お世話になります。
電子工作は全くの素人で、秋葉原に売っているキットを
説明書に書いてあるとおりに、
いくつか作ったことのある程度の知識しかありません。
なので、電気回路についても全くの素人です。

今回お教えを乞いたいのは、「電球を点滅させる回路」
それから「LEDを点滅させる回路」についてです。

「電球を点滅させる回路」については、以下の条件で
回路を組みたいと思っています。
・電源は9V(006P)使用
・使用電球は6V8Wのものを1個
・点滅する間隔は0.5~0.7秒ぐらい(1秒以下)
・なるべく単純かつコンパクトなもの

また、「LEDを点滅させる回路」
・電源は9V(006P)使用
・使用LEDは、秋葉原でみつけた「LEDボール」という
  パーツで、その仕様は、

  IF=20mA MAX 全色共通で、VFが
  赤…1.9V(3~6V動作で、220Ωの抵抗入り)
  緑…3.3V
  青…3.4V
  黄…2.1V

  というしろものです。
  これをそれぞれ1個、点滅させたい(各色1個、計4回路)
  と考えています。
・点滅する間隔は0.5秒ぐらい(もしくはそれ以下)
・なるべく単純かつコンパクトなもの

という感じです。
さらに理想を言うと、この2つの回路が同じ9Vから電源を
とるような形にできたら、と思っています。

ほんとうのド素人なので、なぜLEDに抵抗をつけなくてはいけないのか、
点滅させるための部品はどんなものがあるのか、など、
「?」ばっかりです。
ですが、そういう「ものを作っていくこと」がすきなので、
これから少しずつ電子工作について勉強していこうと思っております。

ですので、ご教授のほど、宜しくお願いいたします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「電子工作」で検索するとたくさんのサイトが出てきますので,


いろいろと見てみてはいかがでしょうか.

例えば,ご質問の内容のLEDに近いものとして,

LEDフラッシャー
http://www3.ocn.ne.jp/~kumitate/pkpk.htm

個人的にお勧めなのが,部品メーカのページですが
やってみよう !!(TDK電子部品実験室)
http://www.tdk.co.jp/tjdac01/index.htm

ちなみに,LEDに付ける抵抗は「電流制限抵抗」と呼んでいます.
LEDに流れる電流を適正値に制限するためのもので,これを付けないと
過大な電流が流れてLEDが壊れます.

この回答への補足

atariさん、
御教授ありがとうございます!

>ちなみに,LEDに付ける抵抗は「電流制限抵抗」と呼んでいます.
>LEDに流れる電流を適正値に制限するためのもので,これを付けないと
>過大な電流が流れてLEDが壊れます.

はい、1つ壊しました。
9Vに直結したら、明るく光って、消えました。(泣)

さらにつっこんでお聞きしたいのですが、
「LEDには電流制限抵抗が必要」ということを知り、
(本当にド素人ですいません)
ネットでいろいろ調べてみたところ、
電流制限抵抗の値を求める

 Vs-Vd
R=------- 
  I

という方程式に出逢いました。

僕が光らせたいLEDの場合、
Vsが9V、Iが20mA(できるだけ明るくしたいので)、
Rの値はそれぞれ、

青 R=280Ω
緑 R=285Ω
黄 R=345Ω

ってことになるので、
このLEDに付ける抵抗は上記のようなもの(近似値の抵抗)で
よろしいのでしょうか?

>個人的にお勧めなのが,部品メーカのページですが
>やってみよう !!(TDK電子部品実験室)
http://www.tdk.co.jp/tjdac01/index.htm

ここ面白そうですね。今度チャレンジしてみます!

