人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

最近再評価されつつあるディーゼルエンジンですが、どれも2000cc以上の比較的排気量の大きいものばかりですね。
同じ排気量でも低速トルクが大きく、燃費が良いが、軽快感が無く走りを楽しめる物では無いと言うイメージを持っています。
技術的に低排気量のディーゼルエンジンって出来ないものなんですか?それとも、低排気量にするメリットが無いのでしょうか?
単純に燃費だけのことを考えると1000ccのガソリンエンジンで20km/L位出るのでしたら同じくらいの排気量のディーゼルでもっと燃費を伸ばすことが出来ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

本題からそれますが、ディーゼルエンジンの噴射システムは基本的に外製です(内製しているところもあるかも知れません)。


噴射システムの主なメーカは
BOSCH( http://www.bosch.co.jp/ )のほかに、
DELPHI( http://delphi.com/ )、
SIEMENS( http://www.siemensvdo.com/ )、
そして日本のデンソー( http://www.denso.co.jp/ )等があります。

国内で販売されている車(トラック含む)に、BOSCH、デンソー、DELPHIが採用されていることは知っていますが、SIEMENS採用車が国内で販売されているかどうかは分かりません・・・。

BOSCHとデンソーのHPには日本語でディーゼルに関する特集ページがあるので、読んでみるのも一興かと。
(BOSCH:TOPページより『新世代ディーゼルの真実』
 デンソー:TOPページより『技術情報』→製品技術の『パワトレイン』→関連リンクの『環境技術開発物語「コモンレールシステム」
』)

おまけ
No.2さん紹介のダイハツの2ストディーゼルですが、前回の東京モーターショーでは発展拡大版として1200ccに排気量アップしています。
660ccは国内軽自動車を意識していたと思いますが、1200ccになったことで、欧州で販売することが実現するのかも・・・。
    • good
    • 3

No9さんです。

説明不足でした。

>ボッシュってエンジン作っているんですか

エンジンに付く噴射装置を造ってメーカーに納品しています。ディーゼル車が売れれば結果的にボッシュ社が儲かる事になります。

>言われるような性能なら

一部のディーゼル車が輸入されるようなので、ボッシュ社の言う通りかどうかもうじき解ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

ディーゼルが叩かれている中で、どれ位のユーザーが買うかちょっと疑問な所ですが・・・
クリーンで燃費もよければそのうち認められるといいですね。

お礼日時:2006/08/17 14:24

排気量の小さいディーゼルは、結局のところ、エンジンブロックの強度の問題もあると思います。


軽油を圧縮して、それで自然発火する時のエネルギーを動力にしているのです。
ですから、エンジンブロックに、強度が必要です。

排気量が小さいと、車体も小さいし、エンジンも小さくないと難しいです。
それに、同じ排気量だと、ガソリン車よりも力がないので、効率も悪いです。
それでターポチャージャーが必要です。
そのコスト高もあるし、振動が大きいというのでも、敬遠されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

軽のターボ付ガソリンエンジンでも非力な感じは否めないのですが、それよりもさらに力が無いのですか・・・
力がない分アクセルを余分に踏み込みそうですね。

お礼日時:2006/08/17 14:21

>技術的に低排気量のディーゼルエンジンって出来ないものなんですか



模型飛行機のエンジンにディーゼルがあった位ですから造る事は可能ですが、実用上ではシャレードのディーゼル(3気筒1000cc=1気筒330cc)が限界と言われ、4気筒なら1400~1500ccが最少排気量になると思います。これでコンパクトカーを造ると、出力はガソリンエンジンの半分、トルクは7割り位ですので過給が必要、振動や騒音の対策も必要、という事でコスト増となり、日本では一般ユーザーには受け入れられません。ボッシュ社が言っている、ガソリン車と同等の振動騒音、30~40%燃費が良く地球環境に良い、が本当なら、公用車もタクシーもディーゼルになると思うのですが。

この回答への補足

有り難うございます。

ボッシュってエンジン作っているんですか?電装品の会社だと思っていました。言われるような性能ならどんどん導入するべきだと思います。

補足日時:2006/08/14 10:38
    • good
    • 0

以前、カローラIIの1,500CCディーゼルに乗っていました。


燃費は非常によく、待ち乗りオンリーでも、リッター15kmは走ってくれました。
ですが、同じ排気量のガソリン車よりは馬力が無いって理由だからかは不明ですが、ターボが付いていました。

