電車内で痴漢に遭い、警察に行ったのですが「程度の軽い」痴漢ということと痴漢が初犯であること、犯行を認めていること、会社にばれないように等の事柄から告訴はしない方がよいという方向になってしまい、結局一筆書いただけで終わってしまいました。この場合私が取れる行動はどのようなものがあったのでしょうか?また、した方がよかったことなどあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

相手の身元がわからないと、慰謝料の請求もできませんので、警察に聞く必要があります。

警察の方で、事件にならなかったので、公表しないといわれたら、告訴ということをちらつかせるのもいいでしょう。告訴となりましたら、彼等の仕事の量が増えますのでしぶしぶ、公表すると思います。警察の方でも、副次的に犯罪(恐喝など)を防止するために、弁護士にしか、公表できないといわれるかもしれません。そのときは、慰謝料の大部分は弁護士に行くものと思ってください。

参考URL:http://ekimae.toshiba.co.jp/c57/law/l00725.html
    • good
    • 0

 彼の責任追及には刑事、民亊の2方面がありますが、刑事については、告訴したところで、検察官は、他の同種の事案との比較考量上、「程度の軽い」ならば起訴猶予となるでしょう。

検察審査会の制度がありますが、重大な事実誤認がなければ、起訴は困難です。
 民亊につきましては、今からでも慰謝料の請求はできます。ただ、気をつけていただくことは、陰でしますと、恐喝罪にも該当することがありますので、弁護士などの法律家の助言を得てから行ってください。お金目当てならば、期待できませんが、相手は、いい薬になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

慰謝料の請求ということですが、私は相手の電話番号や住所、名前など明らかにされていないのですが。警察に問い合わせれば教えてもらえるのでしょうか?

お礼日時:2001/01/02 02:20

警察での事情聴取がどの程度であったかはわかりませんが、告訴するには相当の覚悟が必要であることは確かであると思います。

確かに、痴漢は女性にとって最大の敵であることは否めません。しかし、告訴するということとなると、どこでどのようなかんじで痴漢をされたのかということを具体的に法廷で明らかにしなければなりません。法廷でということは、人前でということになります。
 私の知り合いも痴漢を捕まえて警察に行きましたが、事情聴取が非常に嫌なものであったといっていました。そうした覚悟があれば告訴してもよかったのではないでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。私が告訴にとまどったのもやはりそれが大きかったと思います。女の人に説明するならまだいいのですが男ということになるとどうしても拒否感がありすますよね。そうするとやはり「痴漢の程度」もかかわってくるのかもしれないですね。

お礼日時:2001/01/02 02:18

 間違いなく告訴すべきだったと思いますね。


 警察の態度は他の方がおっしゃるように、手続きが面倒だし社会的に注目を浴びる事件ではないので、こんな風になるんだと思いますよ。
 この痴漢は、恐らく犯行を繰り返すと思いますね。痴漢と勘違いされる人も実際におりますので、難しいとこですが、確信犯であれば当然社会的にも制裁を受けるべきだと思います。

この回答への補足

社会的に大きな事件ばかりが丁重な扱いをうけて、個人的な事件は乱雑・・なんておかしいですよね?
初犯だったということで今回のことで警察に記録も残ったから大丈夫だろう、と考えた私が甘かったのかもしれません。

