細菌やウイルス等の感染症の原因となる生物の遺伝子を検出して診断する診断法の市場について、知っていることがありましたら教えて下さい。
特にアメリカでどんな項目にどの程度のシェアと市場があるのかを知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

市場のことですが、医療関係の他にも警察関係が利用することがあります。



一般病院では結核菌の同定が多いでしょうか。以前の培養による検査よりも短期間で結果が出るとあって、普及しています(外注になることが多いですが)。あとは保健所などが、病原菌のプロファイリングに利用したりします(最近では O-157事件が有名です)。

ちょっと外れるとは思いますが、警察関係では現場の体液や毛髪から遺伝子を増幅し(PCR法)て、犯人特定に役立てることがあります。

アメリカでは・・・ごめんなさい、わかりません。
    • good
    • 0

以下の成書から探されては如何でしょうか(遺伝子診断薬以外も含まれているようですが・・・?、内容未確認)


----------------------------
1.臨床検査メーカー要覧/1999/富士経済/1999.10 
2.診断薬事業の再構築/富士経済/1999.6 
3.体外診断用医薬品取扱い指針/体外診断用医薬品審査…[他]/薬業時報社/1999.10 
4.体外診断用医薬品集/1999 …/日本臨床検査薬協会/薬事日報社/1999.6 
5.Spot検査市場/1999/富士経済/1999.1 
6.診断薬市場・サバイバル/1998/富士経済/1998.11 
7.臨床検査薬情報担当者研修テキスト/2/河合忠[他]/薬事日報社/1998.9 
8.臨床検査薬情報担当者研修テキスト/1/厚生省健康政策局薬事…[他]/薬業時報社/1998.11 
9.体外診断用(インビトロ)放射性医薬品資料集/平成10年…/日本アイソトープ協会…/日本アイソトープ協会…/1998.5 
10.特殊検査市場/1998/富士経済/1998.411.体外診断用医薬品集/1997/日本臨床検査薬協会/薬事日報社/1997.7 
12.体外診断用医薬品原料規格/1997/薬業時報社/1997.11 
13.臨床検査メーカー要覧/1997/富士経済/1997.9 
14.臨床検査の市場構造/富士経済/1997.7 
15.イムノアッセイ市場/1997/富士経済/1997.1 
18.バイオ・検査薬と機器の技術/シーエムシー/1996.10 
19.体外診断用医薬品取扱い指針/日本臨床検査薬協会/薬業時報社/1996.6 
20.先端マーカー市場/1996/富士経済/1996.5 
21.体外診断用(インビトロ)放射性医薬品資料集/平成7年1…/日本アイソトープ協会…/日本アイソトープ協会…/1996.3 
22.診断薬R&D総覧/1995/富士経済/1995.6 
------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい回答をありがとうございました。
その他の情報がさらにありましたら、書き込みの方よろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/06 01:36

遺伝子検査の事ですね。

結核などでやられるもので、日本でも一般的です。少量のDNAを増幅させるため、少しの検体で診断が出来ます。しかし、これのみで決定するものではなく、従来の塗抹、培養検査をし、総合的に判断します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDNAのA=C,T=Gの組み合わせはなぜ無いのか?

生物学を勉強しているのですが、DNAの構造はアデンとチミン、グアニンとシトシンの組み合わせがあると教わりました。なぜ4つあるのにアデンとシトシン、チミンとグアニンといった他の組み合わせが出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

塩基の分子構造から、それぞれAとT、GとCが水素結合という結合で
引きあうことができるのに対して、他の組み合わせでは、うまく合わないのです。
ただし、AとGは、弱いながらも引きあいます。といっても、AとTやCとGよりは
ずっと弱いので、それらの組み合わせには大差で負けてしまいますが。

参考URL:http://www.chem-station.com/yukitopics/dna.htm

Q遺伝子診断・出生前診断・着床前診断の違い

以前別のことについて、質問しましたが、今回は、上記3つの違いを教えてください。これは受精卵の時期によって違うだけなのでしょうか?また問題点なども変わってくるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療従事者です。

まず、それぞれの用語ですが、
カバーしているものが違います。

遺伝子診断は、生殖に関わる段階のみならず、
例えば、ハンチントン舞踏病の繰返し配列の解析や、
その他疾患の原因遺伝子の検索、
薬剤に対する感受性の違いなどを検索するために行う検査・診断のことです。

