あなたが傑作だと思う芸術作品とその作者を教えてください。時代やジャンルはまったく問いません。
個人の持っている技や自然景観のようなものでもよいです。いくつでもかまいません。
感動体験や思い入れなども書き添えていただければうれしいです。なるべくたくさんの皆さんの
お考えや意見をききたいです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

文学:藤原定家 (新古今和歌集(およびその時代)を代表する詩人)


作品:勅撰集の選歌を中心とした歌歌
例 :霜まよふそらにしをれし雁が音のかへるつばさに春雨ぞ降る
解説:やまとのくにに来る時・去る時、自然に苛まれる哀しさ。「霜」ではじまるものの歌の季節は春と云う強盗(がんどう)返し、あくまでも架空、歌枕で構築する形而上の芸術、31文字に収斂され封じ込められた宇宙。倭歌<やまとうた>こそは史上最強の芸術…

音楽:ブルックナー
作品:第9番までのシンフォニー
解説:ベートーベンが後世に謎かけた交響曲の一つの達成。第3「英雄」で解き放たれた絶対音楽と、第5「運命」の構築性と第6「田園」の標題性との分裂。第9における声楽採用による交響曲の創造と破壊。標題性はマーラーに継承される。更に声楽封入はヨーロッパの芸術の故郷であるギリシャ悲劇さえ髣髴させて、ワーグナーの楽劇に昇華。そして絶対音楽の究極の構築性はブルックナーのシンフォニーに結晶。

映画:ルキノ・ヴィスコンティ
作品:ルートヴィッヒ、地獄に堕ちた勇者ども、家族の肖像、あまた
解説:ブルジョアの出自なるも反体制的イデオロギーを標榜。ヨーロッパの終末を美的にテーマと映像に描破。滅びるものは、滅びに値するだけ美しく、美しくなければ滅びることはおろか、もとより存在していることさえ認められない。人間の苦悩を謳う哲学と、映画として美しい映像造りの融合。

絵画:セザンヌ
作品:リンゴとオレンジ、水浴、など
解説:印象主義で破壊された絵画芸術の再構築。色と形と云う概念的造型美。先達の継承と発展と批判と、後世への課題を放出。19世紀を総括し、20世紀前半の絵画史を決定した巨人。

今回はこのくらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hyper-teikaさん、回答ありがとうございます。
小生はもう若くはないのですが、いままで、同じ人や同じ作品を繰り返し繰り返し鑑賞していた
ので、もうすこし違う作品のよさも分かるようになりたいと思って、このような質問を投稿しま
した。鑑賞のさまたげになると思って解説書や芸術史に類するものは、ほとんど読んでいません
でした。それが、結局、我流鑑賞の狭い世界に自分を閉じ込めてしまったようです。和歌も好き
ですが人麻呂や西行をまったく自分流に鑑賞していました。
ご回答の内容は簡潔で分かりやすく、とても興味が刺激されます。ありがとうございました。
ところで「倭歌」は正しい(または歴史上使われてきた)漢字表現なのですか?
どうも「倭」という字が気になるのですが。(hyper-teikaというネーミング、、、いいですね)

お礼日時:2001/01/01 17:46

だいじな作品を忘れてました。


ピカソ「ゲルニカ」
人類が胸をはって自慢をできる傑作だと思います。

>1.他の方たちはどのような作品を優れた芸術と思っているのだろうか。
>2.私の芸術の理解や鑑賞の範囲は狭すぎるのではないだろうか。
>3.人に感動を与える芸術に共通性質はあるだろうか。あるとしたらそれは
>  何だろうか。
>こんなところです。

なるほど。
僕からすれば定義をもうけること自体が狭いように感じられますが。
つまるところ、風景や会話を楽しむように楽しめばいいものだと思います。
その上で「芸術」というカテゴリー自体がじゃまなんでは?
と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oni_ocさん、ありがとうございます。

回答者の皆様、ありがとうございました。たいへん参考になりました。
ポイントは先着順とさせていただくことをご了承ください。

お礼日時:2001/03/11 12:45

芸術ってなんでしょう?


