電圧Vと電流Iを測定して、R=V/Iより抵抗値を求める。電圧計および
電流計の3σ(σ:標準偏差)が共に0.5%であるとき、
(1)電圧計の読みをV0、電流計の読みをI0としたとき、それぞれの標準偏差
σv、σIの大きさはいくらか。
(2)抵抗Rの標準偏差σRを与える式を示せ。
(3)測定された抵抗値R=V0/I0に対し、求められる3σRは何%になるか。

お願いします。この問題がどうしてもわかりません。参考書や問題集を探して
見たのですが似たような問題も無くかなり困ってます。解かる方がいらしゃいましたらどうか教えてください。大学の卒業がかかっています。力を貸してください。

A 回答 (2件)

No.1はすべて間違いです


それは以下のことによる
・V,Iの分布はともにガウス分布でない
・V0とI0は問題を良く読むと「平均」ではなく「読み」であった

従ってNo.1をなかったことにしてください
どうもお騒がせしました
    • good
    • 0

Rの確率密度関数を求めるには下記リンクが参考になるのでは?



Vの確率密度関数をPV(v)とし
Iの確率密度関数をPI(i)とし
Rの確率密度関数をPR(r)としたとき
PR(r)=∫∫(all)dvdi・PV(v)・PI(i)・δ(r-v/i)である
PV(v)=exp(-(v-V0)^2/(2・σV^2))/(σV・√(2・π))と
PI(i)=exp(-(i-I0)^2/(2・σI^2))/(σI・√(2・π))を
PR(r)=∫∫(all)dvdi・PV(v)・PI(i)・δ(r-v/i)に代入すれば
PR(r)が求まるが大変そうですね
解析的に求まればいいですね

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=212617
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