賃金未払の通常訴訟で、私の主張が全面的に認められた判決(仮執行宣言付)を2週間少し前にもらいました。

判決が出る前までは、相手とは今後のことをメールでやりとりしていて「今は払えないので待って欲しい。ご理解ください。」と言ってきていました。
1週間ほど前に、期限を今日までときって「支払わなければ次の手段を執る。私が次の手段を執った場合、銀行からの借入金は期限の利益を失い全額返済する必要があることを申し添える。」ということを伝えましたが、なんの連絡もなく無視されています。

そこで強制執行をするつもりでいます。

3つの銀行預金を差し押さえるつもりですが、そのうちの2行は、私を含めて当時の社員が全員解雇になった後に合併したあとに新たに開設した口座です。
合併前から口座を持っているT銀行からは借入金があり、借り入れた時期からすると、まだその借入金はほとんど返していないことは分かっています。
残りの2行についても、相手が今まで経営を続けられたことを考えると、ひょっとするとどちらかから借り入れている可能性も考えられます。

昨年途中から、現従業員への給料も未払が続いているらしいので、口座にお金があるかどうかも不明です。
社長のいい加減さにはほとほと呆れているので、強制執行をすることで銀行から借入金返済を迫られ会社が潰れてもいいという思いはあります。

が、口座にお金があるかどうか分からない状況であることと、銀行からの借入金があることが確実に分かっている状態で、強制執行して回収できる可能性はあるのか、また転付命令を付けることが得策なのかどうか迷っています。
ただ、私が1円ももらえないのでは意味がないので、できる限り回収したいと思っています。

こういう状況で強制執行をすることと、転付命令をつけることの善し悪しについてアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご存じとは思いますが転付命令が発せられますと、債務者との関係で債務の弁済があったものとされています。

これは、第三債務者に有効な差押債権がなくてはなりませんし勿論送達されていなければなりません。今回の場合は、債務者に第三債務者から借入金があるようですし、口座の残金が不明確のようですから債権差押命令申請と同時に転付命令申請は危険と思われます。第三債務者から陳述書が届いてから適当な場合に転付命令の申請した方がよいと思います。転付命令は手形や定期預金などなら有効ですが普通預金には向かない気がします。
なお、債権差押がなされますと、債務者は他の債権者との関係で借入金につき期限の利益を失いますが、債権者と債務者の関係でそれを猶予する旨の承諾があればflorenzさんと債務者との関係では無意味になることも考えられます。
私なら、抵当権設定があっても(無剰余取消の覚悟)不動産の強制競売が一番と思います。無剰余の通知があっても保証することで必ずしも取消とはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

転付命令は後からでも申請できるのですね。知りませんでした。
最初から、いくらあるか分からない(しかも、残高がほとんどないかもしれない)預金に対して最初から転付命令は付けない方が良さそうですね。
転付命令を申請するかどうかは、陳述書が届いてから検討することにします。

> 借入金につき期限の利益を失いますが、債権者と債務者の関係でそれを猶予する旨の承諾があれば

そういうこともありえるわけですね。
ベンチャー企業で経営状況が全く芳しくない債務者に対してでも銀行は猶予するのでしょうか。
もし、猶予になった場合は、その銀行に預金が多少なりともあった場合は、それを差し押さえることが可能なのでしょうか。

>抵当権設定があっても(無剰余取消の覚悟)不動産の強制競売が一番と思います。

ベンチャー企業で事務所は借りている状態なので、不動産は所有していないのです。
また、商品を仕入れて売っている企業でもないため、確実に押さえられる有形資産が預金以外にないのも痛いところです。
強いて言えば、ネット企業なのですが、社長がこだわっているサイト名でもある「ドメイン」ですが、これを差し押さえたところでいくらになるかも不明なのでやめた方がよさそうですよね。

お礼日時:2002/03/11 17:13

>猶予になった場合は、その銀行に預金が多少なりともあった場合は、それを差し押さえることが可能なのでしょうか。


私も再三経験していますが、第三債務者が裁判所に「陳述書」を提出する才預金があったとしても「差押に係る債権なし」とする場合が多く、これは貸金などある場合に後でその預金から返済を求めるため、そのようにしています。結局は「うその答弁」ではないことになりますから。

