アメリカ合衆国は、理由はいろいろですが、頻繁に他国を爆撃しては民間人を殺害しています。しかし、爆撃で民間人が殺害されても、その爆撃をしたアメリカ軍人が刑務所行きになったという話は聞きません。水産高校の練習船の愛媛丸を沈没させた、アメリカ海軍の潜水艦の艦長であったワドルも刑事罰を加えられていません。名誉除隊だそうです。これを見ていると、暴力団と国家とは本当に違うのかなと思います。例えば、日本で有名な山口組がもし、日本を支配して政権を構成した場合、今のアメリカ合衆国とおなじくらい他国を攻撃して、多くの民間人を殺害することはないのではないかと思います。結局、国家と暴力団の本質的な違いは何なのでしょうか?政権をとった暴力団という事態まで考えると、国家と暴力団の本質的な違いがわからなくなってきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

暴力団 とは」に関するQ&A: 【暴力団は右翼連中と仲が良いですが左翼連中と仲が良いという話は聞いたことがない】 なぜ暴力団は右翼団

A 回答 (6件)

アメリカ合衆国が、「世界の警察」を自称する「世界の暴力団」であることは、あなたの経験からも明らかなことです。



特に、現在のブッシュ政権は、「悪の枢軸」演説に象徴されるように、これからも他国への「言いがかり」をつけて、罪もない一般市民を直接(空爆など)・間接(難民となっての餓死・病死)を問わず、百万人単位で殺して行くでしょう。その理由については、下記のURLでの私の回答をご覧ください。

これまでに、何人が「アメリカの旗の下」に殺されたでしょうか。日本だけでも、沖縄戦で・広島で・長崎で・東京大空襲で。

それに比べれば、ちょうど半年前のニューヨークでのテロで2000人程のアメリカ人が死んだことぐらい、微々たるものです。アメリカは、報復されて当然なのです。

あの世界貿易センタービルへ航空機が突っ込むのを見た瞬間、私は心の中で、あの「テロ」を絶賛しました。

---------------

あなたのご質問で、ちょっと気がかりなのは、「日本で有名な山口組がもし、日本を支配して政権を構成した場合、今のアメリカ合衆国とおなじくらい他国を攻撃して、多くの民間人を殺害することはないのではないかと思います。」と書いておられることです。そして、OKWeb がこれを容認していることです。

「例えば」と書いておられますが、これは適切な例えではありません。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=136008
    • good
    • 0

今、始まった、ディスカバリーチャンネルの特集を見よ。

No1の方の回答に関連した話題をやっています。
    • good
    • 0

国家と暴力団の違いですか、面白いところに目をつけましたね。



私の考えですが、本質的なところではそれほど違いません。
組織の規模が大きいか小さいかの違いだけです。

kamesennninさんが学生か社会人かわかりませんが、歴史の授業
でホッブスという人が、国家は「リバイアサン」つまり怪物である
ということを習いませんでしたか。

国家には警察も軍隊もあります。力がありますから、自国や他国の
国民をその力でねじ伏せることは簡単にできます。
実際、独裁国家では、権力者の意向次第で幾らでも暴力を振るえます。
幾つか例をあげましょうか。イラクがクウェートを侵攻したのは、
独裁者フセイン大統領の意思です。
カンボジアで、"キリング・フィールド"と呼ばれるほど自国民を殺害
したのは、当時の支配者であったポルポトの意思です。
その他、第二次世界大戦後の共産国の例だけでも、幾らでもあげる
ことができます。

ではその「リバイアサン」を暴れさせないためにはどうするか。
これは怪物を暴れないように縛り付けるしかありません。
では国家という怪物を縛り付ける武器は何かと言うと「憲法」なのです。
憲法とは、本来は国家と国民の契約です。国家が憲法に従うことに
よって、その怪物としての力をむやみに振るえなくなります。

特に民主主義国家では、政府が様々な憲法の制約があるので、むやみに
自国民に対して、暴力を振るえないようになっています。
現実のアメリカや日本は、とうてい理想的な国家とは言えませんが、
独裁者の意思次第で国民をどうにでもできる国家と比べれば、はるかに
マシというものです。

