してください。わかる範囲で結構です。また、海外組は呼ばれるのでしょうか?

ちなみに、私は、

川口
サントス
中村俊輔
平山相太

阿部

と言ったところでしょうか?希望と言っても良いくらいでわからないですね。

以上、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

うーん、知将オシムの頭の中を理解するのにはまだ時間がかかりそうです^^; 前任監督さんならいつも同じメンツばかりを集めていたので予想は非常にしやすかったのですが・・



さて、イエメン戦のスターティングメンバーとサブの先発は・・

GK:川口 能活(磐田)

DF:坪井 慶介(浦和)※(トリニダードトバゴ戦での怪我が完治してればの話)
田中マルクス闘莉王(浦和)

MF:加地 亮(G大阪)
遠藤 保仁(G大阪)
阿部 勇樹(千葉)
駒野 友一(広島)
山岸 智(千葉)
三都主アレサンドロ(浦和)

FW:巻 誠一郎(千葉)
佐藤 寿人(広島)

サブ
GK:山岸 範宏(浦和)

DF:栗原 勇蔵(横浜FM)
水本 裕貴(千葉)

MF:田中 隼磨(横浜FM)
羽生 直剛(千葉)
小林 大悟(大宮)
長谷部 誠(浦和)

FW:田中 達也(浦和)

難しいですね・・ これを考えるのに2時間半も考えて考えて悩みました。やはり日本代表にオシムイズムの旋風を吹かす為に、千葉のオシムチルドレンを多く招集する事は間違いないと思います!

この回答への補足

ありがとうございます。以下のように発表されました。

GK 
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

▽DF 
三都主アレサンドロ
坪井慶介
田中マルクス闘莉王(以上浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

▽MF
中村直志(名古屋)
羽生直剛
阿部勇樹
佐藤勇人(以上千葉)
遠藤保仁(G大阪)
鈴木啓太
長谷部誠(以上浦和)
山瀬功治
田中隼磨(以上横浜M)
小林大悟(大宮)

▽FW
巻誠一郎(千葉)
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
坂田大輔(横浜M)

補足日時:2006/08/13 16:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

GK:
23 川口能活(cap)◎

DF:
21 加地亮◎
20 坪井慶介◎
45 田中マルクス闘莉王◎
31 駒野友一◎

MF:
14 三都主アレサンドロ◎
30 阿部勇樹◎
55 鈴木啓太×
4 遠藤保仁◎

FW:
36 巻誠一郎◎
38 田中達也△

ハズレ一名だけでした。凄い!!

サブ

GK:山岸 範宏(浦和)◎

DF:栗原 勇蔵(横浜FM)×
水本 裕貴(千葉)×

MF:田中 隼磨(横浜FM)◎
羽生 直剛(千葉)◎
小林 大悟(大宮)◎
長谷部 誠(浦和)◎

FW:田中 達也(浦和)△

ハズレ2名ですね。次回も期待しています。ありがとうございました。

サブ正解
GK
山岸範宏(浦和)

▽MF
中村直志(名古屋)
羽生直剛
佐藤勇人(以上千葉)
長谷部誠(以上浦和)
山瀬功治      ×
田中隼磨(以上横浜M)
小林大悟(大宮)

FW
我那覇和樹(川崎) ×
佐藤寿人(広島)
坂田大輔(横浜M)

お礼日時:2006/08/16 19:54

みなさん、おっしゃるとおり、予想は非常にしにくいです。


で、予想ですが、
GK;川口
DF;坪井、トゥーリオ、駒野、家長、加地
MF;長谷部、鈴木(啓)、サントス、今野、田中(隼)、小笠原、遠藤
FW;田中(達)、巻、佐藤(寿)

このあたりは呼ばれるかなと思います。ただ、オシムの考えて走るサッカーでいくと、小笠原、遠藤って司令塔やパサー役で、パス出した後満足するような人たちだから、能力はすごくても、オシムの怒りに触れるかも(笑)
そうすると、千葉の選手が結構呼ばれる可能性あり。(ごめんなさい、千葉の選手あまり知らないんです;羽生とか山岸とか名前は知ってますが、どういうプレースタイルかはわかんない)

あと、DFで宮本←この人。DFラインの統率力、英会話力等で力にはなると思いますが、とにかく申し訳ないけど、体格差が世界とありすぎる。W杯のオーストラリアやクロアチアで差は歴然。しかもクロアチア戦では、抜かれた後ファウルしてPK取られてるし。
ということで、そろそろ宮本から脱却したほうがいいかも。
DFライン、特にセンターは屈強で上背があって、足が速い選手が良い。(坪井、トゥーリオなんか最適。横浜の松田も良いんだけどな。)