補足日時:2001/01/02 02:11
    • good
    • 0

この場合、私も告訴すべきであったと思います。


私は、以前、JRで乗客整理のアルバイトをしていましたが、痴漢というのは、捕まると開き直るか、犯行を否定するかの2つの型に分類されていました。
 痴漢というのは、たいていの場合、常習犯である事が多いようですし、この場合も、単に、今まで捕まらなかっただけだと、私は思います。
 貴方様の場合、会社に知られたくないという世間体を
気になさった事と、警察の勧告で告訴をしなかったのであろうと思いますが、痴漢にあったのは、別に、貴方様が悪いわけではありませんし(中には、痴漢にあう女性の側にも
隙があるからだと、馬鹿な意見を言う連中も居ますが。)、警察の方も、おそらく手続きが面倒であるので、
告訴しない方が良いと、言ったのであろうと思います。
 それに、痴漢の場合、痴漢にあった女性は、恐怖を感じているのは間違いないので、暴行罪が、成立すると思います。
(暴行罪は、極めて簡単に申しますと、された本人が、恐怖を感じれば成立するのです。)
 貴方様の場合、一筆書いたという事ですが、書いた一筆というのが、どのような内容にものかを、存じませんので、これ以上の事は書けませんが、痴漢は、親告罪ですので、やられた本人が「痴漢にあった」と言わない限り、痴漢は、無罪放免となってしまいます。
 やられた貴方様には、大変きついようですが、今後、
このような事に遭遇した場合は、断固として相手を追及して下さい。裁判にでもなれば、確かに、貴方様が法廷にたたねばならない事にもなりかねませんが、場合によっては、裁判公開の原則が適用されずに、公開しないで裁判出来る事も覚えておかれると良いと思います。
 私の書いたこのような事が、貴方様のお役にたてば、
幸いです。

この回答への補足

どうもありがとうございます。

言葉が足りなかったのですが、会社のことについて警察から言われたのは痴漢自身のことについてでした。ですから、警察としては被害者のわたしより痴漢の世間体を気にしたのではないでしょうか。取り調べをした警官も男であり、「軽いから」「服の上からだから」みたいなことを言われてとてもショックでした。しかもあなたの教えてくれたような「暴行罪」のことなどなにも聞かされていませんでした。日本の法律は、警察は国民を守るものではないのでしょうか?とあらためて悲しく思いました。

補足日時:2001/01/02 02:06
    • good
    • 0

例え、相手が初犯で、程度が軽く、勤務先のことで、告訴しなかったとの事ですが、告訴すべきだった。

と私は思います。
初犯とはいえ、たまたま捕まらなかっただけで、痴漢行為を何回もしていたと思います。
 痴漢行為の代償(会社のクビも含めて)を身をもって知らしめる必要がありました。
また警察の態度ですが、事件にすると後が面倒だから始末書で済ませようとしたのではないですか。
 それにしても、最近の警察のサラリーマン化による事なかれ主義が気になります。

この回答への補足

言葉が足りなかったようなので。
勤務先のことについては痴漢自身のことです、不動産関係らしいのですがもし痴漢がばれた時このご時世だから再就職もむずかしい・・などということを警察から聞かされました。ですから私としては被害者より加害者をかばうのか!と思ったんです。

補足日時:2001/01/02 02:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q迷惑防止条例の被害届けの結果報告は来るか?

迷惑防止条例の被害届けの結果報告は来るか?

・質問1
迷惑防止条例で、被害届けを警察に提出した場合、
後日、加害者が、起訴されて有罪になった場合、
被害届けを出した被害者には、
「起訴になったか、不起訴になったかの報告」は来ますか?


・質問2(質問1と多少重複します)
被害届けを出した人物は、被害にあい、警察に被害届けを出した日以降に
どこかから、何か、連絡は来ますか?
(警察から事件の結果報告がくる。検察から事件の結果報告が来る。など)



・質問3
被害者は、加害者の「氏名、住所」などを知ることができますか?


検索しても、見つかりませんでしたので
質問いたします。

Aベストアンサー

1.被害届による迷惑防止条例違反なら被害者にも聴取が必要ですから、起訴時には必ず連絡がいくはずです。
起訴された場合には被害者として法廷で証言をしなければいけません。

2.少なくとも起訴された場合には必ず連絡が来ます。
起訴されなくても示談のことなどありますから普通は連絡が来ますが、
事件の内容によっては来ない可能性もあります。

3.出来ます。

Q嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね? では、嘘の被害届を出されたら

嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね?
では、嘘の被害届を出されたら、その相手を・・・
詳しい方、教えてください。
ちなみに、民事の面では、同じですか?

