学校でローマ帝国についてエッセイ八枚分をかかなくてはならないのですが
人々の暮らし、宗教、軍事力、教育、政治、服装や食べ物などの
細かい資料が必要なのです。
外国サイトでもあまり良い資料を見つける事ができません。
どなたかローマ帝国について詳しい事が載っているサイト、もしくはそれについて知っている方がいたら教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

tsurugiさん、こんばんは。



>外国サイトでもあまり良い資料を見つける事ができません。

 Yahooのリンク集を見ると色々そろっているようですが、これでもだめでしょうか。
http://dir.yahoo.com/Arts/Humanities/History/By_ …

 日本語では、

・塩野七生『ローマ人への20の質問』(文春新書)


>人々の暮らし、宗教、軍事力、教育、政治、服装や食べ物などの
概説になっています。(あまり突っ込んだ内容ではありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございましたっ
リンクの方に良い資料があったのでさっそくまとめようと思います。

お礼日時:2002/03/13 18:14

Googleで「SPQR」と入れて検索すれば、相当ヒットします(但し、日本語サイトで)。

とりわけ、参考URL「ローマ帝国のお部屋」は、オススメですよ。

なお、#1の方のご紹介の図書以外に、人々の暮らしや服装、食べ物等に関することなら、むしろ「ポンペイ」を例にとってまとめた方が、要領が良いような気がしますね。取材も楽です(^^)。こんな書物から例を引くと面白いかも…。何しろ、当時の庶民の声そのものですからね。

  『ポンペイ・グラフィティ』本村凌ニ著、中公新書
  『ポンペイ・エロチカ』アントニオ・ヴァローネ著(本村凌ニ訳)PARCO出版
  『ポンペイ・奇跡の町』ロベール・エティエンヌ著(弓削達訳)創元社  

参考URL:http://www.occn.zaq.ne.jp/spqr/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございましたっ
例のサイトに良い資料があったのでそれを参考にエッセイを書いていこうと思います。

お礼日時:2002/03/13 18:24

 


  ローマの生活等については:
 
  >「生活の世界歴史〈4〉素顔のローマ人」 河出文庫
  >弓削 達 (著) 文庫 (1991/08/01) 河出書房新社
  >価格: ¥660
 
  この本がよいのですが、本が品切れになっている可能性があります。
 
  ギボンの「ローマ帝国衰亡史」は、岩波文庫版は全10巻のはずですし、膨大で、しかも訳語が文語体に近いものでたいへん読みにくく、またこれは研究書で、或る程度ローマの歴史を知っていないと詳し過ぎて何が何か分かりません。また、この本は、五賢帝時代あたりから記述が始まっていて、共和制ローマや、初期ローマ帝国については、時間別には記述されていません。また、たいへん古い本で、名著なのですが、時代遅れになってしまっています。(別の出版社の訳もありますが、いずれにしろ膨大なのと、専門的過ぎます。これは研究書なのです)。

  それよりも、「世界の歴史」というようなシリーズ本のなかの、ローマ・ヘレニズムを扱った本を参照するのがよいと思います。
 
  >「世界の歴史〈5〉ローマ帝国とキリスト教」 河出文庫
  >弓削 達 (著) 文庫 (1989/08/01) 河出書房新社
  >価格: ¥660
 
  この本はあまり書店にない可能性があるかも知れません。
 
  >「ローマ」 文春文庫―世界の都市の物語
  >弓削 達 (著) 文庫 (1999/07/01) 文芸春秋
  >価格: ¥524
 
  この本ならあるでしょう。全部通読する必要はなく、大体のローマの歴史を知っていれば(年表で大体分かります)、適宜にピックアップして、その部分を読んで、レポートを書けばよいです。「生活の歴史」も同様で、通読しなくとも拾い読みでも結構分かります。
 
  塩野七生の本も訳に立ちます(すでに紹介されていますが)。「ローマ人の物語」シリーズは膨大過ぎます。しかし、短い本もあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました
参考にしてみます。

お礼日時:2002/03/13 18:19

レポート提出までに時間はありますか。


古典ですけれども、ギボンの「ローマ帝国衰亡史」(岩波文庫だったか?) は必読ですね。

それから、塩野七生さんの「ローマ人の物語」(新潮社。今何巻まで出てたっけ?) も非常に勉強になります。

テーマが大きいので、Webでちまちま資料を探すよりも、しっかりとした書物を読んで勉強した方が、本質を掴むのには良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
デッドラインが金曜日までなのですが
本屋をのぞいてその本を探してみます。

お礼日時:2002/03/13 18:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危ない?って聞かれたのですが。

知り合いが、宗教だとおもうのですが、誘われているようです。その人も、何の宗教なのかそうでないのかは、言わないのでわかりません。
聞いた事
・有名人がいっぱいいる。
・お告げ?何回かその場所に通うと、未来を見てもらえる。
・ものの売り付けはない
・いく行かないは自由だけど、行かないと後悔する
・お告げ(違う言葉で言っているかもしれません)をする人は身分の高い人で、夫婦間の事も見える(透視?と私は思ったのですが違うかも)
時には離婚しなさいと言われる。
・会社に行けば7人に一人くらいはいる。

こんな誘いだったそうです。

私は聞く限り宗教かな?と思うのですが、こんなお話聞いた事がありますか?
宗教だとしたら、何の宗教でしょう。危ないですか?

補足は出来る限りでします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 真○苑かなと思いました。観音様のお話はありましたか?本部は東京にもあるようです。(立川市にも何かありました。)山梨にも河口湖のあたりに何かあったはずです。ある病院で看護婦さんに勧められたことがあるのですが、芸能人の名前がたくさん出ました。

参考URL:http://www.juen.ac.jp/shakai/kkasai/religion/NRCS/haga.html

Q王政ローマと、共和政ローマと、ローマ帝国って違うの?

王政ローマと、共和政ローマと、ローマ帝国って違うの?

この3つは全部、違うの?

Aベストアンサー

古代ローマは王制からスタートしました。当時は今のローマ市内の7つの丘と周辺の湿地帯を中心とした本当に小さい都市で、王といっても周辺部族や城壁都市からのあぶれ者が参加した、半分暴力団みたいな集団のリーダーだったようです。それがローマを拠点して、周辺部族との戦争や和解などによって、徐々に力を蓄え、ひとつの国になっていきました。

すでに王制ローマ時代に7つの丘のひとつ、カピトリーノには神殿が作られ、パラティーノには王宮がたち政治の中心となっていました。

少し時代が下がり第七代王のタルクィニウス・スペルブスの時代になるまでにローマは近隣の中では目だって大きな国に成長していたのですが、内紛が絶えずまた政変が相次いだり王族の横暴などもあり、タルクィニウス・スペルブスを追放し王制を廃して共和制に移行することになりました。

これによりローマは王制から共和制になるのですが、その政治体系は執政官を2人選挙で選出し、毎年交代しながら首相のような役職を勤めました。
ちなみに、ローマには王制時代から民会があり、王であっても市民集会の投票を得ないでは王に選出されることはなく、戦争を行うにも(相手から攻めてきた時は別ですが)市民集会の議決が必要でした。またこれとは別に王制時代に元老院という助言機関があり、これもそのまま共和制ローマに残ります。この二つが共和制ローマの発展と、ローマ帝国への変貌のきっかけになっていきます。

これには少し説明が必要だと思います。
さきにローマの始まりは暴力団みたいなもの、と書きましたが、当時は自分の出身地を追放されたり、土地を借金などで失って食い詰める人々がたくさんいました。初代の王とされるロムルスとレムルスの兄弟は、もともと高貴な出てあったようで、このような者を引き連れてローマを建国しました。
その頃には先進国のギリシャが近隣にあり、民主的な政治体系があったため、かなり初期のころから市民集会の原型はあったようです。これは戦争になれば「死」を覚悟して戦う義務があるゆえに、権利として獲得したものでありました。

これが共和制になっても引き続き有効とされ、市民には市民集会のほかに護民官(按察官)という役職も与えられ、今でも「拒否権」と呼ばれるVETOを持つ強大な権力を有していました。これに対して貴族とか富裕者のサロンでもある元老院は、執政官を排出できる人材が集まる集団として隠然たる権力を保持していました。(執政官は戦争時に指揮官になるため、高度な教育を受けられる貴族などに限定されていたため)

この二つの勢力が、ローマ自体が段々強力になり勢力と国土を広げていく間に何度もぶつかり合います。理由のひとつとして、国土が広がるとその土地に住んでいる部族をローマ市民にするため、平民も増えること、もうひとつは国土が広がると富裕者はさらに富裕になることで、平民格差が広がったからです。富の再分配に対して国内紛争がなんども起きました。

これを最終的に解決する方法を考え出したのが、かの有名なユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)です。彼は地中海全体に広がったローマ共和国の版図を統治するには元老院と市民集会の対立が邪魔になるとして、終身執政官+終身護民官+最高神祇官(これは元々終身)になる役職を考え出します。それも市民集会も元老院もどちらも賛成多数で、カエサルに与えるはずでした・・
と、ここで起こったのが元老院によるカエサル暗殺です。

これによりカエサルが筋道をつけた「皇帝(エンペラー)」にカエサルの養子であったアウグストスが着任することになります。
これにより内政問題がほぼ片付いたため、ローマは帝国としてますます発展するのですが、王とは成り立ちが違っても、所詮は独裁権力であることは同じであるため、代を重ねるごとに皇帝も腐敗し、ローマ帝国の滅亡に至るのです。

最後にエンペラーについて
もともとインペリアルと呼ばれたもので、軍の指揮権を意味します。つまり最高軍司令官です。
こうしてみると、皇帝とは、最高軍司令官・最高行政長官(内閣総理大臣みたいなもの)・護民官(拒否権を持つ平民の長)・元老院第一人者(結果として元老院の議長のようなものになる)・最高神祇官という大国ローマの最高の権力者であり、現在の世界情勢とローマの覇権・周辺国への影響を比較してみれば、アメリカ大統領とローマ法王と安全保障理事会をひとりで行っているようなものでしょう。

このようにして王制ローマからローマ帝国までは一連の流れがあるのです。

古代ローマは王制からスタートしました。当時は今のローマ市内の7つの丘と周辺の湿地帯を中心とした本当に小さい都市で、王といっても周辺部族や城壁都市からのあぶれ者が参加した、半分暴力団みたいな集団のリーダーだったようです。それがローマを拠点して、周辺部族との戦争や和解などによって、徐々に力を蓄え、ひとつの国になっていきました。

すでに王制ローマ時代に7つの丘のひとつ、カピトリーノには神殿が作られ、パラティーノには王宮がたち政治の中心となっていました。

少し時代が下がり第七代王...続きを読む

Q東北地方太平洋沿岸で獲れた魚は危ない?

「東北地方太平洋沿岸で獲れた魚は危ない」と言う人がいます。
しかし、魚はアチコチ泳ぎまわるから、危ないというのなら世界中の魚が危ないのではないですか?

Aベストアンサー

間違いなく危ない。
絶対食べてはだめ。
安全と言ってるのは関係者か火消しの工作員だけ。

Qローマ帝国の公認宗教

キリスト教が国教になる前のローマ帝国には、いくつかの公認宗教があったという話を聞きました。

ローマ帝国で公認されていた宗教の名前を教えてください。

Aベストアンサー

ローマ帝国に、公認宗教というものはありません。
ただキリスト教だけが禁止されていただけです。
キリスト教が国教とされてからは、キリスト教のみが公認宗教となりまする

キリスト教が国教とされる前のローマ帝国には、古代ローマの神々を信仰する宗教、ギリシャ系の神々を信仰する宗教、エジプト系の神々を信仰する宗教、パルティアなどのオリエントの神々を信仰する宗教、ヘレニズム系のグノーシス的考え方をする宗教、ケルト系の神々を信仰する宗教、ギリシャ哲学を基礎とするオルフェウス教などがありましたが、キリスト教が公認される直前にもっともローマ帝国内で信仰されていたのは、ミトラ教です。

Qこんな本があるのですが、パンは危ないのでしょうか?どうして危ないのか、大丈夫なのか教えて致けないでし

こんな本があるのですが、パンは危ないのでしょうか?どうして危ないのか、大丈夫なのか教えて致けないでしょうか?

Aベストアンサー

ある食べ物が身体にいいという話はよく聞きますが、アメリカの調査結果によれば、
パンは危険な食べ物だということがわかりました。
パン食が増えている日本も他人事ではありません!

その驚愕の事実をご紹介します。

1)犯罪者の98%はパンを食べている

2)パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である

3)暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている

4)パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、
 2日もしないうちにパンを異常にほしがる

5)新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる

6)18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった

7)パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない

Qイスラム帝国とローマ帝国について

例えば、エルサレムやアフリカの地中海沿いの地域なんかは
イスラム帝国の時代もあれば、ローマ帝国の時代もあった訳ですが
言葉があきらかに違います。

この地域にた普通に暮らしている住民はどう対応したのでしょうか?
支配国が代わる度に覚えさせられたのですか?

Aベストアンサー

言語は支配国が変わる度に変わるわけではない。変わるのは税金の納入先が変わるだけです。帝国とはそういうものであり、属州とはそういうものです。ただし個別の都市に限って論じれば、元の住民が追放されたり、虐殺されたり、自発的に他の地域に移住したりしてまるっきり中身が入れ替わってしまうこともあるので言語の継続性は保証されません。

世界的な人口の増加は、近代の産業革命や農業革命による飛躍的な食糧増産が可能になってからのことであって、古代においては現代人が考えるような人口じゃないんです。大規模な自然災害や伝染病の流行で、いともたやすく都市が廃墟になったり住民が入れ替わったりします。言語は、新しい住民の流入や新しい文化や新しい宗教の流入によって相互に影響しあい長い歴史によって自然と変わっていくものです。

Q原付と自動二輪はどっちが危ない

世間では自動二輪は危ないって言いますよね。
原付も危ないけど自動二輪ほど言われないと思います。

でも自分が実際、原付で走ってみて危険を感じることが一杯です。
自分の右横すぐを車やトラックが通るしねキープレフトしたら道路に段差や砂利、ゴミはあるし、スピード出したらこけそうだし。

法令を守っての走行として原付と自動二輪はどっちが危ないと思いますか?

Aベストアンサー

原付の方が危ないです。
原付は加速力も無く、スピードも出ないので回りの車と速度差があり危険。

二輪車は他の車と一緒のスピードで走れるので安全です。

二輪車の方が確かにスピードは出ますが、ブレーキも原付よりもいいものが付いていますし
何より二輪車を動かすのは人間。
その気になれば原付のペースで走ることも出来ます。
車体も大きいので原付よりは目立ちますからね。

後はライダーの問題・・・。
原付に乗っている大半の人が二輪車の免許を取らずに
原付免許or普通自動車免許で乗っています。
二輪車の免許を取る場合は、教習所でそれなりの練習はさせられるので
危険予測、緊急回避等、二輪持ちで無い原付乗りより有利です。

Qローマ帝国とかイスラム帝国の武将って誰が有名なの?

 日本では戦国時代や源氏・平氏などいろいろありますし

 中国の三国志などで多くの武将が紹介されていますが

 ローマ帝国などにも猛者っていなかったのですか?

 ヨーロッパの方では武将みたいなのは存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

 もちろん,いっぱいいますよ。
 ローマ帝国関係なら,ハンニバルを破った大スキピオ,ポンペイウス,カエサルあたりが名将として日本でも知られていますし,『ローマ人の物語』を読めばそれ以外にも名の知られた人物は沢山いることが分かると思います。
 イスラム関係は,日本ではあまり知られておらず,比較的知名度が高いのはサラディンとバイバルスくらいですが。

Q一人カラオケは危ない?

一人カラオケは危ない!と親が言うのですが、やはり危ないでしょうか。危険な目にあった方っていらっしゃいますか?
時間帯は昼間。真っ昼間です。あ、やっぱり平日の昼より休日の昼の方が安全ですか?

友達と行くより不安なのは分かるんですがヒトカラしてみたくなったので、、、
皆様のご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

最近まで某カラオケ店でバイトしてましたが1人で来る人結構いましたよ!危ない目にあったと言う話も聞いた事ありません。思いっきりヒトカラ楽しんできてください!

Qスレイマン1世在世のオスマン帝国において、ローマ帝国の事を「青りんご」と呼んだ所以は?

こんにちは、お世話になります。

1500年代、スレイマン1世の在世のオスマン帝国史の歴史フィクションを読んでいるのですが、その本の中でローマの事を「青りんご(the Green Apple)」呼んでいます。

理由が気になって、検索してみたのですが、「ローマ帝国 青りんご」で検索しても、それらしき記事がヒットしません。ウィキペディアでもヒットせず、お手上げです。

ご存知の方教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ギリシャには、トルコ人に奪われたイスタンブールを取り戻したのちその地は「赤りんご」 (kokkini milia) と呼ばれるという予言?伝説?があります。ビザンチン陥落の前にこの地をMonodendron「一本の木」と呼ばれました。いつどのような理由で「赤りんご」に変わったのかは不明です。

ウィキペディア ギリシャ語版
http://el.wikipedia.org/wiki/%CE%9A%CF%8C%CE%BA%CE%BA%CE%B9%CE%BD%CE%B7_%CE%9C%CE%B7%CE%BB%CE%B9%CE%AC

トルコ人にとってイスラムの都「赤りんごの木」K?z?l-Elmaの建設は小アジア進出の究極の目標です。
http://www.sav.sk/journals/aas/aas197.htm#7

どちらが先かは分かりませんが「赤りんご」=「小アジア」=「イスタンブール」とみなしてよさそうです。 これに対立するものとして ローマ=青りんご なのでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報