6年前から脱サラして個人事業主(青色申告)をしております。去年から『コンサルタント業だから個人事業税を払え』と言われ、ぼったくられました。
たんなるプログラマ・ちょっとだけSEでしかない私が、コンサルタント業とはおこがましく、抗議の電話をするのですが、ごちゃごちゃと説明される内容には納得しがたく、結局のところ、「所得額が多いのだから払いなさい(儲けやがって、ごちゃごちゃ言わずに払え、ボケ」というふうにしか聞こえませんでした。
ヤクザに言いがかりを付けられて、金をまきあげられた気分です。
全国のプログラマ・ちょっとだけSEの方々、コンサルタント業に無理矢理ひっくるめられて、個人事業税を払ってらっしゃるんですか?
『売上1000万以上は消費税を払え』という増税にもひっかかってしまい、借金しないと払えない状況です。
あぁ、情けない。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

申告はしてるんですよね・・・?


税金の解釈はかなり勝手でよくわかりませんよね
株の税金も譲渡所得の10%と決まっていますが、専業で株の売却益だけでくってますと正直にいうと個人事業税がかかるんだそうです。
抜け穴じゃないけど業種や形態で税金や最低賃金がかわって免れたり取られたりするのが難しいですよね。

税理士さんに交渉してもらうのも手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
業務委託書を持って府税事務所に行こうと思っていましたが...そうですよねぇ、シロウトがいきなり行っても言いくるめられるだけですよねぇ。その前に税理士さんに相談して、お知恵を拝借することにします。

お礼日時:2006/08/16 23:11

ふざけるな!税金くらいちゃんと払え!この非国民が!って感じです。


個人事業のプログラマならコンサルタント業でなくても「その他の自由業」で結局5%課税されます。事業主なら常識として知っておかなければいけないことです。
要は申告しないあなたが悪い。他人が申告していなかったらそいつも悪いんです。もろに「赤信号みんなで渡れば怖くない」っていう人みたいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
お上の言うことは全て正しいと信じて、納税される優良市民の方のようですねぇ。
でも固定資産税の計算がまちがってたり、払ったはずの国民年金の掛け金が未納扱いになってたりしますのでお気を付けあそばせ。オホホ。
大阪には「その他の自由業」という言葉がなかったのですが、広島や宮城その他の県では明記されているんですねぇ。勉強になります。ありがとうございました。あなたって物知りなのね、すてき!!
いろいろ見たところ、SEと税事務所の戦いは、あっちこっちで勃発しており、基本的にはSEはコンサルタント業とみなされ、契約内容・業務形態によっては課税対象外になる場合がある、ということなのかなぁ。
見つけたものをご紹介します。
http://72.14.203.104/search?q=cache:PK5BnZyDTk8J …

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/tax/10876557 …

http://ameblo.jp/kiyomiya2000/entry-10014774781. …

お礼日時:2006/08/15 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業税について

個人事業税についての税率を教えてください。
どのような方法で算出するのですか?
なにかいい参考URTをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

所得税の課税方式は次のようになっています。

事業所得(収入-経費=利益)-(基礎控除38+配偶者控除38+扶養控除38+38+配偶者特別控除38+社会保険料控除?円)+その他控除?円)=課税所得
課税所得×所得税率(330万円以下の場合は10%=所得税

配偶者特別控除は配偶者の収入により変わりますが、収入がなければ38万円です。
社会保険料控除は、国保・国民年金の支払った保険料
その他の控除とは、生命保険料・医療費控除などです。

事業税の課税方式は下記のとおりです。
前年の事業の収入金額-経費=前年の事業所得金額
(前年の事業所得金額-事業主控除額)×税率=事業税額

事業主控除は、年290万円(事業の期間が1年未満の場合は月割によって計算します。)

又、所得税の場合は、青色申告をしていれば、青色申告特別控除(記帳方式により55万円・45万円又は10万円)があります。

Q個人事業主のオークションとFXの青色申告について

個人事業主としてオークションとFXを始めました。
青色申告の帳簿のつけ方について質問です。

1、事業所得として一緒に記帳して良いのでしょうか?

2、FXはどの勘定科目でいつ記帳すれば良いでしょうか?

3、同じPCや自宅を使う場合、その経費は1つ計上すれば良いでしょうか?