Aベストアンサー

嘘の被害届でも、虚偽告訴の罪にはなります。
しかし、それでの告訴には「相手の告訴が嘘」「相手の被害届が嘘」ということを、客観的な証拠で証明しないとなりません。

民事でも同じで、民事訴訟で訴えた側は「原告」ということになりますが、その原告には「原告立証責任」という規則があります。
訴えた内容を、証拠・証人等で証明しなければならない「義務」があります。
これができなければ、裁判官もその訴えた内容を認めることはありません。

Q迷惑防止条例について教えて下さい。

結婚を考えている彼の両親ともめています。
私の実家、姉の嫁ぎ先へ5年以上にわたり手紙を
送り続けられたり、一方的な電話をされています。
私の母校に行かれた事もあります。

迷惑防止条例に当たらないか、今調べている所です。

迷惑防止条例を調べるにあたり、分からない点があったので
質問させて下さい。
彼の両親はH県在住です。
私と、彼はA県在住。
私の両親と姉の嫁ぎ先は、M県です。
その場合、何県の迷惑防止条例で調べれば良いのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.houterasu.or.jp/

何県の迷惑防止条例かというより、
質問者さんの場合は上記の専門家サイトにお聞きになることを
お勧めします。
それが一番早いです。

Q痴漢を告訴したら・・・?

先日痴漢被害に会いました、服の上から触るだけでなくこちらが驚いて声も上げられないのをいいことに服の中にまで手を入れてきました
駅に着いたところで駅員さんにいい、捕まえて頂きました
警察にて事情を説明したところ「強制猥褻」にあたるとのこと。触られている間中、悔しくて悲しくて本当に犯人が許せず告訴して貰いました
ただ、法律などさっぱりわからず不安です

刑事告訴した場合、私自身はなにをしなければならないのでしょうか?
なにか費用は必要でしょうか?
なにもわからない状態です、過去ログを読みましたが具体的な内容まで載っていなかったのでどなたか教えてください

Aベストアンサー

この様な卑劣な人間には告訴は当然の事と思います。
今後のあなたの対応については、刑事事件としての対応と民事事件としての対応の2つが必要となります。

刑事事件としては、「告訴」をしているとのことなので、取り下げない限りは加害者は起訴されることになるでしょう。
今後あなたがやらなければいけないのは、次のことがあります。
・警察や検察から、さらに補充捜査の必要がある場合などは出頭要請がありますので、それに応じる。
・加害者が否認した場合や、あなたの被害者調書と加害者の供述に矛盾がある場合は、現場検証もあり得るので、その場合は積極的に協力に応じる。
・他の方の回答通り起訴されて公判になった場合には、証人として法定に呼び出される。その場合、相手側弁護士からは相当突っ込んだ尋問を受けるので、毅然とした態度で事実のみを簡潔に証言することが必要です。あなたの証言に事実認定や量刑がかかっているので、時にはあなたの人格を傷つけたり、侮辱するような尋問を受けることがありますが、相手側はあなたを動揺させて、矛盾した証言や優柔不断な証言をさせて、証拠能力を疑わせるように誘導してくることが予想されますので、相手側弁護人のどんな失礼な言動にも動揺せず(ただの作戦なんだなと思いこんで)毅然と事実のみを証言することが必要となります。
その後判決が言い渡されますが、相手の前歴やあなたへの被害弁償にもよりますが、初犯の場合であなたと示談が成立した場合は、おそらく罰金刑となるでしょう。
もしあなたが厳罰を望んでいるのであれば、示談に一切応じないのも一つの方法です。