FWは小粒の感が否めないですが、とにかく決定力、ペナルティエリアでとにかく仕事してほしい。

フォーメーションはDFラインは絶対4バックの方が今の時代良いと思う。世界の強豪はほとんど4バック。3バックなんて古い。屈強なストッパーが三人いるならまだしも、日本にそんな人いない。
それから、Jリーグでも4バックをなるべく採用するクラブを増やして、優秀なサイドバック、そして、前線のサイドアタッカーを増やすべき。

この回答への補足

ありがとうございます。以下のように発表されました。

GK 
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

▽DF 
三都主アレサンドロ
坪井慶介
田中マルクス闘莉王(以上浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

▽MF
中村直志(名古屋)
羽生直剛
阿部勇樹
佐藤勇人(以上千葉)
遠藤保仁(G大阪)
鈴木啓太
長谷部誠(以上浦和)
山瀬功治
田中隼磨(以上横浜M)
小林大悟(大宮)

▽FW
巻誠一郎(千葉)
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
坂田大輔(横浜M)

補足日時:2006/08/13 16:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

GK;
川口○

DF;
坪井○
トゥーリオ○
駒野○
家長X
加地○

MF;
長谷部 ○
鈴木(啓)○
サントス○
今野  X
田中(隼)○
小笠原 X(コメントにより○)
遠藤  ○

FW;
田中(達)○
巻   ○
佐藤(寿)○

コメント

羽生○

予想しにくいと言いながらも、外れは2名のみでして、凄い!!!

お礼日時:2006/08/13 16:49

とっても難しいですね、この予想は。


「古い井戸に水があるのに新しい井戸を掘る必要はない」とか言いながら、トリニダード・トバゴ戦にはA代表初出場が何人もいたり・・・
最初に13人だけ選んだときに「トリニダード・トバゴ戦とイエメン戦は同じメンバーにしたい」と言いましたが、これも本当にそうするのか・・・?
今度は交代枠が少ないから、招集選手数が今回より少なくなるかもしれないし・・・

一応「同じメンバーにしたい」を信じてみると、こんな感じじゃないかなと思います。
なおNo.1の方がおっしゃるように、海外組は入りません。
●スタメン
GK:川口能活(磐田)
DF:坪井慶介(浦和)宮本恒靖(G大阪)加地亮(G大阪)
MF:遠藤保仁(G大阪)三都主アレサンドロ(浦和)田中隼磨(横浜M)羽生直剛(千葉)阿部勇樹(千葉)佐藤勇人(千葉)
FW:巻誠一郎(千葉)
●サブ(インド戦の記録を見ると9人までベンチに入れるようです)
GK:曽ヶ端準(鹿島)
DF:田中マルクス闘莉王(浦和)駒野友一(広島)
MF:小林大悟(大宮)長谷部誠(浦和)山岸智(千葉)小笠原満男(鹿島)
FW:田中達也(浦和)佐藤寿人(広島)

ディフェンスはガンバから招集できるとなると、ほぼW杯メンバーと同じ。
中盤は遠藤と阿部をボランチに、走れて自分で点も獲れる若い選手が中心になると思います。
そうするとフォワードはターゲット役が重要になり、長身の巻の1トップになるのではと考えます。
あるいは隼磨、羽生、勇人のうち誰かと寿人が入れ代わり、最初から2トップの可能性も高いでしょう。
たぶん前半でリードできるでしょうから、途中出場は攻撃的なメンバーの組み合わせを試す意味で大悟、小笠原、山岸。
達也のようなドリブラーは、走れる中盤が多くなるので出番がないと思います。

・・・でもオシム監督の考えってまだよくわからないんで、ほとんど自信はありません。
もしかしたら、まだプロ1年め・18歳の内田篤人(鹿島)なんかも選ばれるかも・・・

この回答への補足

ありがとうございます。発表は以下のようでした。

GK 
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

▽DF 
三都主アレサンドロ
坪井慶介
田中マルクス闘莉王(以上浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

▽MF
中村直志(名古屋)
羽生直剛
阿部勇樹
佐藤勇人(以上千葉)
遠藤保仁(G大阪)
鈴木啓太
長谷部誠(以上浦和)
山瀬功治
田中隼磨(以上横浜M)
小林大悟(大宮)

