東京は赤坂に先祖代々の菩提寺があります。お寺さんから「お寺の管理とお墓の掃除など等にお宅さまの場合は年間2万円を納めて下さい」と通知がありました。一般に言われている「護寺会費と墓地管理費」のことだと思います。大変に漠然とした話であり、そして甚だ不躾な質問になって恐縮ですが、皆さまの場合についてご開示頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 護持会費(墓地管理費を含む)は,寺によってまちまちです。


 うちの菩提寺は年額2万円です。母方の菩提寺は年額6千円です。
 母方の菩提寺は,修繕のたびに寄付が回って来ますが,うちの菩提寺は寄付が回ってきません。
 うちの菩提寺は,毎年,あちこち修繕や改修をしています。去年は本堂の屋根瓦の葺き替えをしました。近所の人から「teinenさんのところのお寺,屋根瓦の葺き替えをしてるけど,大層の寄付を言われたでしょ。」と言われましたが,全く寄付のお願いなどはなく,寺(宗教法人)の一般会計で賄われました。
 対して,母方の菩提寺では,修繕や改修のたびに「寄付のお願い」があるそうです。

この回答への補足

寄付については10年ほど昔に一度ですが「本堂新築ほか工事のためにお寺さんの要請に応じてウン拾万円の拠出」をしております。ご参考までに補足させて頂きます。

補足日時:2006/08/11 09:16
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速にアドバイスを頂き有難うございました、大変に参考になりましたm(_,_)mペコリ。

お礼日時:2006/08/11 09:14

三代に渡り練馬の古くからのお寺の檀家です。

先代より護持会費5万円、清掃料1万円の計6万円を収めています。
その他の寄附の依頼はなく、いつも境内は行き届いた清掃がされており、気持ちよく墓参できますし、ご住職も奥様もいつでも仏事に限らず相談にのっていただけますので、月5千円の会費と思えば納得しています。会計は、年一回の施餓鬼供養会が護持会総会もかねており、参加者には、護持会の決算が配られます。
赤坂のお寺であれば、ご質問者のあげられた金額は至極常識的なものと思えます。

この回答への補足

質問者の場合には施餓鬼供養会とか護寺会総会などの案内を貰った例は
ありません。

補足日時:2006/08/11 23:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速にアドバイスを頂き有難うございました。具体的なデータなどをご開示頂き大いに参考になりました。

お礼日時:2006/08/11 23:47

伊豆半島の寺で、護持会費年1万6千円と別に住職への付け届け2万円です。


会費は戒名の位によって段階があります。

本堂改修などの寄付は別途です。これも戒名の位でランクがあります。

会計報告は、きちんと来ます。

私なら、東京の中心、赤坂で年2万円で済めば、喜んで払います。

この回答への補足

質問者の場合は戒名の位で決められた金額かどうか判りません。

補足日時:2006/08/11 18:49
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速にアドバイスを頂き有難うございました。具体的なデータを開示頂き大変に参考になりました。なお、檀家の数が多いか少ないかに拠っても金額は変わるように思えてきました。東京は人口稠密ですから恐らく檀家の数も多い事でしょう。

お礼日時:2006/08/11 19:07

宗教上の仕来り(為来たり)は、宗派や土地柄で異なると思いますが。


護持会費とは、寺を維持する為の費用、及びお坊様達の家族の生計費も含む、寺側が消費する費用分。

お墓の掃除や、(お寺の管理)←は、墓所の管理

これ等は、寺側の支出では無く、あくまで、檀家(お客様が出す分)が払う冪、性質もの。
と、思います。
--------------
ただ、相場があって、無いようなものですので、寺側から要求されれば(例え理不尽でも)仕方が無い面も有り得ると思います。
きちんとした、寺なら、檀家の総てへ年一回会計報告が有る筈だと思いますが。
葬式の時の収入は、お坊様の臨時収入なので、其の侭ポケットへ入り(税金も払わない)護持会費に組み込まれる事は、殆どの寺で、無いようです。
赤坂のような高級な地に菩提寺を持てば、地方とは比べようも無い位の掛かり(檀家の支出)が有るのだろうと想像します。

この回答への補足

年一回会計報告?親の代からなかったようです、機会をみてお寺さんに聞いてみましょう。赤坂が高級な土地?東京大震災の後、祖父母の時代からの檀家と言う関係です。

補足日時:2006/08/11 11:20
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速にアドバイスを頂き有難うございました、参考になりました。

お礼日時:2006/08/11 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所

お寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所の代金も請求されたが支払わないといけないのか?