それに対して、出生前診断、着床前診断は、
受精卵~胎児の過程に行われる検査・診断のことです。
出生前診断は、着床前診断を含み、
羊水や絨毛細胞による染色体検査、
広く言えば、超音波による胎児の検査も含みます。
一方、着床前診断は、
体外受精によって得られた受精卵が、
およそ8細胞に分裂した段階で、分割した一つの細胞を取り出し、
その遺伝子を解析するものです。
そのことによって、妊娠成立前に診断をすることが可能になります。
現在、デュシェンヌ型筋ジストロフィーなどの重篤な疾患の診断にのみ用いられていますが、
今後、習慣性流産の診断などにも用いられる可能性があります。

ご参考まで。

Qプレゼンの素材探しています。(二重螺旋構造)

プレゼンようにきれいなスパイラルもしくは、DNAの二重螺旋構造をイメージしたPower Pointで使えるクリップアートを探しています。PPTに貼り付けるので出来るだけきれいなものを探しています。急いでいますので、何方か助けて下さい。

Aベストアンサー

googleのimage(イメージ)で検索してみると

Double helixで検索結果
http://images.google.co.jp/images?q=Double%20helix&hl=en&lr=&c2coff=1&safe=off&sa=N&tab=wi

spiralで検索結果
http://images.google.co.jp/images?q=spiral&hl=en&lr=&c2coff=1&safe=off&sa=N&tab=wi

でした。

Q診断ミスと知らず1年半通院していた病気について。

間違えて「取り消し」してしまいました。
改めて質問します。申し訳ありません。

先月の事です。
79才の父が1年半通院していたY皮膚科での話しです。

胸の乳首の周辺が痒みを伴う皮膚炎のようになり通院していました。
ところが1年経っても治らず段々出血や化膿したように汁が出てくるので同居している家族が病院へ聞きに行きました。
でも、ただの皮膚炎だと言い、しかも
「自分の診断に間違いはない」と塗り薬を渡すだけでした。
それから半年経っても治るどころかもっとジュクジュクとなってきたので、医者に別の病気かもしれないから検査をしたいと相談しました。
ネットで「ベージェット病」と言うのを見てそれも言って見ました。

医者は
「ベージェット?何?それは??どこで診断しても同じだ。どうしてもしたいならN総合病院でもK病院でも知り合いはいるから紹介状を出してあげる。でも絶対に同じだからね」と言いました。


早速、紹介されたN総合病院へ行き診断してもらいました。
「これはベージェット病か乳がんだね。すぐに検査をして、手術になるよ。何でこんなになるまでおいたの?」
皮膚科で塗り薬を出されて塗っていたと話すと
「ここに塗ってはダメだよ」

結局は検査の結果は乳がんでした。
皮膚だけの時なら簡単に切り取るだけで済んだのですが、長く放置した形だったので腫瘍がリンパに転移し乳首の周囲にも悪性腫瘍となっていました。
年齢が高齢だったおかげで進行が遅かったのが幸いして手術をしてリンパと胸の一部を切り取る事になりました。

ここで、思ったのは皮膚科は何故1年半も診察していてわからなかったのでしょうか?
紹介された医師は一目見て診断しました。
それが急に皮膚炎から乳がんに変わるものでしょうか?


これは診断ミスですよね?
しかも、手術して集中治療室から一般病室になった時は、何故か綺麗な個室でした。
差額ベッド代を心配して大部屋を希望していました。
それも個室は無料だと言われました。
空いてるから無料で入れるとは思えません。


何かあるのでしょうか?

これはどう考え、どう対応すればよいでしょうか?

もし、誤診をずっとしていた皮膚科と関わりのあることなら、なおさら謝罪はないのでしょうか?
まさか手術入院、その後のリハビリ、生活環境の変化が個室だけで謝罪がすんだと思われてるのでしょうか?
これがもし20歳30歳の若さなら進行は早く、末期になっていた可能性だってあるわけですよね?