補足日時:2002/03/12 20:04
    • good
    • 0

一寸気になる事があるので書かせていただきます。



LEDですが電流を20mAにするとの事ですが、IF(MAX)と同じ値ですよね。
こういった使い方は良くないです。
IF(MAX)というのは「絶対最大定格」のことで
いかなる場合にもその値を超えてはならない、と言うものです。
「絶対最大定格」に対して余裕の有る設計をするのが一般的、というより常識となります。
当然部品には誤差というものが有りますので、「絶対最大定格」を超えてしまうことは十分ありえます。
また発熱などにより、定格より許容値が下がってしまう事もあります。

電流制限の抵抗の計算自体はそれで良いと思います。
電流を控えめにして計算して、近い値の抵抗を選んでください。
また抵抗値を加減することで明るさの調整をすれば良いかと思います。

回路ですが、LED点滅では「555」でいけると思います。
電球については、LEDの点滅回路に「リレー」を入れるか、トランジスタでスイッチングすれば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!非常に大事なアドバイス、ありがとうございます。
「絶対最大定格」の値の半分ぐらいをみておけば確実でしょうかね。
それでもう一度計算しなおしてみます。

その後、いろいろ調べてみて、「555」を使って
LEDと電球を点滅させるやり方を見つけました。
これから実際に組んでみようと思います。

お礼日時:2002/03/14 23:53

今使われているICの番号がわかりませんので.一般論だけ。


また.半導体についてはほとんど知識がありませんので.間違っている場合があります。

>なぜLEDに抵抗をつけなくてはいけないのか、
発光ダイオードの定格は.たしか2v2mA程度です。だから.この電圧になるように抵抗をつけます。ダイオードの端子間電圧は電流を変化させてもあまり変化しないので.抵抗で調節します。

>点滅させるための部品はどんなものがあるのか、
点滅用のリレーとか.
PUTで発信させてトランジスタで増幅するとか.
555でパルス波を作ってドランジスタで増幅するとか.
7400で発信機を作って.7490で分周し7447で7セグの一部だけ点滅させるとか.
どれを選ぶかは.趣味ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

edogawaranpoさん、
点滅回路の件での
御教授、ありがとうございました!
点滅の方法もいろいろあるのですね。
う~ん、奥が深い。

これからいろいろと勉強してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子工作の良い本がありますか。

電子工作が好きなのですが、素人でも部品の役割、配線の方法など教科書のような本がありましたら教えていただきたいです。
例えば三端子レギュレーターはどういったもので、どのようなときに使用するかなどです。
最近の疑問として、LEDは電圧はどのくらいまでOKでしょうか。
いろいろと興味があるのですが工作キットならば部品、配線が付属していますがバラバラに集めたいときはどのようにしたいかと考えています。
詳しい方、よい方法や教則本などありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

CQ出版社は初心者向けの技術書が充実しています。
(参考URLからどうぞ)

三端子レギュレーターは、少ない部品数で簡単に「直流安定化電源」を作れます。

LEDについて、LED自体の電圧降下は1~2Vです。
LEDの特性とLEDに流す電流(5~20mA)、電源電圧を考えて電流制限抵抗を決めます。
逆電圧には弱いので、必要ならダイオード等で保護します。

部品をバラバラに集めたい時は、パーツ屋か専門店街に行くか、通販を利用することになります。
ある程度以上の都市なら、1軒くらいは「パーツ屋」があると思います。
専門店街は、東京・秋葉原、大阪・日本橋、名古屋・大須など。
通販は、トランジスタ技術などの専門誌から探すのが無難です。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/

Q12個のLEDが点滅する回路

黄色のLED12個が点滅する電子工作を作りたいのですが
組み立てに関しては初心なのでどういう回路にすればいいのかわかりません。
クリスマスツリーについているような感じで全て黄色の
LEDでつくりたいと思っています。
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。
回路図などのページをご存知でしたら合わせて
教えてください。

Aベストアンサー

No.4です。
>1.5Vで12個のLEDを点滅できるんでしょうか?
普通は、電圧が足りないので出来ないのですが、出来ないとなるとやりたくなるのが人情で・・・
20年以上昔からこの手の回路は入門書に出ています。ありあわせの部品(基盤からはがした部品)で作れるのがメリットかな?
で、「12個」ってのはちょっと自信がありません。回路は1個のLEDが普通かな? 並列にLEDを追加して4個は出来ましたけど。 充電用コンデンサーを大きめにすれば行けるんじゃないかな? 