>社長がこだわっているサイト名でもある「ドメイン」ですが、これを差し押さえたところでいくらになるかも不明なのでやめた方がよさそうですよね。
差押の対象となる財産は不動産などのような有形でなくとも、例えば、特許権や著作権も対象となりますが「ドメイン」は果たして、これらの「工業所有権」と云えるでしようか。換価性がありますから可能かもしれませんが、「所有権を証するもの」はどのようにするのでしよう。私は経験がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>預金があったとしても「差押に係る債権なし」とする場合が多く、

なるほど。そういう風に陳述されてしまうわけですね。
ということは、たとえその口座に預金があって、借入金返済が猶予になったとしても、猶予されない(期限の利益を失う)のと同様に、私は押さえることができないんですね。
どっちみち私がおさえられないのなら、猶予されたら相手にはなんの打撃もなく、私は押さえ損になってしまうわけですね。

3つの口座を押さえた時点で、預金が債権額に満たなかった場合はどうなるんでしょうか。
取り下げや取り立て届けを出さなくても、私の差押えは効力を失うんでしょうか。
それとも、その後入金されたものがあれば回収することができるんでしょうか。
その辺がよくわかりません・・・。

>換価性がありますから可能かもしれませんが、「所有権を証するもの」はどのようにするのでしよう。

相手の「ドメイン」は、社長自身がSOHOしている別会社が登録し、現在の会社が買い取ったという形で処理したはずなのですが、ドメインの登録情報としては、登録者は譲ったはずのSOHOの別会社名、管理者は社長名で連絡先は現在の会社の電話番号になっています。
これでは所有権があいまいなので、押さえるのは難しそうですね。
相手にとっては、ドメインを押さえるのが一番効きそうな気がするのですが・・・。

お礼日時:2002/03/12 11:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債務者≠所有者の場合の根抵当権抹消の方法は?

父の所有する土地を取得することになりました。
借金があることはわかっており、取得する土地も担保に入っているのですが、払えない額ではなさそうなので、借金を私が肩代わりする代わりに土地を私のものにするということで手続きにはいるところでした。
登記簿を確認したところ、根抵当権設定仮登記の債務者として近所に住むAさんの名前があり、驚いて父やAさんに問い合わせたところ、金融業者に一人ひとりには貸せないが父の土地を担保として債務者Aさんの名義ならば融資するといわれてそのようにしたようです。
そして二人で話し合いAさん名義で200万円借りて100万円ずつに分けたようです。
父はAさんにお金を渡しAさんが返済していたようです。


質問1:Aさんは多重債務者で現在債務整理中だそうで、借金はなくなるから安心してといわれましたが、Aさんの債務はなくなっても父の土地が取り上げられるだけだと思うのですが、どうなんでしょうか。

質問2:Aさんが自己破産した場合、土地所有者が債務を払い根抵当権を抹消させることはできるのでしょうか。そのまま競売になってしまいますか。

請求書などはAさんのところに送られており、あとどのくらい債務があるかわかりません。債務情報は金融業者は本人にしか情報開示しませんし、Aさんはなぜか教えてくれません。
Aさんは、父には相談もなく債務整理に入ったり、Aさんが相談している弁護士と連絡とりたいといっても素直に教えてくれなかったり、なんとか聞き出して弁護士に連絡すると、Aさんの話では債務整理はもうすぐ終わるはずだったのに、まだ何も決まってないといわれたりと、その他にも話が一貫せずちょっと信用できません。
私が一時的に支払ってちょっとずつでも返してもらえればと思っているのですが、待ってというばかりでまったく話が進みそうもありません。

質問3:Aさんを無視して金融業者から債務の残りを教えてもらうことはできないのでしょうか。

質問4:Aさんを無視して債務を全部返済し、根抵当権抹消はできないでしょうか。

質問5:今回のように土地所有者が債務者でない場合、債務者が返すまで土地所有者は何もできないのでしょうか。何か方法はありませんか。


根抵当権の設定は平成20年6月、限度額は300万円です。

よろしくお願いします。

父の所有する土地を取得することになりました。
借金があることはわかっており、取得する土地も担保に入っているのですが、払えない額ではなさそうなので、借金を私が肩代わりする代わりに土地を私のものにするということで手続きにはいるところでした。
登記簿を確認したところ、根抵当権設定仮登記の債務者として近所に住むAさんの名前があり、驚いて父やAさんに問い合わせたところ、金融業者に一人ひとりには貸せないが父の土地を担保として債務者Aさんの名義ならば融資するといわれてそのようにしたようです。...続きを読む

Aベストアンサー

色々複雑な事情はおありかもしれないですが、書いてある情報のみで判断する限りで法律関係を整理すると・・・

金融業者がAに200万円を貸した。物上保証人は父。
Aは父に100万円を貸した。
父は100万円のうち一部又は全部をAに返済した。
Aは自己破産をする予定。

ということですよね?

