転勤もある総合職としての採用です。給料も一般的な会社の事務と変わらない程度(月18万)でしたし、産休を経験した女性もいるとのことで入社を決めました。
ところが、入社して、産休とった人はいたが、いじめられ退職したことがわかりました。私も、説明会にて産休制度の質問をした『ばか女』とうわさになったそうです。また、入社して4年目になり、いきなり女性社員はすべて一般職に変えられてしまいました。また、35歳になったところで、給与の昇給はストップ、それ以上働いたとしても退職金は35歳で受け取る金額になる。と総務よりFAXにて通達されました。総合職への希望はおって募るとのことも書かれてあったのですが、一向にそういった話がでないので同僚と直接上司に総合職への希望を告げましたが、会社の上層は取り合ってくれませんでした。就業規則のこの変更はFAXによって通達があっただけです。FAXは上の指示によって上司が破棄しました。就業規則は入社時にもらえなかったので、退職された先輩から貰い受けたのが手元にあるのみです。これもおかしな話ですが...。
35まで働いたとして、給与は当初思っていたよりもあがりません。会社としての業績は悪くなく、伸びる一方ですし、私個人の成績も悪くありません。このような場合は会社にみきりをつけて転職するほうがよいのでしょうか?親の老後、私のこれからがとても不安です。

地方に住む27歳販売員です。大学卒業をして、ある小売業に就職しました。就職の際には転勤もある総合職としての採用です。給料も一般的な会社の事務と変わらない程度(月18万)でしたし、産休を経験した女性もいるとのことで入社を決めました。
ところが、入社して、産休とった人はいたが、いじめられ退職したことがわかりました。私も、説明会にて産休制度の質問をした『ばか女』とうわさになったそうです。また、入社して4年目になり、いきなり女性社員はすべて一般職に変えられてしまいました。また、35歳に...続きを読む

Aベストアンサー

会社に労働組合があれば、就業規則が見れないって状況はありえないでしょうから、組合は無いのでしょうね。
管轄の労働基準監督署に相談してみる事をお勧めします。

Yahoo!トップ>政治>行政>行政機関>厚生労働省>地方労働局
(参考URL)

基本的には匿名で処理してくれますが、強制力を執行する場合にはそれなりの根拠としての告発者の氏名が必要になる場合もあります。承諾無しに勝手に名前を出される事はありません。


> FAXは上の指示によって上司が破棄しました。

かなり悪質な部類だと思います。

参考URL:http://dir.yahoo.co.jp/Government/Agencies/Executive_Branch/Ministry_of_Health/Labor_Standards_Bureau/

Q九州で下記条件で働ける会社ってありますか。 転勤無し 給料平均並み 福利厚生平均並み 実態例でも構

九州で下記条件で働ける会社ってありますか。
転勤無し
給料平均並み
福利厚生平均並み

実態例でも構いません。どなたか自分はこうだ!こういう人もいるなどご存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方自治体職員を受けてみれば?
転勤なし、給与は平均、福利厚生もきちんとしています。

後は、あなたの年齢や受入条件があっていて、試験を受けて合格するだけです。
(^_^;)

Q就業規則変更について

会社で総務部に所属している者です。今年、初めて就業規則変更届けというものを労基署へ届け出ました。就業規則変更届けは、3月中旬に人事部より改定版のお知らせがあり、そこから従業員の代表(組合がありません)が3月末までに従業員の「意見」をまとめ、意見書と一緒に労基署へ提出しています。改定版のお知らせから、「意見」のまとめ、労基署に提出まで非常に短く、従業員に不利になる変更内容があったとしても、意見書に記入するだけで、特に反対意見を改定版に盛り込んでもらえない状態です。インターネットを調べてみても、会社は就業規則変更に対して従業員の「意見」を聴取すればよく、意見書は同意書ではないため反対の意見あっても関係なし、とありますが、一般的にも、反対意見あったとしてもそのまま就業規則の変更はなされるのでしょうか?私は、就業規則変更までに十分な時間をとって、反対意見出れば、人事部から変更に関して理解を求めるような説明会等があっても良いと思うのですが・・・。以上、ご返事お待ちしています。

Aベストアンサー

以前、創立間もない会社で就業規則の新規作成に携わったことがあります。
(もちろん最終的には社労士が作成しました)
新規作成と変更では若干立場が異なりますが、同じような立場を経験したので意見させて頂きます。

>従業員に不利になる変更内容
まず、賃金の引き下げや就業時間延長など、明らかに従業員に不利益と思われる内容を一方的に決めて
変更するのは原則禁止です。
でも、その変更に合理性があれば認められます。
合理性の有無については、裁判所が「変更内容が労働者に程度影響を与えるのかや、実施しない場合の
企業への影響などを総合的に見て」判断するそうです。

>会社は就業規則変更に対して従業員の「意見」を聴取すればよく
従業員の代表の意見聴取ですが、これは労働基準法に書いてあるので怠れば違法(罰金だったかな)です。
仮に反対意見が書かれていたとしても就業規則としては成立しますし、反対意見を反映させる義務もありません。

>反対意見出れば、人事部から変更に関して理解を求めるような説明会
そんなことをしていたら、いくら時間をかけても就業規則なんて作れませんよ。
いくら説明しても納得しない人や、自分に都合の良い内容をごり押しする人がいたらどうしますか?
「不利益な変更をしようとする会社を訴えてやる!裁判だ~!」ってなったら?
結果として勝っても負けても、会社はそのために貴重な時間を割くことになります。

労働基準法や労働契約に関する法令に反する箇所がある場合は、変更命令が出たりするでしょうから、あくまでも
法に則した内容・手順で淡々と進めれば問題はないと思います。

以前、創立間もない会社で就業規則の新規作成に携わったことがあります。
(もちろん最終的には社労士が作成しました)
新規作成と変更では若干立場が異なりますが、同じような立場を経験したので意見させて頂きます。

>従業員に不利になる変更内容
まず、賃金の引き下げや就業時間延長など、明らかに従業員に不利益と思われる内容を一方的に決めて
変更するのは原則禁止です。
でも、その変更に合理性があれば認められます。
合理性の有無については、裁判所が「変更内容が労働者に程度影響を与えるのか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報