Aベストアンサー

現在のお墓の場所は、その場所をお寺さんに永久に借りるという契約です。

この場所をお寺さんの都合で別の場所に、というのであれば、お寺さんによる契約の一方的な解除です。

当初の契約で支払った永代使用料を返金してもらって、新たな場所の契約をする、というのが筋だと思いますが。

現在のお墓の永代使用料は返金しない、新しい場所の永代使用料は請求する、では永代使用料の二重取りでしょう。

Qお墓について、困っています。代々の墓に今度結婚する兄嫁の先祖お骨を一緒に納める事は出来るのでしょうか

今度 兄が結婚します。
相手の家にお墓がありますが、一人っ子で結婚後お墓を守る人が居なくなってしまうため、こちらの代々の墓と一緒にしたいと相談されています。
父は、いいんじゃないか と暢気に言っていますが、どうなんでしょうか?
全く違う家が一緒の墓に入れるものでしょうか?
同じ区画内に新たに墓を立てるといった方法もあると思うのですが、そんなに広くないし..。
お墓は、市営の墓地にあります。(お寺の境内ではありません)
アドバスがありましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

坊さんです。宗教上、仏教上特に問題はありません。
ただ、墓地使用契約上等の関係で、寺院墓地なら宗派が異なると典礼権の関係で納骨不可。
霊園等納骨後も何の宗派でも良いところや公営墓地等の場合には、墓地使用者から見て納骨できる親族の範囲が使用契約や自治体の条例で定められており(墓地により異なる)、その範囲に入ればOKですが範囲外なら不可。となります。
したがって、ご質問のケースでは、市営の墓地なので、当該自治体の墓地使用条例に拘束されますので、市の墓地管理担当課に問い合わせるしか答えは出ません。今度結婚する兄か兄嫁が墓地使用者なら可能性はありますが、いずれかの両親が使用者の場合には親族間ではないので不可のはずです。

Q地域共同墓地を単に管理しているだけというお寺(追加ですm(--)m)

No.2026341で質問をさせて頂いた者です。関連の質問なので補足で質問すればよかったのですが、完全に締めてしまってから浮かんだもので、あらたに書き込ませてください。すみません。

寺院墓地の場合、寺院の宗派が変更になったとか、地域共同墓地を単に管理しているだけと言うことで無い限り、他の宗派のお墓があることはないとお伺いしたのですが、
その「地域共同墓地を単に管理しているだけというお寺」には宗派はあるのですか?
(ド素人の質問でばかげていて申し訳ありません。)
普通に考えて、宗派のないお寺などないとは思うのですが、念のため確認させて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 東北に住む曹洞宗の僧侶です。

 地域共同墓地は今日でも、農村漁村山村と呼ばれる地域には多く存在しております。集落の住民の墓がまとまって墓地を形成しているところを、共同墓地あるいは公葬地(私の生まれ育った岩手県では、この言い方が一般的でした)と言っています。地域の事情によって若干の例外はあるとは思いますが、共同墓地の管理者は、その墓地の近くの寺の住職がなっている場合が圧倒的に多いと思います。
 その墓地や集落がどれくらいの歴史を有しているかは個々の場合によって異なりますが、江戸時代から続いている共同墓地の場合、そこの集落の人々は寺請制度の関係で一つのお寺の檀家に統一されていたと考えられます。寺院墓地でなくても、共同墓地を使用している世帯全部が曹洞宗A寺の檀家であったり、浄土真宗B院の門徒であったりということは大いにありえます。ですから、共同墓地の管理人である住職の寺の檀信徒となっている場合が多い、と思います。
 但し、江戸時代においても平田神道などの影響で仏教に対する反発が強まったことに伴い、地域によっては仏教の葬儀を排除し神式の葬儀ー神葬祭ーを行なう場合も出てきました。明治以降、キリスト教が公に認められたり天理教などの教派神道が認められると、共同墓地を利用する人たちで寺の檀家をやめて行くケースがある程度あったと思われます。

 質問に有る「地域共同墓地を管理しているだけというお寺」の場合もそれぞれの寺のよって事情が異なってくると思います。
 一般的には
  寺院墓地を有しており、そこの墓地の使用者はその寺の檀家である。住職が近隣の地域共同墓地の管理者をしており、大部分はその寺の檀家もしくは準檀家であるが、ほかの宗教を信じている関係で檀家とならない者もいる。
 或る共同墓地の場合は、墓地管理者のお寺との関係が希薄な場合もあるかもしれません。だから、「単に管理しているだけのお寺」という表現が実情に合っている場合もあり得る事です。