質問1
Aが自己破産すれば、Aの債務はチャラになりますが、物上保証人である父の保証債務は消滅しません。なので、その分は父などが、返済するか、土地が競売に付されるかとなります

質問2
金融業者からすれば、競売手続きは少し大変(少なくとも数ヶ月はかかる)なので、物上保証人(土地所有者)が金銭で支払ってもらえるならば、喜ばしいことです。

質問3
金融業者に、物上保証人からの取引履歴開示請求を受けなければならない義務があるかどうかについては、少し難しい問題があります。しかし少なくとも大手の金融機関のいくつかはサイトに、取引履歴の開示請求が物上保証人からあれば、応じる旨の記載はありますし、「返済に応じるから残債務を教えてくれ」との申し出を断ることは、あまり無いのではないかと思います

質問4、5
物上保証人であれば、Aさんを無視或いは、Aさんが反対したとしても、債務を返済することは可能です。この場合Aさんに対して求償権を得ます(自己破産されれば、求償権も事実上消えますが)

その他少し問題があるのは、父はAさんに借金100万円(一部返済)があるんですよね?これを証明する書類等の存否等によって、実際に請求されるかどうかはわかりませんが、これはAの債権者からすれば、Aの財産であって、Aが自己破産した場合には、債権者に分配されることになります

色々複雑な事情はおありかもしれないですが、書いてある情報のみで判断する限りで法律関係を整理すると・・・

金融業者がAに200万円を貸した。物上保証人は父。
Aは父に100万円を貸した。
父は100万円のうち一部又は全部をAに返済した。
Aは自己破産をする予定。

ということですよね?

質問1
Aが自己破産すれば、Aの債務はチャラになりますが、物上保証人である父の保証債務は消滅しません。なので、その分は父などが、返済するか、土地が競売に付されるかとなります

質問2
金融業者からすれば、競売手続きは...続きを読む

Q強制履行と強制執行とは民法上と民事執行法でのい表現の違いで同じことと考

強制履行と強制執行とは民法上と民事執行法でのい表現の違いで同じことと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

内田先生は違うって言ってなかった?

Q競売物件について 売り物件は債務者Aの物です。 土地持ち分売り、所有者、A 2分の1、B 2分の

競売物件について
売り物件は債務者Aの物です。
土地持ち分売り、所有者、A 2分の1、B 2分の1。(Bとは使用貸借関係との事)
建物、共同住宅(満室)、所有者、A
もし落札したとして現状維持のままスムーズに引き渡しされるのでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問文の内容だと、共同住宅の入居者の貸主はAになると思います。この、Aの地位をスムーズに継承できるか?ということですと、戸別の対応になるので何とも言えませんね。入居者が、『貸主は誰でもいいから賃貸を継続してもらいたい』と全員が考えていれば問題無いでしょうし、ドサクサ紛れに賃料踏み倒しを画策する者がいれば、その入居者とはモメるでしょう。

土地2分の1の共有名義者であるBには、使用貸借という事で、特段の金員の支払が無い状態ですから、この点を整理しないとなりませんね。
現実的にはBの持分を買取る方向で話を進めるでしょうけれど、うまく折り合いが付くかどうか?逆にBから土地の賃貸借契約を持ち掛けられたらどう応えるか?
このご時世ですから、Bから土地の使用貸借終了に基づく建物収去土地明渡請求を求められることも考えられますよね?Bにその気が無くとも、そう言った行為をすることにより生じる利益に群がる者があることを理解して、万全の体制を組むことが出来るかどうか?ではないでしょうか?