しかし、憲法は国民を自国政府の横暴からは守ってくれますが、他国の
横暴から国民を守ることには、まったく役に立ちません。
そこで、国家の安全保障政策が重要となります。
自国の軍備を増強するか、幾つかの国と同盟を結んで、他国の侵略に
備える必要があります。

私の見解では、国の政府というのは先ず自国民を保護する義務があると
思います。これができなければ、一国を代表する政府としての価値が
ありません。

最近ではアメリカがアフガニスタンを空爆→特殊部隊の派遣まで行い
ましたが、かつてのタリバン政権はアメリカと妥協しなければ攻撃を
受けることはわかっていたにも関わらず、アル・カイーダをかばい続け
アフガニスタンへの軍事介入を招きました。

私に言わせれば、アル・カイーダを切り捨てれば外交努力で事態を
回避できたハズなのに、それをしないでいたタリバン政権は自国民を
保護する役割を投げ捨てたとしか思えません。アメリカを責める以前に
自国民を保護する役割を捨てたタリバン政権を責めるべきです。

アメリカにしても、自国民を何千人も殺された以上、何かの形でケジメ
をつけなければ、自国民を保護する役割を放棄したことになります。
軍事介入をしてでも犯人を裁きにかける努力をしなければ、国民の怒り
を抑えることはできなかったでしょう。


最後に、国家と憲法の本質については
『痛快!憲法学』 著者:小室直樹/集英社
を読んで、よく勉強してください。
    • good
    • 0

この質問は国が戦争しても軍人が裁かれないということと、愛媛丸事件でワドル艦長に刑事罰が下されなかったことを同一視しているところが適切ではないと思いますが、一応私なりの意見を申し上げます。



国が戦争しても良い理由。
私は国は戦争してはいけないと思います。ただし、国が戦争してはいけないと法律を決めてもそれを取り締まる人が現在のところいません。国連がアメリカ軍よりも強くなればそういう事も可能になるのかもしれません。

暴力団が抗争してはいけない理由。
暴力団が抗争したら取り締まられる理由は、そういう法律があるからです。そしてその法律に違反した場合、それを取り締まる警察があって、幸いなことに日本では警察が暴力団よりも強いから、取り締まられるのです。国によっては麻薬マフィアがその国の軍隊よりも強くて取り締まられない国もあります。

ワドル艦長の件
愛媛丸を沈没させた艦長に罰が加えられなかったことについては、私も日本人の一人として残念に思います。でも、あれは軍人が民間人を殺してもいいから罰が加えられなかったのではありません。裁判の結果、罰が加えられなかったに過ぎません。ちなみに軍人の場合は、犯罪を犯しても警察に捕まったり裁判にかけられるということはありません。憲兵に捕まって軍法会議にかけられます。ワドル艦長が軍法会議に正式にかけられたかどうかは忘れてしまいましたが、査問会みたいなものは開かれたと思います。ワドル艦長の処分が不適切であったのならば、それはアメリカ軍の体質の問題です。日本の警察や外務省が内部の人間に甘いのと同じです。

結論を言えば、軍人と言えども民間人を殺したりはしてはいけないのです。それを取り締まる憲兵隊も存在するし、裁判にあたる軍法会議も存在します。ただし日本の自衛隊は軍隊ではないので、自衛官が悪いことをすれば警察に逮捕されて裁判にかけられます。
    • good
    • 0

暴力団が他国を攻撃して何かの利益があるかどうか、という問題があると思いますが、たとえば、豊臣秀吉の時代の日本は、「豊臣組」といってもいいでしょう。

朝鮮出兵も「気に入らない」という理由ですから。

現代の民主主義国家であれば、国民に選挙権がありますが、組員にはたぶん選挙権がない・・・。
    • good
    • 0

>頻繁に他国を爆撃しては民間人を殺害しています。

しかし、爆撃で民間人が殺害されても、その爆撃をしたアメリカ軍人が刑務所行きになったという話は聞きません

単に戦略的目標を達成しただけです。空港を封鎖したり、破壊するのは、敵に利用させないためです。補給線を断つのは、敵が飢えるのを待つことによって、味方の兵を損なうことなく、敵を降伏させるためです。ちょっと勘違いしていらっしゃるのは、「爆撃で民間人が殺害されても、その爆撃をしたアメリカ軍人が刑務所行きになったという話は聞きません」というところ。
これは命令されているのであって、自由意志で殺害はしていないはずです。なぜならば、軍事行動は多額の巨費がかかるわけで、射殺するとかならともかく、爆撃するよな大規模な破壊行動は、必ず上から命令されてから実行しているはずです。