次に民事としてですが、相手が示談を成立させて告訴の取り下げをして欲しいと思っているのであれば、そのうち示談の申し入れがあるはずなので、あなたの意志で応じるかどうかを決めれば良いでしょう。
慰謝料の請求は、もちろん判決後でも可能ですが、あなたにとっても起訴前の方が有利な条件で示談できます。
初犯で示談が成立した場合には、起訴猶予となることもありますので、起訴前の方があなたとしても強気で交渉が可能です。十分な額を主張して応じてあげるのも方法ですが、最終的に示談書に署名捺印したり告訴を取り下げる場合は現金と引き替えにすべきでしょう。
尚、示談金を少しでも安くあげるのも弁護士の仕事なので、申し入れ金額にもよりますが当初は相手側の申し入れ金額の倍額くらいは主張すべきで、最終的には2~3割増しくらいで合意してあげればいかがでしょうか。

また後払いの約束だと、告訴取り下げ後や起訴猶予決定、または判決後に平気で支払約束を反故にする者も多いので注意が必要です。(告訴は一旦取り下げると最告訴はできませんので注意が必要です)
起訴後の示談の際は加害者の刑を軽くするための嘆願書に署名を求められることもありますので、あなたご自身の考えで慎重に判断して下さい。

この様な卑劣な人間には告訴は当然の事と思います。
今後のあなたの対応については、刑事事件としての対応と民事事件としての対応の2つが必要となります。

刑事事件としては、「告訴」をしているとのことなので、取り下げない限りは加害者は起訴されることになるでしょう。
今後あなたがやらなければいけないのは、次のことがあります。
・警察や検察から、さらに補充捜査の必要がある場合などは出頭要請がありますので、それに応じる。
・加害者が否認した場合や、あなたの被害者調書と加害者の供述に矛盾...続きを読む

Q迷惑防止条例と刑法の差はどこ?

電車内で痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われた元早大大学院教授がいました

これは条例違反での逮捕でしたが、同じ痴漢でも刑法違反で逮捕されるのとどこが違うのでしょうか?
どこまでが条例違反でどこからが刑法違反なのでしょうか?

またなぜこのような卑劣な犯罪が刑法犯とされないのでしょうか?

Aベストアンサー

女の人のどこをおさわりしたかはわかりませんが
「暴行又は脅迫を用いて」ないからでしょう。

また車内であっても他人に気づかれる
「公然」性もなかったのでしょう。

Q痴漢に遭いました。

満員電車の中に乗っていたら、50代のオジサンが、Gパンのジッパーを下げて股間を揉んできました。ボクサーパンツの中にも手をいれ、
『気持ちいい?』などと聞かれ、タンクトップの脇のところから、
胸や乳首を触り、『胸板厚いね』などと言ってきました。それを15分くらい続け、腋のにおいを嗅いできました。

怖くて逃げましたが、もう電車に乗れません。
訴えられるでしょうか?ちなみに高校3年の男です。

Aベストアンサー

相手の名前、住所、遭遇した日時がはっきりしているならあるいは?

が、現行犯で捕まえないときびしいですよ。
他にも目撃者がいて協力してくれないと・・・

最後に、、訴訟を起こす費用はありますか?
お金払ってそいつをぶち込んでも、まずあなたにはお金が
帰ってきませんよ。

Q東京都迷惑防止条例

東京都迷惑防止条例の全文を読んでみたいのですが、アマゾンの検索、グーグルの検索でも出てきません。どういう本に載っているのですか。

Aベストアンサー

正式名称は「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」のようです。
東京都のHPで見ることができます。

参考URL:http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_menu.html

Q彼女が痴漢に遭いました。

私の彼女が飲食店のトイレで胸を触られました。彼女はその場で泣き崩れ犯人はその場で捕まりました。
目撃者もいて、始めはゴメンゴメンと言って容疑を認めていましたが、警察がきて署に行ったとたん容疑を否定し完全黙秘し始めました。被害届は出しましたが被害者よりも先に犯人が帰宅していると知り意味が分かりません。
こんな状況で事件としてちゃんと扱ってもらえるのでしょうか?
このまま犯人が何も話さなかったら泣き寝入りするしかないんでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

処罰してほしいなら、被害届ではなく、きっちり告訴状を出してはいかがでしょうか。
よく言われるように捜査の義務が発生するため、ちゃんと逮捕されることになります。
目撃者まで居るなら、真面目な所であれば受理されにくいということも無いと思います。
否認されているということでしたら拘留期間も増えますので、普通の社会人であれば
社会的に抹殺されることになってそれなりに痛い目をみせることも出来ると思います

Q迷惑防止条例違反。

法律についていろいろと調べており、疑問に思ったことを質問します。迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?
また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?
もし、訴える意志を示さなければ起訴されない場合、二年以上経過してから訴える意志を示したとすれば、犯人は起訴されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は、行為を罰する法律ですから、被害者の訴える意志には無関係です。たとえば品川駅のエスカレータで女子高生のスカートを手鏡で覗いた某大学教授は、女子高生の意思とは無関係に逮捕、勾留、起訴されています。

>また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?

迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証できるのが、唯一被害者だけであるという場合があり、またこういう場合が非常に多いのが現実でしょう。

そうすると被害者が訴える意志を示さなかった場合は、迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証することは事実上不可能で、刑事裁判を起こしても無駄になりますから、起訴されないことになります。

たとえば、他人のお風呂をのぞき見した犯人がいたとします。これをパトロール中の警官が見つければ、被害者の意思は無関係に起訴されます。その被害者家族が警察に通報した場合には、被害者の意思が、結果として起訴・不起訴を左右することになるでしょう。しかし、たとえこの場合であっても、ほかにも被害者が多数いれば、検察の判断は変わるでしょう。

>もし、訴える意志を示さなければ起訴されない場合、二年以上経過してから訴える意志を示したとすれば、犯人は起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は普通は時効を定めていませんから、法理論上は「二年以上経過」は無関係です。

しかし本質は、迷惑防止条例違反として立件できるかどうかであって、禁止行為を明白に行っている犯人の顔がはっきりわかる写真があるなど、非常に特殊な場合でないと、検察は起訴はしないでしょう。被害者の申し立てだけでは立件は非常に難しく、起訴しても「疑わしきは罰せず」の原則で無罪となるからでしょう。

ただし2年間被害届けとか告訴をしなかった十分な理由があり、捜査すれば容易に証拠・証人も十分揃えられそうなら話は変わるでしょう。この場合はケースバイケースということです

>迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は、行為を罰する法律ですから、被害者の訴える意志には無関係です。たとえば品川駅のエスカレータで女子高生のスカートを手鏡で覗いた某大学教授は、女子高生の意思とは無関係に逮捕、勾留、起訴されています。

>また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?

迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証できるのが、唯一被害者だけであるという場合があり、またこうい...続きを読む

Q痴漢に遭いました 相手がそのまま釈放が許せません

はじめまして。

数日前、23日に痴漢に遭い、捕まえて警察へ突き出しました。
友達との予定もあったのですが、一度キャンセルし、被害届をだし、調書をとりました。

昨日警察へ再度行き、当時着ていたスカートや下着を出して欲しいといわれ、鑑定品として提出させられました。

ここまでさせられて、犯人は認めているから釈放。後日罪が決まる。
おそらく罰金と伺いました。

相手本人にはもちろん会いたくありませんが、せめて親御様とかに謝罪をして欲しいのと、慰謝料を請求したいと思っています。
乗っていた電車はこの先も使うもので、また同じ人間に遭遇するかもしれない、と思うと気になって仕方ありません。

警察に問い合わせると、相手の連絡先は教えない、とのこと。なので、こちらの携帯の番号を教えて連絡させて欲しいと伝えたところ、裁判で本当に犯人だと決まってから伝えることはできる、とのこと。
でも相手がちゃんと連絡をしてくるか、分からないですよね。
ひとまず私を担当した女性の刑事さんに謝罪が欲しいという旨は伝えていただき、回答を待っているところなのですが、やはり弁護士をお願いしないとそういった情報(相手の連絡先など)は伺えないのでしょうか。
できるだけ費用なども考えて抑えて進めていきたいと考えています。
詳しい方がいらっしゃいましたら是非お力を貸してください。