こういった物件は、不動産業者でないと手を出さないのは、そう言ったリスクが発生した場合、個人では対応しきれず、弁護士に依頼、という事で、時間と費用の問題があるからでしょう。不動産業者は、自らが競落したのであれば自分で交渉できますが、他者の物件に対して、業として交渉を行うと、内容により非弁行為となることから手が出せない場合があります。

質問文の内容だと、共同住宅の入居者の貸主はAになると思います。この、Aの地位をスムーズに継承できるか?ということですと、戸別の対応になるので何とも言えませんね。入居者が、『貸主は誰でもいいから賃貸を継続してもらいたい』と全員が考えていれば問題無いでしょうし、ドサクサ紛れに賃料踏み倒しを画策する者がいれば、その入居者とはモメるでしょう。

土地2分の1の共有名義者であるBには、使用貸借という事で、特段の金員の支払が無い状態ですから、この点を整理しないとなりませんね。
現実的にはB...続きを読む

Q銀行口座の強制執行について

主人のことで質問です。
主人の元妻が公示送達により知らない間に裁判を起こし、
(住民票を半年間動かし忘れていた間に裁判をやっていた)
当然主人は裁判のことなど知らないので敗訴していて、
損害賠償が600万でその請求が送られてきました。
裁判所の判決が下っているので強制執行もできると思うんですが、

まず銀行口座を強制執行された場合、
その口座に今後入ってくる失業手当などは
引き出すことができないのでしょうか?
また新たに口座を開設するなどのことはできないのでしょうか?

家族の私の口座も強制執行されるのでしょうか?
私は小さいながらも会社を持っているので、
その会社の口座にまで危害が及ぶのではないかと心配しています。

Aベストアンサー

>600万円が相手の強制執行の額です。仮に10万円の失業手当が入ってきた場合は600万円の足しにって感じでその差押口の口座に移動されるのでしょうか?

銀行に裁判所から差押命令が届いた時点の金額が差押となります。
その後に入金されたものは差押にならないです。
(債権者が再度の申請をしない限り)

Q共有名義物件の所有者、債務者を変更したいが・・・

父だけの名義ではローンが組めないという理由で私の名義を入れて共有名義、連帯債務で購入したマンションがあるのですが(私は資金は出していません)、この度結婚し、夫とも相談し、私分のローンと所有権を兄に引き受けてもらおうとしたところ、かなり難しい手続きと聞きました。父はこのままの名義で問題ない、お金の迷惑はかけないと言うのですが、今後、私たち夫婦で住宅購入などする際に支障があるのではないか、父が亡くなった場合私にローンなどがふりかかってくるのではと心配です。
父の持分5分の4、私の持分5分の1です。借入金2400万です。父はもしもの場合、父が亡くなった場合の住宅保険ですべてのローンが無くなるはずだから大丈夫というのですが本当ですか?また、私は今後大きなローンが組めるのでしょうか?あと、相続は共有名義人である私がしなくてはならないのでしょうか?
このケースでその他に問題となる点はあるでしょうか?これらの点で私にとって特に問題なければそのままにしておこうと思っています・・・。分かり辛い内容だと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

連帯債務ということですので、ローンは住宅金融公庫を使っていらっしゃるのでしょうか。
銀行の場合は、連帯保証となりますので。
先の回答にもありますように、住宅金融公庫は「デュエット」という団信がありますので、
そちらに加入していればお父さんが亡くなった場合には、ローンは無くなります。
ただし、この団信は任意加入ですから、一度加入の有無をきちんと確認してください。
次に、あなたが住宅を購入する際のことですが、
もし、ご主人が単独で住宅ローンを組むのであれば特に関係はありません。
夫婦で合算という場合には、お父さんとの債務分も借入れとして返済比率に入れられて
しまいますので、額が大きければ厳しいと思われます。
苗字が変わったら、分からないかもという回答がありましたが、銀行では住民票や戸籍謄本も見ますので、それは無理です。

一番重要なのは、今のご自宅の資産価値を見てみることです。
つまり、机上査定をしてみて、売れそうな価格がローンの残高に対して
プラスかマイナスかということです。もし、売却すれば全額ローンがなくなりそうで
あれば特に心配されることはないのではないでしょうか。

ポイントをまとめますと、

1・団信の内容を確認してください。
  (万が一の場合に安心)

2・今の自宅の売却額(査定額)を確認してください。

3・ご夫婦で購入する場合は合算が必要でしょうか。
  →なければ特に問題なし。
兄にローンを引き継ぐというのは、抵当権の問題もあって難しい手続きです。
これは万が一の際には協力してもいいという意思を兄弟で確認しておくということで
無理に変更までしなくてもいいと思います。
相続については、必ずしも共有名義人が相続しなければいけないことはありませんが、
実際は相続財産の分配ではそのような形にしたほうがいいと思います。