∴裁かれるのは上官であるはずだ。ということはそれを命令した、上官の上官も裁かれなくてはならない。ということはそれを命令した上官の上官の上官も裁かれなくてはならない。…最終的にそれを命令した上官の上官の上官の…の上官である最高指導者が裁かれなくてはならないわけです。言いたいことはわかった?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【暴力団・和歌山抗争で】神戸山口組の紀州連合会の松下功会長が殺害されました。 和歌山県はもう韓国マ

【暴力団・和歌山抗争で】神戸山口組の紀州連合会の松下功会長が殺害されました。

和歌山県はもう韓国マフィアの領地なので、6代目山口組との山口組抗争のどさくさに紛れて、武闘派の神戸山口組が6代目山口組が撤退した和歌山県に進出しようとして、和歌山県を統括している韓国マフィアの韓国人に殺された。

和歌山県の闇は深い。

6代目山口組も神戸山口組も入っていけないくらいに和歌山県は韓国マフィアに乗っ取られた。

会長はラウンジで呑んでたってことだから暴力団は自分の島以外では呑まないから韓国マフィアに神戸山口組のシマが取られたってことかな。

Aベストアンサー

認識間違いですね。 和歌山県は二階俊博が中国マフィアと組んで牛耳っています。

Q森政権、小泉政権、安倍政権、福田政権、麻生政権のよかった点、悪かった点

森政権、小泉政権、安倍政権、福田政権、麻生政権のよかった点、悪かった点を教えてください。

Aベストアンサー

何がよくて何が悪かったのかは、その人がどういう政治スタンスで、
政治に何を求めているのかで、その評価は変わってきます。
ある人にとってはよかった点でも、別の人にとっては悪い点になることがありますので、
できれば、質問者さんが政治に何を求めてるのかが分かれば、
評価のしようがあるのですが…。

ちなみに私は、規制緩和、官から民へ、という構造改革路線を基本的に支持してますので、
小泉政権の郵政民営化や、安倍政権の公務員改革は、評価していますし、
それまでの構造改革路線を転換し、元の自民党路線に戻した麻生政権は「クソ」だと思ってます。
もちろん、その逆に、小泉安倍路線は「クソ」で、
麻生政権はよくやったという評価の人も少なからずいますし、
小泉政権も安倍政権も麻生政権もどれもダメ、という人もいます。
ただ、いずれの政権も高い評価、という人は希少種だと思うのですが…。

よかったか悪かったかといった価値観は関係なく、
単純に、その政権が何をやったかを知りたいのであれば、
多分、wikipediaあたりを調べられた方がいいと思います。

Qなぜ爆撃機で爆撃するのか

イラク戦争で米軍は爆撃機や戦闘機を飛ばして重要施設を攻撃していましたがなぜミサイルで爆撃しないのでしょうか。ミサイルでピンポイント爆撃ができると思います。確かにミサイルは値段が高いですが、爆撃機の値段やパイロットの養育費はもっと高いです。しかも米軍は、人的被害をもっとも嫌います。なぜわざわざ爆撃機で爆撃するのですか?

