エアコンをしばらくつけていて、暖かくなったので30分ほど止めました。
再度エアコンをつけると、2~3分非常に冷たい風が出てくるんです。
車は、そのとき1時間以上走ってる状態です。
温度は、夜でオート26度に設定しています。
これは、正常なんでしょうか?
最初だけ少し冷たい風がでるのは納得できるのですが、2~3分というのはどうなんでしょう?
ご返答、お待ちしています。

A 回答 (3件)

こんにちは。



通常、エンジンが暖まっていればすぐに温風が出ると思いますが、最近の
エアコンは日射量や湿度も見ていて、暖房にして窓が曇ると判断される状
況では、コンプレッサを回すようになっています。

もし、マニュアルで(A/Cを切るとかして)暖房にしてすぐに温風が出るようで
あれば、エアコンが夜間であること、車内の湿度を判断して除湿のためコン
プレッサを回しているんだと思います。雨の日とか寒い日に雪の付いたよう
な靴で乗ると最初はちょっと感じるくらい冷たい風が出ますよ。

ただ、うまく制御されていると気付かないものですし、2,3分は長い気かしま
すので、今まで気にならなかったのに最近になって気が付いたと言う事なら
ばセンサなどの異常も考えられますのでディーラーに相談した方がいいと思
います。
    • good
    • 0

下の方も言っていますが・・・



この場合、設定温度は26℃ですね。
エアコンのスイッチを入れ、車内の温度が26度以上あった場合、26度まで下げようとして寒い風が出ます。26度まで下げた時点でエアコンが止まるか、温かい風が出てきます。
車内の温度が26度以下であれば温風が出ます。26度になった時点で同様になります。

エアコンを入れるときの車内温度が26度以上あるためで、異常ではないです。

この回答への補足

御回答、ありがとうございます。

でも、下の方にも書いたように車内温度は26度もありませんでした。
車内温度が26度以上あったら、当然寒い風がでるのは分かってます。

もし車内温度が高いなら、AUTOの場合冷たい風が上部から出ますよね?(うちの車だけでしょうか?)
今回は下部のみから出てました。

補足日時:2002/03/12 22:09
    • good
    • 0

車内を外気温度より下げる場合は、ヒーターユニットから取り込んだ空気をクーリングユニットで放熱して下げます。


外気温度より上げる場合は、エンジンの放熱をヒータユニットで車内に送風します。

暖房の場合は、外気温度が低ければ、エンジンが温まるまでは冷たい空気が出ます。冷房は逆です。

設定温度はあくまで温度維持ですので、エアコンつけてすぐに設定温度になるとは限りません。

この回答への補足

ご返答、ありがとうございます。
しかし、寒い朝などエンジンが冷えきってるときは冷たい風が出るのは分かるんですが、1時間以上も走ってのことなのでエンジンが温まってないとは考えられないです。
しかも、室内の温度はどう考えても26度なんてないと思います。
おそらく、20度もない状態だと思います。
他には、なにかかんがえられないでしょうか?
宜しくお願いします。

補足日時:2002/03/12 15:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンのない車にエアコンをつける方法

現在、オペル・スピードスターという車の購入を考えています。
2シーターのオープンカーなのですが、唯一のネックがエアコンがついていないという点です。
これについて、何かしらのエアコン設備を取り付ける方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

私一人しか乗りませんので、ある程度不恰好になってしまってもよく、最悪の場合は助手席がつかえなくなっても構いません。また、予算も限られているので、完璧な性能を求めてはいません。真夏、真冬にも、ダウン等重装備をせずに乗れれば良いと考えています。

いくつか方法がありましたら、大体の予算と合わせてぜひ、教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

ヒーターに関しては普通どれにも付いているはずです。
なので問題になるのは冷房だけでしょう

旧車のように助手席前にクーラーユニットをぶら下げるのがスタンダードかと・・・・
もしくはリアエアコンのユニットなどを流用するかです。
(ホンダの旧アクティは冷房ユニットが助手席下でちょっとおいしいかも?な物件ですが・・・・)


なお現在ではこの手のユニットはあまり出回っていないので、金額はちょっとわかりにくいです。
十数万円ぐらいからかな?


またエンジン周りのステーとかワンオフする場合は追加工賃が発生したりしますし・・・・

Qシンプルなカーエアコン、風量は燃費に影響する?