4、開業届けを出す前にやっていたFXの損益も記帳が必要でしょうか?

オークションの方は、仕入れや出品費など経費がかかり収益には至っていませんが、
FXは経費がないので収益になるかと思います。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>1、事業所得として一緒に記帳して良いのでしょうか…

「所得の区分」がそれぞれ違います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
青色申告できるのは、事業所得部分のみです。

オークションが、事業に関連して行われているなら、本業の一貫でよいでしょうが、事業と全く関係のない品物の売買に終始しているなら、「雑所得」です。
家庭の不要品だけなら、申告そのものも不要となります。

>2、FXはどの勘定科目でいつ記帳すれば…
>4、開業届けを出す前にやっていたFXの損益も記帳が…

FXは、その種類により雑所得として「総合課税」となるものと、「申告分離課税」となるものとがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm
いずれにしても事業の記帳とは関係ありません。

>3、同じPCや自宅を使う場合、その経費は1つ計上…

本業にかかる部分と雑所得ほかにかかる部分とは、分けて経費とします。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>1、事業所得として一緒に記帳して良いのでしょうか…

「所得の区分」がそれぞれ違います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
青色申告できるのは、事業所得部分のみです。

オークションが、事業に関連して行われているなら、本業の一貫でよいでしょうが、事業と全く関係のない品物の売買に終始しているなら、「雑所得」です。
家庭の不要品だけなら、申告そのものも不要となります。

>2、FXはどの勘定科目でいつ記帳すれば…
>4、開業届けを出す前にやっていたFXの損益も記帳が...続きを読む

Q個人事業税について

個人事業税について教えてください。
個人で保険代理店として申告し、過去個人事業税を納めていました。
知り合いから、「保険募集人」or「保険外交員」として申告すれば
個人事業税を払う必要がないと聞きました。判例もあるとのこと。

詳しい方、個人事業税を払わなくて良い方法があるのなら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

個人事業税は、法律で定められた事業(70業種)に限って課税されるようですね。

この70業種に該当しない方法があれば、事業税を払う必要はないことになりそうです。

参考URL:http://www.pref.ishikawa.jp/zei/a3.html

Q個人事業主の家賃について

会社員として働いておりますが、副業としてのFXでの収入が増えてきましたので、個人事業主になることを考えております。

そこで、調べてみたところ、家賃の一部も経費として計上できることはわかったのですが、私の場合、友人と一緒に賃貸マンションに住んでおり、友人のクレジットカードから全額引き落とされ、私は友人に半分支払っております。

このような場合、私の支払い分は経費とて計上することは難しいのでしょうか。
ちなみに、現在は手渡しで支払っております。

ご存知の方、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご友人に領収書を書いて頂く。と私は判断します。

また個人事業であれば、税務署への領収書の提出は義務ではないと
存じ上げています。(もしかしたら知識不足かも)

一度、最寄の税務署にお問い合わせするのも、手軽と思います。

こんな曖昧なアドバイスですみません。

Q個人事業税について

個人で青色申告をしているものです。
1.個人事業税は租税公課として経費になるのでしょうか?
2.14年・15年の修正申告を行ったら、個人事業税の増加分があり納入しましたが、本年度の経費として租税公課になりますか?それとも事業主貸になるのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業税は経費となります。
租税公課ですね。
前年以前の追納分も、支払った年の経費にしてかまいません。

Q個人事業主の扶養家族について

同居の弟が、個人事業主です。
私は、障害者で現在休職中です。
昨年は、3月と4月に給与がありましたが、現在は無収入です。

弟の扶養に入れるのなら入りたいのですが、どのように手続きをしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

>弟の扶養に入れるのなら入りたいのですが…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)

それぞれ別物で認定要件も異なり、相互に連動するものではありません。
まあ、弟は自営業とのことで 2. も3.も関係ありません、失礼しました。

そこで、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
あなたが弟から見て扶養控除の要件を満たすなら、これから弟が書く確定申告書の扶養控除欄にあなたの名前を入れるだけです。
特別な手続など何もありません。

>昨年は、3月と4月に給与がありましたが…

それはいくらありましたか。
扶養控除の要件の一つは、「所得」が 38万以下であることです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

「所得」38万とは、給与収入 103万に換算されます。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>私は、障害者で…

「所得」の点がクリアできれば、「障害者控除」も視野に入ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>弟の扶養に入れるのなら入りたいのですが…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)