ひまが出来たらサイトを探してみますんで、しばしお待ちあれ。

Q電子工作、回路図でお勧めの本

こんにちは、自分は中学生なのですが
電子工作をやってみたくてここに書き込ませていただきました。

それで、
まず、回路図の勉強をしてみたいのですが
今のところダイオード等の回路記号などしか知らず、
電流の抵抗がこうだ、等のようなものは全くわからない状態です。

それでずうずうしい質問なのですが
このような全くの初心者でも一から回路を勉強できる
お勧めの本等あったら是非、教えていただきたいです。

また、
はじめは回路図の勉強なんかより
こんなことをやったほうがいい、等の
ご意見も、もしよろしければ教えてください。

全くの初心者なので
皆様だけが今、便りの状態です。
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔は電子工作の雑誌といえば「初歩のラジオ」(誠文堂新光社)と「ラジオの製作」が双璧だったんですが、どちらももう休刊してますね。

ANo.1で挙げられているのは、全然別のたまたまタイトルが同名なだけのWebページで、雑誌「初歩のラジオ」とは無関係です。
で、そういう系統の雑誌だと、
「エレキジャック」 http://www.eleki-jack.com/
なんかはどうでしょうか。
季刊ですが、そういう電子工作の初心者向けの雑誌です。
初心者向けですが、入門記事が少ないので、「電子回路入門」的な知識は別に仕入れる必要があるかな。

ちょっと初心者向けよりはかなりレベルが上ですが

「CQ ham radio」 http://www.cqpub.co.jp/CQham/
アマチュア無線の雑誌ですが、電子工作の記事が大半です。

「トランジスタ技術」 http://www.cqpub.co.jp/toragi/
かなりレベルが高い内容ですが、時々、初心者向けと特集企画を組んでます。

あたりは、本屋で見かけたら立ち読みしてみるのも「こんなのも自作できるんだ」ってのがかいま見られて面白いかもしれません。

勉強の流れとしては、以下のような感じで進めていくのがいいんじゃないかと思います。



step 1. 目標: 回路図を読むための最低限の知識を習得する

(この段階はもう到達しているとみていいのでしょうか。)
「トランジスタは増幅素子である」「ダイオードは、片方向にしか電流が流れない」「コンデンサは電気を貯める。交流を流すが直流は流れにくい」といった、個々の電子部品の特徴など。
いきなり全部暗記なんてしなくてもいいので、下のステップで分からないところがあったときに使えるような入門書が手元にあると便利でしょうか。
ネットが使えるなら、ネットで検索して辞書がわりにしてもいいかもしれません。

「やさしい電子工作教室」 http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/14/14831.htm
「新電子工作入門」 http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2572818


step 2. 目標: 実際の回路図をみて、回路がどういう目的の部品の組み合わせで構成されているのか理解できるようになる
動作原理の説明と回路図を見ることで、回路の理解を進めます。
たとえば、「ラジオは、同調回路・検波回路・増幅回路から出来ている」などといった大ざっぱな原理を理解するなど。

ここは、上述step.1 の入門書はこういう内容も入ってますが、あとは雑誌などをたくさん読んで「回路」を増やすのがいいでしょう。
そうやって見聞きした「回路」引き出しの多さが、step3 につながります。

あと、本を読むのもいいですが、単に回路図を見ているだけではおもしろくないので、電子工作キットを実際に作ってみたり、それを改造したりするのが面白いと思います。
エレキット http://www.elekit.co.jp/
ワンダーキット http://wonderkit.kyohritsu.com/
秋月電子通商 http://akizukidenshi.com/


step 3. 目標: 既存の回路を組み合わせることで、オリジナルの回路が組めるように
目的そのものをまるごと実現する回路は無くても、
それを構成する個々の要素を理解していれば、それを今までにみた回路から取ってきて組み合わせることで、自分のオリジナルな回路を組めるように。