芸術以上に、定義の曖昧なジャンルを僕は知りません。

と、こんな僕は、マルセル・デュシャンの「与えられたとせよ、 1)ガス灯 2)流るる滝」が好きです。
これはデュシャン最後の立体作品で、口では説明できないような不可解なしろものです。

理由は、そのせいで余計にわからなくなったから(自由になったから?)です。

他にもいろいろありますが、際限がないので。


ところで、この質問の真意はなんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oni_ocさん、回答ありがとうございます。とても参考になります。
> ところで、この質問の真意はなんですか?
stomachmanさんの「芸術って何?」という質問に触発されて考え出したんです。
1.他の方たちはどのような作品を優れた芸術と思っているのだろうか。
2.私の芸術の理解や鑑賞の範囲は狭すぎるのではないだろうか。
3.人に感動を与える芸術に共通性質はあるだろうか。あるとしたらそれは
  何だろうか。
こんなところです。

お礼日時:2001/01/18 12:06

聴くが早し!!The Beatlsのアルバム「The Beatles」これは、真っ白のジャケットで有名、通称ホワイトアルバムです。

後の三つは曲名です。「Yesterday」「Here There and Everywhere」「Strawberry Fields Forever」聴かなきゃ、人生で恋愛しないのと同じくらい損しますよ。(恋愛がとくかは意見の分かれる所だ)バッハのG線上のアリアでもかないません!!めっちゃしびれる!!!!!

あとは、戦前のギター、Martin社のD45と言うギターです。これは、聴く機会がもしあればぜひ聴いてくださいrhyguitars.comにそのギターの音が入ったCDが売っています。でも、なによりThe Beatlsの音楽を優先してくださいネ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

caballeroさん、回答ありがとうございます。
実は私は中年なんですが、中高生のときは毎日Beatlsにあけくれていました。ほとんど
全曲知っています。いまでもたまに「レコード」を聴くことがあるんですよ。
ホワイトアルバムは本当にいいですね。

お礼日時:2001/01/17 19:54

 芸術作品と言っても沢山ありますね。

絵画彫刻文学音楽書道・・・・。
 絵画ではオディロン・ルドンに感銘を覚えました。独特の色彩、特に華、あの色が個人的に好きです。地元の美術館(岐阜県美術館)でこのルドンの絵をコレクションしており、そこで出会いました。「目を閉じて」など、結構色が少ないのです。それでいてあの美しさはまさに凄いの一言に尽きます。しかし突き詰めていうと、直接の理由は本物を見たことかもしれません。文学などはともかく、基本的に芸術はやはり本物を見るのが一番なのだと思います。 彫刻、立体造形は絵画以上に、というよりは元来本物を実際に見ないとその良さは分からないものですね・・。彫刻は特定のものはありませんが、一つ私の意見を勝手ながら書かせていただきます。最近は大きい街なら道の脇などに立体造形の作品がおかれている事もよくあります。そういう街頭に置かれている余り注目されない作品の中にも「いいもの」は結構あります。地元の街の駅の近くに合計10以上の作品がありました。その中の一つが気に入り、駅の近くに行くときは結構よっていきます。今度街を歩くときは是非注意してみてください。
 文学はその性質上いくらコピーしてもその価値が変わる事はありません。(当たり前ですね)
 現代の文学もいいんですが、結構古典の作品も面白いですね。昔も今も「面白さ」というものの根本はあまり変わっていないのかもしれません。
 古典文学はやはり教科書に載っていそうなものが分かり易く面白いですね。「伊勢物語」「奥の細道」など、一度有名なものをお読みなると宜しいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

schinclairさん、回答ありがとうございます。たいへん参考になりました。
私の芸術鑑賞の場所は専ら自宅か通勤途中なのですが、今後は美術館やコンサートに
足を運んで、なるべく本物を鑑賞するようにしたいと思います。(定年後?)
これは再質問ではないのですが、平日にあまりいい作品に深入りしてしまうと、頭や心を
ビジネスモードに切りかえるのに本当に苦労します。ビジネスは何かと「金」の話が中心
なので「美」からは遠いです。(私自身に問題あり?)

お礼日時:2001/01/05 22:54

こん○○は、ハイパー定家です。


「やまとうた」に「倭歌」の字を当てるのは、私の個人的偏向であり、何ら歴史的根拠はありません\^o^/。
しかしご存じのように「倭」を「やまと」と訓むことは、古事記において例えば「やまとたける」に「倭建」と漢字を当てていますね。これが日本書紀になると「日本武(尊)」となりますし、地名も「大和」となってきます。それどころが国名が「日本」です。
個人的趣味を敷衍するならば、「和」を国風の表記とするは大和朝廷を髣髴させ、逆に日本書紀が意図的か消しさった「倭国」の「倭」をもって「和」に置換して、私は思想的に表記しております。