連帯債務ということですので、ローンは住宅金融公庫を使っていらっしゃるのでしょうか。
銀行の場合は、連帯保証となりますので。
先の回答にもありますように、住宅金融公庫は「デュエット」という団信がありますので、
そちらに加入していればお父さんが亡くなった場合には、ローンは無くなります。
ただし、この団信は任意加入ですから、一度加入の有無をきちんと確認してください。
次に、あなたが住宅を購入する際のことですが、
もし、ご主人が単独で住宅ローンを組むのであれば特に関係はありません...続きを読む

Q銀行口座に強制執行したいのですが

貸金の裁判で地裁の判決が出ました。
銀行の口座が判っているので、銀行口座に強制執行したいのですが、
いろいろネットで調べたのですが、具体的な方法がわかりません。
書類は何が必要なのでしょうか?

又、判決文のの主文に「この判決は仮に執行することができる」とありますが、これは仮執行宣言付の判決と言う事なのでしょうか?

※相手の口座は銀行支店は一つ判っています。
※相手の住所は現在不明な為、公示送達にて裁判いたしました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮執行宣言付の判決です。
公示送達なら、相手が控訴することもないし、さっさと強制執行しましょう。

困ったチャンには強制執行
http://www5f.biglobe.ne.jp/~saigyou/kyousei.html

強制執行のイロハ
http://www.naiken.jp/kyosei.htm

差押債権目録
http://web.archive.org/web/20051210021430/http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/0670sasimoku.pdf

わからないことがあったら、地裁で教えてもらえます。

Q住宅金融公庫の債務者・所有名義の変更

この度離婚することになり、結婚後に購入したマンションの所有者、債務者の変更についてお聞きします。状況は、物件所有名義→夫と私で2分の1ずつ所有。住宅金融公庫→私が連帯債務者になっている(実際の引き落としは夫名義の口座から。この口座は私が引き継ぐ)離婚後は会社での便宜などを考え、夫の姓で新戸籍を作る予定です。つまり婚姻中の苗字のままです。二人で話し合った末、この物件と残りのローンを私が引き継ぐことになりました。それはいいのですが、所有名義やローンの名義変更はどのようにしたら良いのでしょう?私に再婚の予定があるのですが、このままの状態のまま(夫と私の名義のまま)いきなり夫分の債務と名義、団信等を再婚者が承継することもできるのでしょうか?仮にできたとしても、今度は私の名義部分が前の夫の姓ですよね・・・。その手続きはどうしたらいいのでしょうか?それとも、一旦全てを私名義にして、再婚後に改めて再婚者が全てを承継する手続きを踏むのでしょうか?何がなんだかわからなくて、まとまりのない文章になってしまってすみませんが、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

マンションの時価とローン残高が分らない状況なのでザックリとしか答えられない、という前提で。
(1)まず、質問者の名前の件は、離婚・再婚でどう変わって行っても実態(登記上・戸籍上の名前は唯の記号です)は同じですので、最終形が固まった所で変更すれば足ります。
(2)元夫名義の預金口座を私が引き継ぐ、というのは銀行に内緒で実態上管理をしていくのは可能ですが、正面からその旨を申し入れれば「NO」と回答されます。正式には、口座からの引き落とし契約を1件づつ別の妻名義口座へ変更していくことになります。

ローンの承継と名義移転については以下の3方法が考えられますが、何れにせよ貸し先の了解がないと話は進みません。
(3)夫名義の所有権(1/2)を離婚時の財産分与で妻名義に移転する。住公へは離婚と名義移転の旨を報告した上で、主債務者を妻に変更、元夫の連帯債務者からの離脱、新夫の連帯保証人追加、という形での申入れをする。(質問者の収入状況、新夫の信用状況がどうか住公側の審査事項になる筈)

(4)元夫の不動産名義名義を新夫が買い取る契約を交わした上で、新夫が一般銀行から新規に住宅ローンを借入して、元夫の住公ローンを一括返済する。妻は住公返済により連帯債務者ではなくなるが、新夫ローンの連帯保証人になる。通常銀行は個人間売買でのローンは認めないが一応資金の流れには合理性があるので、可能性がありそう。但し、新夫の信用力・物件とローン残債務の関係次第です。