すいません。身内の事なので感情的になっているのかもしれません。
でもどうしても納得がいかなくて。ただ怒るだけでは腹が立って終わるのではないかと思い、他の方の意見を聞いてみたくて質問させていただきました。
よろしくお願いします。

間違えて「取り消し」してしまいました。
改めて質問します。申し訳ありません。

先月の事です。
79才の父が1年半通院していたY皮膚科での話しです。

胸の乳首の周辺が痒みを伴う皮膚炎のようになり通院していました。
ところが1年経っても治らず段々出血や化膿したように汁が出てくるので同居している家族が病院へ聞きに行きました。
でも、ただの皮膚炎だと言い、しかも
「自分の診断に間違いはない」と塗り薬を渡すだけでした。
それから半年経っても治るどころかもっとジュクジュクとなってきたので、...続きを読む

Aベストアンサー

紹介状を持っての患者に対して、紹介元になった病院へ経過報告した際に、何らかの指示が出されたんでしょうね。

落ち着いた頃、皮膚科の医師のもとを訪ね、事情をお話しされるといいですね。

必ず聞いている事ですが、しらばっくれるかもしれません。

とりあえず、誤診した病院が大きい所ならば、相談窓口へ説明しましょう。

個人病院なら医師本人に文句言いましょう。

Q{d∫(a~x)f(t)g(t)dt}/dxの導関数

aを定数として、
{d ∫(a~x)f(t)dt}/dx は、
∫(a~x)f(t)dt = F(x)-F(a)より
{d ∫(a~x)f(t)dt}/dx = dF(x)/dx-dF(a)/dx
             =f(x)
となるのは分かるんですけど、
{d ∫(a~x)f(t)g(t)dt}/dx は h(t)=f(t)g(t)とおいて
{d ∫(a~x)h(t)dt}/dx = h(t) = f(t)g(t) とやっていいんですか?

Aベストアンサー

いいんじゃないですか?
ただ、{d ∫(a~x)h(t)dt}/dx = h(x) = f(x)g(x)だと思いますけど。 

Q死亡診断、および診断書記載について

うちの親がそう遠くないうちに亡くなります。いまは特養に長期入所中で、その場で看取って頂くつもりです。ただ、同所は現役を引退された老齢の嘱託医が1人おられるだけで、夜勤帯、土日は看護師もおりません。そこで質問ですが、日勤帯は多分大丈夫なのですが、嘱託医のいない時間帯に(結構なお年で、夜間、休日の呼び出しなどがあまりままならないようなのです)、私の兄弟に医者がおりますので、その者を呼び出して、看取ってもらい(死亡宣告、診断です)、死亡診断書を書いてもらう事は可能なのでしょうか?その特養と契約していない医師が身内に対してこのような事ができるのか、法的に問題はないのでしょうか?お教え願いたいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医者であれば死亡診断書を書くことはできます。 診療中でない場合(生前に死亡の原因となった疾病を診察したことがない場合)は死体検案書を書くことになっています。 瞬間を看取った場合は診察を行ったとも考えられますが、診察した場合は診療録に記載しなくてはいけなくなりますので、勤務先の診療録をつくり往診したことにしなくてはいけません。 開業医なら勝手にやることはできますが勤務医の場合は勤め先の許可が無いとできません。 

あとは、特養が良いと言えば問題ないと思います。
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/130-141.pdf

Qx(t+1)=A・x(t)^α/(B・x(t)-C)が定常解を持つ条件

x(t+1)=A・x(t)^α/(B・x(t)-C)が定常解を持つ条件について

A,B,Cは、定数になります(x(t)>C/Bとします)。
α<1の定数とします。

このような場合、x(t+1)=x(t)=X
となるような定常解を持つ条件は、どのようになりますでしょうか。
大変困っています。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

これに気付け!
f(k)=Bk^2-Ck-Ak^α=k^α(Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A)について考える。ただし、k>C/Bとする。
f(k)=0ということはk^α=0になるかBk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0になるかいずれかである。
(1)k^α=0のとき、これはC/B<0かつ0<α<1のときでしかk^α=0なるkの存在性は成り立たない。(各自なぜそうなるか確かめよ)
(2)Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0の場合を考える。
ここでg(k)=Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-AとおくとC/B≧0ならばAB>0でなければいけない。逆にC/B<0ならば
g'(k)=k^(-α){B(2-α)k-C}でk=c/B(2-α)のときはg'(k)=0でg(k)は極値を持っている。(本当は
厳密に示さんといけないが、ここでは省略。)
そしてB>0のときg(c/B(2-α))<0でB<0のときg(c/B(2-α))>0
すなわちB×g(c/B(2-α))<0でなくてはいけない。

よって(1)(2)合わせるとC/B≧0かつAB>0・・・・答え の場合と
C/B<0かつB×g(c/B(2-α))<0またはC/B<0かつ0<α<1・・・答え である

