MACユーザーですが、このたびS社のWINのノーパソを買いました。購入の際にお店の方に「(このノーパソには)なにか問題点などありますか?」とお尋ねしたところ「ワープロと表計算ソフトにワードとエクセルではなく、ジャストホーム(一太郎と三四郎)のほうが入っています。買えば(ワードとエクセルを)4万円ぐらいしますから・・・」と言われました。私はMACではワープロや表計算ソフトを使ったことがありません。ワープロ専用機として古いカシオのダーウィンは持っています。これからワープロと表計算ソフトの扱い方も知っておこうと思い、勉強を始めようと思っているところなのですが、このままジャストシステムのものを修得してもワードとエクセルに触れた時にすぐに対応できるものでしょうか?。
それとも一般的なWINDOWSマシンに入っているワードとエクセルの方を勉強した方がよいでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お値段について補足。



実はExcel単品で買うと高いんですよ。25000円くらいすると思います。Wordは15000円くらい。足すと4万ですね。
そんなわけで買うならOffice2000として買ったほうが、それ以外のおまけもついててお得ってことになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ございませんでした。
結局同じ頃にノートパソコンを買った友達が、CD-RWで複製をコピーしてくれました。こんなことが出来るなら製品って何のため?!って思ったんですが、まあよしとしましょう。これからワードとエクセルの基本的な操作方法をしっかり学んでいこうと思っています。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/26 11:56

私も昔、それなりのマックユーザで、PhotoshopとかIllustratorとか趣味道楽で扱っていました。

今は仕事で仕方なく\^o^/ウイン環境でマイクロソフトのOfficeを使っています。

さて、一太郎とATOKはともかく、三四郎は超マイナーですね。
また表計算はマックも含めてExcelが世界標準?ですし、教則本とか他人の知恵とか圧倒的にアドバンテージがあります。
要は、何のために勉強するのか、人に使われるために(ビジネス事務)使うのか、個人ユースで使いこなしたいのか、で違ってきます。

もう一度整理しますが、パーソナルユースであるならば、今のままで手持ちのアプリケーションに習熟し、余計な出費を抑える方が生産的でしょう。しかしビジネスユースならば、Officeアプリケーションの方が断然アドバンテージがあります。特にExcelは途轍もない怪物ソフトでして、関数とかVBA(マクロ)とかをそれなりに学習していけば、個人使用でも作業効率が驚異的に上がります。
私も今ではExcelは、計算モノだけでなく、自家製IME辞書テキストの制作・管理、HTMLにおけるテーブルタグの機械的修正、その他行モノのテキストデータのマネジメントにも活用しています。
    • good
    • 0

結論から言えば特に問題ないと思います。


現に私も一太郎・三四郎ですけど、そんなに不満はありません。
エクセルも触ったことありますけど、確かにやりやすいですけど、
三四郎の方がクソとかではなかったですし。
しかし仕事などで使う場合はワード・エクセルの方が人気があるようです。
友達などが持っていて、ちょっと触らせて貰えるようなことがあったら
触らせて貰うとイイでしょう。
人によって使い勝手や好みが違うので、自分に会うのを使えばいいと思いますよ。

また乗り換えたときにすぐ使えるか?と言うのですが、
基本的なことは同じなのでそんなに迷うことはないと思います。
ただインターフェースが全く同じ・・・とか機能が全く同じ・・・
と言うようなことではないので、少しのとまどいはあるかも知れません。

ちょっと蛇足ですがワードとエクセルの二つだけ買った場合は
4万円もしないと思いますけど・・・ 1万円ぐらいでは無いでしょうか。
勘違いだったらごめんなさい。
オフィス2000を買ったらそれぐらいするでしょうが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報