(5)元夫と妻との間で持ち分の売買を行い、妻単独での新規ローンを借入する。(物件名義・ローン共に妻単独にする)これも、妻の収入・ローン残高・物件価格の兼ね合いになりそうです。

「物件価格<ローン残債務」の状況なら上記の内で(3)しか対応余地がない、「物件価格>ローン残債務」で妻・新夫の信用力が有るなら(4)(5)の対応余地も有るので、最近流行のローンの借換の範疇で検討して貰う、という感じでしょう。

(6)これで解決できなければ、物件売却・ローン完済・残預金があれば夫婦間で分配して、再度別物件をローンで購入する、という流れになるしかなさそうです。

(7)ローン審査の面からは、既存融資先(本件での住公)としては、今更どうにもならない事象(離婚)に対して、代替案(契約関係から元夫が抜けて新夫が入る)の提示があるなら検討しない訳にはいかない、新規でローンを申し込んだ場合には、敢えて取り扱う必然性・メリットを銀行側が感じるかどうか、ということになりそうです。

マンションの時価とローン残高が分らない状況なのでザックリとしか答えられない、という前提で。
(1)まず、質問者の名前の件は、離婚・再婚でどう変わって行っても実態(登記上・戸籍上の名前は唯の記号です)は同じですので、最終形が固まった所で変更すれば足ります。
(2)元夫名義の預金口座を私が引き継ぐ、というのは銀行に内緒で実態上管理をしていくのは可能ですが、正面からその旨を申し入れれば「NO」と回答されます。正式には、口座からの引き落とし契約を1件づつ別の妻名義口座へ変更していくこと...続きを読む

Q債務者の銀行口座へ強制執行をかける場合

教えてください。
裁判で勝訴し(相手が住所不明な為 出頭せず)銀行口座への強制執行を準備中です。銀行口座は判っています。

1.登記簿謄抄本は必要でしょうか?必要な場合、対象銀行の登記簿謄抄本でしょうか?支店の場合、その支店の登記簿謄抄本をとればよいのでしょうか?登記簿謄抄本はどういった効力があるのでしょうか?

2.当事者目録の書き方として、対象銀行のところの書き方はどうすれば良いのでしょうか?本店の住所と銀行名を書いて、送達場所の欄に支店の住所と銀行支店名を書けばよいのでしょうか?

いろいろgoogleで調べているのですが、これだといった例が無いので、ご存知の方、宜しくご教授願います。

Aベストアンサー

お答えします。
まず、
(1)登記簿謄抄本は必要です。強制執行かける銀行のものが必要となります。例えば、○○銀行株式会社の物です。支店等は関係なく、あくまでも対象銀行の物です。
そこに代表者代表取締役○○○○と書いてありますので必ずそのまま記入します。

(2)は差し押さえ銀行の支店名とその住所を記載します。

私も強制執行準備中ですので当事者目録の記入例を見て回答しております。裁判所が親切にくれました(^^)

ま、記入の一番上は自分の住所
二番目は被告の住所
三番目に登記簿謄抄本記載の、○○銀行
代表者代表取締役○○○○
で送達場所欄には差し押さえ銀行の支店名とその住所であります。
ただあくまでも当事者目録の預金差し押さえ例です。
給料差し押さえ例は別になります。ご注意を^m^

Q連帯債務者同士での賃貸マンションの所有権について

連帯債務者同士での所有権について

私と兄は連帯債務者で賃貸マンションを建てました。
 ●マンションの所有者名義は兄個人名義
 ●マンションは現在、全室入居しており収益物件となっている。毎月の家賃は兄の口座に振り込まれ、毎月のマンションに対する借入金、固定資産税等は兄がきちんと支払いしている。不履行は一度ともない。借入金はまだ残っている。
 ●家賃収入による利益に対して私は全く受け取っていない。
 ●兄は有限会社を所有しており銀行より融資を受け、その債務者になっている。
 ●このマンションは兄の会社の担保には入ってない。
 ●私は、兄の会社とは関係なく、兄の会社に対する融資の保証人や債務者ではない。

兄の会社の経営がうまくいかず、会社の借入金を銀行に返済ができなくなり会社の土地建物や兄の担保に入っている個人不動産等を競売へとなるようですが、私も共同債務者である賃貸マンションも競売にかけられるのでしょうか?マンションに対する私の所有権や私の債務などについて、上記の箇条書きの部分を踏まえてご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 マンションの登記簿上の所有権は,お兄さんにある。マンション建設のための借入金は,穴と十に遺産で連帯債務者となって借り入れている。マンション経営は,すべてお兄さんがやって,自分のところには一銭も入ってきていないが,負債の支払も求められていない,という,そんな関係ですね。

