知り合いに聞いたのですが、来月の4月1日から信用情報センターについての法律が変わると聞きました。消費者金融、信販会社なども簡単には、個人の情報を得られなくなり、それぞれの会社の独自審査で判断する様になると言うのですが、そんなのありですか? 知り合いが言うには破産者や事故のある人全員が同じ事を繰り返す訳じゃ無いと言う事と、そうする事で多少でも世の中でお金が動く事になり景気の回復になるからと言うんですが、そんな事したら情報センターが無くなりますよね?根も葉も無い話だと思うんですが本当でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知り合い(Aさん)に前に言われた事です。

知り合い(Aさん)に前に言われた事です。

親の従兄弟の人が警察の偉い人で、Aさんがバイクでスピード違反をして本来は免許の点数を減点される事になっているが、親の従兄弟の人に頼んで、点数の減点を無効にしてもらった。

Aさんには、ヤクザの知り合いが数人ほどいて、ヤクザに後を追われたりされた。
自分なりに気になるのは、どうして従兄弟の警察の人に助けてもらわないのか。

Aさんの知り合いに、Aさんの銀行口座の番号が知られてしまい、勝手にお金を引き出された。

これらって実際にある事なんですか?

Aベストアンサー

あなたのお話から推測できることは「Aさんはとんでもない嘘つき」だということですね。

Qこれは個人情報を勝手に調べたと言う事でしょうか?

本日某携帯会社の請求書が来ました、しかし個人情報を勝手に調べたのではないのか?と思える不振な点を発見したので質問させていただきます。

先月まで、支払い方法をコンビニ等の窓口払いにしておりました。
しかし今月請求分から口座振替に変更しました。
しかし口座振替手続き後、内容に不備があり、書類が返送されてきました。

不備内容は、銀行名と支店名の記載が無かった事です。

記入漏れはこちらのミスであり、仕方がないのですが、ただ支店番号と口座番号を記入しただけで、銀行名と支店名を特定してそこに請求をすると言うのは間違っているのではないでしょうか?

と言うよりも、こちらが明かしてしない銀行名、支店名を分かっていると言うのはおかしいことではないのでしょうか?

結局支払いをする金額は同じなのでそこは文句ないのですが、ただ記入していない内容が請求書に記載されていた事が問題なのです。

あまり法律等に詳しくないので何とも言えませんが、これは個人情報に関する事なのではないかと思い質問させていただきました。

数々の駄文乱文失礼いたしました、お詳しい方がいらっしゃいましたらどうぞ教えていただけないでしょうか?
事によっては大問題なので慎重になっています。

急を要する内容なので、たいへん勝手ですがなるだけ早くお答えいただけると幸いでございます。

よろしくお願いいたします。

本日某携帯会社の請求書が来ました、しかし個人情報を勝手に調べたのではないのか?と思える不振な点を発見したので質問させていただきます。

先月まで、支払い方法をコンビニ等の窓口払いにしておりました。
しかし今月請求分から口座振替に変更しました。
しかし口座振替手続き後、内容に不備があり、書類が返送されてきました。

不備内容は、銀行名と支店名の記載が無かった事です。

記入漏れはこちらのミスであり、仕方がないのですが、ただ支店番号と口座番号を記入しただけで、銀行名と支店名を...続きを読む

Aベストアンサー

住所地と支店番号を合わせれば調べる事は難しい事ではありません。
気分の悪い事ではありますが、特に違法行為という訳ではありません。

Q個人情報保護法に言う「個人情報取扱事業者」

マラソン大会参加者1万人の名簿の編纂を請け負った印刷業者は、個人情報保護法に言う「個人情報取扱事業者」にあたるのでしょうか。

この印刷業者が「個人情報取扱事業者」の定義に言う「個人情報データベース等を事業の用に供している」ことになるのかどうかが分かりません。ただ編纂しているだけなので、つまりその名簿を用いて何か事業をしているわけではないので、「個人情報取扱事業者」にはあたらないような気もしますが...。

Aベストアンサー

「マラソン大会参加者1万人の名簿」だけで、印刷業者が「個人情報取扱事業者」か否かは判断できないと思います。
その印刷業者が「マラソン大会参加者1万人の名簿」以外に、自社で5000人を超える個人情報データベース等を事業の用に供していたら「個人情報取扱事業者」になります。

また、「マラソン大会参加者1万人の名簿」については、経済産業省のガイドラインに載っている個人の数(5000人に算入するか否か)について、編纂の工程次第で判断は分かれると思います。

