業務委託先と契約終了することになりました。
本来であれば10月末なのですが、3ヶ月先に契約終了ということで合意ができました。
書面としては合意書という形になるのかと思うのですが、このような場合
ポイントとして抑えておくことはどのようなところでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
一応、終了時点が六月末、報奨金、業務委託料の支払いは翌月末が最終支払いとなります。
(最終6月分の支払いが7月末と確認する?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

継続契約の期間満了前に解約の合意ができたと言うことでよろしいのでしょうか?どのような契約内容かよくわからないので参考になるかどうかわかりませんが、賃貸契約の合意解約の場合を書いてみます。



 継続契約は本来、期間の満了によって終了するのが原則なので、途中で契約終了する場合は解約の合意があることを新たに「契約」することになります。解約時の条件などが後に紛争にならないように書面で残しておくことに、合意書の意味があります。ですから、その点に記載漏れや誤りがなければいいと思います。
記載事項としては、次のようなものが考えられます。
1,当事者双方の表示
2,原契約の内容
3,合意解約の旨の記載とその日付け(解約の日付けと書面作成日)
4,解約時の合意条件(残金の支払日、金額、支払い方法、支払場所、付帯事項など)
5,保証人など担保事項があればその内容
6,合意当事者の署名・捺印
7,書面作成通数

 具体的には、
 
               合意書
 
  1,賃貸人A(以下、甲という)及び賃借人B(以下、乙という)が
   平成13年5月3日契約した○○市○○町1丁目一番二号のハイ
   ツあさひ202号室(以下、本件建物という)の建物賃貸借契約
   の解除に本日合意した。
  2,乙は、平成14年3月31日をもって本件建物を明け渡すものと
   する。
  3,明け渡しに際しては、乙は原契約にしたがい、原状に復して甲に
   返還するものとする。乙が本件建物に付加した設備、備品は乙の
   費用ですべて撤去するものとし、甲に買取請求をしないこと。
  4,平成14年2月分及び3月分の延滞賃料(金15万円)の支払い
   は、平成14年4月30日までに、甲の指定口座へ振り込むもの
   とする。なお、振込手数料は乙の負担とし、振込後直ちに甲に対
   してその旨を連絡するものとする。
  5,本件契約時に乙が差し入れた敷金は、原契約にしたがい、建物修
   繕費用に充当し、剰余があれば平成14年5月30日に乙の指定
   口座へ振り込むものとする。
  6,本合意は、原契約上の乙の債務についての保証人への債務を免除
   するものではない。
  7,以上の通り合意したことに相違ないので、これを証するため本合
   意書を2通作成し、署名捺印をした上で双方各一通を保有するも
   のとする。

   平成14年3月11日

   賃貸人(甲) ○○市○×町1-2-1
            A  印
   賃借人(乙) ○○市○○町1-1-2-202
            B  印

 のように書きます。
 ご質問の契約の場合、原契約上の債務を以後負わないこと、報奨金と業務委託料の支払期日、金額、何月分の支払い分か、最終支払い分はいつ発生していつ支払うのかなど双方の負担の確定事項をはっきりわかるように入れておけば良いと思います。
 できあがったら専門家に見せて、問題がないか確認してもらうようにしてください。法律相談などでも見てもらえると思います。
 以上、もしお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

賃貸契約ではなかったのですが、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職日の合意と業務委託契約

現在働いている会社は、試用期間の定めとして、3ヶ月としております。
私は、2月13日に入社しましたので、5月13日から本採用になったと認識していましたが、
5月31日に社長に呼び出されこの3ヶ月を見て来て、これ以上継続して雇用できないと
宣告され、翌日には回答を求まられました。
自分としてはショックで、解雇トラブルに発展することもエネルギーが必要なことから、
YES自己退職します。しかし、生活が苦しいため、継続として正社員ではなく、
契約社員か、業務委託社員として雇用して欲しいとお願いしました。
そして、退職日は、引き継ぎ作業が終了して継続雇用の条件が決まってからと言う条件で
お願いしました。一応、経営者もそれで納得されたようです。
退職日の決め方に問題ないでしょうか?

現状、見えているのは、来週にも引き継ぎ作業が終了してしまうこと、その後、1ヶ月単位での
業務委託契約社員となることがです。したがって、業務委託契約の内容の確認を持って
退職願、会社側と合意して、同時に、退職手続きと業務委託契約の手続きを同時並行で
進めようと考えています。健康保険については、現状の健保組合に継続加入して、会社負担分を
自分自身で支払って行くともりでいます。もちろん、委託費にその分を上乗せして頂く予定です。
業務委託契約の手続きする上で、注意することはありますでしょうか?

また、業務委託だと雇用保険には加入して貰えないものでしょうか?
年金も同様に、国民年金に切り替えるしか方法はないでしょうか?

現在働いている会社は、試用期間の定めとして、3ヶ月としております。
私は、2月13日に入社しましたので、5月13日から本採用になったと認識していましたが、
5月31日に社長に呼び出されこの3ヶ月を見て来て、これ以上継続して雇用できないと
宣告され、翌日には回答を求まられました。
自分としてはショックで、解雇トラブルに発展することもエネルギーが必要なことから、
YES自己退職します。しかし、生活が苦しいため、継続として正社員ではなく、
契約社員か、業務委託社員として雇用して欲しいとお願いしま...続きを読む

Aベストアンサー

 
業務委託契約とは特定の仕事を処理 することを目的として行われる契約です。
例えば、弁護士に遺言状を書いてもらう、広告の作成を依頼する、家を建ててもらうなど...

