化学科の大学院に進学したいと思ってるんですが、入試に専門科目と化学英語があるんです。高校時代から英語が苦手で、勉強の仕方が下手なりにもなんとか大学に入れました。しかし今度は大学院の入試なんで、どんな風に勉強をしたらいいのかがまったくわかりません。どなたか化学英語の勉強の仕方を教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学部でも読めるような、化学の英文の論文を読んでみては、いかがでしょうか?


学部の卒論の指導教官は決まっていますか。
指導教官の先生に、今研究していることについて、英文の文献を読んでみたいのですが、何か薦めていてだけませんか?とお願いすれば、よい文献を教えて下さると思います
それを読んで、英文の化学にひたってみてください。一朝一夕にはいきませんが。

指導教官の先生も「熱心な学生だ」と評価してくださるかもしれませんよ。

それでなかったら、大学院入試の理系の英語の問題集があるので、それでも買って勉強するというてもありますよね。

理学工学系英語問題集 大学院入試問題集
東京図書編集部 (編集) 単行本 (1997/12/01) 東京図書

などですね。

あとは、過去問題集が手に入れば、それを解いてみるのもよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答していただきありがとうございます。本屋さんに行って、教えてくださった本を一度みてきます。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/12 21:41

自分も大学院の化学科でしたが、英語の試験は化学の論文を日本語に訳すのと、逆に日本語の文章を英訳する2種類でした。

なので特にこれといった勉強方法はないのですが、とりあえず最近の化学の話題でよくでてくる英単語や専門用語を勉強してみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。化学系の雑誌に載っている論文などを読んで自分なりに勉強してみます。

お礼日時:2002/03/15 13:05

 まずは志望されている大学院の過去問を手に入れることをお勧めします。

というのが、大学院によってかなり問題の傾向が違うからです。長文の種類(自然科学全体についての文章か、バリバリの化学の論文の引用か)や、単語のマニアック度などを知った上で対策を立てられた方が近道かと思います。

もちろん、chukanshiさんがおっしゃっているように論文を読むのは非常に重要です。大学院ともなると、論文もテキストも英語が主体になりますので。ただこれは数をこなす必要がありますので、今年の夏に受験されるとするとちょっと間に合わないのでは・・・と思います。もちろん合格された暁にはどんどん(英語の)論文にチャレンジして立派な化学者になってくださいね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。過去の入試問題を早急に手に入れ、今年の夏までにできるかぎりの努力をしてみます。

お礼日時:2002/03/15 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学専攻で大学院入試

こんにちは。

私は4月から卒研学年(4年)になります。
無事研究室が決まり落ち着いているところですが、8月には大学院入試があります。現段階では内部でいきたいと考えているのですが、推薦をとれなかった場合、受験勉強が必要になってきます。

少しずつその時に備えて勉強しないと思うのですが、ここで皆さんの体験談をお聞きしたいです。やはり、内部の場合は授業の内容をおさえてあとは過去問という形が一般的なのでしょうか?

学校によって色々異なることは承知です。
皆さんの取り組み方を参考にしたいです。
もしあったら、お薦めの問題集(有機、無機、物化)も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひたすら過去問は基本ですが、答えと解説がないんですよね。
ですので、東京化学同人の『化学演習シリーズ 大学院入試問題を中心に』を
解いておくと幅広く対応できるようになりますので良いですよ。
演習問題・解説付きでわかりやすいです。
有機・無機・物化もそろってますよ。

あとは、同じく院試を受ける人とグループ学習ができれば完璧です。

Q大学院入試 (物理化学)について

大学院入試の問題についてなのですが、以下のような問題がだされたのですが、考えれば考えるほど深みにはまっていってしまって、困っています。
どなたか明確な回答をくださる方はいらっしゃらないでしょうか?