※「特定の個人の数」について
個人情報データベース等が、以下の要件のすべてに該当する場合は、その個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数は、上記の「特定の個人の数」には算入しない。
(1)個人情報データベース等の全部又は一部が他人の作成によるものである。
(2)その個人情報データベース等を構成する個人情報として氏名、住所(居所を含み、地図上又はコンピュータの映像面上において住所又は居所の所在場所を示す表示を含む。)又は電話番号のみを含んでいる。
(3)その個人情報データベース等を事業の用に供するに当たり、新たに個人情報を加え、識別される特定の個人を増やしたり、他の個人情報を付加したりして、個人情報データベース等そのものを変更するようなことをしていない。

(1)は他人が作成したのでOK、(2)氏名、住所、電話番号のみですか?(3)委託元からの依頼で訂正などをすることはありませんか?

「個人情報取扱事業者」か否かを自分で判断するのは、難しいのが現状です。
一般的には、個人商店(事業主)以外は「個人情報取扱事業者」と思ったほうが良いとされています。
尚、個人情報漏えい等の事故を発生させた場合の罰則をご心配しているのであれば、「個人情報取扱事業者」で無くても事故を起こせば社会的責任等を免れることはできませんので注意が必要です。

「マラソン大会参加者1万人の名簿」だけで、印刷業者が「個人情報取扱事業者」か否かは判断できないと思います。
その印刷業者が「マラソン大会参加者1万人の名簿」以外に、自社で5000人を超える個人情報データベース等を事業の用に供していたら「個人情報取扱事業者」になります。

また、「マラソン大会参加者1万人の名簿」については、経済産業省のガイドラインに載っている個人の数(5000人に算入するか否か)について、編纂の工程次第で判断は分かれると思います。

※「特定の個人の数」について
個人情...続きを読む

Q登記情報が個人情報ではない事はわかっていますが・・

登記情報は個人情報ではないと言われていますが、登記情報などで知りえた情報を第三者が集まる会合でベラベラとしゃべるという行為は個人情報漏えいにはあたりませんでしょうか?
先日、ある会合で、いがみあってるAさんとBさんの二人のうちのAさんが、もう片方のBさんの会社の登記情報から土地の登記情報まで調べて、その会のメンバーの前でBさんの普段言ってる事と登記情報が違うとか借金して土地を買ってるとか、Bさんのありとあらゆる事を話しました。これって個人情報漏えいには抵触しないでしょうか??

Aベストアンサー

"登記情報などで知りえた情報を第三者が集まる会合でベラベラと
しゃべるという行為は個人情報漏えいにはあたりませんでしょうか?"
   ↑
既に他の方が回答しているように、抵触しません。


”借金して土地を買ってるとか”
    ↑
これについては、名誉毀損が問題になりますが、
似たような判例が出ています。
参考にして下さい。

「単に巨万の借財をしているという事実の摘示は
 信用を害することはあっても、すぐに名誉を
 害するとはいえない」

Q知り合いの個人情報を会社から半強制的に求められた場合

パートとして入った会社の話です。
半年に1度、自分の友人・知人の個人情報(住所・電話番号)を
最低1人、半強制的に聞きだされると聞きました。
その情報はDMや訪問などの営業目的で使用されるようです。
拒否すると、何度も催促のメール(名指しの催促メールをccで飛ばす)
が来たりするようです。さらに支店長からプレッシャーをかけられ
実務に影響が出る恐れがあります。
実際まだ自分が言われたわけではないので、
ずっと拒否し続けるとどういうペナルティがあるかはわかりませんが、
個人的にこのような情報の譲渡をしたくありません。
断固として断り続けてもよいものでしょうか?
その場合、断る口上として最適なものを教えてください。

Aベストアンサー

命令をひたすら無視し続けていいでしょう。もし、命令違反で懲戒処分を受ければ、懲戒処分の違法性を争えばいいわけですし、第一そんなことをすれば命令の内容(個人情報を強制的に聞き出すこと)が明らかになるわけですから、会社としても命令無視を理由に懲戒処分をしないでしょう。

もし、命令に従わなければクビにするぞ、と言われたら、そのときは「懲戒免職の無効確認および慰謝料の支払を求めて提訴しますので。そのときは、命令の内容が公開の法廷で明らかになりますが、それでもよろしいので?」と言い返してください。少し頭の回る経営者ならこれ以上何もいわないはずです。

ただ、そこまで言うと上司からねちっこいいじめやいやがらせがくると思いますので、法律論というよりは一般論としてさっさと会社辞めて、匿名でその会社の内情をマスコミや労基署などにチクったらいかがでしょうか。もっとも生活がかかってますのでそんな簡単にはいきませんが、生活のために法を犯すというのは、明らかにまずいでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報