2月20日朝小学校の廊下で滑った夜から急激に左足大腿~膝外側が痛み歩けなくなってしまいます。整形外科では始め肉離れと診断、冷やすといいと言われたが激痛に。歩いた後2~3時間後に激痛が走り丸まって泣きながら痛みをこらえています。先週1週間検査入院し血液、尿、心電図の検査及びMRI(腰、膝)を撮りましたが異常なく自宅療養と言われ退院。診断は右大腿部打撲と書いてありました。
 退院後も外出時杖を使い、室内では車椅子を使用し極力負担をかけないようにしていますが、歩行後しばらくしてから痛みがはしり我慢出来ないときは座薬を使用しています。たんなる打撲としては当初より回復している様に感じられません。
今後どの様な検査、治療を受けたほうが良いか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すでにご回答なさったドクターは「神経内科」的視点からいわゆる「心身症」を想定なさっておいでなのではないでしょうか。

麻酔科でも、広い視点を持ったドクターであれば「痛み」の原因を広く探ろうとするでしょう。でも、整形外科の診療機関を代えて、すでに撮影したMRI画像を持参し(画像そのものの写りが、医療機関を代えることで大きく変わることはあまりありません/それにMRIやCTは高額ですから)て、もういちど画像診断してもらってはいかがでしょう。ご心配ですね。
    • good
    • 0

 はじめまして。

整形外科医です。ご相談のcaseはなかなか難しいですね。この文面からは入院の上MRIなどかなり多方面の検査をすでにされているようです。現時点では整形外科的な疾患(筋断裂や靭帯損傷、半月板損傷など)は否定されているので、これ以上の検査は僕も考え付きません。
 朝滑ったのに、痛みは夜からなのですね。何か神経内科的な(精神科ではありません。)原因が急に増悪したのかもしれませんね。
 杖、車椅子、坐薬と考え付く治療も試みられています。あと患者さんの方で考えられる手としては「病院をかえる」というぐらいかもしれません。そのときにレントゲンやMRIなどを貸してもらったほうがいいでしょう。あと診療科も整形だけでなく前述の神経内科など違った視点で診察してもらうのがいいかもしれません。
 難しいcaseなので、いまいち参考にならないかもしれませんが、がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご返事有難う御座います。 やはり言われた様に明日にでも麻酔科(ペインクリニック)のほうへ受診したいとおもいます。神経内科とは、違うのですが、大丈夫でしょうか? 思いつくだけでなかなかDrに言われるとあーそうなのかなあーと納得せざるえない感じになってしまいます。とりあえず受診しましたらまた報告させて頂きます。 本当にありがとうございます。ホッとしました。(^.^)

お礼日時:2002/03/12 21:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNo.2288338 質問:膝の打撲 の続きです

先日の続きです。
まだ少々腫れてはいるものの、かなり痛みはましには
なってきました。まだ少し左は熱を持っていますが。
右のズキズキはどうやらキズのせいだったらしく、
なくなりました。
ただ、寝ていたり、下に座っていて、立ち上がると
血が下に下りる感じ?がしてぐわ~~と痛くなります。
しばらくするとなんともなくなるのですが。
これは打撲の治る過程では普通にあることなのでしょうか?こういう怪我をしたことがなくて経過がどうなるのか全くわからないので・・
また、普通に歩いたり階段はまだ痛みがあるうちは
止めたほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先日アドバイス差し上げた者です。こんにちわ。
徐々に症状が改善して来ているご様子で、良い経過だと思います。

立つとしばらく痛くなる件ですが、立ち上がり動作というのは、患部筋肉に対して「日常生活動作の中では、一番強い収縮を要求する動き」です。
まだ炎症が収まっていない現状で、「傷付いている筋肉」に鞭打って「ホラー!もっと力入れて!」と頑張らせれば、その直後にグワーッと痛みが現れて来るのは自然の摂理です。
立ってしまえば、損傷している前側の筋肉ではなくて、モモの脇から全体にかけて覆っている大腿筋膜張筋という筋肉がメインに働いて膝を伸ばしていられますので、痛みはそれほど出なくなる と言う訳です。

貴方の損傷レベルでしたら、「痛みが増強しない範囲内」で、お家の中をチョコチョコ歩く程度の歩行を徐々におこなっていくようにすると、治りを少し早めることが出来ます。但し、やりすぎると逆効果で、せっかく再生して来ている筋・骨膜・血管などを壊してしてしまいます。

まだ受傷から3日+半日しか経っていませんから、(進行性に筋肉が落ちてしまうような病気をお持ちでなければ)今の時期にリスクを負ってまで頑張る必要はありません。
生活に支障がない範囲で、1週間くらいはなるべく患部を休ませてあげた方が無難でしょう。

今の段階ですと、とにかく冷やしてあげて、その冷たい物を除去した後の2次的な血流増加を使って、患部再生を促がすしかありません。
あと2・3日位経って痛みがもう少し落ち着いてきたら、今度は赤外線やお風呂などで積極的に温めてください。(但し、痛みが強くなるようでしたら中止してください)
患部直接は避けながら、患部周囲をマッサージするのも効果的ですよ。

でも、幾ら気持ちが焦っても、結局のところ「時間薬じかんぐすり」が効くのを待つしかありません。
どうぞお大事になさって下さいね。

先日アドバイス差し上げた者です。こんにちわ。
徐々に症状が改善して来ているご様子で、良い経過だと思います。

立つとしばらく痛くなる件ですが、立ち上がり動作というのは、患部筋肉に対して「日常生活動作の中では、一番強い収縮を要求する動き」です。
まだ炎症が収まっていない現状で、「傷付いている筋肉」に鞭打って「ホラー!もっと力入れて!」と頑張らせれば、その直後にグワーッと痛みが現れて来るのは自然の摂理です。
立ってしまえば、損傷している前側の筋肉ではなくて、モモの脇から全体に...続きを読む

Q右の膝を曲げて座るり 立ち上がる際に、膝の 裏にひきつけが起こる 病名を教えてください。

右の膝を曲げて座るり
立ち上がる際に、膝の
裏にひきつけが起こる
病名を教えてください。

Aベストアンサー

東京と鳥取でカイロプラクティックの治療院を行っている者です。
考えられる原因は、次の2つです。
  ①膝裏の筋肉(しっか筋)の悪化。
  ②太腿裏の筋肉(大腿二頭筋)の悪化。
改善には、症状の原因筋肉を特定し、筋肉を緩める等の施術が必要です。
当店の様なカイロプラクティックの治療院で施術を受けることをお勧めします。
筋肉疲労などが原因の不調の場合は、病院などでは改善方法がないようです。

Q大腿部骨折のこと

今日7日、母が転んで尻もちをつき大腿骨(骨盤と腿の付け根の骨)を骨折してしまい、入院しました。母は72歳になりますが、もともと足が悪く肥満です。そのせいか?手術に対して、全身麻酔をすることになるし簡単な手術ではないと家族全員の手術同意を求められました。私達は今の時代手術をしない選択はあまりないとは思っています・・・。大変、抽象的ですが、なにかアドバイス・忠告などあれば是非教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 突然のことで本当にお悩みなのがひしひしと伝わってきます。 ご参考になればと思いUPします
 整形外科疾患では現在クリニカルパスという入院から退院までの日程表があります。 細かいところは病院ごとに違いますが参考になればと思い、下記を参照してください。 お母様の骨の状態や骨折の程度によって予後やリハビリの進行は大きく変わります。
 御高齢者が入院されると環境が変わることにより「ボケ」が始まることがあります。使い慣れた身の回りのモノを入院中も使われることをお勧めします。
 とりあえず、欲しいのは「診断名」「術式」「既往症(高血圧とか糖尿病)」ですね。 それで大体のスケジュールがわかります
 気持ちをしっかりしてくださいね。 ここでもし誰かが倒れたらお母様が悲しまれるでしょうから・・・

参考URL:http://www.fff.or.jp/seikei/nurse/path_daitai.html

Q右大腿骨頭置換術を受ける患者さんについて

52歳女性(メガネ使用)で右大腿骨頭置換術をうける人に対して手術前訓練としてどういったことを思考したらよいのでしょうか。もちろんタバコを吸っているため禁煙は必要だと思います、他には全身麻酔なので深呼吸訓練(トリフロー使用)、あとは、術後に関して体位変換についても必要なのかなとは思うのですが・・・
具体的に呼吸訓練以外に何を施行できるのか教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。大腿骨頭置換とか人工股関節の手術後は、肢位(動作様式)により脱臼の可能性があることは書きましたが、日常生活のふとした動作でも起こりえることなので、十分患者様に理解してもらいましょう。
まず質問の
寝返り:手術後は術部位の痛みなどで術側方向への寝返りは困難な場合が多いと思います。よって健側方向への寝返りでは、術側肢が上になるわけですから普通に寝返りをすると術側股関節は内転位を取り、さらに寝返りの後半では内旋位も加わります。これは脱臼肢位ですから禁忌です。そこで、一般的に病院で用いられるのが三角枕です。この三角枕は術後の安静臥位でも用いられていますが、股関節を軽度外転位に保持する為に両足の間にはさむように入れる三角の枕です。寝返りでもこの三角枕を利用し寝返れば安全だと思いますが少し動きにくくしんどいかな。リハが始まれば枕を使わなくても安全な方法を指導してもらえると思います。
他にも、ズボン・靴下・靴などを履く時、下のものを拾う時、床から立ち上がる時などなど注意が必要です。特に手術後1ヶ月位は術部位の軟部組織などが安定していないので注意しましょう。
こんなもんでよろしいでしょうか?

No.2です。大腿骨頭置換とか人工股関節の手術後は、肢位(動作様式)により脱臼の可能性があることは書きましたが、日常生活のふとした動作でも起こりえることなので、十分患者様に理解してもらいましょう。
まず質問の
寝返り:手術後は術部位の痛みなどで術側方向への寝返りは困難な場合が多いと思います。よって健側方向への寝返りでは、術側肢が上になるわけですから普通に寝返りをすると術側股関節は内転位を取り、さらに寝返りの後半では内旋位も加わります。これは脱臼肢位ですから禁忌です。そこで、一...続きを読む

Q眼科検査で緑と赤の◎、あれはなんの検査なのですか。

いつも気になっているのでお聞きします。
眼科検査(コンタクトやメガネを新調した後)で最後に必ず、「緑地の◎と赤地の◎を見せられて、どちらが見やすいですか?」と聞かれますがあれはいったいなんの検査なのでしょうか?
いつもどちらも同じぐらいですごく回答に困ってしまうんですけど。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

矯正視力が正常かどうかの微調整としてのチェックだそうです。

赤は波長が長く、緑は短いので、目で像として写る距離に少し
差があるため、正常だと同等に見えますが、近視だと赤が
遠視だと緑が優位に見えるとか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報