はじめまして。

数日前、23日に痴漢に遭い、捕まえて警察へ突き出しました。
友達との予定もあったのですが、一度キャンセルし、被害届をだし、調書をとりました。

昨日警察へ再度行き、当時着ていたスカートや下着を出して欲しいといわれ、鑑定品として提出させられました。

ここまでさせられて、犯人は認めているから釈放。後日罪が決まる。
おそらく罰金と伺いました。

相手本人にはもちろん会いたくありませんが、せめて親御様とかに謝罪をして欲しいのと、慰謝料を請求したいと思っています。
...続きを読む

Aベストアンサー

起訴されるにあたっては、弁護士をつけるか否かは容疑者次第でしょう。

謝罪の言葉が欲しい、慰謝料も欲しい、というのは当然ですが、両方共に「民事事件」になります。

警察では刑事事件を扱うので(民事不介入)謝罪を強要できません。

被害者に対して全く謝罪の気がないなら、罰が重くなる可能性がありますので、仮に弁護士がついたら「形だけでも謝罪をするように」あるいは「慰謝料についての支払を済ますように(示談をするということです)」と薦めると思います。
きっとその段階で貴方に謝罪をしてくると思います。

相手の連絡先を突き詰めるより、相手が連絡してくるのを待ちましょう。あなたは被害者なのですから。

刑罰を決定するにあたり、被害者には謝罪し、慰謝料の支払も済んでいるというのと、全く反省がなく、慰謝料の支払などとんでもないと本人が考えてるというのでは、刑量に差がでるのが裁判官です。

刑が確定するまでに、おそらくあなたになんらかのアクションが弁護士からされると思います。それを待つしかないでしょう。

それまでは、「厳しい処分をお願いします」と検察に一筆書いて送り付けましょう。

なお本人が成人なら、親が貴方に謝罪してくる理由がありません。
親ならしてくるのが当たり前なのでしょうが、本人が親に言ってないなら親も知らないわけです。でも、警察沙汰になるわけですから、それもおかしいですが。親が謝罪に来ないと言ってイライラしてるのは損です。

貴方が行動するなら、警察ではなく検察です。
そして慰謝料については「頭にきた」という理由でなく、合理的な理由のつく金額にしておくべきです。
これを機にお小遣いを稼ごうという気持ちがあるのでは、と思われてしまっては、本意が伝わりません。

キャンセルした予定を再び行う費用、被害の日から本人が謝罪に来た日まで、とにかく精神不安定で何も手につかなかった事から1日いくらの請求、迷惑料として10万円というように、計算根拠を出して加算していけばいいでしょう。

あと、犯人と話をしたりする機会があったら、痴漢が罰金を支払った後に、あなたの周りをウロウロしなくなるよう釘をさしておきましょう。

「今後、私や家族、私の友人知人におかしな電話が入ったり、尾行されたり、家の周りをうろうろされたという情報があったら、真っ先に貴方の仕業だと警察に連絡します。毎日、いつ何処でなにをしてたか身を潔白にしておいた方がいいでしょうね」

起訴されるにあたっては、弁護士をつけるか否かは容疑者次第でしょう。

謝罪の言葉が欲しい、慰謝料も欲しい、というのは当然ですが、両方共に「民事事件」になります。

警察では刑事事件を扱うので(民事不介入)謝罪を強要できません。

被害者に対して全く謝罪の気がないなら、罰が重くなる可能性がありますので、仮に弁護士がついたら「形だけでも謝罪をするように」あるいは「慰謝料についての支払を済ますように(示談をするということです)」と薦めると思います。
きっとその段階で貴方に謝罪を...続きを読む


人気Q&Aランキング