これに気付け!
f(k)=Bk^2-Ck-Ak^α=k^α(Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A)について考える。ただし、k>C/Bとする。
f(k)=0ということはk^α=0になるかBk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0になるかいずれかである。
(1)k^α=0のとき、これはC/B<0かつ0<α<1のときでしかk^α=0なるkの存在性は成り立たない。(各自なぜそうなるか確かめよ)
(2)Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0の場合を考える。
ここでg(k)=Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-AとおくとC/B≧0ならばAB>0でなければいけない。逆にC/B<0ならば
g'(k)=k^(-α){B(2-α)k-C}でk=c/B(2-α)のときはg'(k)=0でg(k)は極値を...続きを読む

Q肝硬変による突発性細菌性腹膜炎について。

はじめまして。
C型ウィルス肝炎(輸血による感染)から肝硬変を患い‥今年の6月6日入院先の病院で母64歳が亡くなりました。
まだ亡くなって間もないので‥母の死を受け入れることができないでいます。

先月の24日に糖尿病の治療のために入院をしました。
糖尿病は、肝硬変からきていると言われてましたが‥
既に末期の肝硬変でした。
味覚障害、黄疸、腹水、むくみ‥さまざまな症状が出ている状態でした。

自立で歩くことも辛かったようです。

入院して5日目に、
腹水穿刺を行いました。
その後‥容態が急変しはじめて、
突発性細菌性腹膜炎と診断されました。
色々な薬を投与しながら、
母も頑張っていましたが‥6月6日に眠るように息を引き取りました。

手遅れの容態になるまで‥
家庭を守るために働いていた母でしたから、
母もかなり無理をしてきたんだと思うと‥私は自分にも責任があると反省しています。

ひとつだけ納得できないことがあります。
亡くなる前日には‥
今までにないくらいの腹水(妊婦さんのようなお腹)顔がパンパンに膨れ上がり‥呼吸さえ苦しそうにしていました。
見兼ねた家族が少しでも呼吸を楽にしてあげたくて、
看護師さんに「お腹のお水を抜いてください。」とお願いしたのですが‥
あいにく日曜日のため、
担当医が休みでした。
当直医がいましたが‥担当医でないとお水を抜けないと言われました。
その代わり薬で処置をしてくれましたが‥。

あの時‥
お水を抜いていたら、
母は1日でも長く生きられたでしょうか?

お願いした次の日に亡くなったのは‥
母の体力が限界だったんだとは思いますが‥
お水を抜いていたら、
少しは変わっていたのかな?と気になったので‥
皆様のお声を聞きたく質問させていただきました。

長い文章を読んでくださいまして、
ありがとうございました。回答をよろしくお願いします。

はじめまして。
C型ウィルス肝炎(輸血による感染)から肝硬変を患い‥今年の6月6日入院先の病院で母64歳が亡くなりました。
まだ亡くなって間もないので‥母の死を受け入れることができないでいます。

先月の24日に糖尿病の治療のために入院をしました。
糖尿病は、肝硬変からきていると言われてましたが‥
既に末期の肝硬変でした。
味覚障害、黄疸、腹水、むくみ‥さまざまな症状が出ている状態でした。

自立で歩くことも辛かったようです。

入院して5日目に、
腹水穿刺を行いました。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

お母様を亡くされたことで直後でまだ気持ち的にいつらいことと思います。
肝臓は沈黙の臓器と言われているように、末期状態になるまで症状を出さないことも多いので周囲の方にとっては心の準備もできないために余計に消失感が強いと思います。

腹水を除去することでの生存期間について論じることは難しいですね。腹水を抜いて呼吸状態が改善することもありますが、腹水を抜いて循環動態が悪くなり(肝硬変の腹水は基本的に血管内の水分が腹腔内に浸みだすような形で生じるので、呼吸が楽になる程度の腹水を抜くと血管内から水分が移行して血管内脱水を生じる可能性があります。)そのままショック状態に陥ったり、穿刺部位の出血が止まらない(肝臓が末期状態になると色々な原因で血が止まりにくくなります。)こともありえます。まして特発性細菌性腹膜炎(突発性でなく特発性です。要は原因がはっきりしないという意味です。)を合併している状態はいつ急変してもおかしくない状態です。このような状態での1日単位の予後は誰にもわからないというのが実情だと思います。

お母様のことを受け入れるには時間がかかるかも知れませんが、お気をしっかり持って質問者様が今後の生活をされることを、亡くなられたお母様が一番気遣われていたと思います。

