出産前後の痔にはご注意!

下ろすのがよろしいか?乗せ方については重いほうからと指導されてます。多分、結果的に115グラムのものを測る場合うっかり50.20.20。10。5.2.2.1.と乗せてそのあとで全部下ろして100グラムを乗せないといけない理由と思いますが、下ろし方に決まりがあればそれを、決まりがなければあなたの考えを教えてください。

A 回答 (7件)

No.2です


誤解していないつもりだったんですが・・・(笑)

>>軽いものから
軽い分銅から。のつもりで回答いたしております。

この回答への補足

ありがとうございました。下足らずで。念がはいってよかったです。私には私なりの考えがあったのですが、うむ、わかってきた。後ほど発表させていたできます。

補足日時:2006/08/13 08:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 10:29

まず、秤量が終わったあとの試料を適当な容器に移すのが先です。

粉末なら飛散する恐れがありますし、吸湿性をもつ場合もあります。ゴミなどが付着・混入することも考えられます。

この際、試料をゆっくり持ち上げれば、天秤に衝撃を与えることはありません。

あとは分銅の乗った皿は降りた状態のままですから、どの分銅から取り除いても同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結論を、資料が大切なら資料を先に、分銅は軽いものから、理由は、押入れに後で片付けた布団は先に出すと出しやすいと同じ理由。私は初めは軽いのを下ろすと極端な場合はかりがまだフラフラしているので、重いのを下ろしてはかりを不動にしてから、と思ったのですが、別に決まりはないと判断しました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 10:28

はかりに一番衝撃を与えないためには、一番軽い分銅から順番に下ろしていって最後に


試料を下ろすのがいいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 10:29

計り方は錘の移動回数を最小にすることを考えます。


この為には2分法が最適です。

1.500,200,100,50,20,10の順に比べて範囲を限定します。
2.200と100の間がわかったとします。
3.150の上か下かみます。
4.150と100の間がわかったとします。
5.次は120の上か下か見ます。
   ・
   ・

測定が終わった後は度の順番に下ろしてもいいでしょう。

この回答への補足

私の文がよくなかったので誤解されてます。4名の皆様申し訳ございません。補足としては、針が左右に同じメモリにゆれて、計測が終わった後で下ろす順番です。この場合は計測を終えた対象物を先に下ろすことも考えられますが、分銅の下ろし方の順についてよろしく理由つきでお願いします。

補足日時:2006/08/12 22:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局どれでもいいのですね。

お礼日時:2006/08/20 10:31

確か、降ろすときは、軽い方からだったと思います。



重い方が下がっているので、そっちを先に下ろすと、軽いほうが急に下がって、分銅が飛び出て落ちたり、天秤が壊れたり(?)する可能性があるためだったような気がします。

最初から上がっている、軽いほうを先に降ろせば、そんな問題もないので。。

この回答への補足

ありがとうございます。4番の補足をごらんください。

補足日時:2006/08/12 22:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これも一理です。

お礼日時:2006/08/20 10:30

軽いものからが良いのでは?



重いものを先に下ろすと、天秤が急に大きく傾き、トラブルの元になりかねません。

この回答への補足

ありがとうございます。4番の補足をご覧ください。

補足日時:2006/08/12 22:13
    • good
    • 0

小学生の頃(10以上前)なんでよく覚えていないですが、軽い方から下ろせって言われた気が・・・


確か、重い方を下ろすと一気にバランスがくずれるから駄目だって言ってたような気がしたりしなかったり。

この回答への補足

ありがとうございます。4番の補足をご欄ください。

補足日時:2006/08/12 22:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 10:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上皿天秤から分銅をおろす時は、重いor軽い方から?

小学生理科の問題です。

上皿天秤の使い方について、
「分銅を皿からおろすときは、必ず重いほうからおろす」という文章は誤りと習いました。
理由は、「重い方からおろすとガタンと衝撃が大きいから、軽い方からおろすのが常識」ということでした。

ところが、こちらのサイトの「つりあわせ方」の部分では、
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/22th/sci_22.htm
重い分銅からのせていき、しまうときも重い分銅からおろす。これは、無駄に揺れる回数を減らすことになります。分銅を乗せたり下ろしたりするときに、がたつかせて刃を傷めることが多いので、その配慮でもあります。とにかくがたつかせないことです。

とかいてあります。

また、こちらのサイトの「つりあわせ方」の部分でも、
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/jikken3.html
重い分銅からのせていき、しまうときも重い分銅からおろします。

とかいてあります。


どちらが正しいか教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

小学生理科の問題です。

上皿天秤の使い方について、
「分銅を皿からおろすときは、必ず重いほうからおろす」という文章は誤りと習いました。
理由は、「重い方からおろすとガタンと衝撃が大きいから、軽い方からおろすのが常識」ということでした。

ところが、こちらのサイトの「つりあわせ方」の部分では、
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/22th/sci_22.htm
重い分銅からのせていき、しまうときも重い分銅からおろす。これは、無駄に揺れる回数を減らすことになります。分銅を乗せたり下ろしたり...続きを読む

Aベストアンサー

分銅や試料をおろすときは、おろすだけでよいのですから 天秤は支持台に載った状態で刃に荷重はかかっていません
ですから、天秤に対する影響なら、おろす順は関係なくなります

総合的に判断すれば、試料の取り扱いでミスしないように最初に試料をおろし、確実な場所に置く

その後、分銅を整理しやすい順におろし、収納容器に格納する でしょう

測定する場合には、天秤の振れが大きくならないよう、試料の想定重量に近くなるよう、重い分銅から載せることになるでしょう(分銅を載せる回数を少なくできるようにと考えれば、どういう順が良いかはわかるでしょう)


人気Q&Aランキング