雇用関係はありませんから、会社としては、社会保険・雇用保険・賃金、有給休暇、の義務はありません。
その仕事をする対価としての報酬があるだけで、短時間で終わらせても、毎日徹夜しても会社は無関係です。

さらに労働基準法が適用されないため契約はいつでも解除できるし、報酬も最低賃金の様な基準は無く金額は自由です

 

Q委託主から業務委託契約の一方的な解除を要求されたら

お尋ねします。
A社と業務委託契約を結び、集配の仕事を15年しております。
担当地域のお客様の集配をすることが仕事なのですが、A社のサービス規約の変更に伴い、それを受け入れないお客様(地域全体)が契約を延長しない可能性が出てきました。
そうしますと、私は仕事にあぶれてしまうことになるのですが、私はA社に補償や賠償を求めることはできなのでしょうか?

仕事を始めるとき・毎年ともに、A社とは何の契約書・サイン・押印等も、したことがありません。
主婦の仕事として、「集配先の連絡が郵送で来て、その報酬が口座に振り込まれる」ということを15年続けておりました。

「個人事業主は、親会社からいつ仕事を与えられなくなるかわからない」ということなのでしょうか?法的な判断はどのようになるのでしょうか?

自らのことながら、契約や法律のことをまったく考えずに働いてきてしまった私が悪いのですが、どうかお知恵をお貸しください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

保証が無いのが業務委託契約です
”契約を結び”と書いてありますね?
当然”業務委託契約”の契約ですよね?
これはお互いが業務委託契約と認識している訳です

契約内容の不履行(双方とも)以外の
法的な制約はありません
その為契約解除に関わる損害や賠償は請求出来ません
(契約期間内では無く未更新という事で)
それが”業務委託契約”なんです

ただ契約期間が明記されていない
(更新時期が不明)などの場合は
歩み寄る事はありますが
それが希望される金額になるかどうかは判りませんし
そんな事言ったか?の水掛け論になる可能性もあります

結局は業務委託契約は”下請け”なんです
元請けが仕事やらないよって言ったらそれで終わりです
書面にて契約を結ばなかったのが唯一の失敗です
これは年数ではありません
下請けの唯一の安心材料なんです

Q個人情報保護法において業務委託での再委託の明示義務はありますか?

個人情報保護法において業務委託での再委託の明示義務はありますか?

お客様と個人情報の取扱を含む契約を結ぶ際に、「当社が業務委託のため、当社が適切な契約を結んだ外部会社にお客様の個人情報を提供・開示すること」を明示しております。
このとき、当社の業務委託先が、さらに別の会社に再委託をするケースで(再委託にあたっては、当社と外部会社で再委託に関する個人情報保護についての契約を盛り込むとする)お客様には、外部委託会社の再委託についても明示する必要があるでしょうか。それとも、再委託についてはお客様には明示する必要がないでしょうか。

この質問への直接回答、もしくは、どこに問いあわせればよいかを教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

人事関係者です。

業務委託の場合は、委託・再委託に関わらず、「個人情報の提供」には該当しないため、委託していることを個人に知らせる必要はありません。

私は内閣府に直接電話して確認しましたので、ご不安ならばご確認されることをお勧めします。
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/index.html

担当官によって言うことが変わりそうな気もしますが・・・。

Q業務委託と業務請負の違いって

業務委託は仕事の一部をやってもらうことで、
業務請負は仕事の全部をやってもらうこと
であってますか?

Aベストアンサー

業務請負、というのは結果を出さないと
お金をもらえない契約です。

業務委託は、結果を出さないとお金を
もらえない委託と、結果にかかわらず
労務を提供するだけでお金をもらえる
場合とに別れます。

前者は、請負との区別があいまいになり
名前の違いだけで、実際は請負という
場合もあります。

後者は雇用との区別があいまいになり、
これも名前の違いだけで、実際は雇用で
あり、労基法の適用を不当に逃れるために
やられる場合も少なくありません。

どう理解するかは、契約書の文言や業務の実体、
などによります。

Q医師の当直業務を業務委託契約出来るのか

大学病院で勤務医をしております。大学病院の医師の多くは週に何回か一般病院で診療や当直のアルバイトをします。
当直や診察のアルバイトは通常の雇用契約と異なり、委託業務に近いと考えています。そこで所得税対策の一環として会社法人を設立し、病院と業務委託契約を結びたいのですが法的に可能なのでしょうか。
会社法人からの派遣社員という形態も考えましたが、医療者は(一部を除いて)派遣社員としては働けないようです。

Aベストアンサー

前に似たような質問があって、それの回答です。弁護士秘書の方です。


「 医師法を確認したところ、私が調べた限りでは弁護士法にあるような兼業の制限に該当する法令はありませんでした。

医師会と東京福祉保険局に確認したところ、「うーん。多分大丈夫だと思う」との曖昧な返事だったため、こちらで質問させていただきました。」
 

 それから、医師会は「ユニオンシップ」ではないので、開業も自由という考えもありますし。
 廃業しましたが、医師たちが出資し合って、遊園地を作ったこともありました。

 ただ、年々法律は変わりますしね。

 確実ではなく、そういう考えもあるということです。

 法務局への届け


人気Q&Aランキング

おすすめ情報