お母様を亡くされたことで直後でまだ気持ち的にいつらいことと思います。
肝臓は沈黙の臓器と言われているように、末期状態になるまで症状を出さないことも多いので周囲の方にとっては心の準備もできないために余計に消失感が強いと思います。

腹水を除去することでの生存期間について論じることは難しいですね。腹水を抜いて呼吸状態が改善することもありますが、腹水を抜いて循環動態が悪くなり(肝硬変の腹水は基本的に血管内の水分が腹腔内に浸みだすような形で生じるので、呼吸が楽になる程度の腹水を抜くと...続きを読む

Qa,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1

a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を
満たすs,tが存在するとき、x^2-(a+d)x+(ad-bc)=0
の解は、2つの異なる実数解で-1<x<1に存在することを示せ。

つぎの流れで考えました。
f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)
この(1)(2)(3)を示せればよい。
s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものがどちらも正であるから、
s(1-a-c)+t(1-b-d)>0・・・(4),-s^2c(1-a)+st{(1-a)(1-d)+bc}-t^2b(1-d)>0・・・(5)
これを満たすs,t が存在するということをどう(4)(5)に反映させるかが分からなく、ここで行き詰まりました。このあとどうすればいいのか、よろしくお願いします。

a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を
満たすs,tが存在するとき、x^2-(a+d)x+(ad-bc)=0
の解は、2つの異なる実数解で-1<x<1に存在することを示せ。

つぎの流れで考えました。
f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)
この(1)(2)(3)を示せればよい。
s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものが...続きを読む

Aベストアンサー

 質問者さんの方法に沿って考えてみると次のようになります。

>f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
>x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
> 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)

  ここはいただけません。
  この(1)~(3)は「a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を満たすs,tが存在する」ことを使わずに何を証明すれば良いのかを示しているだけですので、「(a+d)/2>0」は使わずに次のようにした方が良いです。
  f(±1)>0 ⇔ 1干(a+d)+ad-bc>0 ⇔ (1干a)(1干d)-bc>0 (複号号順) ・・・(3’)


>この(1)(2)(3)を示せればよい。
  ここまではOKです。


>s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものがどちらも正であるから、
>s(1-a-c)+t(1-b-d)>0・・・(4),-s^2c(1-a)+st{(1-a)(1-d)+bc}-t^2b(1-d)>0・・・(5)

 ここは次のようにすると良いと思います。
  s(1-a)-tb>0 ・・・(A)
  -sc+t(1-d)>0・・・(B)
 
 とりあえず式(A)(B)を変形して次の関係を得ます。(質問者さんは既に分かっているようですが、次の展開のためにここで言っておきます。)
  s(1-a)>tb ∴0<a<1  ・・・(C)
  t(1-d)>sc ∴0<d<1  ・・・(D)

 式(A)×c+式(B)×(1-a)としても不等式の向きは変わらないので次の関係が成り立ちます。
  t{(1-a)(1-d)-bc}>0
 ∴(1-a)(1-d)-bc>0   ・・・(E)
 また(C)(D)(E)から次の関係も成り立ちます。
  1+(a+d)+ad-bc>0
 ∴(1+a)(1+d)-bc>0  ・・・(F)

 ここまでのことから(C)(D)は条件(1)を示し、(E)(f)は条件(3)を示しているので、後は条件(2)だけを示せば良い。
 ところで条件(2)の右辺は
  (a+d)^2-4(ad-bc)=(a-d)^2+bc>0
と変形できて条件(2)を満足させることが示される。

 従って、以上のことから 与えられた2次方程式の解は2つの異なる実数解で-1<x<1に心材することが示された。



 あとはこのままの証明では行ったり来たりで煩雑になりますので、順番を前後逆にして記述すると良いと思います。

 質問者さんの方法に沿って考えてみると次のようになります。

>f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
>x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
> 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)

  ここはいただけません。
  この(1)~(3)は「a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を満たすs,tが存在する」ことを使わずに何を証明すれば良いのかを示しているだけですので、「(a+d)/2>0」は使わずに次...続きを読む

Q細菌

どんどん増殖する毒性の細菌って怖いですよね・・・
クロストリジウム属の細菌についてご存知の方
教えてください。

Aベストアンサー

以下参照ください.

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch190/ch190a.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/VNC_(%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6)

http://www.pref.oita.jp/15450/kahotuushin/kaho_kiji/2004_05.pdf

http://www.natureasia.com/japan/sciencenews/bionews/article.php?ID=1242


人気Q&Aランキング

おすすめ情報