それぞれ別物で認定要件も異なり、相互に連動するものではありません。
まあ、弟は自営業とのことで 2. も3.も関係ありません、失礼しました。

そこで、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
あなたが弟から見て扶養控除の要件を満たすなら、これから弟が書く確定申告書の扶養控除欄にあなたの名前...続きを読む

Q個人事業税について

3月より 個人事業を始める予定です。
名古屋市ですが 税務署に開業届けを出すのですが
県税事務所にも開業届けは必要でしょうか?
職種は システムエンジニア です。
県税事務所に出すということは 個人事業税を払わないと
いけないのでしょうか?
システムエンジニアは 個人事業税の対象職種になるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個人事業であれば、県税事務所へは不用のような気がします。
以前税理士事務所に勤務していたときも提出しないことが多かったですね。

県税事務所へ開業届を出さなくても、事業税がかかるときは課税の通知が来るでしょう。

SEの場合には、課税の対象となるかどうかは地域によって異なるようです。システムエンジニアといっても、完全な請負型で、雇用などをすると課税されるでしょう。派遣と同様な形での業務であれば課税されない可能性も高いです。

Q3月末で個人事業主廃業、4月より就職しました。確定申告はどうすれば良いでしょう。

昨年3月末に個人事業主の廃業届けを出しました。それまでは青色申告でした。4月以降は転職して通常の会社員です。4~12月の所得は会社で年末調整をしています。こういった場合、1~3月の確定申告はどうすれば良いのでしょうか。必要経費を除いて雑所得で対応?生命保険、扶養家族などの控除は年末調整で行っているので申告は出来ませんよね。また、青色申告時の控除(60万?)は出来ますか?
それとも会社から年調後の源泉票を貰って給与所得とし、1~3月分を事業所得で対応するのでしょうか?
似たような質問を捜しましたが、見つけることが出来ませんでした。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

20年1月~3月分は(20年が青色申告のままなら)この期間分の平成20年分所得税青色決算書(一般用)を作成します。青色申告特別控除(最高限度10万円か最高限度65万円)は可能ですが、適用条件やその年の所得金額によっても変わりますので収入と経費を算定できたら税務署に持参して聞いたほうがいいでしょう。

でもって平成20年分以降用の所得税の確定申告書Bを使用して事業(営業)所得関係と給与所得関係の欄に記入していって税額まで計算します。

イメージとしては今までの確定申告に給与を追加記載して全体を再計算するような感じになりますので、持参するものも給与の源泉徴収票が追加になります。

Q突然届いた個人事業税について

先日、個人事業税納付通知書が突然届きました。
過去数年、一度も来たことがありません。

過去に一度、個人事業税がかからないのが不安に思い、滞納扱いになるのも嫌なので税務署に問い合わせした際、請負い業だからかからないと言われました。
なのに今年突然届いたのでビックリしています。

届け出業種はウェブデザインです。
文書業とかは事業税がかからないと聞いていましたが、それと同じなのかな?とずっと思っていました。

これは拒否できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>税務署に問い合わせした際、請負い業だからかからないと…

請負い業だからかからないなんてことありません。
そもそも個人事業はみんな請負業であるとも言えるのです。

魚の調理方法を八百屋で聞いてもとんちんかんな回答しか返ってきません。
個人事業税に税務署は関係なく、個人事業税は県 (都府道) 税事務所で聞かないといけません。

>過去数年、一度も来たことがありません…

一昨年以前はいくらほどの所得があったのですか。
個人事業税は、所得税の計算にはない「事業主控除」290万がありますから、所得税や住民税は発生しても個人事業税はかからないというケースはいくらでもあります。

一昨年以前と比べて去年は所得が少し、いやかなり多かったのではありませんか。

>届け出業種はウェブデザインです…

第3種事業に含まれていますね。
(某県の例)
http://www.pref.aichi.jp/0000043876.html

>これは拒否できるものなのでしょうか…

どうぞ県税事務所へ行って交渉してきてください。
くれぐれも言っておきますが、税務署ではありませんよ。

>税務署に問い合わせした際、請負い業だからかからないと…

請負い業だからかからないなんてことありません。
そもそも個人事業はみんな請負業であるとも言えるのです。

魚の調理方法を八百屋で聞いてもとんちんかんな回答しか返ってきません。
個人事業税に税務署は関係なく、個人事業税は県 (都府道) 税事務所で聞かないといけません。

>過去数年、一度も来たことがありません…

一昨年以前はいくらほどの所得があったのですか。
個人事業税は、所得税の計算にはない「事業主控除」290万がありますから、所...続きを読む

Q個人事業主?