▽FW
巻誠一郎(千葉)
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
坂田大輔(横浜M)

補足日時:2006/08/13 16:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

●スタメン
GK:川口能活(磐田)◎

DF:坪井慶介(浦和)◎
宮本恒靖(G大阪)×
加地亮(G大阪)◎

MF:
遠藤保仁(G大阪)◎
三都主アレサンドロ(浦和)◎
田中隼磨(横浜M)◎
羽生直剛(千葉)△
阿部勇樹(千葉)◎
佐藤勇人(千葉)△

FW:巻誠一郎(千葉)◎

ハズレ一名のみ素晴らしいと思います。

●サブ

GK:
曽ヶ端準(鹿島)×

DF:
田中マルクス闘莉王(浦和)△
駒野友一(広島)△

MF:
小林大悟(大宮)◎
長谷部誠(浦和)◎
山岸智(千葉)×
小笠原満男(鹿島)×

FW:田中達也(浦和)△
佐藤寿人(広島)◎

ありがとうございました。また、期待しています。

お礼日時:2006/08/16 21:08

まず海外組は呼ばれません。

欧州リーグはシーズン開幕前や開幕直後なので。オシムJAPANの海外組召集は9月のアジア杯予選からですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060809-00000 …

9日の試合はA3のために呼ばれなかった千葉の選手は
巻、阿部のA代表経験者に加えて、山岸、羽生、佐藤勇が候補に挙がっています。このうち何人かが呼ばれますね。
佐藤勇は9日の試合に出場した広島の佐藤と双子出場を見てみたいですね。、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060811-00000 …

あと、同じくA3に出場したG大阪から加地や家長
上海遠征に出かけていた鹿島から小笠原、曽ヶ端、内田
あたりの何人かが招集されますかね。
まだ、誰が呼ばれるかも予想がつかないので、スタメンはさらに予想しずらいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

巻、阿部、山岸、羽生、佐藤勇、広島の佐藤、加地、家長、小笠原、曽ヶ端、内田

正解は以下の通りでした。

GK 川口能活(磐田)山岸範宏(浦和)▽DF 三都主アレサンドロ、坪井慶介、田中マルクス闘莉王(以上浦和)加地亮(G大阪)駒野友一(広島)▽MF 中村直志(名古屋)羽生直剛、阿部勇樹、佐藤勇人(以上千葉)遠藤保仁(G大阪)鈴木啓太、長谷部誠(以上浦和)山瀬功治、田中隼磨(以上横浜M)小林大悟(大宮)▽FW 巻誠一郎(千葉)我那覇和樹(川崎)佐藤寿人(広島)田中達也(浦和)坂田大輔(横浜M)

お礼日時:2006/08/13 16:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中村俊輔選手って結構ボール奪われてないですか?

昨日6/6W杯出場を決めたウズベギスタン戦を見ましたが、中村俊輔選手って結構ボール奪われてないですか?確かに精力的に動いている印象はありましたが、フリーキック以外はそんなに有難がる存在にみえないですね、、

Aベストアンサー

技術的な面や相手の寄せの厳しさなどは皆さんが仰るとおりなので、戦術や陣形の面でなぜボールが中村俊輔のところで落ち着かなかったかを多少。

昨日の試合で苦戦したのは、日本の中盤の選手同士の距離感と運動量に問題があったからだと見ています。

サッカーでは、1.技術・戦術眼をもったタイプの選手、2.ゴール近辺のボール際での仕事をきっちりこなす身体能力の高く、技術のある選手、3.その間を埋めたり繋いだりする献身的なプレーを90分持続できる選手が、うまく組み合わされることが必要です。

中村俊輔の場合、基本的には1.のタイプでしょうが、やはり複数で囲まれると世界トップクラスの2.タイプのなかでも相当なレベルの選手でないとボールはキープできません。ですから、3.のタイプの選手が味方のボールホルダーの近くで相手をブロックしたり、パスコースに入ってリターンパスを返したりする「局面の戦術」が洗練される必要があります。

昨日の日本の中盤は、芝が深かったり相手の運動量に押されていたこともあって、お互いをフォローするところまで動きに余裕がなかったのです。

アウェイで、かつ相手がかなり運動量豊富という点を考えれば、90分を通して日本が人数を掛けて押し上げたり、前からプレスを掛けて奪うのは難しかったでしょう。(前半の最初の15分くらいはそれが出来て、先取点も取れましたが。。)

