こんにちわ、早速で申し訳ありません。
育児休暇中は、「健康保険」「年金保険」「雇用保険」が免除
されますよね?

具体的に言うと、私の会社の場合、
2月1日~末日までの給料を2月25日に支給されるのですが、
育児休暇は2月4日からなんです。
この場合、上記3項目の税金は全額負担になりますか?
それとも、4日分の日割り、等になるのでしょうか?
もしくは全額免除???

ちなみに会社からは、全額負担で請求がきてますが、
なんとなくスッキリしません。
どうぞ、よきアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 健康保険などの社会保険料は、月を単位として支払うことになります。

育児休暇の場合には、本人から申し出のあった日の属する月から、育児休業の終了する日の翌日の属する月までが、免除になります。
 2月分の給料から2月分の社会保険料を支払うのであれば、免除になりますが、1月分の社会保険料の支払いの場合には全額負担となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。
的を得たお答えに、とてもスッキリしました!!!
本当に有難うございました!
とても助かりました!!

お礼日時:2002/03/30 00:27

社会保険料(健康保険・厚生年金)や雇用保険料は、月単位で納めますから、日割りという計算はありません。



なを、雇用保険料は、その月の分をその月の給料から控除されますが、社会保険料は後払いになっていますから、2月の給料から控除それるのは、1月分となっています。

2月から育児休暇であれば、3月分の給料からの控除分が免除になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なお答え、とても参考になりました!
本当に有難うございました。
3月分の給料から控除になるはずなのになっていなかったので、どうしてなのか自信を持って聞けます!
本当に助かりました。有難うございました!!

お礼日時:2002/03/30 00:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育児休暇中、免除される税金は、本当に免除してもらった方がいいの?

育児休暇中、免除される税金は、本当に免除してもらった方がいいの?

育児休暇中、厚生年金保険料など、いくつかの税金の支払いが免除になりますよね?あれは免除してもらった方が良いのでしょうか?

2年後度前に育児休暇を取得し、その際免除申請をし、支払いを免除頂いたのですが、厚生年金保険料は払っておいた方が良かったのかもしれないと考えています。(支払い期間が短くなってしまうので)

この辺の記憶は不確かですが、年金は3年前までならさかのぼって収めることが出来た気が・・・
もし支払っていた方がよく、今からでも間に合うのであれば支払おうかと思っています。

出来ればこの辺に精通されている方からもご意見頂けると助かります。

Aベストアンサー

>厚生年金保険料など、いくつかの税金の支払いが免除になりますよね…

厚生年金保険料は「税金」ではありませんけど。

「いくつかの」って、何と何を念頭に置いておられるのかよく分かりませんが、育児休暇だけを理由に免除される「税金」はありません。
もちろん、無給あるいは減給になることによって、所得税や翌年の住民税が軽減あるいはゼロになることもありますが、それは育児休暇だからによるのではなく、所得が減るからです。

>あれは免除してもらった方が良いのでしょうか…

厚生年金保険料に限って言うなら、将来もらえる年金額に影響しますので、免除が良いか払った方が良いかは、個々人の考え方次第になります。
何十年も先にもらう額が少し少なくなるだけなら、今の現金支出を抑えることを優先するのも一つの選択肢です。

Q育児休暇取得中の住宅ローン減税について

昨年、マンションを私名義(主人と共働きですが、100%私名義です。)で購入したのですが、
その後すぐに産休、育休に入りました。
2011年3月  マンション購入
2011年4月~ 産休・育休
2012年5月  職場復帰予定

住宅ローン減税はどのようになるのでしょうか?
また、もし今年の住宅ローン減税が対象で無いのでしたら、10年が9年になるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 住宅ローン減税で税額控除を受けることができるかどうかは別として、制度の適用を今後も受けるためには確定申告の手続きが必要です。
 お手数ですが、一度国税庁ホームページのタックスアンサー「No.1213 住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)」ご覧いただき、ご住所を管轄する税務署にご相談され早めに手続き(申告)をされた方が良いと思います。一般的な確定申告は2月16日からですが、本件に関する相談・申告は今でOKですし、今の方が税務署も忙しくないので丁寧に対応していただけると思います。

 なお、減税分の税金の還付の有無、有る場合の還付額がだれだけになるかは2011年の所得がどれだけかによります。ご質問者がサラリーマンであればお勤め先から2011年分の源泉徴収票が送られてきていると思います。そこに源泉徴収税額が記載されていれば税金の還付されると思いますし、さらに、場合によっては住民税額の減額も期待できます。

 また、住宅ローン減税制度の控除期間は定められているとおりです。残念ですが、控除がなかったから延長はしてもらえません。

Q国民健康保険料と年金を全額払ったので、控除等で取り戻せますか?

昨年6月に5年勤めた会社を退職し、今年2月に再就職しました。
失業期間中、国民健康保険料3万円強と国民年金1万4千円を毎月コツコツとおさめました。当然、失業手当はほとんど納税で消えました。

確定申告や何かで、こうした納税に対する控除や還付金はあるのでしょうか?
そもそも、確定申告が必要かどうかもよく分からないのですが…。
いま、また働き始めて社会保険には加入していますが、失業中の自分の納税にまで会社には質問できません。
税金初心者なので初級レベルで教えていただけますか?

Aベストアンサー

昨年1~6月までの源泉徴収票があれば(無ければ会社に請求)源泉徴収された所得税の範囲で還付される場合があります。
下記で試算して下さい プリント・アウトすれば、そのまま提出書類となります
 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
  (申告書Aで)
 健康保険料、年金は就業期間と失業期間の合計で
 失業手当(失業保険)は所得(収入)には含まれません
 

Q相続について、一時的に全額相続します。

母が亡くなり、相続するのは、姉妹2人です。実家の家屋(2千万円以内)と保険、預金などの現金を4千万円ほどを訳あって私名義に全額を集めることになりました。基礎控除額以内なので税金は掛からないと思うのですが、おそらく、2,3年後に現金は折半する予定です。

それと、実家の家屋はフランチャイズ店舗付きで毎月の収入が私宛に入ります。年間350万円程度の収入になります。この利益についても、次の契約時に姉と分ける事になるのですが、現在は全てが私宛に所得として入金されています。

この状況で、かかる税金や注意するべきことを教えていただけませんか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<おそらく、2,3年後に現金は折半する予定です。
この時点で相続税より割高な贈与税がかかります。

<現在は全てが私宛に所得として入金されています。
これも贈与税の対象です。

一旦あなた名義になったものを 他の人(妹であるおうとなかろうと)に 与えると贈与税がかかってきます。
なので 相続の時に 分けておくのが賢明です。
税金対策です。
ご注意くださいね。

Q平成23年は30万円以内を全額経費計上出きますか?

平成23年は30万円以内の固定資産を全額経費計上出来ますか?
30万以下のパソコンを一括経費にしたいのです。

いろいろしらべたのですが、平成20年までと書いてあったり、わかりませんでした。

Aベストアンサー

青色申告の承認を受けている方なら、一定の要件の下に可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報