A+B(1)2C 正、逆方向の速度定数はそれぞれk1とk2
C+D(1)2P 正、逆方向の速度定数はそれぞれk3とk4
(1)はいわゆる化学平衡のときの上下で方向が逆の矢印です。
という連続反応がある、全体の平衡定数kを各々の速度定数を用いて表せ、ただし反応の次数は、反応式中の各化学種についてその量論係数に等しいものとする。

反応が何次かもわからず、速度式も立てることができません、速度式さえわかれば大丈夫なのですが、どなたかお分かりになられないでしょうか、長文失礼しました

Aベストアンサー

反応の次数は、反応式中の各化学種についてその量論係数に等しいので、
k1[A][B]=k2[C]^2
k3[C][D]=k4[P]^2

全体の式は、A+B+2D⇔4Pなので、平衡定数Kに上式をあてはめて、
K=[P]^4/[A][B][D]^2
=(k3[C][D]/k4)^2/(k2[C]^2/k1)[D]^2
=k1k3^2/k2k4^2

終わってしまいました。むしろ何も考えない方がよいのでは。

Q大学院入試の英語について

4月から大学生になるものです。

大学院入試の英語では、
英語で書かれた化学系の論文を読める必要があると聞いたのですが、
具体的にどういったものを利用したら良いのでしょうか?
また入手方法も分かりません。

また、大学の化学の知識が全く無い状態なので、
その場合はどのようなものを利用したらよいでしょうか?

化学の知識が身に付いてからの対策のために、
前半部分も回答できればありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英文で書かれた化学の本を読んでみては如何でしょうか。また、大学の図書にいけば論文雑誌が嫌というほどあります。教養でも化学の講義はあるはずなので、ある程度知識が増えた時点で読んでみるのもいいでしょう。普通論文には文学的な表現などはなく、しかもたいてい図や表があるのでむしろ読みやすいと思いますよ。それに、研究室に配属になったらそれこそ論文読みまくりになると思います。ちゃんと読む努力をしていれば自ずと読めるようになります。

Q大学院入試 有機化学 参考書選び

大学院入試 有機化学 参考書選び

私は現在工学部3年生です。大学院は東北大大学院、生命科学研究科を受験したいと思っています。選択科目のうち1つは有機化学を選択しようと考えており、現在勉強しています。

私の学科の講義では有機化学の授業が1つだけで「はじめて学ぶ大学の有機化学」という参考書を使いました。これをもう一度復習して過去問に目を通してみたのですが全然分からず、新たな参考書を購入して勉強しようと思っています。

そこで、参考書は有機化学の上下1セットのものか「マクマリー有機化学概説」(1冊のみ)にしようか悩んでいます。もし、マクマリーでカバーできるのならば時間的にも余裕ができ英語や他の科目の勉強ができるので良いのですが…。

ぜひアドバイスいただきたいです。もし時間がおありでしたら、web上に過去問が公開されているのでそれをもとにアドバイスいただければ幸いです。
→http://www.lifesci.tohoku.ac.jp/exam/index.html

ちなみに有機化学を選択しようとしているのは、「頑張ればまだなんとかいけるかな~」と思っているからです;。将来専攻するわけではありません…。

大学院入試 有機化学 参考書選び

私は現在工学部3年生です。大学院は東北大大学院、生命科学研究科を受験したいと思っています。選択科目のうち1つは有機化学を選択しようと考えており、現在勉強しています。

私の学科の講義では有機化学の授業が1つだけで「はじめて学ぶ大学の有機化学」という参考書を使いました。これをもう一度復習して過去問に目を通してみたのですが全然分からず、新たな参考書を購入して勉強しようと思っています。

そこで、参考書は有機化学の上下1セットのものか「マクマリー有機化...続きを読む

Aベストアンサー

単に合格点を目指すのであれば「マクマリー有機化学概説」でも可能でしょう。ただし、しっかり読み込まないと無理でしょうけど。

なお、問題のレベルとしては、2冊あるいは3冊物の教科書を使ってしっかりと勉強した人向けのレベルだと思います。普通に考えれば大学で2年以上有機化学の勉強をしていなければ難しいと思いますよ。

Q京都大学大学入試、化学の問題について質問です。

京都大学の化学では、よくややこしい計算が要求されるように思うのですが

何か簡単に計算できる方法があるのでしょうか?

それとも丁寧に根気強く計算するよりほかないのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

まあ、普段電卓を使って、出てくる数値をそのままの順で計算しているようではダメです。
筆算であれば、かけ算割り算の部分を一目と目にして約分しながら解くのが効率的です。普段からやっていればわかることですけどね。
それと京大ではどうか知りませんけど、大学入試では一般的には計算しやすいようにあらかじめ数値が調整してあることが多いので、上述の方法でやればかなり楽になるはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報