ですので、試合は前半1-0ですから、後半は、もっと中盤の守備を厚くして、中沢やトーリオの最終ライン前まで相手にボールを運ばせないことをしていれば、たとえボールを支配されても「持たせている」という余裕がもっと見ている側にも感じられたでしょう。

ということは、前半消えていた大久保を後半の早い時間で見切って、阿部か今野辺りの守備をしっかり出来る選手に代えて、中村・遠藤・長谷部と4人で守備的に中盤の低いところ(自陣のミドルレンジ)を固めていれば、もう少し守備の網が張れて、ボールを奪ったあとも相互にフォローが出来たはずですが・・

>確かに精力的に動いている印象はありましたが

と仰るように、他の選手に比べると中村選手は相手がボールを持っているときに体をうまく寄せて効果的な守備ができていたと見ます。相手からのボール奪取も数回はあったように記憶してますし。。イタリアやスコットランドで大男たちとサッカーをしてきただけあって、守備意識も今の代表では常時高いレベルにあるので、やはり必要な選手です。問題は他の選手との連携です。(攻守ともに)

アウェイで、かつ相手がかなり運動量豊富という昨日のような試合では、まず守備から入らざるを得ず、そこから攻撃に移るには最終ラインの攻防でなく、そのひとつ前の中盤の底あたりでのボール奪取が前提になります(自陣での守備に人数が割かれ、前線やハーフライン近辺の相手陣での奪取は難しいため)。

そのためには、やはり相手のボールホルダーにまとわり付いて猟犬のようにボールを奪うタイプに加え、そこからボールを受け前線に正確に蹴れる選手の最低2人は中盤に必要ですが、前者の役を果たす選手が今の日本には不足してますので、本来なら後者の役割に専念すべき中村の守備の負担が大きすぎました。

遠藤にしても中村ケンゴウにしても、攻撃のセンスは高いのですが、相手を2-3人でうまく囲んでボールを奪い、そこから前線にフィードするために効果的な10m前後のドリブルでボールを運ぶ全盛期の稲本のようなプレーはあまりないですね。(相手の6番と8番はその点がかなり効いてましたね。。。)

ただ、深読みすれば、岡田監督もワールドカップ本大会での戦いかたとして、やはりどんなに押されても攻撃は絶えず意識させるという意味で後半の35-40分までは中村俊輔を代えないだけでなく、本田・矢野というオフェンスの選手を入れたとも解釈できます。

もし守り切ることに専念するのであれば、前は岡崎と中村俊輔だけ残して、あとは後半20分くらいを目処に、中村ケンゴウ・大久保に代えて阿部・今野を入れればよかったからです。

そうなると、問題だったのは相手の運動量が最後まで落ちなかったのに、途中交代した本田が中盤の守備にあまり効果的に参加できてなかったという点でしょうか。まずは守備で全力プレー・全力ダッシュし、複数で相手を囲んでボールを取らないと始まらないのに、相手がボールを持っている際はあまりボール近辺にいませんでしたし。

ボールをとられることも多かったのは残念ですが、他の選手はボールに触ることも少なかったので、やはり戦術眼や勝負どころが分かっている選手という意味で中村俊輔は今の時点では中心選手の一人ですね。

質問者さんが日本代表の中心選手に求めているのは2.のタイプなのでしょう。たしかに中村俊輔はこのタイプではありませんので、1と2を兼ね備える選手が出てくれば取って代わられるでしょうが、今の日本ではななかなかいませんね。

ただ、2.タイプも戦術がしっかりしたチームでボールが自分のところに回ってこなければ活躍できませんので、チームの編成や戦術と個人の能力やプレースタイルの相性で見て見ましょう。

技術的な面や相手の寄せの厳しさなどは皆さんが仰るとおりなので、戦術や陣形の面でなぜボールが中村俊輔のところで落ち着かなかったかを多少。

昨日の試合で苦戦したのは、日本の中盤の選手同士の距離感と運動量に問題があったからだと見ています。

サッカーでは、1.技術・戦術眼をもったタイプの選手、2.ゴール近辺のボール際での仕事をきっちりこなす身体能力の高く、技術のある選手、3.その間を埋めたり繋いだりする献身的なプレーを90分持続できる選手が、うまく組み合わされることが必要です。

中...続きを読む

Q平山相太選手のヴァレンシア行きは?