Aベストアンサー

 トマホーク巡航ミサイルのことをおっしゃっていると思いますが、高価なトマホークを主に使用するのは、敵の防空システムが生きていて、爆撃機の被撃墜率が高いと思われるとき、すなわち開戦劈頭です。トマホークの目標は、発電所・変電所、通信アンテナ、物資集積所、対空ミサイル陣地、行政施設、レーダーサイトなど、要塞化されていない地上施設・装甲の薄く機動力に欠ける兵器群が主になります。
 このとき同時にステルス攻撃機F-117が出撃、レーザー誘導爆弾を使用して敵の要塞化された防空システム施設をピンポイント爆撃します。トマホークは低空を亜音速で飛行するため、貫通力が低く、厚いコンクリートで囲われた施設の破壊には向いていません。また、攻撃を受けたのを知って敵防空レーダーが作動すると、SEAD機と呼ばれる攻撃機が対レーダーミサイルを使用してこれらをすべて破壊します。トマホークは事前に地形やGPS座標の入力が必要で、事前に場所が分かっている固定式レーダー以外は撃ち漏らしてしまうため、臨機応変な対応のできる攻撃機の出番となるわけです。
 こうして敵の防空システムを無力化し、安全に飛べるようになったところで爆撃機・攻撃機が出撃し、それ以外の重要施設・敵戦力をレーザー誘導爆弾やテレビ誘導爆弾、空対地ミサイルなどでピンポイント攻撃します。また、命中精度が要求されない野戦陣地などは通常爆弾を使用して爆撃をかけます。
 出撃してほぼ確実に帰ってこれるという状況になればわざわざ高価な巡航ミサイルを使う必要は無いわけで、爆撃機や戦闘機を飛ばしての攻撃となるわけです。
 ちなみに米軍では人的被害を完全にゼロにするため、無人攻撃機を開発中です。

 トマホーク巡航ミサイルのことをおっしゃっていると思いますが、高価なトマホークを主に使用するのは、敵の防空システムが生きていて、爆撃機の被撃墜率が高いと思われるとき、すなわち開戦劈頭です。トマホークの目標は、発電所・変電所、通信アンテナ、物資集積所、対空ミサイル陣地、行政施設、レーダーサイトなど、要塞化されていない地上施設・装甲の薄く機動力に欠ける兵器群が主になります。
 このとき同時にステルス攻撃機F-117が出撃、レーザー誘導爆弾を使用して敵の要塞化された防空システム施設を...続きを読む

Q他国を頻繁に誤爆している米国はテロ国家?

国際法で認められた戦争行為でもなく、他国に多大な脅威を与える行為をテロであると定義します。そうすると、米軍が頻繁に行なっている誤爆というのは戦争行為でもなく、他国に多大な脅威をあたえていますので、テロ行為だと考えます。テロ行為を行なう米国はテロ国家だと考えます。アフガニスタンの市民の住宅地域に誤爆をして50人以上の死者を出しているのに、ブッシュはゴルフをしていました。もし、日本の自衛隊がPKO派遣先で50人もの民間人を爆撃して殺したら、小泉内閣は吹っ飛ぶでしょう。その前に、国中が大騒ぎで、謝罪にすぐに大臣が派遣されるでしょう。しかし、米国のブッシュ政権では頻繁に誤爆で民間人を殺しておきながら、謝罪や関係者の処罰をしたとの話を聞いたことがありません。日本の水産高校の練習船の愛媛丸を米国の潜水艦が沈没させても、その艦長は名誉除隊になり、何の処罰も受けていません。まさに、米国は他国の人間をゴミとしてしか見ていない証拠だと思います。太平洋戦争の末期に人口密集地帯に一般市民の大量殺戮を目的にした原爆を投下した前歴もあります。インディアンをほとんど皆殺しにして建国した米国こそが世界最大のテロ国家だと考えます。

国際法で認められた戦争行為でもなく、他国に多大な脅威を与える行為をテロであると定義します。そうすると、米軍が頻繁に行なっている誤爆というのは戦争行為でもなく、他国に多大な脅威をあたえていますので、テロ行為だと考えます。テロ行為を行なう米国はテロ国家だと考えます。アフガニスタンの市民の住宅地域に誤爆をして50人以上の死者を出しているのに、ブッシュはゴルフをしていました。もし、日本の自衛隊がPKO派遣先で50人もの民間人を爆撃して殺したら、小泉内閣は吹っ飛ぶでしょう。その前に...続きを読む

Aベストアンサー

「アメリカの正義」のみを根拠として他の国家に爆撃をし,経済封鎖をし,軍を派遣し,国家の指導者を捕まえて殺そうとしている。
これが建国以来,現在までかわることの無いアメリカの姿ですネ。

千年帝国の樹立という「ナチスの正義」
イスラムの聖地奪回という「イスラムの正義」
シオニズムという「ユダヤの正義」
革命による世界の改造という「共産主義勢力の正義」
日本を,世界を自分達のものにするという「オウムの正義」
様々な正義が存在してきました。
いずれも行動したり賛同しているものにとっては正義であり,それに反対して実力行使を行なってくるものはテロリストなんですネ。

私もご質問のとおり,世界一危険なテロ国家はアメリカであると考えています。
原爆の投下,北爆,アフガン爆撃‥
これらは「戦争犯罪」ですよネ。
建国の過程から考えれば,インディアンに対するホロコーストがありますネ。よく,民族を消滅させようとしたのはナチスがはじめてだと言われますが,個人的にはアメリカが最初だと思っています。

けれども,世界はパワーゲームの元に動いています。
いずれアメリカが凋落してしまい,全く別の国家が主導権を持ったときには,過去の犯罪として弾劾される日もくるかもしれません。
けれども,現状では罪を問わないのですネ 誰も。
以上kawakawaでした

「アメリカの正義」のみを根拠として他の国家に爆撃をし,経済封鎖をし,軍を派遣し,国家の指導者を捕まえて殺そうとしている。
これが建国以来,現在までかわることの無いアメリカの姿ですネ。

千年帝国の樹立という「ナチスの正義」
イスラムの聖地奪回という「イスラムの正義」
シオニズムという「ユダヤの正義」
革命による世界の改造という「共産主義勢力の正義」
日本を,世界を自分達のものにするという「オウムの正義」
様々な正義が存在してきました。
いずれも行動したり賛同しているものに...続きを読む

Q国家が借金をしているのに他国に貸すのはどうして?

日本はODAなどを通じて発展途上国や中国に資金供与をしてきたそうですが、疑問があります。
日本の国家の財政は膨大な債務を抱えて、利息だけでも相当な額に上るようです。一方で、どうして他国に資金を貸与するのでしょうか?

日本の債務を買っている団体・個人に儲けさせて、国民にとっては不利益ばかり負わせることにはなりませんか?

借金をしているのにさらに借金を重ねて貸し、利息を余分に払わなければならないように見えるのですが、これはどういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に申しますと、日本が「財政赤字」と言っているのは、国民から集めた税金よりも支出が多い、という国の中での政府のお金の支出です。

では、外国から見て、日本の国の収支がどうなっているのかというと、日本の政府のお金の出入りではなくて、日本の企業も含めた「日本」という全体から見ると大変な黒字です。

儲けている相手国の多くの開発途上国です。日本政府はその「日本」の儲けすぎ黒字のためにODAなどを行っているのです。

儲けすぎの相手が米国などの先進国であれば、すぐに貿易黒字がどうのこうの、と言って圧力がかかってきます。その時に「へー、日本は設けすぎか‥」と思うくらいでしょうけれど、実は他の国々に対しては慢性的に儲けすぎなのです。でも貧乏国は文句を言えないだけです。

「えっ?儲けているのは企業でしょ、なんで国がそれに対してODAを行うの?」と思われるかもしれません。そうです。そこがミソなのです。日本の国は直接的には日本国民のためにODAなどを行っているのではないのです。日本が赤字でも企業のためにODAを行い企業に尽くし、そのために間接的に日本国民が潤うという図式なのです。国が赤字になっても「まずは企業を儲けさせる」これが全てです。

「日本がつぶれても丸紅や伊藤忠、トヨタは生き残る」というのはほんとうのことです。日本政府を動かしているのは選挙なんぞではなく、企業の存続(=国益)です。日本の根底に流れる動きは江戸時代に財閥が形成された以来、全く変わらずに続いています。

そこまで考えないと、「どうして国家が借金しているのの他国に貸すの?」はわからないのです。

簡単に申しますと、日本が「財政赤字」と言っているのは、国民から集めた税金よりも支出が多い、という国の中での政府のお金の支出です。

では、外国から見て、日本の国の収支がどうなっているのかというと、日本の政府のお金の出入りではなくて、日本の企業も含めた「日本」という全体から見ると大変な黒字です。

儲けている相手国の多くの開発途上国です。日本政府はその「日本」の儲けすぎ黒字のためにODAなどを行っているのです。

儲けすぎの相手が米国などの先進国であれば、すぐに貿易黒字がど...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報