昨年2月に当方が100%過失の自動車事故を起こしました。
車両損害についてはすぐに示談が成立したのですが、人身についての示談に、相手方が応じてくれません。
最初の診断では、全治一週間の頚椎捻挫の診断書が出ていました。が、一年経過した今も、月に1~2度の通院を「首の痛みが取れない」との事で続けています。
病院では、本人が痛いというなら、あと半年程度は様子を見ましょうと言っているとか。
事故後、こちらから何度も足を運び、月に2回は「お加減はどうですか?」と、連絡もいれておりました。
しかし、先方は「こちらの誠意が見られない。首が痛いのだから、示談は直るまでしない」と繰り返すだけなのです。
私が不信に思っているのは、私が加入している全労災の担当者なのです。昨年の7月から「もう、向こうにあなたから連絡しても状況は変わらないでしょうから、今後は私に任せてください」と言われ、それを信じていました。
しかし、昨日「お金で解決する部分はいくらでも面倒を見るが、先方が言う誠意の部分は気持ちの問題なので、あなた自身がどうするかです」と言われました。
どうしていいのか分かりません。
全労災への苦情も、上司のような方に「担当者を変えて早く示談が出来るようにしてください」と言って見ましたが「それは出来ない」「担当の者に善処させる」との答えしか返ってきません。
このような苦情は、何処へ訴えれば解決出来るのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

だいぶお困りのようですね。


まず、賠償金の上乗せを頼んでも、担当者の考え方にもよりますが、まず上乗せはしないでしょう。上乗せをして示談を締結するよう担当者ならすでに実行しているでしょうし、あなたに対して「誠意」というようなことは言ってこないと思います。


「見舞金」については、担当者に尋ねて持っていってください。私の知る限りでは、見舞金や見舞いのお菓子等は、あとで請求しても支払対象にならなかったと思います。ただ、慰謝料の一部として支払った場合は支払いの対象になります。お金を手渡しする場合は、必ず共済の担当者に確認をして手渡してください。

示談交渉付の共済契約なら、担当者が連絡をしてくるまで貴方が動く必要はないとおもいます。担当は、貴方に示談交渉の内容を連絡して締結することが仕事なのですから
担当者が家に来るのでしたら、担当者が思う「誠意」とは、何か聞いてみてはどうでしょうか。加えて何回も書き込みますが、共済から相手に支払われる賠償金以外の貴方からの支払いは、絶対にしないように。何のための共済か 何のための共済かわからなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス頂きありがとうございます。
もう一度、担当の方とよく話し合いをしてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 03:50

 念のために誠意=金銭であることを避けましたが、表面的の言葉とそれ以外の意味を含んだ言葉があり、相手がこれを機会に余計な金銭を要求しているわけで、あまり考慮の必要の感じられない相手の病状よりも、その金銭要求の意図が貴方にとって重い負担となっていることと思います。


 支払うべき金銭は、共済金以上保険金以下程度が妥当な線であると終われますが、それに加えての余計な請求が余計ではないかどうかは、先行き共済会なり保険会社が弁護士を介したり、相手の告訴に応訴したりして解決していく問題といえると思いますので、貴方は、相変わらず言葉どおりの誠意を貫けばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
担当の方と、よく話し合って、頑張ってみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 03:54

代理店の立場から見ると 先方があなたに求めている誠意とは、共済が提示する賠償以外に上乗せとしてあなたにいくらかのお金を求めているのだと思います。



あなたがいくら見舞いに行っても示談に応じることはないと思います。今までの私が経験した事故処理で相手側が誠意を求めた場合は、賠償金のいくらかの上乗せで解決しています。しかし、契約者のあなたが賠償金以外に絶対に支払わないように。
何のために加入した共済かわからなくなりますから。
人身示談交渉が共済についているのなら、担当に任せてあなたは、何もしなくてもいいと思います。私の契約者の方に 月に何回も見舞いに行ってもらったことはありません。

この回答への補足

ありがとうございます。
やはり、私は何もしないで、示談は共済の方に任せておいた方が良いのですね?
その賠償金の上乗せで解決というのは、共済の担当の方に私からお願いして出してもらえるのでしょうか?
それとも、私が先に先方にお見舞金を持って行って、共済から私の方に戻してもらうような形でも出来るのでしょうか?
全労災の支部長のような方と、昨日電話で話しました。
私は、他の担当の方ならもっと早く示談が出来たのではないかと聞いたところ、担当者の処理が悪かった事についてはお詫びするが、これから担当を替えることは出来ない。と言われました。
15日に、担当者がこちらに今後どうするのか説明に来る事になりました。
その際に、何をお願いすれば良いでしょう?
よろしければ、アドバイスをお願いいたします。

補足日時:2002/03/12 10:46
    • good
    • 0

 上記のご質問を単に外形的に読み取れば、貴方は誠意を尽くすのが嫌だということになってしまいますが、ご質問の本旨は、明らかに共済金目当ての不当な治療期間延長であるというご主張ご質問ではないですか?