 昭和28年から現在の宗教法人法が施行されるようになって、一定の手続きを踏めば宗派(包括宗教法人)から離脱して単立の宗教法人になることがやりやすくなりました。そのため、宗派からの賦課金や本山への寄付金を納めるのを嫌がって、宗派を離脱ケースがかなりあったそうです。何らかの事情で単立の宗教法人となった寺院の場合、宗派を聞かれることを嫌がったり、聞かれても答えをはぐらかしたりぼやかしたりしている場合も多いようです。

 東北に住む曹洞宗の僧侶です。

 地域共同墓地は今日でも、農村漁村山村と呼ばれる地域には多く存在しております。集落の住民の墓がまとまって墓地を形成しているところを、共同墓地あるいは公葬地(私の生まれ育った岩手県では、この言い方が一般的でした)と言っています。地域の事情によって若干の例外はあるとは思いますが、共同墓地の管理者は、その墓地の近くの寺の住職がなっている場合が圧倒的に多いと思います。
 その墓地や集落がどれくらいの歴史を有しているかは個々の場合によって異なります...続きを読む

Q先祖代々の墓

お墓についてお聞きしたいのですが
私には兄がいます。その兄の子供は娘二人です。
男の子が居ないので婿養子でも貰わない限り墓守が居なくなりますよね?
そうした場合、どうなるのでしょうか?
私のは息子が二人います。私は次男ですので新たに墓を建てて初代になると思います。先祖代々のお墓を途切れさすのは心苦しいです。
そこでお聞きしたいのは、このようなケースではどういった手段が一般的なのでしょうか?

私の次男坊が本家の墓を引き継ぐ?
私の長男が本家の墓を引き継ぐ?
私も本家の墓に入って本家の墓を引き継ぐ?
嫁に行くであろう兄の娘が引き継ぐ?(別性)
本家の墓は途絶える?

Aベストアンサー

坊さんです。
同様のケースは核家族化・少子化で多くなってきています。お墓まで最近は核家族ですからね。
ご質問について、「一般的」はありません。
お考えの5つのケースすべてがありますし、しいて言えば、その5つの中から親族で話し合って決めるのが一般的です。長男の家にお子さんがいないケースでも、次男とは限りません。住んでいる場所の関係もあります。三男・四男が引き継ぐケースもあります。
合掌

Q先祖代々の墓は誰が継承するのがよいか?

祖父母の墓を三男である私の父Bが建てました。
それには事情があり、
長男が聾唖者のうえ身体障がい者でもあったために、
家業を三男の父が継いだことが理由です。

長男の息子Aと従兄弟である私は、
幼少時代、お向かいに住み、兄弟のように過ごしました。

中学生の頃、Aの父は亡くなり、
祖父母と同じ墓に納骨しました。

また、10年程前にAの母もなくなり、
祖父母の墓に納骨しました。

そのためか、墓の管理費用はAに請求されています。

数年前、Aが勤める会社が倒産し経済的に苦しくなったことから、
Bに支払を求め、Bも過去の未払いの責任を感じて承諾しました。

ただし、Bも80才半ばであり、今後はAが墓を守るようにと話ました。

Aは家系の継承者はBであり、突然の話に困惑して私に連絡してきました。

このような場合、誰が墓を継承するのが良いのでしょう。
私の父Aも母も健在です。

私の子の世代のことを考えると、従兄弟世代の間に円満解決して、
それぞれの墓を持つのが良いと思っていますが、
祖父母からの先祖代々の墓はどちらが継承するのが一般的なのでしょうか?

祖父母の墓を三男である私の父Bが建てました。
それには事情があり、
長男が聾唖者のうえ身体障がい者でもあったために、
家業を三男の父が継いだことが理由です。

長男の息子Aと従兄弟である私は、
幼少時代、お向かいに住み、兄弟のように過ごしました。

中学生の頃、Aの父は亡くなり、
祖父母と同じ墓に納骨しました。

また、10年程前にAの母もなくなり、
祖父母の墓に納骨しました。

そのためか、墓の管理費用はAに請求されています。

数年前、Aが勤める会社が倒産し経済的に苦しくなったことから...続きを読む

Aベストアンサー

旧法では、長男がすべてを相続することになっていましたから、お墓も長男が守りました。

現在の民法では、そのような定めはありません。
誰がお墓を守っても良いのです。
「関係者一同で話し合って決めて下さい」ということですね。

ただ、これまでの慣習からすれば、Aが継承するのが自然です。
Aの両親もそのお墓に入っているのですから。

Aがそのお墓には入らない、自分で別にお墓を用意する、というのであれば、あなたのお父様からあなたへの流れになるでしょう。
その場合、お父様がそのお墓に入っても良いのです。

お墓の管理費用は折半でも良いと思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報