色々なところにドライブに行きましたが、不便な感じは全くなかったですね。小排気量の車でもターボ付きディーゼルが市販されるとうれしいですね。

この回答への補足

有り難うございます。

待ち乗りでリッター15kmは素晴らしい!!
軽のターボ付きでもそんなに伸びないのに・・・
今の技術でそれ位作れないのでしょうか?
あれば、買いですね。

補足日時:2006/08/14 10:35
    • good
    • 0

 昔、いすずのジェミニという車に1500ccのターボディーゼルがありました。

自動車用ディーゼルとしては最も高回転でレッドが5500回転とガソリンエンジンに迫るもので、当時いすゞ製ディーゼルエンジンはブランドものでした。
 コストはかかりますが、最近はガソリンエンジンもどんどん付加価値がついてコスト高になっていますから大差ないんじゃないでしょうか。
 当時、いすずの2000ccターボディーゼルを父が所有していましたが、あの中間加速のたくましさは何とも表現しがたいですね。実用加速ではガソリン車に負ける気がしなかったですね。若気の至りでシルビアと張り合ったのを覚えています。但し、エンジンが重く重量バランスが悪いのでコーナリングスピードはかなり低いです。
(関係ありませんが、いすゞが乗用車生産をやめた時は涙々でした。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
軽くて燃費のいいディーゼルエンジンできると良いですね。
シルビアと張り合えたのならかなり優秀なディーゼルだったのでは?こういうエンジンが無くなったのは残念ですね。

お礼日時:2006/08/14 10:34

 20年位前になるでしょうか。

定かではありませんが。
 ダイハツのシャレードに1000ccのディーゼルがありましたね。「リッター・ディーゼル」の謳い文句でしたが、その後は、耳にしません。ディーゼル・エンジンの特徴は、比較的低回転域からトルクが出ることです。ですから、荷物や人をたくさん乗せるトラックやバスに使われていますよね。しかし、小排気量の車には、むしろ回転数でパワーを稼ぐ特性の方が、軽量を生かして軽快にきびきび走れるので、小排気量ディーゼル・エンジンは、好まれなかったのではないでしょうか。
 確かに燃費のことだけ考えれば、あなたのおっしゃるとおりなのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
やっぱりガソリンエンジンのようなキビキビした動きが出来ないので小型車には不向きなのでしょうか?
ターボをつけると燃費も悪化しそうですし。
なかなか難しい問題ですね。

お礼日時:2006/08/14 10:30

ディーゼルエンジンの欠点の一つに高コストというのがあります。


つまり同等のガソリンエンジン車に比べて価格が高くなるんです。
ですから燃料代で元を取るには年間の走行距離が多い人に限られますね。
現状でも乗用車の年間平均走行距離は1万kmほどだそうですから日本は少ないようです。
また小型車は特に車両自体が安いのでディーゼルにした分の価格アップ率は大型車に比べて高いですからメーカーのほうもあまり売れないと判断しているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
>ディーゼルにした分の価格アップ率は大型車に比べて高いですからメーカーのほうもあまり売れないと判断しているのではないでしょうか。
ガソリン価格がこれだけ上がると価格差を吸収できる蔵にならないでしょうか?
それを考えるとやっぱりクリーンで燃費の良いディーゼルエンジンが出来ると良いですね。

お礼日時:2006/08/14 10:28

u1c9c7h5i 様、こんばんは。


日本では嫌われ者で、本当に身近には小型のものは見聞きする機会が少ないですよね、特に最近は。

けれども、「いすゞ」は以前からずっと販売していました。
古くは「フローリアン」と言うファミリーセダンとその派生車。そして最近までは「ジェミニ」。どちらも1.8リッタークラスのエンジンだったと思います。

ただ、ディーゼルエンジンの特性として、構造上重量がかさむことや、開店域の狭さなどから、小型化しても特性を生かせないことから、あまり積極的に市場には出さなかったようですが、昨今は色々な可能性の見直しで、前出の方もおっしゃっていますように、ヨーロッパを中心に復権の兆しが急速です。
ですので、今後はますます増えてくるのではないでしょうか、u1c9c7h5i 様がお考えのように、小型で燃費の良いディーゼルエンジン搭載車が、ハイブリッドのような形で。

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
No.2さんの教えてくれたダイハツ以外でも小型ディーゼルの開発はしないのでしょうか?軽とハイブリッドならホンダくらいで研究して無いでしょうかね・・・

お礼日時:2006/08/14 10:25

今欧州では1400ccクラスのBセグメント(トヨタのヴィッツやルノーのルーテシアあたりのクラス)が多く活躍しています。


(ちなみにそれより小さいクラスにもディーゼルエンジン搭載車はあります。あのsmartにもディーゼルエンジンはラインアップされています)
特にドイツでは全体の20%、新車登録では50%がディーゼル車というヨーロッパ全体のディーゼル人気の渦中にあります。
最近ではエンジンや排気ガス、そして燃料に対する対策がガソリン車と遜色が無いほどに進歩しています。
ただ日本では某都知事の「ディーゼルは悪」発言やそれに伴う排ガス規制の影響からまだまだクリーンなイメージが浸透していないのが現状です。
ただ日本でも2009年に再び排ガス規制が実施されるのでもしかしたらイメージの変化が起こるかもしれません。

そんな中実際にプジョー307のディーゼル車に乗るオーナーさんがBlogを書いています。
ディーゼルに関することが詳細に記されていますので参考になると思います。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/peugeot307hdi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
教えてもらったブログも拝見しました。
自分もよく知らないながら、環境問題でディーゼル=悪という見方がまだま残っています。
この考え方を改める必要もありますね。

お礼日時:2006/08/14 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長時間のアイドリングによるクルマへのダメージは?

たとえばガソリンエンジンの普通乗用車で、車内でゆっくりと映画を観たい時などは、二時間くらいはアイドリング状態でいると考えられます。そこで以下の事を知りたいのですが
(1) 1~2時間のアイドリングは、車のどこに負担を与えるのか。その原理も加えて。

(2) 2リッターDOHC、NAエンジンだと、ガソリンはどのくらい消費するのか

以上、お願い致します。なるべく無駄なアイドリングは避けるつもりですが。

Aベストアンサー

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間アイドリングしたら、50km走ったと思う」
事です。
現在の走行距離に、アイドリング時間×50kmで車のメンテナンスをしてください。
だから、2時間のアイドリングを15日関すれば、1,500km走行したのと同じですから、走行距離が1,500kmでも、合計で3,000kmになりますからオイル交換をしてください。
その他のメンテナンス、ファンベルトやタイミングベルト、ラジエター液なども計算上の走行距離で交換するようにしましょう。

そうすれば、いろいろかかる負荷に関して、少しはフォローできると思います。


ガソリンの消費量は、環境省では10分で0.14Lといわれています1時間では840ccということになりますね。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/dekiru/ta_03-2.html
排気量は分かりませんが、1時間1L程度でしょう。

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間...続きを読む

Qシャレード 1.0ディーゼルターボ…その後?

燃費のいい、小型車の事を考えていたら懐かしい車を思い出しました。
ダイハツ シャレードです。

一応4代目までモデルがあったようですが、私(30代後半男性)がすぐに思い出すのが2代目です。
最初にデトマソが発売されたモデルであり、1000cc直3ディーゼル、同ターボが存在したモデルです。
たしか、私の記憶が定かなら、
1000cc直3ディーゼルが39馬力(グロス)、
同ターボが50馬力(グロス)
だったと思います。
やや強引ですが、このディーゼルエンジンを現代版として復活させたとしたら、結構人気が出そうな…。
ランニングコストが安くてトルクフルで。。。


という事で質問です。
(1)このエンジンのその後の開発ってどうなっているんでしょうか?意外に欧州で搭載車があったりしますか?
(2)日本国内における展望は?リッターディーゼルターボの復活の可能性は…皆無ですか??


その辺の事情にお詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問にお答えしますね。

スズキのスイフトは1.3L
http://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/new_swift/spec/index.html

トヨタのヤリス(ヴィッツ)は1.4L
http://www.toyota.co.uk/cgi-bin/toyota/bv/generic_editorial.jsp?navRoot=toyota_1024_root&edname=YA5_CarChapter_Landing&zone=Zone+YARIS&id=MSR_YARIS

日産のノートは1.5L
http://www.nissan.co.uk/GB/en/environment/co2-emissions/note.html

三菱のランサーが2.0L
http://www.mitsubishi-cars.co.uk/lancer/specifications.aspx?Variant=ED4

ホンダのシビックは2.2L
http://www.honda.co.uk/cars/civic3door/

以上です。これらの車、全部日本国内で開発してるんですよ?知ってました?
技術的には、全く不可能ではないのですよ。商業的に成立するかどうかだけが問題なんです。

最近の経済不況と、年々厳しくなる燃費規制の(ヨーロッパでは燃費の悪い車を購入すると、罰金を払わないといけない)ために近年ダウンサイジング化が加速し、各社2L以下の小型ディーゼルを開発しています。確かに高価なデバイスを沢山つけないと、排ガス規制はクリアできないわけですが、グローバルで需要が拡大すれば、エンジンの生産コストは下がるので可能性はなくはないでしょう。
小型クラスであれば、リッター30kmの燃費も狙えるでしょうね。