私は国粋主義者でも何でもなく、ただ、文学は言葉の芸術的構築物であり、言葉は発せられた時の音・響きもかなり巨きな要素であると思っております。また倭歌は短絡的に語れば、萬葉の自然、古今の人間、新古今の人工と、その世界が、進化か堕落か変遷していますが、日本語の言葉自体としては、上代語が好きですね。萬葉歌や祝詞などの、音が濁らず、音楽性と神神との交歓が織り成すシンフォニー… 逆に漢語が嫌いです。ですから「わか」は「和歌」ですが、あえて「やまとうた」と訓じ「倭歌」と表記する次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hyper-teikaさん、再回答ありがとうございました。
漢詩も杜甫や李白が詠んだとおりに発音すれば、やはり美しいのでしょうね。
どうなのでしょう。

お礼日時:2001/01/05 23:09

私がアメリカでアートの勉強をしている時に訪れたニューヨークの美術館でたまたま展覧会をやっていて出会ったのですが、数々のFigure Paintingを見てもう涙がでそうになったほど感激したLucian Freud (1922- ) です。

感動を言葉で伝えるのはとても難しいのですが、人物画によくありがちなリアルくささがなく、柔らかな色彩など人間への優しいまなざしがあふれた作品だと思いました。イギリスやパリなどいろんな美術館を見回ってきましたが、ハッと息を呑ませた芸術作品はこれが初めてでした。街頭でのポスターや記事などからの情報が何もなく、いきなり“原画"を見たことがここまで感動させたのかもしれませんね。今は“ハイテク大国日本"に住んでいるので、現代美術館に行ったりするけれど、生粋の芸術を求めるのは日本では無理なのかなぁ~と最近は悲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PinkyMadamさん、ご自身の感動体験の回答、ありがとうございます。
小生は原画はあまりみたことがなく、図書館で美術本を鑑賞するのを常としています。これでは
本当の鑑賞にならないのですね。それと、自分でも描いてみるということをしないと、美への
感受性も作品の鑑賞能力も向上しないみたいですね。(違うかなあ)

> 生粋の芸術を求めるのは日本では無理なのかなぁ~と最近は悲しいです。
やっぱり日本は「ハイテク大国」で「文化芸術大国」ではないのですね。どうしてなのでしょう。
(別に大国でなくてもいいのですが)
人々の美への感性が鈍ってきているのでしょうか?

お礼日時:2001/01/01 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q自然を見て感動するのと絵画を見て感動するのとどう違いますか?

わたしの友人で非常に絵画が好きな人がいます。
ひまさえあれば、東京中の美術館を見てまわっています。
理由を聞くと、写真ではなく本物の絵を目の前にするととても感動するのだそうです。

一方わたしは、絵画よりも自然の美しい風景が好きです。
絵画を見て感動しますが、自然を目の前にするような癒された気持にはなりません。
好きな絵に対する鑑賞時間もせいぜい5分程度です。

絵画好きの知人は、絵画を見て癒されるのだそうです。
そして長い間絵画の前で過ごすことができるそうです。
つまり癒されているのです。

絵画は人工的なものですが、自然にまさるとも劣らない感動を与えてくれるようです。
それは何なのでしょうか?
またその感動は、自然から受けるものと違うもの(異質なもの)なのでしょうか?
絵画の魅力について教えてください。

Aベストアンサー

絵画を観るのは自然の風景を観るというより
本を読んだり、音楽を聴いたりするのと近いでしょう。
自分が成長すれば違うように見えるし、
画家さんと、ものの見方が近いと何を表現したのか
言葉で説明できるような絵もありますから。

友人は文章の方が得意なので
私のように絵から汲むのは無理だと言いますが、
表面的には静物画でしかなくても、
心の内面を表現したものもありますよね。

「絵画は視覚が大部分」という見方しかできないのなら
癒されるのは無理かもしれません。
本を読むときに「視覚が大部分」なんて思いませんよね。

画集だと感じられませんが、
生で見ると「空気」がありませんか。
泉のように透明なエネルギーが湧き出しているのとか、
逆に虚無の淵へ吸い込まれるようなのとか。

こんな事を言うとなんだか怪しい人みたいですが、
お手軽にいろんな世界が覗けて楽しいですよ。
自然も良いですけど、人間臭いのもいいんじゃないですか。

あまり参考にならないかもしれませんが、
絵を見るのは好きなので、お邪魔しました。

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Qソビエト時代の音楽や芸術の制限の基準を教えて下さい。 例えば、日本でいえばどんな感じの曲が制限されて

ソビエト時代の音楽や芸術の制限の基準を教えて下さい。
例えば、日本でいえばどんな感じの曲が制限されていると思いますか?