この段階に達すると、電子工作が一番おもしろい所だと思います。
step 2 と step 3 の間として、上記の秋月あたりの単機能キットを組み合わせて、複雑な何かを作る、というのも面白いと思います。


step 4. 目標: まったくのオリジナルの回路が組めるように
基本的には、やってることは step 3. と同じですが、
回路の動作原理がわかるようになったら、抵抗値などについて、なぜその数値の抵抗を選んでいるのか、などの意味を理解できるようになれば、
より自由度が高く、何でも作れるようになります。

ただし、ここは、かなり難易度が高いです。中学生には絶対無理とはいいませんが、基本的に数学の方程式的な計算が多く、その計算が正しいかどうかを判断するのも困難ですので。

昔は電子工作の雑誌といえば「初歩のラジオ」(誠文堂新光社)と「ラジオの製作」が双璧だったんですが、どちらももう休刊してますね。

ANo.1で挙げられているのは、全然別のたまたまタイトルが同名なだけのWebページで、雑誌「初歩のラジオ」とは無関係です。
で、そういう系統の雑誌だと、
「エレキジャック」 http://www.eleki-jack.com/
なんかはどうでしょうか。
季刊ですが、そういう電子工作の初心者向けの雑誌です。
初心者向けですが、入門記事が少ないので、「電子回路入門」的な知識は別に仕入れ...続きを読む

Q12VでLEDを点滅させる回路を作りたいのですが、出来れば何種類かの点

12VでLEDを点滅させる回路を作りたいのですが、出来れば何種類かの点滅を切換えにて制御出来ればと思いますが、どなたか詳しいかた教えてください。

Aベストアンサー

次のURLをクリックして参考にして下さい。

[3チャンネルRGB LEDコントローラーキット/秋月電子]
http://akizukidenshi.com/download/DIY-K191.pdf
[LEDコントローラ説明書]
http://akizukidenshi.com/download/DIY-K191.pdf

Qいま、小中高校生向けの電子工作雑誌や書籍はありますか?基本的な電子工作のホビー雑誌でも構いません。昔

いま、小中高校生向けの電子工作雑誌や書籍はありますか?基本的な電子工作のホビー雑誌でも構いません。昔「ラジオと製作」←というタイトルだったと思いますが、当時はこの本を読んでハンダ付けして楽しんだものです。
タバコ用のUSB着火ライターの修理ブログを読んで最近また簡単な電子工作をやってみたくなったんですが、基本を1から学ばないとダメだと痛感した次第です。
できれば、あまり専門的ではなく、読んで楽しめる本だと助かります。

Aベストアンサー

「ラジオの製作」や「初歩のラジオ」な方向性の、初心者向け電子工作雑誌というと、今では

季刊の「電子工作マガジン」ぐらいかと思います。
http://www.denkomagazine.net/

Q交流電源でLED点滅回路

 まずは、以前質問したこのURLをご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1437197
 LED20個を6kΩ付近の抵抗を使って、コンセントから電源を取り、点灯させる事に成功しました。家にあったLEDを除き材料費は20円でした。
 それに加えお聞きしたいのですが、この作った回路を点滅させることはできるでしょうか。一応点滅回路は見つけたのですが、電解コンデンサを使っていたので交流電流は流せないですよね。他にモーターで、金属端子を取り付けた円盤をまわし、電流が通ったり通らなかったりということも考えましたが、これより簡単に、且つ"廉価"でできるでしょうか。
まだまだ電気回路について生半可な知識しかないので教えていただければ嬉しいです。是非教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。

質問の主旨とそれていますが、定番の点滅回路があります。
LM3909というICを使用すれば、乾電池を使い点滅回路は簡単に出来ます。
当時、小学生だった私にも出来たので、とっても簡単です。LM3909でググれば沢山ヒットします。

Q電子工作 C言語の練習 電子回路、論理回路の体験学習

電子工作 C言語の練習 電子回路、論理回路の体験学習

http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/avr31/avr31.html
を見ていて思いました。

BASIC(興味がない)ではなく、C言語(興味がある)の練習
を兼ねるような電子工作キットがあればな。

・C言語でプログラムを書いて、それを機械語に直す?なりして、
30分後に光でアラームする簡単なタイマーを作りたいのです。

・電子回路や論理回路を本で勉強するので、
それを基盤で実現して体験学習できたらさらに良いです。


そういう電子工作できる安い初心者向けのキットなり部品なりあれば教えてください。
まったく電子工作したことがありません。

Aベストアンサー

この位の事を実現するにはPICやAVRでもいけると思います。
5千円くらいってことで、私がお勧めのマイコンボードですが、
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00168/
です。5,700円ですね(送料とか、RS232Cケーブルは別)
H8-3069というCPUです。RAMが2MByteのってます。LCD、LED、DIP SWが付いており、
空きランドもありますので、ちょっとした工作もできます。
ルネサスよりHEWという統合環境開発ツールも制限はありますが、
無償で入手できます。
で、開発の手法ですが、いちいち完成したプログラムをROMに書込む
のではなく、ROMにはモニタやスタブと呼ばれるものを一回書いておいて
完成したプログラムは2MByteのRAM上で動作させるってのがポイント。
H8マイコンはROMの書込み回数が他に比べて少ない
(書込み回数が多くなると、いずれ正常に書込む事ができなくなる)ので。

あとは、圧電ブザーでも良いですし、PWMポートに繋いでアラームを
鳴らすプログラムを作成すればOKかと。光は最初から付いている
LEDを使えばよいし・・・。

この位の事を実現するにはPICやAVRでもいけると思います。
5千円くらいってことで、私がお勧めのマイコンボードですが、
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00168/
です。5,700円ですね(送料とか、RS232Cケーブルは別)
H8-3069というCPUです。RAMが2MByteのってます。LCD、LED、DIP SWが付いており、
空きランドもありますので、ちょっとした工作もできます。
ルネサスよりHEWという統合環境開発ツールも制限はありますが、
無償で入手できます。
で、開発の手法ですが、いちいち完成したプログラ...続きを読む

QLED点滅点灯回路のつくりかた

LEDライトを自作しているのですが一定おきに点滅する(車のセキュリティーの時などに点滅しているもの)ような回路を作りたいのですがどのようなことをすれば可能になるのでしょうか? 

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

例えば
http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/m34/m34.html
http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/3909a/3909a.html
とか

ちなみに
LED 点滅回路
のキーワードで簡単に検索出来ます
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=LED+%E7%82%B9%E6%BB%85%E5%9B%9E%E8%B7%AF

ただ、現在百円ショップへ行けば自転車用安全灯(LED点滅灯)が105円で
LED+点滅回路+ケース付きの完成品状態で手に入りますので、
こちらを流用、改造した方が簡単な事が多いですよ。

Q電子工作の初歩で使う教材(書籍)を探しています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=842541

の質問の再質問なのですが、
その後「電子工作」といった類のものかな?
と思い、再質問です。

電子工作に関する書籍のお薦めなどございましたら、
お教え願います。

Aベストアンサー

電子工作の本をさがしてみました。
私自身が購入して読んだという訳ではありません。
コメントは、タイトルや目次を見て適当に付けたものなので、あまり信用しないで下さい。

1.CQ出版社 身近な電子工作ガイド
   家庭で使えそうな工作が多いようです。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/14/14771.htm

2.CQ出版社 楽しい製作で学ぶ 初めてのトランジスタ回路
   トランジスタ技術に連載された工作をまとめたものです。
   それぞれの工作は、けっこうユニークなものが多いと思います。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/36/36411.htm
   
3.オーム社 初めて学ぶ 電子回路とエレクトロニクス工作入門
   電気技術者向けのようです。表紙写真のような物を作るのかな?
http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-274-94303-8

4.CQ出版社 やさしい電子工作教室
   ラジオや無線関係の工作が多いようです。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/10/10921.htm

5.CQ出版社 やってみよう!!エレクトロニクス工作
   50テーマも入っています。センサー関係が多いかな。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/34/34361.htm

6.誠文堂新光社 はじめてトランジスタ回路を設計する本
   タイトルのとおり、トランジスタを使ったアナログ回路、パルス回路などの設計例のようです。(工作の本ではないような気が…)
http://www.seibundo.net/shoseki.htm

電子工作の本をさがしてみました。
私自身が購入して読んだという訳ではありません。
コメントは、タイトルや目次を見て適当に付けたものなので、あまり信用しないで下さい。

1.CQ出版社 身近な電子工作ガイド
   家庭で使えそうな工作が多いようです。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/14/14771.htm

2.CQ出版社 楽しい製作で学ぶ 初めてのトランジスタ回路
   トランジスタ技術に連載された工作をまとめたものです。
   それぞれの工作は、けっこうユニークなものが多いと...続きを読む

Q点滅LEDと模型モーターとの組み合わせ回路について

 子ども向けのおもちゃづくりヲサークルで担当しています。
 自己点滅型LEDと模型モーターを乾電池2本で並列につないだところ、モーターのパルス的な電圧降下なのか、点滅LEDが、見た目ずっと点灯した状態になります。
 これを、点滅LEDは、そのままではっきりと点滅させながら、モーターも動かす、簡単な方法はないでしょうか。コンデンサーを入れましたが、うまく行きませんでした。

Aベストアンサー

自動点滅LEDには内部に点滅をさせるためのICが入っていますが、おそらくそのICがモーターの発生するパルスノイズで動作が不安定になったのでしょう。おもちゃなどのDCモーターはコンミテーターによるコイルの切り替えで動作していますが、コイルに電流を断続する際に非常に大きなパルスノイズを発しします。このノイズは電池の電流と同じ方向だけでなく、逆方向(電流が切れた瞬間にコイルには逆方向の電圧が誘起されます。この電圧は電池の電圧よりも高くなる場合もあります)の成分も含んでいますので、場合によってはICを破壊(ICは逆方向の電圧に対して極めて弱いものが多いのです)します。このような場合はダイオードで逆方向の電流をショートさせてしまう方法が良く取られます。モーターと並列に電源の電流の方向と逆になるようにダイオード入れてやると、逆方向のパルスのノイズだけがダイオードでショートされるので消すことができます。ダイオードはスイッチング用のものを用いてください。整流用のものでは高周波ノイズに対して効き目がない場合があります。また、コンデンサーも有効な手段ですので併用すると良いでしょう。ただ、ここで使うコンデンサーは高周波特性の良いものでなくては無意味ですので電界コンデンサーなどでは無意味です。このような用途に使うのであればフィルムコンデンサーかセラミックコンデンサーですが、価格の点から積層セラミックコンデンサーが良いでしょう。容量は0.1μFから0.47μF程度がいいかと思います。

自動点滅LEDには内部に点滅をさせるためのICが入っていますが、おそらくそのICがモーターの発生するパルスノイズで動作が不安定になったのでしょう。おもちゃなどのDCモーターはコンミテーターによるコイルの切り替えで動作していますが、コイルに電流を断続する際に非常に大きなパルスノイズを発しします。このノイズは電池の電流と同じ方向だけでなく、逆方向(電流が切れた瞬間にコイルには逆方向の電圧が誘起されます。この電圧は電池の電圧よりも高くなる場合もあります)の成分も含んでいますので、場合によ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報