こんにちは。
質問にお答えしますね。

スズキのスイフトは1.3L
http://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/new_swift/spec/index.html

トヨタのヤリス(ヴィッツ)は1.4L
http://www.toyota.co.uk/cgi-bin/toyota/bv/generic_editorial.jsp?navRoot=toyota_1024_root&edname=YA5_CarChapter_Landing&zone=Zone+YARIS&id=MSR_YARIS

日産のノートは1.5L
http://www.nissan.co.uk/GB/en/environment/co2-emissions/note.html

三菱のランサーが2.0L
http://www.mitsubishi-cars.co.uk/lancer...続きを読む

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Q軽油で走る1BOXまたはミニバン

はじめまして。 現在自動車学校に通っていて、この春中古車を買おうと思っています。
自分は周りの人と違って6~8人乗れる車(1BOX・ミニバン)が欲しいのですが、ガソリンの価格高騰などの影響で軽油で走る車がいいなと思うんです。
最近の車はほとんどがレギュラー等ガソリンの車で、なかなか軽油で走る車が見つかりません。中古で買うので、古いモデル等でかまいませんので、車名等知っているまたはオススメのディーゼル車を書き込んでいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 最近では1BOX&ミニバンのディーゼル車は無くなりましたが、数年前まで各社でディーゼル車がラインナップされていましたね。
 環境に対する負荷はガソリン車の方が高いのに、黒煙のためにディーゼル車が悪者にされてしまった印象です。

 1BOX&ミニバンでも車重によって二つに分けられると思います。
 車重1.6トン、排気量2000ccクラス
 5ナンバーサイズの車体で、燃費は7~10キロ
タウンエース、エミーナ、ルシーダ、セレナ

中間が・・・フレンディ、MPV

 車重2トン、排気量3000ccクラス
 3ナンバーサイズの車体で、燃費は5~8キロ
ハイエース、グランビア、グランドハイエース
キャラバン、デリカ、ファーゴ

 最近のディーゼル車は、ガソリン車以上に環境負荷が低く、環境に対する意識の高いヨーロッパではガソリン車以上に売れています。
 あと2~3も待てば、国産でもディーゼル車が復活すると思います。
 日本では基準に達しないディーゼル車に乗れない地域がありますので、その規制に引っかからないか、よく確認された方が良いと思います。

 私は、デリカスペースギア、グランビア、ボンゴフレンディーと乗ってきましたが、グランビアはエンジンのパワーもあるし車格が大きいので一番安定していました。(でも、燃費は一番悪かった^^;)

 最近では1BOX&ミニバンのディーゼル車は無くなりましたが、数年前まで各社でディーゼル車がラインナップされていましたね。
 環境に対する負荷はガソリン車の方が高いのに、黒煙のためにディーゼル車が悪者にされてしまった印象です。

 1BOX&ミニバンでも車重によって二つに分けられると思います。
 車重1.6トン、排気量2000ccクラス
 5ナンバーサイズの車体で、燃費は7~10キロ
タウンエース、エミーナ、ルシーダ、セレナ

中間が・・・フレンディ、MPV

 車重2ト...続きを読む

Q車の排気量とは何ですか??

排気量1.8リッターとはどういう意味でしょうか1.8リッター分のガソリンしか一度に消費できないみたいな感じでしょうか??

Aベストアンサー

>排気量1.8リッターとはどういう意味でしょうか?
この質問から考えてみても、専門用語(部品名)でお答えしても、理解しにくいと思いますので、身近な物に例えてお話しますね。ん~牛乳ビンを考えて見ましょう(むかしながらのガラス瓶の厚紙のキャップの)。あれって牛乳が200ml程入っていますよね。あの200mlがエンジンで言うところの200ccです(お尋ねの1.8Lの9分の1)で牛乳の部分が空気とガソリンの混ぜたもの(決してガソリンだけではありません)でこの牛乳に相当するガソリンと空気のまぜあわさった物を牛乳ビンのふたで底のほうまでギュ~ット押しつぶす(蓋からもれてこないとして)で、ギュ~ト押しつぶした状態で火を付けてボ~ンと爆発させる。その力で車を動かす。だから、200ccより当然400ccのほうが爆発の力が強く車を動かす力も強い訳。でも200ccより400ccのほうがガソリンが倍消費する。見たいなことになる訳です。色々あって一概にはいえませんが、排気量が多ければそれだけ力を生み出せますが、ガソリンもそれだけ食います。ご参考になれば・・・幸いw


人気Q&Aランキング