Aベストアンサー

紛れもなくロック系。

当時、カセットの方が遥かに手軽であったはずですが、面白い事にソ連、ルーマニアではカセットを観た事がなかった。逆に、ポーランドでは売られていた。当時一緒に旅行した東側の事情通の友人曰く、「録音出来る物はなるべく作りたくないのだ」。なるほど、とえらく感心した思いを未だ覚えています。東ドイツは掠めただけで行っていませんが、恐らく、ソ連、ルーマニア、東ドイツは共産圏の中でも毒々しい赤。ポーランドやブルガリアはピンクといった印象。

個人的にはハードロックが好きなのですが、前記の三ヶ国からのバンドは大分苦労して音源を作っていた。

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Qベートヴェーン第九「合唱付き」って傑作なの?

12月です。12月といえば、あの曲ですね♪
ということで、

 1 ベートーヴェンの9つの交響曲で最高傑作は何か?
 2 その理由は?
 3 そのお薦めの演奏は?


私には、世に名高い「合唱付き」がベートーヴェンの交響曲のベストだとはまったく思えないもので・・・。前半の2楽章は素晴らしいと思うのですが・・・。
ベートーヴェン自身は、この曲を失敗作と考えていたんじゃないか、そんな風に思えてならないんですよ。

第九のいろいろな演奏(CDとか、FM放送など)を聴いても、この曲の凄さがさっぱり分からない。
ですから、
この演奏を聴けば、第九の素晴らしさが理解できる、という演奏がありましたら、
質問の3とは無関係に、教えてください。
そして、どこが素晴らしいのかを合わせて教えていただけるとありがたいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

一難去ってまた一難、なんでこの質問なんですか(笑)。

ちょっと問い返します。

 1 「傑作」の定義は?
 2 1の答えによりますが?
 3 一つの作品に、その魅力を伝える唯一無二の演奏はあるでしょうか?

いつも話題になることですが、12月に第9が頻繁に演奏されるのは、日本特有の事情です。しかし、だから日本だけで名曲とされている、というのは飛躍し過ぎ。たしか私の記憶では、ウィーンでも12月に演奏されていたような気がします。12月にたくさん演奏されない曲は名曲でない、というわけでもないし。また、日本では12月以外はあまり演奏されませんが、ヨーロッパでは一年を通じて演奏されるわけですから。
「傑作」の定義もさることながら、それが定まらない状態で「最高傑作」は決められません。ただ、私の答えは単純で、第9は傑作であり、ベートーヴェンの交響曲の中の最高傑作だと思います。あまりにも世俗の評価と同じで、がっかりなさるかもしれませんが、この評価はヨーロッパでも大方同じでしょう。
ではなぜそう思うかと申しますと、まず、数百年生き延びて後世に残った作品は一応「傑作」候補です。それから、「傑作」とは、必ずしも欠点のない作品ということではありません。もちろん、この世に「完璧」などというものはないのですが、それとは違う意味で、「様式的に統一されていて、破綻がなく、全体的にまとまりがあり、完成度が高い」という作品だけが傑作ではないということです。多少おかしなところがあっても、一度聞けば記憶に残るもの、感動させられるものがあれば、「傑作」ですね。しかし、「傑作」の定義が、「様式的統一と全体の完成度」か、「心に残り感動する」かで、議論が分かれます。もちろん、このほかにも、「新しい道を切り開くきっかけになった」とか、いろいろ「傑作」とする理由はあります。第9の場合は、「心に残り感動する」、「新しい道を切り開くきっかけになった」、「ベートーヴェンが一生かけて到達した作曲技法の集大成になっている」というのが、傑作とする理由です。ここで、「様式的統一と全体の完成度」を第一に考えるのであれば、私の見解では第7番が最高傑作になります。しかし、第7と第9では、曲の規模も重さもあまりに違いすぎるので、どうしても第9になるでしょうね。
ここまでで、一応質問1と2にお答えしたことになりますが、少し補足します。第9の第4楽章が、前の三つの楽章に対して様式的に異質である、という批判は古くからあります。こういう意見は、学者的な見方であって、馬鹿げています。作曲家ならそういう見方はしません。一方、質的に言うと、私は第2楽章にやや疑問ありです。楽想がやや平凡だからです。平凡なのに、曲の身振りがやや大げさなんですね。同じような印象を持つのが、第5の終楽章です。その点、第7番は整っているし、コンパクトですが充実しています。そういう意味では第3もよいと思います。ベートーヴェンと言えば、一番有名なのは第5でしょうね。これは、第1楽章で、出だしのあの短いモティーフを全曲通して使いつづけ、有機的に展開した、高度で徹底した作曲法ゆえに有名になったと思います。