 そうすると,お兄さんは,会社を経営するとともに,個人で不動産賃貸業を兼業しているという関係になりそうです。そうした場合,会社関係と,不動産賃貸業関係は,分けて考える必要があると思われます。

 まず,不動産賃貸業の関係では,マンションの建築資金の借入金の返済が滞りなく行われている限り,その借入金の債権者から,マンションの競売を申し立てられることはありません。マンションの賃料収入で借入金の返済ができていれば,あなたが支払を求められたり,その債権者からマンションを競売されることもないのです。

 このことは,ひとつ押さえておく必要があります。

 しかし,お兄さんは,会社の経営者ですから,会社の負債の連帯保証をされていることと思います。これを通じて,会社の債権者が,不動産賃貸業の方に介入してくることが考えられます。すなわち,マンションに競売をかけたり,お兄さんの預金口座を差し押さえするなどしてくることが考えられます。

 しかし,お兄さんの会社の債権者が,まともな債権者(銀行やノンバンク,まっとうな取引先)であれば,いきなりそのような行動に出ることは,まずないと考えてよいと思います。まずは,会社の債権者が,自分のために提供されている担保を始末することから始め,自分の債権の担保に入っていないお兄さんの個人資産にかかってくるのは,その次の段階になります。

 一般に,このような会社の債権者が,会社の連帯保証人に債務の履行を請求し,強制執行をするためには,お兄さんに,債務の支払を命じる判決等の文書が必要になります。このような文書を得るためには,若干の時間と費用がかかりますので,普通は,まず,担保を始末してから,それで債権が残った場合に,お兄さんに対して訴訟を起こすという行動に出てくるのです。(もちろん,それが保証された話ではありません。どのような行動に出られても,適法なら文句は言えません。)

 そのような判決などがあって初めて,マンションを競売したり,お兄さん個人の預金口座を差し押さえたりすることができます。

 こうなると,お兄さんでは,マンションの借入金を返済することが出来なくなりますので,その段階になると,マンション建設の借入金の債権者も,担保に入っているマンションを処分するために動き出すことになります。例えば,マンションを抵当権に基づいて競売したり,マンションの賃料を差し押さえてきたりするわけです。

 そういうことで,マンションが競売されるまでには,まだ少しの時間がありそうです。その時間を使って,マンションの賃貸業を,お兄さんの会社の債権者から防衛する方法(会社の債権者による差押を免れる方法)がないわけではありません。

 しかし,その方法を考えるには,いろいろなことを総合的に考える必要がありますので,これ以上は,専門家(特に弁護士)に相談されるのがよいと思います。

 マンションの登記簿上の所有権は,お兄さんにある。マンション建設のための借入金は,穴と十に遺産で連帯債務者となって借り入れている。マンション経営は,すべてお兄さんがやって,自分のところには一銭も入ってきていないが,負債の支払も求められていない,という,そんな関係ですね。

 そうすると,お兄さんは,会社を経営するとともに,個人で不動産賃貸業を兼業しているという関係になりそうです。そうした場合,会社関係と,不動産賃貸業関係は,分けて考える必要があると思われます。

 まず,不動...続きを読む

Q連帯保証人が経営する会社の銀行口座への強制執行

はじめまして、教えて下さい。

数年前に、とある法人へお金を貸しました。
返済はされず、音信不通となりました。
借用書はあります。
その借用書には連帯保証人がおり、その連帯保証人が
取締役社長を務める会社の銀行口座へ強制執行は出来るものでしょうか?
よろしくお願いします。

*この説明文でわかりにくい場合は補足説明します。

Aベストアンサー

 ほかの方もお書きですが、法人とそこの社長をしている個人(自然人)は人格が違うものとされていますので、個人(社長)に対する債権をもとに、法人の財産に対して強制執行することは許されません。

 と、ここまでなら、私が書く必要は感じないのですが、

 社長なら、その会社から報酬をかなりもらっているはずです。

 あるいは、社長ですからその会社の株をもっているかもしれません。可能性は高いでしょう。

 それらは社長の個人資産ですので、それらを差し押さえればよいのでは、と思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報