カーエアコンと燃費について質問させていただきます。

画像の様なシンプルなカーエアコンですが、今までは燃費を気にしてA/Cを入れた時でも送風は弱にして内気循環にしていました。しかし知人がこんな事を言っていました。

『この手のAUTOエアコンじゃないものはA/CをONにしたら燃費が悪くななり、風量は関係ないって聞いた事がある。車内がどれだけ暑かろうと寒かろうとA/CのON/OFFだけが燃費に影響するらしい。』

これは本当でしょうか?
もし本当なら今まで暑くて強風にしたくても我慢していたのがバカらしくなります(苦笑)

メカにお詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2番さん、3番さんが仰る通りで
コンプレッサーはオンとオフがあるだけですから
強弱だけでなく

『温度の低高』

も燃費に関係しません。

極めて厳密に、理論上だけの話をすれば
風量が弱の方が
ファンモーターの消費する電力量に違いがあったり
高温の方が
冷風を暖めるために冷却水の熱利用し
水温が下がる事により
燃料補正量が変化し
燃料噴射料がごくわずかに減ったり、、、、
と言う事もありますが
実燃費は変わらないと思います。

QインダッシュTV(1DIN)にエアコンの風が…

購入前に不安になったので質問します。
オーディオ取付けスペースのすぐ上にエアコンのふきだし口のある車で、液晶画面部分を起こすと、エアコンの風がもろにあたると思うのですが、TVに悪い影響はないのでしょうか。特に温風だとすぐに壊れてしまうんじゃないかと心配です。

Aベストアンサー

温風もあまり良くはないですが、温風はどちらかというと足元から出るパターンが多いですよね(好みですが)
実は冷風の方が問題とされています。夏場にエアコンを使用し、その風が液晶部裏に当たると、状況により内部が結露します。内部ですから目に見えず、拭くこともできません。この水分が内部の電気回路に悪影響を与えます。基板がさびたり、ショート等が考えられます。
この点に充分注意された方が良いです。
でもオーディオの上が噴出し口というパターン、多いですよね。

Qエアコンをつけていてもガソリンを消費しにくい走り方、ありますか?

タイトル通りなのですが、ガソリンが高いのでできるだけ給油を少なくしたいと思っています。ですが、ここのところ暑くて窓を開けても暑いので、エアコンを使うことになり、そうするとガソリンの消費が早いので困っています。

そこで質問なのですが、何かエアコンをつけていてもガソリンを消費しにくい運転の仕方とか、車内での工夫、ないでしょうか?

ちなみに私の車は7年落ちの軽(アルト)です。うちにはbBもあるのですが、それはUVカットのフィルムがデフォルトで貼ってあるせいか日向に置いた時でも私の車よりも涼しいですし、エアコンの効きも速いです。そうなるとフィルムを貼るといいのかしら、と思いますが、中古ですし、フィルムを貼るのもなぁ…と思っています。お金もありませんし、フィルムを貼るのにいくらかかるかも分かりません。

何かお金をあまりかけないでできることがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

走り方で燃費はかなり違ってきます。

なるべく停止しないように間合いを取って走れれば大きく燃費が向上します。

エアコンを使用しての場合は、軽自動車ならば特に少し強めに加速して速度が乗ってギアが一段上がって回転数が落ちたら惰力で流します。

強めの加速をしても、ゆっくり加速をしても到達速度が同じ場合、使用するエネルギー(燃料)は同様ですが、エアコンONの場合、回転数が低いと馬力が出ていませんので、エアコンに食われる割合が増えてかえってロスが大きいです。

燃費を稼ぐコツは惰力でどのくらいの距離を走れるかにかかっています。

因みに設定温度を下げても風量を強くしても、そんなに燃費には影響しません。

参考URL:http://www.nenpikoujyou.com/

Q私の車はセレナで、ダブルエアコン(後部エアコン)ついているのですが、前も後ろもクーラー使うのと、前だ

私の車はセレナで、ダブルエアコン(後部エアコン)ついているのですが、前も後ろもクーラー使うのと、前だけしか使わない場合と、どのくらいかわるか分かる方おられますか??

Aベストアンサー

何が、どの位変わるのか、でしょうか?
冷え具合?燃費?

どちらにしてもコンプレサーの作動量が増えるので多少の悪化はあるとおもいますが、大差はないと思います。
前だけ使った場合でも暑ければコンプレッサーはフル稼働しますから後部も使ってもコンプレッサーの負荷に大きな差は出ません。
場合によっては前後で使うことで設定温度まで早く到達させることが出来て弱運転への移行が速くなり効率良い場合もあるかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報