>ベートーヴェン自身は、この曲を失敗作と考えていたんじゃないか、そんな風に思えてならないんですよ。

この点ですが、これは作曲家にとって一生の問題です。どうするのが最良の解決法か、何年かかってもわからない場合があるのです。そして、まずいと思って書き直せばよりよくなるかといえば、かえってダメになる場合もあります。ですから、作曲を学ぶとき、一つの作品にあまり長くかかりすぎないように、手を入れ過ぎないように、ということは言われます。ベートーヴェンが、第4楽章を器楽のみの作品にしようと考えていたというような話もあるようですが、どうでしょうか。やはり、合唱が入っていたから、その歌詞の内容とともにこれだけ有名になったのでしょう。ベートーヴェン自身、迷いはあったかもしれませんが、第4楽章そのものが失敗作だと考えたとは思いません。この話でちょっと思いだすのが、弦楽四重奏曲第13番です。当初最終楽章に置かれていたのは、今日「大フーガ」という独立した作品として知られる曲です。あとで書きますが、この、対位法的に複雑な曲が、前の楽章に合わないと考えたのか、割と軽いフィナーレを新たに書いて置き換えました。しかし、どちらが良かったのか。ときどき、あえて「大フーガ」を終楽章に用いて演奏することもありますが、何とも言えません。「大フーガ」が最後に来た方が、壮大な感じはします。
作曲技法の集大成という意味で重要なのは、「変奏」と「対位法」の技法です。この二つは、ベートーヴェンの作品において、晩年に向うにつれ、どんどん重要になり、成熟していきます。その成熟が顕著にあらわれるのが第3,4楽章。ですから、

>前半の2楽章は素晴らしいと思うのですが・・・。

これは逆ですね。確かに、後の2楽章は、それまでの交響曲の伝統的な形式から見ると、明らかな逸脱と言えるでしょう。しかし、これがロマン主義の扉を開けることになり、その後の作曲家の方向を大きく変えました。そういう、「新境地」としての評価もあるわけです。
ベートーヴェンの交響曲というのは、クラシック音楽の正当であり、疑う余地がない、と単純に信じている人も多いと思うのですが、そんなに簡単なものではありません。実を言えば、私も、ベートーヴェンの交響曲をどう聞くべきかということは、今日までずっと考え続けてきました。付き合いは長く、すでに高校時代から、オーケストラの中で弾いたり、指揮をしたりして、直接長い期間かかわったものは、1,3,5,7,8の5曲です。にもかかわらず、どこかなじみきれないものを感じていました。第9についても長いこと同様な感覚を持っていて、把握しきれない部分があったことはたしかです。そういう意味では、ねこさんの疑問は理解できないわけではありません。ただ、先ほど申し上げたように、この曲で技法的にも内容的にも充実しているのは、後の2楽章です。もし、ねこさんが後の2楽章に抵抗があるとすれば、たぶんその原因は、「変奏」と「対位法」にあると思います。そもそも、「変奏曲」とか「フーガ」などというものは、クラシック入門者にとっては退屈に聞こえるものです。ねこさんは入門者ではありませんが、やはり、この形式で書かれたものの良さをわかるためには、聞く人の耳にもそれなりの鍛錬がないとダメではないかと思います。そういう意味で、この曲の良さがわかる演奏を探すより、ベートーヴェンの作品を時系列的に聞いてみること、そして、交響曲以外の晩年の作品、ピアノ・ソナタなら第28番から32番、弦楽四重奏曲なら第12番から15番(16番はあまりできがよくないと思うので除外します)、そして、荘厳ミサ曲などに触れることをお勧めします。こういうサイトで、曲の良さがわかる演奏を、と質問すれば、皆が皆、いろいろな演奏を挙げてくるに決まっています。私は、とりあえず最近のものや個性的なものは抜きにして、フルトヴェングラー、カラヤン、バーンスタインなどの代表的な録音を聴いて(もちろん、ベームでも構わないと思います。私はあまり聞いていないので、どういう演奏かわかりません)、それでいいと感じられなければ、原因は演奏にはないと思いますよ。いずれにしても、ベートーヴェンは、偉大であるがゆえにまた、一筋縄ではいかない作曲家なのです。
 あとは、コメントの内容次第で、追加回答します。

こんばんは。

一難去ってまた一難、なんでこの質問なんですか(笑)。

ちょっと問い返します。

 1 「傑作」の定義は?
 2 1の答えによりますが?
 3 一つの作品に、その魅力を伝える唯一無二の演奏はあるでしょうか?