 その前提でいけば、相手方がどのような状態なのか、お見舞いを兼ねてどんどん様子を見にいくなり、必要に応じて本当に具合が悪いのか、就業していないのか、などを調査しておけばいいと思います。仕事をしているのに休業損害を請求すれば、保険金詐欺に該当するでしょう。
 事故は加害者も被害者といわれます。形式的にお見舞いを繰り返すか、一歩踏み入れて警鐘を感じさせるか、基本方針の判断となるように思います。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。

状況の補足説明をさせていただきます。
先方の怪我をされた方は、事故当時無職の20代の女性で、独身です。
今は仕事をしていると言っていましたが、どのような仕事なのか教えて頂けませんでした。
お見舞いは事故を起こしてすぐに2度お伺いしたところ「たいした怪我ではないので、何度も来なくて良い」と言われ、その後は行きませんでした。
その後にこのような状況になり、昨年の7月にもう一度、全労災の担当者とお見舞いに行っています。
その際も、私と主人と3人で、丁重に謝罪をしてきたつもりだったのですが、主人が一緒に行った事が相手の方が気に入らなかったらしく「何のために旦那さんまで来たんだ。謝りもしないで」と、あとで全労災の方に電話が入ったそうです。
お見舞いの言葉を忘れたつもりは無かったのですが・・・

保険で保障してもらえる部分と、私が誠意を見せなければならない部分とは、どうなっているのでしょうか?
全労災の担当者に任せきりにしてしまった私に落ち度があって、全労災さんが「あなたが先方に誠意を見せないと示談にならない」ような事をいわれてしまったのでしょうか?
私が起こした事故ですので、責任をとる気持ちはあります。ですが、誠意とは何をすれば相手の方がな納得してもらえるのかが分かりません。
やはり保険とは別に、お見舞金を持っていくものなのでしょうか?
早く示談が済むのなら、それでも構わないのです。
このようなケースの場合、一般的にどれくらいなのでしょう?

補足日時:2002/03/12 10:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故の示談を弁護士さんに委任しようと思っています

交通事故の被害者になり、示談して欲しいと保険会社から電話が来て精神的に病んでしまいました。こちらで皆さんの助けを借りて数件の弁護士さんのところへ行きお話を聞いてきたところです。


どの弁護士さんもこれといっていい印象はなく、私にはどの方も同じに見えました。弁護士さんたちの説明を受け、ぜひ事故の件をお願いしたいと思っていますが1つもデメリットを話さない弁護士さんに疑問を持ちました。


弁護士さんの話によると私の症状は固定されていて 後遺症の診断書も出るので 示談金は間違いなく取れる。よって 委託時に着手金はもらわず、最後に成功報酬と着手金をもらうということでした。


私がただ心配性なだけかと思うのですが、もし示談金がとれなかったら?と心配になってしまいました。身近に弁護士さんにお世話になった人もおらず、まったく初めてのことで心配です。本当に弁護士さんに頼んでデメリットはないのでしょうか。交通事故で弁護士さんを通して示談された方、経験者や有識者の方、なにかアドバイスがあったら教えてください。どんな些細なことでもかまいません。よろしくお願いします。

交通事故の被害者になり、示談して欲しいと保険会社から電話が来て精神的に病んでしまいました。こちらで皆さんの助けを借りて数件の弁護士さんのところへ行きお話を聞いてきたところです。


どの弁護士さんもこれといっていい印象はなく、私にはどの方も同じに見えました。弁護士さんたちの説明を受け、ぜひ事故の件をお願いしたいと思っていますが1つもデメリットを話さない弁護士さんに疑問を持ちました。


弁護士さんの話によると私の症状は固定されていて 後遺症の診断書も出るので 示談金は間違い...続きを読む

Aベストアンサー

えー,保険会社の基準は低いです。
弁護士に依頼することで,裁判にならずとも,裁判になったら赤い本等の基準になることを見越し,裁判基準に基づいた和解ができるということです。
保険会社が「裁判になったら認められる額」というのを見越して提示してくるのは,こちらが弁護士を頼むなどして,保険会社の基準がおかしいことを主張してからになります。
保険会社は少しでもお金を払いたくないのですから,保険会社基準などというよくわからない基準を作り,市民の無知につけこんで賠償額の提示を行っているのです。

後遺症が残っているなら,逸失利益の計算,慰謝料の算出が重要で金額が大きくなります。
逸失利益の算出にあたってもどの賃金センサスを用いるのか,これは裁判基準でも明確なものはないともいえます。
そして,保険会社は考えられる適用賃金センサスのうち,最も金額が低くなる賃金センサスを用いることになります。
しかし,事案によっては,その算出に用いた賃金センサスが適当ではないこともあり,弁護士に依頼することで,このあたりの合理的な判断もしてくれるでしょう。
どの賃金センサスを用いるかとは,賃金センサスには,全労働者平均とか,男性平均とか女性平均とか,大卒者平均とか色々あるのです。

まともな弁護士なら,弁護士に依頼すべきではない(結局弁護士費用を考えたらメリットが小さい)事件は,そのように依頼者に説明します。
少なくとも私はそうしています。
結果的によい結果にならないかもしれないというリスクも当然に説明します。
リスクを承知で依頼してもらわなければ,後で依頼者とトラブルになるからです。
数人の弁護士さんに相談されて,特にご自身での交渉を勧められなかったのであれば,弁護士に依頼すべき事案なのだと思いますよ。

着手金を最初にもらわないのは,弁護士にとってはリスクです。
それをするということは,その依頼者が信用できる,依頼者にとって利益のある結果が得られる見通しをもっているというものといえます。

えー,保険会社の基準は低いです。
弁護士に依頼することで,裁判にならずとも,裁判になったら赤い本等の基準になることを見越し,裁判基準に基づいた和解ができるということです。
保険会社が「裁判になったら認められる額」というのを見越して提示してくるのは,こちらが弁護士を頼むなどして,保険会社の基準がおかしいことを主張してからになります。
保険会社は少しでもお金を払いたくないのですから,保険会社基準などというよくわからない基準を作り,市民の無知につけこんで賠償額の提示を行っている...続きを読む

Q保険会社の示談交渉に誠意を感じられない

 前方優先の交差点内にて事故にあいました。
状況:
1.交差点の形状は 「‡」のような形(実際は上は突き抜けていない)
2.当方、横2本線のうち下段を左から右へ通過(信号は無。上段は有) 
3.左前方に信号待ちの停車あったため、一旦停止後徐行にて自車を交差点内に進入、優先道路の縦線を上から下へ通過の先方に衝突される
4.双方怪我はなし。当方助手席側のドア2枚交換を要すくらい破損、先方は前部軽微な破損
5.当方車両保険にてすでに修理完了済。過失割合、判例にて8:2と言われる

以上が簡単な経緯ですが、私は過失割合に納得がいかない旨当方担当者(最大手損保のT海上)に伝えていますが、事故から約1か月、修理完了から2週間ほど経過しているものの示談交渉の経過等何の連絡もなく、どこまで真剣に先方担当者と交渉されているのか、疑問に思えてきます。
 事故現場に足を運ぶでもなく、私と会って事情を確認するでもなく、電話で話したときは「割合に納得できないときは裁判と言う方法もあるが、負けますよ」「車両保険があるからいいじゃないですか」と、事務的な感じすら覚えて誠意が感じられません。私にとって事故なんて数年に一度の出来事なのに、損保業界ってこんな感じなのでしょうか?

 前方優先の交差点内にて事故にあいました。
状況:
1.交差点の形状は 「‡」のような形(実際は上は突き抜けていない)
2.当方、横2本線のうち下段を左から右へ通過(信号は無。上段は有) 
3.左前方に信号待ちの停車あったため、一旦停止後徐行にて自車を交差点内に進入、優先道路の縦線を上から下へ通過の先方に衝突される
4.双方怪我はなし。当方助手席側のドア2枚交換を要すくらい破損、先方は前部軽微な破損
5.当方車両保険にてすでに修理完了済。過失割合、判例にて8:2と言われる
...続きを読む

Aベストアンサー

再度、書きこみをします。
保険会社の事故処理センターの社員からの示談交渉の経過報告がないことを気にしておられるようですね。
私は、代理店として契約者の示談交渉の経過は、会社に任さずに私が、専門用語を使わず契約者に説明します。そして、社員に随時確認を入れます。しかし、あくまでも相手がいることですので、当方がいくら早く結論を求めても相手からの回答に時間が掛かることがあります。いくら貴方の保険会社の担当が優秀でも相手側の担当や当事者の対応が悪いと 何もできないのです。

また、過失割合ですが、担当者から言うと余りにも掛け離れた割合を相手側に投げかけても相手にしてくれません。私が、相手側の担当なら今回の事故なら9:1
主張します。最悪でも8:2であなたの保険会社と交渉するでしょう。
それ以外の割合が、提示されたら私なら、しばらく交渉せず放置するか、契約者によく説明するようにT海上の担当に文句を言うと思います。

Q交通事故の示談についての弁護士の対応。

当方加害者でバイクと自転車の事故を起こしました。
色々とありまして弁護士の先生に示談の以来をしました。
示談成立で示談金を支払ったまでは良かったのですが
後に物損(自転車の修理、見積書は有)の領収書が無いのに、
そのお金を払わされた事に気づき、相手に支払った示談金の領収書を
請求してもそれは出来ない様な事を言われました。
当方着手金50万円、成功報酬として10万円支払いましたが
この領収書も収入印紙も貼っておらず領収書としては使えないものを
送ってこられました。
ちなみに領収書はこちらが請求してやっと送られてきたもので
弁護士からはほとんど連絡も無く教えてもらう事も無かったです。
こちらも示談金に対しての領収書は税務署の申告するので絶対
必要なのですが、事故の相手は非常識で無茶な要求をする人だったので
スンナリと請求は出来なさそうですし、弁護士の先生もあてには
ならなそうなので、この弁護士の仕事は妥当なのか?
相手から領収書をもらうには、どの様な手があるのか?
教えて頂けたら幸いです。ヨロシクお願いします。
一応今回の件で弁護士のやり方のは不満があるので
弁護士会に連絡しようと思っています。

当方加害者でバイクと自転車の事故を起こしました。
色々とありまして弁護士の先生に示談の以来をしました。
示談成立で示談金を支払ったまでは良かったのですが
後に物損(自転車の修理、見積書は有)の領収書が無いのに、
そのお金を払わされた事に気づき、相手に支払った示談金の領収書を
請求してもそれは出来ない様な事を言われました。
当方着手金50万円、成功報酬として10万円支払いましたが
この領収書も収入印紙も貼っておらず領収書としては使えないものを
送ってこられました。
ちなみに...続きを読む

Aベストアンサー

示談金の領収書を請求は通常ありません。
双方印鑑を付いてか交わした控えのみです。
勿論請求し発行する義務が無い。
印紙も営業に関しない受取には印紙は非課税で必要なし。

弁護士さんと貴方の場合は
個人の弁護士は印紙税が非課税で貼る必要がない。


税務署の申告で印紙の必要の無い項目に医師、弁護士が該当してます。



営業

Q先方からの謝罪がない人身事故の示談交渉について

昨年11月昼頃に交通事故に遭いました。歩道のない道路を歩行中、左肩を車の左ミラーにぶつけられました。運転者に文句を言うと、罵声を浴びせられたので、車を蹴飛ばしてしまいました。運転者は怒り、もみ合いになり、スーツを破られました。その後、警察に連絡をし、お互い事情聴取されました。警察は示談交渉はしないので、当事者でやってくれとのことでした。運転者との口約束では、私が車の修理費を弁償する。スーツは運転者が弁償するとしました。当日、整形外科で診察を受け、全治一週間の診断書を警察に提出し、人身事故扱いにしました。相手方の保険会社の担当者から連絡があり、通院費は保険会社で支払うとのことでした。病院に約1ヶ月間通院し、痛みもなくなりましたが、運転者から連絡、謝罪は一切なく、保険会社の担当者に連絡しても、事務的に処理をしようとしているだけで、納得できません。どうしたらよいでしょうか、お知恵をお貸しください。 

Aベストアンサー

No.2です。

>慰謝料を取れるだけとりたいと思います。

正当に請求出来る範囲で、という意味ですよね?
痛みが残っているのであれば治療は必要ですが通常、診断書から予測出来る以上の通院などがあると保険会社から「審査」が入る事があります。

必要以上の治療をしたとなれば病院も責められるので急に治療の打ち切りを打診してくるかもしれません。
最悪、過剰治療と判断されれば治療費は支払われず、慰謝料も払われなくなる可能性があります。

※あと警察は主張は聞いてくれても、それで罰則が変わる事はまずありません。(例えば被害者が罰則は望みません、と言っても罰則ありと判断された事故には罰則があります。逆も同じです)

慰謝料に関しては「弁護士基準」で主張すれば一番、高額です。
任意保険会社の基準だと「弁護士基準」の6割前後となります。

Q示談相手の弁護士から連絡が来ません

刑事事件で、処分猶予として釈放された被告人の弁護士と、民事で示談をしています。
(刑事曰く、弁護士側から示談をするので処分を待ってほしいと連絡があったとか…?)

一度弁護士と話したのですが、もう一度双方で持ち帰りまた話し合いをしよう、また連絡しますと言われて、早2週間連絡がありません。

刑事や検事の話を聞いていても、こちらに対する態度とはまったく違ってしおらしくしているようで(こちらには開き直ったりしていました)犯人は外面が良いようなので、
もしや釈放されたのを良いことに、うやむやにするべく弁護士を解任してしまったのでは?など疑っています。

弁護士に直接連絡してもいいのですが、本来なら示談ではなく刑事罰を受けてほしいところ、初犯ということもあり検事や弁護士から示談を勧められ(検事は勧めてはいけないようですが実際勧められました)、
刑事罰がないならお金で制裁を与える(示談する)しかないという気持ちで示談するため、
こちらから連絡を取るのは示談してお金がほしいみたいでちょっと癪です。
かといってこのままうやむやになってしまっては怒りがおさまりません。

釈放後弁護士を解任してうやむやになるというようなことはあるのでしょうか。
また、示談の話し合い(弁護士+被告人)にはそんなに時間がかかるものなのでしょうか?

刑事事件で、処分猶予として釈放された被告人の弁護士と、民事で示談をしています。
(刑事曰く、弁護士側から示談をするので処分を待ってほしいと連絡があったとか…?)

一度弁護士と話したのですが、もう一度双方で持ち帰りまた話し合いをしよう、また連絡しますと言われて、早2週間連絡がありません。

刑事や検事の話を聞いていても、こちらに対する態度とはまったく違ってしおらしくしているようで(こちらには開き直ったりしていました)犯人は外面が良いようなので、
もしや釈放されたのを良いこと...続きを読む

Aベストアンサー

気になるのであればその担当の弁護士に連絡すれば直ぐ解決しますよ。
多分解任してると思いますが。
もし解任なら刑事に事件の捜査を続けるように求めれば良いことだと思います。
取りあえずご確認を!

Q昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方の保険会社に問い合わせすると
「事前認定=本認定です。異議申し立てするしかありません。」といわれました。
どうやら相手側の内部機関?での認定のようですが非該当になっての賠償金の支払い額が自賠責の限度額120万前後にピタリとあてはまります。
以前からギプス固定期間を治療日に算定しなかったりと相手側の保険会社の担当者への不信感がありましたが、
客観的にみてこの事案はここで示談するしかないのでしょうか?

概要は
・治療費 (病院への支払い) 56万前後
・通院費 (交通費です) 4万前後
・その他 眼鏡等の損害 4万前後
・休業補償 7万(10日分)
・慰謝料 67万前後 (通院日67日+固定具の加算日数43日=110日ですが規定により減算されるようです。)
合計 120万前後

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方...続きを読む

Aベストアンサー

後遺障害非該当でも、異議申し立てという道が残されています。
線も引かれていない真っ白な異議申立書という用紙があるので、それに非該当になったことに対する異議を自分で書きます。
書式も文章も決まっていません。
1度異議申立をしてダメだったにしても、何度でも異議を申立てられます。
これは、何度かやったら認められる場合が多いんですよね。
時間はかかりますが。

ところで、相手保険会社の「自賠責保険」は、どこですか。
任意保険ではありません。自賠責保険。
一般の損保でしょうか?
もしも、自賠責が某共済なら、後遺障害14級9号を、基本的に認めません。
何度も異議申立てをして、ようやく認められるという具合になっています。
一般の損保なら、そのような不公平な扱いはないのですが。

Q示談を弁護士に依頼しましたが・・・。

先日6月に事故に遭い(当方0相手100)、先月保険会社より示談に対しての提示が有ったのですが、金額に納得が出来なかったので、ネットで探した弁護士に示談交渉を依頼しました。
しかし、示談交渉の契約をしてからもう2週間がたつのですが、なんの経過報告も無く、こちらから連絡をしないと示談に対しどういったアクションをしてくれているのが全く判りません。
弁護士に示談を頼んだことの有る方・または専門家の方・に伺いたいのですが、示談を弁護士に頼んだ場合、事例にもよるとおもいますが、どのくらいの期間が掛かるもので、また示談の状況報告等弁護士からどの程度の期間で有るものなのか?教えてください。
余りにアクションが悪いので、違う弁護士にしたほうが良いのか等々、少し心配になってきます。

Aベストアンサー

#1です。

調停は、質問者さんの住所を管轄する簡易裁判所に申し立てます。
定型書式が裁判所にはありますから、それに記入をして、
収入印紙と切手を納めれば手続き完了です。

申立から約1ヶ月後に期日が設定されますから、
裁判所に行って、話合いを行ないます。
話合いは1回で終わるとは限りません。
ちなみに、調停は代理できる人が身内でも認められる場合があります。
また、司法書士も代理権があれば代理することができます。


また、金額が60万円以下であれば、少額訴訟という制度もあります。
これも簡易裁判所に定型書式の訴状がありますから、これに記入し、
収入印紙と切手を納めれば手続き完了です。
実質1日で解決が図れますが、質問者さんとしてもある程度の妥協点、
というのを定めておかないと、泥沼の通常訴訟に突入してしまいます。

簡易裁判所管轄の裁判は、弁護士だけでなく司法書士も代理できますから、
費用等を安く済ませることができます。

Q0:100主張接触事故 先方認識無し。明日先方バス会社側傷確認 対応相談です!

<事故>
細い坂道の急カーブにて私は内側下り、相手はバス外側登り。
内輪差でセンターライン内側に切り込んできました。
私は思った以上に切り込んで来まして、見通せなかったため停止したところそのままバスは通過「パチン!」という音がして当たったかどうかは解りませんでした。
そのままバスは通過。私は一時停止できるところまで10数メートル行って前方左傷を確認。Uターンはかなり先でしか行えなく無理だったのでそのまま徒歩にて追っかけましたが既にかなり走行影も形もありません。
とりあえず、駐車できる場所まで坂を下りバス会社と警察へ通報。警察で先方と再度話してその時間通過したバスと推測されるバスが来ました。
しかしバスに傷がありません。
バスも当たった認識がありません。
そのバスの前のダイヤのバスも見せてもらいましたが傷がわかりません。
車のナンバーは確認は2つの数字程度で相違。
夜雨降っていることもあり傷は確認できませんでした。

<ご相談>
とりあえずバス会社は明日傷をみてもらう話となっていますが、0:100主張であるため自分側の保険会社はなにも対応ありません。
私は先方負担傷を治してもらいたいと思っていますが
バス会社は保険適用ならとのコメントがあります。
先方にあてたと認識がない事。先方側に傷が無かった事がとても不安です。
最悪私の勘違いじゃないの?など言われることがあるのではないかと思っています。
会社事故担当&保険会社vs個人との話になりますので
当日対応についてアドバイスいただければと思います。よろしくお願い致します。

<事故>
細い坂道の急カーブにて私は内側下り、相手はバス外側登り。
内輪差でセンターライン内側に切り込んできました。
私は思った以上に切り込んで来まして、見通せなかったため停止したところそのままバスは通過「パチン!」という音がして当たったかどうかは解りませんでした。
そのままバスは通過。私は一時停止できるところまで10数メートル行って前方左傷を確認。Uターンはかなり先でしか行えなく無理だったのでそのまま徒歩にて追っかけましたが既にかなり走行影も形もありません。
とりあえず...続きを読む

Aベストアンサー

警察が事故として受け付けない以上、バス会社およびバス会社側の保険会社は支払いを拒否するものと思われます。

警察への事故届が保険を使うための必要条件ではありませんが、届出でが受理されることにより事故の存在が公的に証明できることになります。公的に証明されるのであれば、損害を与えた側には当然賠償義務が発生することになり、保険も機能すると思われます。また届出がない場合でも、双方の当事者が事故の存在を認めれば同じことになります。今回の案件ではそのいずれでもないようです。

法律では損害賠償を請求する側にその立証義務があります。立証ができないのであれば、相手が支払いを拒否したときは、実際問題としてそれ以上は難しいでしょう。

とりあえずが質問者さんとバス会社が事故の存在について話し合うことになるでしょう。この段階(相手が法的倍賞義務を認めていない段階)で保険会社が出てくることは、(契約内容によっては)違法行為になる恐れがあります。保険会社ではなく代理店であれば、かなりグレーです。そういった人とは話をしないようにしましょう。

Q弁護士同士の示談交渉には、どんなメリットがあるのか

現在まで、2事件について弁護士同士の示談交渉をしていましたが、互いに?依頼人にメリットのある主張で平行線を辿りました。相手がこれまで言ったこと、行ったことを否定したり、虚偽の主張をしていたからです。そこで、1件は提訴に踏み切りました。
さて、相手の弁護士に当方から文書を出すとこちらの依頼した弁護士を通すように返答されました。残りの事件で、私が相手方弁護士と交渉しようと思っているのですが、こちらが本人だと、一般的に相手方弁護士は返答をよこさないなど無視したり、軽くあしらったりするのでしょうか?
弁護士同士の示談交渉のメリットは、よく分からないのです。デメリットは、費用がかかる、こちらの言い分や証拠を詳細に伝えられない、相手方弁護士は依頼者の利益になるよう平気で(依頼人と打ち合わせて?)虚偽の証言をするなど、デメリットばかりが目に付くのですが。いっそ裁判の方が手っ取り早いと思うのですが、弁護士を通しての交渉にはどんなメリットがあるのでしょうか?
もちろん、当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、法に照らして交渉する自信はあるのですが。

Aベストアンサー

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてどのような判決になるかが分かっています。
お互いの弁護士は最終的に訴訟になった場合、どのような結果になるのかは織り込み済みで交渉しています。

守る側は、「依頼人の最大限の利益のため」ということで、一応ポーズとして「有ること無いこと、ウソ八百」並べ立てます。
時間がかかります。
で、それがイヤで適当なところで手を打つ、ということになれば、相手方にとっては利益になります。
こちらとしては時間がかからずに済みます。

また、訴訟ということにすれば、相手はどんな理屈を付けようが、控訴、上告までできます。
もちろん負けを承知の上です。
で、時間がかかるし、裁判費用もかさみます。

時間つぶしはイヤだ、余計なお金は使いたくない、というのであれば示談です。
その落とし所を捜すのが弁護士の仕事です。

仮にあなたと相手方弁護士が対峙したとします。
あなたは相手方弁護士の主張をことごとく論破しようとするでしょう。
膨大な時間がかかります。
あなたはそれに時間を割かなければなりません。
その間他のことはできなくなります。

もし弁護士を頼んでいれば、弁護士に資料を渡すだけで済みます。
もちろん弁護士費用はかかりますが、あなたは別のことをすることができます。

そこのところをどのように判断するかでしょう。

まあ、弁護士にとっては示談だろうが訴訟だろうが同じです。
時間的なことからすれば、早く示談にしてしまいたいと思うでしょう。
そこには「社会正義の実現」なんてことはありません。
効率の悪いことはしたくないんですよ。

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてど...続きを読む

Q自賠責担当者に対する苦情申し立て

交通事故の加害者側任意保険から派生している自賠責保険担当者についてですが、態度が「公正な立場」とは程遠く、とても任意保険寄りです。もう何度もやり取りしていますが態度が変わりません。
馬鹿にしたような横柄な態度、こちらが質問をしたり書類を請求するとまずブツブツと文句から始まりますし、頼んだ書類とは別の書類を送ってきます。
私の声にかぶせるように声を荒げ上から物を言います。
示談はまだ済んでいません。
自賠責保険という機関はそんなにエライのでしょうか?
このような場合、どの機関に苦情を申し立てればよいでしょうか? 

Aベストアンサー

私は、私が加入する保険会社から悪質な態度を取られた為、損保ADRセンターに苦情申し立てをし、そこからのアドバイス通りに動いたらガラリと態度が変わりました。
流れとしては、損保ADRセンターに状況を説明し、そこからのアドバイス通りに自賠責保険の保険会社の本社に苦情の申し立てをします。
それで駄目なら、再度損保ADRセンターに申し立てるんです。
ネットで損保ADRセンターを検索すれば出てきます。


人気Q&Aランキング