平山は、ヴァレンシア行きの話がありましたが、あれは結局どうなったんでしょうか?
アテネが終わったら、答えを出すとか聞いたのですが。 よろしくお願いします

Aベストアンサー

平山選手にはその考えはないようです。

バレンシアにしても平山選手を欲しいと言ったのはプロのチームに所属していない(移籍金不要)というところが大きかっただけですから。

Q田中達也と平山相太

最近スポーツニュースを見ていると平山、平山とばかり言っています。
でも私は平山選手は高校だと身長があるぶん通用したと思いますが、プロや世界に行くと無理じゃないかなと思います。

その分田中選手は168cmながら、FWに必要なゴールへの執着心、オフサイドを防ぐ瞬発力、そしてテクニック、全盛期のカズを思い出させるものがあります(偶然にも同じ背番号(^o^)

皆さんはどちらが将来世界に通用すると思いますか?

Aベストアンサー

どちらも通用しそうですね。

確かに平山は今の段階では厳しいでしょうが、まだ未完成なのでこれからグングン伸びるだろうし将来世界で活躍する可能性は十分あるだろうと思います。
韓国A代表DFが「今まで色んな国のA代表としてきたがこんなにやりにくいFWは初めてだ」と絶賛してましたね。

ただ、田中は驚きましたね。ここまで成長してるとは。
センス抜群で、まさに日本のオーウェンですよね。

日本の長年の弱点であったFWのポジションに光が出てきましたね。

Q平山相太選手

平山相太選手ってオランダでプロ契約したらしいですけど
筑波大学は中退したんですか?

Aベストアンサー

プロ契約をした時点で休学するということを
筑波大学と合意していたので
休学と言う事になるとおもいます。

Q中村俊輔選手の移籍について

多分アンケートのカテに移されそうだけど、あえてこちらで質問します。
中村選手は移籍先がまだ決まっていませんが、どのチームにいればいいと思いますか?レッジーナへの残留、希望のスペインへの移籍、或いは紙面をにぎわしているグラスゴー・セルチックへの移籍・・・
自分はセルチックがいいと思います。イタリアよりもレベルが落ちるけど、スコットランドでは常勝のチームですし、ストラカン監督(元スコットランド代表の名選手)は非常に高く評価してポジションを約束しているということです。リーグの中堅チームに移籍して勝利を得ることを四苦八苦するよりも、レベルの高いチームメートとともにプレーすることが、今の彼のためにもなるし、勝ち癖をつけることも日本代表にとっていいことだと思っています。もちろんレンジャースとセルチックしかヨーロッパの舞台で通用しないリーグのレベルは高くないと思いますが、彼がセルチックに移籍するとなったら、皆さんはどう思いますか?
また私の意見に否定するとしたら、どの選択がいいと思いますか?是非意見が聞きたいと思います。
ちなみに私は皆さんの意見を尊重しますので、一々反論したり、難癖をつけたりしませんので、率直な意見をお願いします。

多分アンケートのカテに移されそうだけど、あえてこちらで質問します。
中村選手は移籍先がまだ決まっていませんが、どのチームにいればいいと思いますか?レッジーナへの残留、希望のスペインへの移籍、或いは紙面をにぎわしているグラスゴー・セルチックへの移籍・・・
自分はセルチックがいいと思います。イタリアよりもレベルが落ちるけど、スコットランドでは常勝のチームですし、ストラカン監督(元スコットランド代表の名選手)は非常に高く評価してポジションを約束しているということです。リーグの中...続きを読む

Aベストアンサー

この質問は僕もしようかどうか迷っていました(笑)ですので、是非答えさせてください!
僕もセルティックに移籍をすべきと考えています。チームには申し分ありません。よい監督、よい選手、よい環境(スタメン確約、チャンピオンズリーグ2回戦からなど)があります。ただリーグに問題がある気がするんです。個人的ですが、中村の技術はリーガ、セリエなどでも十分にやっていけると考えています。それを多少なりともレベルが低いリーグに行くのはもったいないと思うんですね。個人的に中村がリーガの舞台でプレーしているのを見たいということもありますが・・・(笑)
ただ今までの日本人のどうこうをみているとコンスタントに試合にでている方がその相乗効果で代表にもいい影響を及ぼしているように思うんです。質問者さんもいっている勝ち癖もそうです。なのでやっぱりセルティックがいいのではないでしょうか??


人気Q&Aランキング

おすすめ情報