いつも話題になることですが、12月に第9が頻繁に演奏されるのは、日本特有の事情です。しかし、だから日本だけで名曲とされている、というのは飛躍し過ぎ。たしか私の記憶では、ウィーンでも12月に演奏されていたような気がします。12月にたくさん演奏されない曲は名曲でない、とい...続きを読む

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Qオペラの名作、傑作

器楽分野の「シンフォニー」に相当する
声楽分野の「オペラ」。

私はプッチーニ「ラ・ボエーム」1幕の”冷たい手”から
1幕エンドまでが大変好きです。
プッチーニのオペラは華があり名作だと思います。

ヴェルディだと最後の悲劇二作、「アイーダ」、「オテロ」が
傑作だと思います。

皆さんいかがでしょうか。
もちろんドイツ、フランス等にも作品があります。

Aベストアンサー

jump2020さん、こんにちは。

 ♪ 私の編む薔薇は とても残念なことに 何の香りもありませんの ♪
 ボエーム、いいですよね。悲劇と喜劇の要素が巧みに入れられていて。 

 SPS700さんの挙げられている
『フィガロの結婚』
 いいですね。最終場の許しの雰囲気に満ちたところがとても素晴らしいと思います。一作品選べと言われれば、私もフィガロを挙げます。

 プッチーニは苦手ですが、場面を一つ選ぶとしたらこれ
『トゥーランドット』 「王子様お聞きください」と「泣くなリュー」
 https://www.youtube.com/watch?v=LurkAlOKcRg
 非情な女王トゥーランドットに求婚しようとする主人公カラフを、彼に恋心をいだく女奴隷リューが引き留めようとします。それを振り切り、父を頼むというカラフ。リューの切ない心情が胸に響きます。

 オペラはきちんと座って聞く芸術ではなく、大衆芸能だと思っています。なので・・・
『メリー・ウィドウ』
 https://www.youtube.com/watch?v=LOVQ_tfdR24
 歌あり、踊りあり、笑いあり、恋あり。

jump2020さん、こんにちは。

 ♪ 私の編む薔薇は とても残念なことに 何の香りもありませんの ♪
 ボエーム、いいですよね。悲劇と喜劇の要素が巧みに入れられていて。 

 SPS700さんの挙げられている
『フィガロの結婚』
 いいですね。最終場の許しの雰囲気に満ちたところがとても素晴らしいと思います。一作品選べと言われれば、私もフィガロを挙げます。

 プッチーニは苦手ですが、場面を一つ選ぶとしたらこれ
『トゥーランドット』 「王子様お聞きください」と「泣くなリュー」
 https://www.yout...続きを読む

Qライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか? 神奈川、東京でお願いします

ライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか?
神奈川、東京でお願いします

Aベストアンサー

1年前の映画です。 今上映している映画館はありません。

Q沖縄芸術大学

美大へ進学希望の高3です。
志望校決定にいまだ悩んでます。
だいたい候補はあるのですが、大学のHPを見ても
あまり参考にはならず、学科の偏差値で選んでしまいます。
京芸、愛知、沖縄の3つが候補に上がっています。
自分は京都に住んでいるので、京都、愛知はオープンキャンパスなど行けるのですが沖縄へはいけません。
沖縄県立芸術大学がどんな学校なのか、
沖縄はどうゆう土地なのか、
良いことも悪いこともどちらの情報も教えていただきたいです。
沖縄以外の学校のことでも良いです、どんどん情報をよろしくお願いします!

Aベストアンサー

高校生なんでしょ?
行ってきたまえ。沖縄。夏休みに。
「人生の大事につき」って旅費借りたまえ。そして人として確実に返したまえ。
沖縄で油絵を学ぶ意味についても考えたまえ。
その風土に何か求めるものが無ければ、行く価値が無いことがおのずと分かるだろう。
トウフヨウがお勧めである。食べてみたまえ。

頑張りたまえ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報