現在アルバイトで生計を立てているのですが、このアルバイト以外に、個人的にHP制作やCG制作などで収入を得ています(現在は年間30万円程度)。

そこで質問なのですが、これらの個人的な仕事での収入は確定申告で税金を納めさえすれば、特に何らかの届出等が必要となることはないのでしょうか?

例えば、「個人事業主登録」みたいなものがあったり、年間の収入が何十万円を超えると、行政に届出が必要になる。なんてことはないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 確定申告以外に届け出の必要はありません。

 確定申告の場合、白色申告であれば特に事前の容易は必要ありません。たとえば、2006年1月1日~12月31日の収入に関しては、平成19年2月中旬~3月中旬に確定申告します。
 青色申告の場合は、申告の前年に、所轄の税務署に「来年は青色申告します」と届け出を出す必要があります。

 ご存じかもしれませんが…

●白色申告
 帳簿を付けるのが簡単(ほとんど家計簿感覚)。免税得点がない。赤字になっても翌年に引き継げない(たとえば、今年が30万円の赤字、来年が200万円の黒字だとすると、今年の所得は0円、来年の所得は200万円となります)。

●青色申告
 正規の簿記(複式簿記)という面倒な帳簿を付けなければなりません(ただし、1万円ぐらいで売られている個人用の青色申告対応簿記ソフトを使えば面倒な計算はコンピュータがやってくれるので簡単)。最大65万円の免税得点があります(税金が65万円免税になるのではなく、所得のうち65万円分が免税になります)。赤字の時はその赤字を翌年に引き継げます(たとえば、今年30万円の赤字、来年が200万円の黒字だとすると、今年の所得は0円(損失申告というのをします)、来年の所得は今年の損失を差し引いて170万円となります)

 帳簿は面倒だけど、税金がかなりお得、というのが青色申告です。もし、本格的に個人事業主として仕事を続けるなら、絶対に青色申告すべきです。

 また、納税は個人の所得や財産をすべてひっくるめて計算するのが基本なので、アルバイト代に関しては、(源泉徴収されていれば)源泉徴収票を保管し、確定申告時にアルバイト代も合算して申告します。そうすると、源泉徴収された納税額と、実際の所得から計算する納税額の差額を計算し、不足すれば不足分を納税、払いすぎていれば払いすぎた分が還付されます。(多くの場合、還付になるでしょう)

 私もフリーターでアルバイトと自分で請け負った仕事で生活しています。(平成4年から…) たまたま大きな仕事をした年は収入も大きくなりますし…逆になかなか仕事がなくてアルバイトだけで食いつなぐ時期もあり…、年収の多い年と少ない年で300~600万円ぐらいは差が出ます(今まで一番年収が多かった年と、一番少なかった年で1400万円ほど差があります…昨年と今年は最悪…IT関係の仕事ですがWindows XPから数年経ち、Windows Vistaの発売も延期され…仕事がありません T_T)。
 やりくりが大変(T_T) 子供も3人いますし…両親の面倒も見て、扶養家族6人。「好きな仕事」をするより就職して安定収入を得た方が…とも思うのですが、すでに40歳を過ぎて就職先も見つかりません。このまま、一生フリーターを続けることになりそう(^^;)
 生活の安定度…を考えると、やっぱり就職するのが一番(^^;)
(すみません、後半はグチとおせっかいです)

 確定申告以外に届け出の必要はありません。

 確定申告の場合、白色申告であれば特に事前の容易は必要ありません。たとえば、2006年1月1日~12月31日の収入に関しては、平成19年2月中旬~3月中旬に確定申告します。
 青色申告の場合は、申告の前年に、所轄の税務署に「来年は青色申告します」と届け出を出す必要があります。

 ご存じかもしれませんが…

●白色申告
 帳簿を付けるのが簡単(ほとんど家計簿感覚)。免税得点がない。赤字になっても翌年に引き継げない(たとえば、今年が30万円の赤字...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング